目次へ戻る

ランボルギーニのウラカンがオークションに550円で出品!?

ランボルギーニのウラカンがオークションに550円で出品!?

フェラーリと対を成すスーパーカーメーカーであるランボルギーニ。そのランボルギーニの主力車種であるウラカンLP610-4がオークションに出品されました。その価格がなんと日本円で550円。詳細についてまとめます。


ウラカンLP610-4が、まさかの550円!真相は…

ウラカンLP610-4は、ランボルギーニの主力車種といえる車種で、「ガヤルド」の後継スーパーカー。スペックに関してももちろん高性能で、ミッドシップに直噴5.2リットルV型10気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載。最大出力610ps/8250rpm、最大トルク57.1kgm/6500rpmを引き出します。

トランスミッションは、7速デュアルクラッチの「LDF」。駆動方式はフルタイム4WD。カーボンファイバーなどの軽量素材の採用により、車両重量は1422kgに抑えられていて、0-100km加速3.2秒、最高速325km/h以上という、世界屈指のパフォーマンスを誇ります。

日本国内の新車価格は2970万円で、中古車価格も2000万を下回ることはめったに見かけない1台です。

その、ランボルギーニ「ウラカンLP610-4」がアメリカの「insurance Auto Auctions」というオークションサイトにて出品されました。驚くべきなのはその価格で、なんと550円(5ドル)での出品だったのです。

鋭い人、英語が得意な人ならお気づきかもしれませんが、このランボルギーニが出品されたオークションサイト「insurance Auto Auctions」は、保険会社、ディーラー、レンタカー会社、フリート・リース会社など様々な売り手と協力し、事故車両などの効率的な販売を促進しているオークションなのです。

出品されたウラカンLP610-4の画像。原型をとどめておりません。。

「insurance Auto Auctions」によると、このウラカンLP610-4は車両火災によって全焼してしまったそう。THE・全焼中の全焼で、ホイールのデザインがかろうじて分かる程度の全焼ぷり。

THE・スクラップ

鉄屑となり果てたウラカンLP610-4

なお、「走行は不可。キーは差し上げます」とのコメントが残されているようです。これだけ燃え尽きた車両ですから、当然ですね。

日本にも事故車買取のサービスが存在しています。詳細についてを下記の記事にまとめていますので機になる方は是非ご覧下さい。

万が一の交通事故・・・!事故車のその後は修理?廃車?「買取」!?

http://matome.response.jp/articles/10

交通事故が増える12月。年末に掛け遠出、外出が増える時期ですが交通事故の当事者にはなりたくないもの。ですが万が一交通事故にあってしまった場合、その後の車はどうしますか?本記事では事故車の「買取」サービスを紹介します。

ランボルギーニ 300km/h超で起こした事故動画

ランボルギーニ、事故、といえばもうお馴染みの方も多いと思いますが、こちらもランボルギーニのLP610-4。このウラカンが300km/h超で走行中に起こした事故の映像がネット上でかなりの話題を呼んでいます。

助手席に座っていた乗員が事故に至るまでの映像を撮影していて、その動画を危険運転の証拠としてハンガリー警察が入手し、公式サイトを通じて配信したもの。2017年4月現在の再生回数は驚きの1090万再生となっています。

幸いにも、2名の乗員は、車両から逃げ出して無事だったということですが、恐ろしいですね。

関連する投稿


【フランクフルトモーターショー2019】ランボルギーニのHV シアン初公開

【フランクフルトモーターショー2019】ランボルギーニのHV シアン初公開

9月10日からドイツのフランクフルトで開催されているフランクフルトモーターショー。同ショーにてランボルギーニ初となるHVカー、シアンが初公開されました。いったいどんなスペックを誇るのか?最新の画像を含めてまとめています。


 ランボルギーニ ウラカン モデル別の価格、燃費を一覧で紹介|改良新型も

ランボルギーニ ウラカン モデル別の価格、燃費を一覧で紹介|改良新型も

ランボルギーニ ウラカンはガヤルドの後継車として2014年3月にジュネーブモーターショーにて正式発表され、日本ではその年の7月に発売されました。日本における販売価格や燃費や内装、各種仕様など気になるところをお伝えします。


【怖いものなし】ランボルギーニ ウルスのコピー車発売!価格は?

【怖いものなし】ランボルギーニ ウルスのコピー車発売!価格は?

中国の自動車メーカー「Hansu Auto」が、ランボルギーニのクロスオーバーSUV『ウルス』そっくりのSUVを発売し話題となっています。過去にもポルシェのマカンやアウディのQ5などなど、さまざまなそっくり車がでてきましたが、果たして今回は…。


ランボルギーニ ウラカン 価格・中古価格・性能・気になる評価は?

ランボルギーニ ウラカン 価格・中古価格・性能・気になる評価は?

ランボルギーニのウラカン。ウラカンはランボルギーニの中でもヒット作と言われるガヤルドの後継車として登場しました。2シーターのV10ミッドシップカーです。クーペ、スパイダーがあり、クーペには高性能グレードとしてペルフォマンテが設定されています。本記事では、そんなウラカンの 価格・燃費・性能・気になる評価についてもまとめています。


ランボルギーニ ガヤルドってどんな車?中古価格・性能・評判・名前の意味は

ランボルギーニ ガヤルドってどんな車?中古価格・性能・評判・名前の意味は

ランボルギーニのガヤルドとは、2003年-2013年までランボルギーニが製造していたスポーツカーです。ランボルギーニの歴史の中でも最もヒットした車種と言っても過言ではないガヤルド。本記事では、そんなガヤルドの中古価格・性能・評判・名前の意味などについてまとめています。


最新の投稿


都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

埼玉県は北関東への中継地点としての役割を担っています。最近は住みたい街ランキングで上位に入ったり、映画などでも一躍人気を博していますが、観光地への移動時の休憩地点として利用者も多く、その分道の駅も数多くあります。今回は、そんな埼玉県のおすすめスポットをご紹介します。


【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

千葉、東京、埼玉、茨城のみならず、神奈川県(一部地域を除く)までのエリアをカバーする千葉銀行では、新車・中古車・下取り車のローン残債、借換えもご相談にのります。エリア内の方で、車の購入をお考えの方は、千葉銀行のマイカーローンがどのようなものなのか気になるところでしょう。この記事では金利や審査、申込み方法等を解説します。


トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

1990年から発売されているトヨタのミニバン「エスティマ」の歴代モデルの燃費や中古価格などをまとめてみました。「エスティマ」に乗り換えをお考えの方は、是非参考にしてください。(※情報は2019年4月現在のもの)


全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

USトヨタが北米市場で販売しているフルサイズピックアップトラック『トヨタ タンドラ』(以降、タンドラ)の魅力に迫ります。(※情報は2019年4月現在のもの)


トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのノアは、ヴォクシーやエスクァイアと並んでトヨタの主力ミニバンです。しかしながら、その細かな違いが分からずに、選択肢に悩んでいる人も多いと思います。そもそも同クラスの車種を選ぶ基準は難しいところですよね。ノアの魅力は、「家族が楽しめる車」に仕上がっている点だと言えます。よりファミリーカーとしての資質が強いのが特徴です。今回は、ノアの魅力とともに、ヴォクシーやエスクァイアとの違いについても細かく解説していきます。(※情報は2019年4月現在のもの)