トップへ戻る

【2020年最新版】日産軽自動車一覧!新型ルークス最新情報も!

【2020年最新版】日産軽自動車一覧!新型ルークス最新情報も!

日産の自動車と聞いて、思い浮かぶ車は何ですか?セレナ?GT-R?これらの車ももちろん、素晴らしく魅力的な車ではありますが、日産は軽自動車も人気があります。今回は、そんな日産の軽自動車をご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


日産はいつから軽自動車をつくっている?

日産 モコ

日産 モコ

大手自動車メーカーの日産が軽自動車市場へ参入したのは他社と比較して遅く、2002年4月11月となります。その記念すべき初の軽自動車規格として登場したのがMOCO(モコ)で、現在の日産の軽ラインナップの礎となっています。

日産の軽自動車は他社、三菱やスズキによるOEM供給により販売が進められてきました。

日本を代表する自動車企業の日産と三菱による、2社で初めて設立した「NMKV」というジョイントベンチャーにより、日産が部品調達、企画、デザインを行い、三菱が製造と開発の担当をしオリジナルの軽自動車、乗用車から商用車まで様々なラインナップを揃え販売を行っています。

自動車業界でのOEM供給とは、中身は殆ど手を加えることなく一部外観などを変更し、他社モデルの自動車を自社モデルとして販売することになります。

主な狙いとしては、自社モデルのラインナップを増やし、他社モデルにちょっとした手を加えて販売をしていくことができるため、新たな開発へのコスト削減をすることができるという利点を活かせる仕組みとなっています。

日産が軽自動車をつくり始めた理由

日産が軽自動車市場へ参入した理由として、他社からのOEM供給を受け、新分野に進出するために掛かる初期投資を抑えること、またその資金を新型車の開発に回したいという狙いがありました。

また、顧客との接点を増やすという考えもあります。

ユーザーの軽自動車の乗り替えとしては軽自動車から登録車の乗り替えは1割から2割程であるのに対し、軽自動車を乗り継ぐ方が8割から9割を占めていると言われていて、軽自動車ユーザーの確保をすることが大事になっているんですね。

新型デイズは初の純日産製軽自動車!最新安全機能も搭載

日産 デイズ

日産 デイズ

新型デイズには、遠出を楽しむことをサポートするために考えられた新たな安全機能を取り入れています。

軽自動車初のプロパイロットの搭載により、高速道路での衝突回避をするために前方車両との車間距離を確保をする機能となります。

また、SOSコールの設置で高性能な位置情報、センサー情報によって判断をし専門のオペレーターへとつながるという仕組みになっています。

万一の問題や事故などに素早く反応、対処することができる機能となっており、このような安全機能搭載により安心してドライブを楽しむことができます。

豊富なボディのカラーバリエーションが揃っているのでお気に入りのカラーがきっと見つかるはずです!自分好みのボディカラーで毎日のドライブをより楽しむことが出来るのではないでしょうか。

日産軽自動車一覧

他のメーカーに比べて軽自動車市場への参入が遅かった日産も、現在では様々な軽自動車のラインナップを取り揃えてきました。

今回は軽商業者を除いた、日産の軽乗用車についてご紹介していきます!

【デイズ】先進の安全装備

日産デイズ新型 2019年

日産 デイズ

デイズには運転中の運転手、同乗者に対して衝突や事故などによる怪我をできる限り最小限に抑えるため、様々な安全装備の搭載が施されています。それにより、安全面を厳重に強化しています。

踏み間違い衝突アシスト

踏み間違い衝突防止アシスト

踏み間違い衝突防止アシスト

近年、よくニュースで放送される車両のブレーキとアクセルの踏み間違え事故、このような大惨事を起こしてしまう問題に対しても、車両生産者側としては安全確保の対応をしていかなくてはいけません。

デイズには、ブレーキペダルと間違えてアクセルペダルを踏んでしまった場合、エンジン出力を制御をすることでブレーキを掛け、車両を一早くストップさせる制御機能が搭載されています。

この機能により、踏み間違いによる被害を抑止することができます。

低速加速抑制機能

また、低速加速抑制機能も搭載されています。

進行方向に障害物があった場合にアクセルペダルを必要以上に踏み込んでしまうと、警報とともに加速の抑制をし、さらに前進・停車時には歩行者などを検知できるシステムになります。

低速衝突軽減ブレーキ機能

障害物へ衝突する恐れがある場合に、エンジン出力制御とブレーキ制御に加え、万一の時にも最低限の事故被害に抑えるための軽減対策システム設置機能が搭載されています。

デイズについて詳しく知りたい方はこちら

【デイズ ルークス】新型が2020年3月19日から販売開始!

日産ルークス新型 2020年

日産 ルークス

2020年3月19日に新型ルークスの販売が開始されると2020年2月25日に公式発表されました!

まず、室内高はハイトワゴンクラスでトップレベルであることがこの車の誇るべき魅力です。

室内高は139cmとなり、小さなお子さんが立ち上がれるほどの高さがあるため、車への乗降りで頭をぶつける心配もありません。

また、ラケッジスペースは後席を倒すことで27インチの自転車がすっぽりと収まるほど広く、荷物を大量に持ち運びすることができるように、室内空間も使用者の事を考えて作り上げられています。

その他にも、室内への環境をサポートし快適に過ごすことができるように様々な施しされています。

〇スーパーUVカット断熱グリーンガラス
〇ロールサンシェード(後席)
〇リヤシーリングファン
〇撥水加工シート

アラウンドビューモニター搭載

インテリジェント アラウンドビューモニター

インテリジェント アラウンドビューモニター

現在では、安全性が自動車製造の重要課題となっています。

そこで搭載されているのがアラウンドビューモニターとなります。縦列駐車が苦手という式を持っている方のサポートをしてくれる機能となります。

車を上から見下ろしているような感覚で駐車ができます。

ハイビームアシスト機能

ハイビームアシスト機能(イメージ)

対向車などをカメラが検知し、配光パターンを変える

また、夜間走行の悪条件に関しての対策として、ハイビームとロービームを自動的に切り替えるハイビームアシスト機能が搭載されていることになります。

エマーシャルブレーキ

そして、エマーシャルブレーキの搭載もされており、前方車両などの衝突を察知した際には警告ブザーでの警告により衝突の危険を知らせてくれる仕組みとなります。

また、万一には緊急的にブレーキを自動で起動するという機能となります。このような、安全面で様々な機能搭載をしています。

デイズルークスについて詳しく知りたい方はこちら

【NV100クリッパーリオ】通勤・通学からアウトドアまで

日産 NV100クリッパー リオ

日産 NV100クリッパー リオ

車名としては、N(日産)、V(VAN)、クリッパー(駿馬、俊足を誇る馬)という意味が込められています。

この車種においては、利便性や快適性を備えていることが魅力とされています。

特に積載性能に優れており、大人が4人乗っても余裕のある空間となっています。また、シートアレンジも自在で、車中泊もできてしまいます。

さらに、もしもの際に対応する多彩な安全装備が搭載され、安全性の向上が心がけられています。

普段使いからアウトドアまで、幅広い世代の方にとって使い勝手の良い一台と言えるでしょう。

NV100クリッパーリオについて詳しく知りたい方はこちら

日産の軽自動車の今後

日産 IMk(東京モーターショー2019出品車)

日産 IMk(東京モーターショー2019出品車)

現在、日本では乗用車市場における軽自動車比率が4割にも上り、これからもさらに軽自動車使用者が増加傾向に見られます。

それを見据えた上で、これからはEV(電気自動車)の軽自動車の製造、販売がされる可能性は非常に高く、それに向けた動きも見られます。

日産は「東京モーターショー2019」で、EV軽自動車の「IMk」を出展しました。

「IMk」は、スマートフォンで車外から自動で車を駐車できる「プロパイロット・リモートパーキング」なども搭載しており、先進技術の詰まった一台となっています。

発売される頃には、他にも日産の技術が盛り込まれていくことが予想でき、今後の日産の動きにも目が離せません!

まとめ

ルーフは黄色、ボディは白の日産ルークスとルーフは白ボディは紫の日産ルークス ハイウェイスター

日産ルークス(奥)と日産ルークス ハイウェイスター(手前)

日産は軽自動車開発の実力も一歩ずつ前進し、現在では他社メーカーにも劣らぬ実力を見せつけています。

今後発売される車にはどんな技術が搭載されているのか、日産の軽自動車に期待が高まります。

関連する投稿


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産のGT-Rは名車と名高い一台です。最新のGT-Rはスカイラインの名前が外れ日産GT-Rとなり、よりサーキットを意識した車へと進化し続けています。今回はこの日産 GT-Rについて見ていきましょう。


2020年の軽自動車販売台数ランキングを紹介!

2020年の軽自動車販売台数ランキングを紹介!

国内で販売された新車の3台に1台は、軽自動車の時代。どんなクルマが、売れているのでしょうか?今回は、2020年の軽自動車新車販売台数をもとに、トップテン形式でまとめました。


ワゴン車のGT-Rステージア!気になる中古車価格も!

ワゴン車のGT-Rステージア!気になる中古車価格も!

1996年デビューのステージアには発売当初には、パワートレインにスカイラインGT-Rのエンジンを搭載したモデルも存在した高性能モデルもありました。まさにスポーツワゴンの最高峰として位置付けられたモデルであったことを振りかえって見てみましう。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。