目次へ戻る

車の傷を修理する方法|修理にかかる値段から費用を抑え安くする方法を解説

車の傷を修理する方法|修理にかかる値段から費用を抑え安くする方法を解説

車が事故に遭ってしまったり、物とぶつかったりかすったりすれば、車に傷ができてしまいます。目立たないような小さな傷なら大きな影響はありませんが、塗装がめくれて金属部分が露出していると、サビの原因にもなります。今回は、車の傷の種類や、業者に依頼するときに安くする方法などを紹介していきますので、参考にしてください。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


車の傷はどんな種類があるの?

車に出来る傷は、主に「人工的な傷」と「自然にできた傷」の2種類に分類できます。

人工的な傷

ガードレールに注意

ガードレールに注意

人が故意または無意識のうちに車に付けてしまう傷のことです。一番多いのが、運転操作のミスによる傷でしょう。ガードレールをかすったことによる擦り傷、キー差込口周辺にできる細かな傷、手荷物がぶつかってできたへこみ傷、などがあります。

自然にできた傷

自然現象や不可抗力的によってできた傷のことです。飛び石によるボディーの傷、台風などで物が飛んできたときにできた傷などがあります。
車を運転していれば、どうしても小さな傷はできてしまうもの。自然の傷をなるべくつかないようにするなら、なるべく砂利道を通らない・車をガレージなどの室内保管をする、などの工夫が必要です。

修理した方がいい傷・しなくていい傷

車に傷ができたからといって、そのすべてを修理しなければならないわけではありません。見た目が気にならなければそのまま放置しても問題ない傷もあります。
一方で、見た目は小さいけれどもすぐに修理が必要な傷もあります。
以下で、すぐに修理したほうがいい傷・修理しなくても問題ない傷について、詳しく解説していきます。

修理した方がいい傷

そのまま放っておけば、サビが発生したり広範囲に広がるなど、悪影響がある傷はすぐに修理が必要です。

・傷が深い
深くえぐれている傷や、内装の奥まである深い切り傷は、放置しておくと雨水やゴミがその部分に溜まっていき、どんどん傷が広がっていく可能性があります。気がついたら大きな傷となっており、あとで高額な修理費となってしまうケースが多いです。深い傷は早い段階で修理しておけば、安く修理できます。

・車の金属部分が露出している
擦り傷やひっかき傷などで塗装部分が剥がれて、金属部分が見えている場合は要注意です。金属部分は空気と触れることによって、次第に酸化してサビてしまいます。サビは露出した金属部分だけではなく、その周辺にも広がってしまいます。それを阻止するためにも、早めに補修しておくことが肝心です。

・ガラスの傷
ガラスに傷がついたまま放置すると、天候の変化や車の振動によって傷がさらに広がっていき、最悪の場合は割れてしまう可能性があります。とくにフロントガラスについた傷はたとえ小さな傷だとしても、それ以上広がらないよう早急に修理したほうがいいです。

・広範囲にわたる傷
広範囲にわたる傷は見た目が悪いだけではなく、走行中の振動や外気の影響により、さらに傷が広がる恐れもあります。

修理しなくていい傷

こちらは修理しなかったからといってサビや悪影響を及ぼすものでないものが多いので仮に傷ができたとしても慌てる必要はありません。

・バンパーにできた傷
バンパーは樹脂でできていますから、軽微な傷・見た目が気にならない傷であれば放っておいても問題ありません。

・表面にできたような軽微な傷
塗装された表面だけにできた薄い傷なら問題ありません。

車の傷を修理に出すには?

広範囲にわたっている傷・深い傷・ゆがみがある傷など、自分で修理するのが難しい部分の修理は、専門業者に依頼する必要があります。
ここでは、車の傷を直してくれる専門業者や依頼の流れ、費用について解説します。

車の傷を修理してくれる専門業者の種類

車の傷を修理してくれる業者には、主に「ディーラー」「カー用品店」「ガソリンスタンド」「板金塗装屋」などがあります。

ディーラー

ディーラーで車の傷修理を依頼すれば、「メーカー」という立場上、責任を持ってやってくれますので安心して任せることができます。
メリットとしましては、修理工場を探す手間がなく楽で安心というのだけでなく、サービスが充実しています。
ただしディーラーが修理をするわけではありません。修理工場へと委託するので、デメリットとして費用が高額で時間がかかります。

カー用品店、ガソリンスタンド

カー用品店やガソリンスタンドでは、キャンペーンなどで安価で修理を受け付けれる時があったり、その日の朝に預ければ夕方までには終わる、など作業が早い点が大きなメリットです。
ただし「手のひらサイズの傷対応」などと小さな傷がメインのところが多く、傷によっては対応してもらえない時があるのがデメリットです。

板金塗装屋

板金塗装屋さんに車を持っていけば、技術力のある人が対応してくれるので、細かな相談をすることができるというメリットがあり、難しい傷でも対応してもらえる可能性が高いです。

また店舗によって得意な分野が異なるので(塗装が得意など)、得意な分野にあった修理を依頼すれば、質の高い修理を受けることができます。

ただし、デメリットとして、工場によって技術力に差があるということがあります。
また少人数経営のところが多いので、混み具合によっては仕上がりが遅れる可能性もあります。

専門業者への依頼の流れ

以下、専門業者に依頼する時の主な流れを紹介します。

1 傷のついた車を見せて、見積もりをとる

依頼したい業者へ車を持っていき、どれくらいの費用がかかるのか見積もりをとります。
費用を少しでも安く抑えたいのなら、3〜4社に見積もり依頼をして、比較・検討すると良いでしょう。
費用と合わせて、「どれくらいかかるのか」「代車などのサービスはあるか」「親身になって相談に乗ってくれるか」などもチェックしておきましょう。あとで後悔しないためにも、信頼できる業者に依頼することが重要です。
修理をお願いしたい業者を決めたら、依頼する旨を伝えましょう。

2 車を業者に持ち込んで修理してもらう

修理を希望した日時に、車を業者へ持ち込みます。業者によっては、引取が可能な場合もありますので、相談してみましょう。

3 受け取り予定日に受け取り・支払い

修理完了日以降に、業者へ車を取りにいきましょう。そこで実際に直してもらった部分を確認します。もしも納得できないようであれば業者に相談しましょう。

車を受け取り、支払いを済ませます。

車の傷を修理に出した時にかかる費用

傷の修理にかかる費用は、さまざまな原因・要素で大きく変動します。

費用が変動する要因は
・どのような傷か
・傷の程度
・傷のある部分
・外国車か国産車か
・塗装の色がメジャーかどうか
といったもので変わってきます。

軽微な傷の場合、相場は?

主な相場は以下のとおりです。
・軽微な傷の場合
相場:約5,000円〜30,000円
「あまり目立たないひっかき傷」「親指程度のへこみ傷」など、見た目もそこまで気にならない程度の傷であれば、多くても3万円以内で収まります。所要時間も30分以内で終わることも多く、店舗によっては日帰り修理も可能です。バンパーにできた傷のほうが安く済む傾向があります。

離れて見ても目立つ傷の相場は?

・離れて見ても目立つ傷
相場:約30,000〜100,000円
「広範囲にわたる傷」「手のひら3つ分の傷」「大きくえぐれている傷」だと、修理にするまでにかかる工程が多くなるので、費用が高くなります。大きくえぐれて鉄板付近にまでダメージがある場合は、2重に塗装するため時間もかかります。早くて数日、長くて1週間ほど時間がかかることもあります。

また技術力で仕上がりの綺麗さも変わりますので、複数の業者に見積もりをとって比較・検討することが大切です。

車の傷を修理を安く抑えるには?

よく見ないとわからないような軽微な傷程度であれば、自分で修理するのが一番安くて早いです。
傷を直すための道具も市販されていますので、それらを駆使すれば自分で行うことも難しくありません。
ここでは、「コンパウンド」「タッチペン」「パテ」を使った修理方法をご紹介します。

コンパウンドを使って車の傷を修理する

コンパウンド

コンパウンド

コンパウンドとは、研磨剤です。研磨剤と薬剤を混ぜ合わせることによって、ボディ表面についた軽いキズを隠す機能があります。コンパウンドは「傷を埋める」のではなく、傷周辺の凸凹を平らにすることで「傷を目立たなくする」方法となっています。

コンパウンドには、ペーストタイプ・リキッドタイプがあります。飛び散りが少なく磨きやすいのが良いなら「ペーストタイプ」、広範囲にわたる傷なら塗り伸ばせる「リキッドタイプ」がおすすめです。

コンパウンドの使い方

コンパウンドの使い方:
1 まずは洗車
コンパウンドを使用する前には必ず洗車をしましょう。目に見えないような小さなホコリやゴミを洗い流して綺麗にすることで、磨くときに付着したゴミなどによって新たな傷を作るのを防ぐことができます。なるべくシャンプー洗車を行い、車を綺麗な状態にしましょう。

2 スポンジを水で湿らせてコンパウンドを取る
スポンジに水を含ませることで、摩擦熱によって傷が広がるのを防ぎます。
スポンジにコンパウンドを付けるときは、1円玉程度の少量にしましょう。

3 傷のある部分を磨いていく
コンパウンドをつけたスポンジで傷のある部分を磨いていきます。そのとき、傷と並行にスポンジを動かすようにすれば、傷が目立ちにくくなります。

4 拭き取る
最後はウエスなどでしっかりと拭き取りましょう。なるべく優しく拭き取るようにしましょう。

SOFT99 ( ソフト99 ) 99工房 液体コンパウンドトライアルセット 09193

ホルツ コンパウンドミニセット 粗目・細目・極細 25gx3本セット Holts MH926

関連するキーワード


メンテナンス カスタム DIY

関連する投稿


エンジンルームの意外と知られていない洗浄方法を解説

エンジンルームの意外と知られていない洗浄方法を解説

エンジンルームの洗浄は、細かい部品がたくさんあり難しそうですよね。しかし、注意点さえ知っていればご自身で洗浄することが可能となります。また、大事な愛車を傷つけたくないという方はカーショップなどで依頼することも一つの方法としてあります。


【カーエアコン】効かない・冷えない場合の対処と修理にかかる費用は?

【カーエアコン】効かない・冷えない場合の対処と修理にかかる費用は?

車に乗るにあたって欠かせない存在のカーエアコン。しかし、冷えない・効かないと感じることはないでしょうか。臭いや異音が気になっている方もいるかと思います。この記事では、車のエアコンを上手に使うための方法や故障の原因についてご説明!この記事を読んで、エアコンを上手に使いこなせるようにしましょう。


車のエアコンガス チャージ・補充方法は?入れ方や料金を徹底解説

車のエアコンガス チャージ・補充方法は?入れ方や料金を徹底解説

季節の変化で気温が変わると必要になるのが車のエアコン。今回はそのエアコンのために補充が必要なエアコンガスについて補充方法や入れ方、料金について解説していきます。


車のラジエーターとは?役割から交換・修理に掛かる費用や液漏れ時の対処法

車のラジエーターとは?役割から交換・修理に掛かる費用や液漏れ時の対処法

ラジエーターは車の生命線とも言える大事なものです。当記事では、ラジエーターの役割の説明から、ラジエーター周りの故障や液漏れなどのトラブルについての対処法、ラジエーターの交換や修等についてを記載しています。


エンジンから異音!「ノッキング」って何?原因から対策まで解説!

エンジンから異音!「ノッキング」って何?原因から対策まで解説!

指定された燃料以外を給油する事でも発生するノッキング。当記事ではノッキングの種類とそれぞれの原因、種類毎の対策方法について、ガソリン車はもちろんディーゼル車の場合はどうなのか等、詳細にわたり説明、解説しています。車のチューンを自身でする方から、単に異音が気になると言う方まで幅広く理解できるよう細部に渡り説明しています。


最新の投稿


エンジンルームの意外と知られていない洗浄方法を解説

エンジンルームの意外と知られていない洗浄方法を解説

エンジンルームの洗浄は、細かい部品がたくさんあり難しそうですよね。しかし、注意点さえ知っていればご自身で洗浄することが可能となります。また、大事な愛車を傷つけたくないという方はカーショップなどで依頼することも一つの方法としてあります。


【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

2020年のお盆休み期間中の高速道路の渋滞予測から、最も渋滞が予測されるピーク日をまとめています。今年は新型コロナウィルスの影響で、例年にも増してどうなるかわからない状況です。そんなお盆休みの渋滞予測に関する情報を随時更新していきます。※いまだ新型コロナウィルスが蔓延している状況からも、どうしても帰省しなければならない、緊急な用事等以外はお盆もご自宅でゆっくりすることをおすすめいたします。


2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。新車最新情報を随時更新しています。


【2020年上半期】発売されたSUV&これから注目の車は?

【2020年上半期】発売されたSUV&これから注目の車は?

2020年上半期も多くのSUVが登場しました。苦戦が続く新車販売の中でも、このSUVだけは絶好調でした。今回はそんな2020年上半期に新登場したSUVを国産車と外車からご紹介します。そして、これから発売予定の注目モデルも合わせてご紹介します!


【今さら聞けない】8ナンバーとは?

【今さら聞けない】8ナンバーとは?

車の話をしている時に8ナンバーって聞いたことありませんか?詳しくは知らない・初めて聞いたという方。本記事で一緒に8ナンバーについて見ていきましょう。