目次へ戻る

マツダ MPVの燃費、基本スペック一覧|中古価格の相場

マツダ MPVの燃費、基本スペック一覧|中古価格の相場

マツダのMPVの燃費や性能をご紹介します。MPVとはミニバンの同義語であるMulti Purpose Vehicleの略を名前の由来とした車です。MPVの性能や特徴以外にも内装についてや、口コミ評価も載せていきます。 購入を検討している方は是非参考にしてください。


マツダのMPVとは

マツダの「MPV」は、同社のロードスター同じく、自動車のスタイルの呼称をそのまま車名に用いている車種です。そしてMPVは初代 LV系が1988年に北米向け専用車として生産開始され、国内では1990年1月に販売されました。

また翌年10月にはフロントグリルを変更したり、従来の「本革シート仕様」に加えて、「ファブリックシート仕様」2グレード(仕様により、タイプAとタイプB)を設定するなどのマイナーチェンジを行い、日本仕様のみ「アンフィニMPV(εfini MPV)」に名前も変わりました。

1997年にはアンフィニMPVは、マツダMPVに名前が戻されています。

1999年、マツダの2代目MPVがデビュー

2代目マツダ MPV

2代目マツダ MPV

また1999年6月にデビューした二代目モデルでは、駆動方式がFFになり、リアドアがスイングドアから両側スライドドアになったことなどが話題になりました。二代目モデルは限定車の発売が多いことと、大幅なマイナーチェンジが行われていることが特徴となっています。

2006年、マツダの3代目MPVがデビュー

3代目マツダ MPV

3代目マツダ MPV

三代目モデルLY系は「スポーツカーの発想で、ミニバンを変える」というキャッチコピーを掲げて2006年2月に発売されました。

エンジンに関しましては先代モデルが直列4気筒とV6の二本立てでしたが、今回はV6は採用されず、代わりに「DISIターボ」と名付けられた直噴ターボエンジンが登場し、スポーティな動力性能と低燃費の両立を図る目的を果たしました。

これにより245psのパワーもさることながら、35.7kgmに達するトルクは1800kgを超える巨体を思うままに走らせるための大きな武器になりました。

日本国外仕様のネーミングは今回から「マツダ8」となり、香港、シンガポール、マレーシアなどへ輸出されました。

走りに特化したモデルとの違い

マツダには「ロードスター」を筆頭とする、より走りにこだわったクルマがありますが、MPVの場合は走りも重要視しつつ、家族で乗ることも重視しているところが、他のクルマとの大きな違いになっています。だからドライビングの楽しさと、乗る人すべてに優しい快適な乗り味をかつてない次元で両立させることが大切だったのです。

例えば居住性につきましては、MPVの2列目シートはなかなかよく考えられていて、横にスライドすることでベンチシート的にも使えるし、独立型のキャプテンシートとして使うこともできるようになっています。またステアリング切り始めの反応がもの凄くシャープで、ノーズがどんどん向きを変えてくれて快適です。

マツダ MPVの燃費、基本スペック一覧

マツダのMPVの燃費は、10・15燃費が初代モデルで5,8km/Lから8,4km/Lとなっています。
二代目モデルが8,3km/Lから11,6km/L、
そして三代目モデルは10・15燃費が9,4km/Lから12,2km/Lです。

またスペックに関しては、
【初代モデル】
ボディタイプ:5ドアミニバン、
エンジン:3.0L V6、2.5L ディーゼルターボ、
駆動方式:FR/4WD、
変速機:4AT、
サスペンション:前:ストラット式サスペンション・後:5リンク、
全長:4,465mm-4,660mm
全幅:1,825mm
全高:1,755mm-1,815mm、
ホイールベース:2,805mm
となっています。

【二代目モデル】
ボディタイプ:5ドアミニバン、
エンジン:直列4気筒 DOHC (2.0L/2.3L)、V型6気筒 DOHC (2.5L/3.0L)、
駆動方式:FF/4WD、
変速機:4AT/5AT、
サスペンション:前:ストラット式サスペンション・後:トーションビーム式サスペンション、
全長:4,750-4,810mm
全幅:1,820-1,830mm
全高:1745mm、
ホイールベース:2,840mm
となっています。

【三代目モデル】
ボディタイプ:5ドアミニバン、
エンジン:L3-VE型 2.3L 直4 DOHC・L3-VDT型 2.3L 直4 DOHC 直噴ターボ
駆動方式:FF/4WD、
変速機:4AT/5AT/6AT、
サスペンション:前:ストラット式サスペンション・後:マルチリンク式サスペンション、
全長:4,860mm
全幅:1,850mm
全高:1,685mm、
ホイールベース:2,950mm
となっています。

荷室・内装

ゆったりとしたシートでのびのびできるだけでなく、足元も広く、快適な車内で過ごすことができます。

運転席はコンパクトでありながら、高級感を感じられるデザインとなっています。

マツダ MPVの評価・口コミ

3代目 MPVの特別仕様車 23C L Style

3代目 MPVの特別仕様車 23C L Style

新型マツダ『MPV』(2日発表)には先代同様に、横にもスライドするカラクリシートが採用されているが、新型には、さらに快適性を高めた「スーパーリラックスシート」がオプション設定されている。スーパーリラックスシートには大型のオットマンや座面角度調整機能、スウィング機能付きヘッドレストなど航空機のファーストクラスのようなシート形状を実現している。

豪華なクルマに乗っているという優越感に浸れそうな素晴らしい評価になっています。

日帰りで、300kmのドライブに行ったけど、同乗者もドライバーも疲れなんて、無し。高速道路は安定した姿勢で、楽に運転が出来て、一般道ではロールの少なさで楽しく運転が出来ます。

快適に走ることができる車であることも分かり、高級感と快適さを併せ持つ素晴らしい車になっています。

マツダ MPVの中古価格

2016年3月に販売が終了したマツダ MPVですが、中古車であればさまざまな個体をみつけることができます。

マツダ MPV3代目モデル(2006年~2016年)の中古車情報

平均価格41.4万円
価格帯6.9万円~239.8 万円

※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年9月現在)

居住空間も魅力的なMPV

2列目シートの座り心地や居住性は、オデッセイよりもエスティマと直接対決したほうがいいレベルになっています。ヒンジタイプドアではなく、スライドドアを採用しているのもBOXタイプミニバン的です。 この2列目シートは前後に330mmのロングスライドが可能で、3列目シートを使わないときは目一杯後ろにスライドさせればスペースもゆったりして、ひとクラス上の居住性になります。さらに、「スーパーリラックスシート」と名づけられたこの2列目シートは、座面が大きくシートバックが高いため、非常に座り心地がいいのが自慢です。

まとめ

乗っていて楽しい!そう思えるのがこのマツダのMPVだと思います。それは単に居住性だけではなく、クルマとしては肝心のエンジンの性能の良さなどが挙げられ、同じようなタイプのクルマからアドバンテージをとっているのだと思います。もう新車はありませんが、状態のいい中古車はたくさんありますので、ぜひ探してみてはいかがでしょうか?

関連する投稿


日本でも発売してほしい!マツダの海外専用車

日本でも発売してほしい!マツダの海外専用車

日本では発売されていない海外専用車があることをご存知ですか?今回は、海外でのみ発売されているマツダ車をご紹介します。


【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催概要・出展車など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催概要・出展車など最新情報まとめ

東京モーターショー2019が、10月24日から11月4日までの12日間、東京ビッグサイトにて開催されます。本記事では、トヨタやホンダといった出展車予想情報に始まり、新型車・ワールドプレミア・アクセス情報・駐車場・開催日程・チケット価格などについてまとめています。【9月10日更新】


【2019年下半期】新型車・フルモデルチェンジ・発売日予想情報まとめ

【2019年下半期】新型車・フルモデルチェンジ・発売日予想情報まとめ

2019年下半期。7月~12月にかけて、新型車・新車ラッシュ・フルモデルチェンジが控えています。本記事では2019年下半期に行われると予測される新型デビュー・モデルチェンジを、月ごとにまとめています。国産車・外車(輸入車)はもちろん、価格や注目ポイントも網羅。10月には来る東京モーターショーも控えている2019年下半期の新型車情報を見ていきます!【9月3日更新】


トヨタの最上級ミニバン アルファード/ヴェルファイア中古車価格まとめ

トヨタの最上級ミニバン アルファード/ヴェルファイア中古車価格まとめ

今回の記事では、トヨタの誇る最上級ミニバン、アルファードとヴェルファイアの中古車価格についてまとめています。アルファード、ヴェルファイアの購入検討を考えている方はぜひ本記事をご覧ください。


トヨタのミニバン!エスティマ 中古価格まとめ

トヨタのミニバン!エスティマ 中古価格まとめ

トヨタが生んだ、”天才タマゴ”のキャッチフレーズで一躍人気者になった初代エスティマ。登場からもうすぐ30年が経ちます。2019年7月31日に生産終了してしまったエスティマ。今回は、そんなエスティマの中古車についてお話しして行きます。


最新の投稿


リアスポイラー|役割・効果やリアウィングとの違い、取付費用などまとめ

リアスポイラー|役割・効果やリアウィングとの違い、取付費用などまとめ

リアスポイラー。自作等で取り付けすると車検が通るのか気になりますし、取付工賃や自分で塗装をする方法も知りたいところ。 そもそもリアスポイラーにはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょう。今回はそんなリアスポイラーについて、わかりやすく紹介していきます。


【おすすめ10選】愛車の鍵のために!キーケースまとめ

【おすすめ10選】愛車の鍵のために!キーケースまとめ

鍵はいつも身に付けるものなので、ケースもこだわりたいところ。様々なタイプのキーケースがある中で、オススメのものを10選まとめています。


【おすすめ10選】愛車を綺麗に!洗車スポンジまとめ

【おすすめ10選】愛車を綺麗に!洗車スポンジまとめ

車が汚れてきたなと感じたら、何をしていますか?ガソリンスタンドで洗車サービスがあるので利用する人も多いと思いますが、自分でも自宅で洗車が可能です。今回は、自宅で洗車する際に大活躍のスポンジをご紹介します。


【おすすめ10選】車を綺麗に!カーワックスまとめ

【おすすめ10選】車を綺麗に!カーワックスまとめ

愛車を綺麗にお手入れしたい方にオススメのカーワックスをまとめました。コーティングよりもお手軽にできるワックスで、ピカピカの車を目指しませんか?


トヨタのハッチバック オーリス中古車価格まとめ

トヨタのハッチバック オーリス中古車価格まとめ

2006年にデビューしたトヨタ オーリスといえば、ハッチバックタイプのコンパクトカーであり、日本だけではなく世界的に人気のある車です。ヨーロッパではプリウスよりも売れているというから驚きですね。今回は、トヨタ オーリスの中古価格をまとめましたので一緒に見ていきましょう。