目次へ戻る

日産の軽トールワゴン デイズルークス 中古車情報

日産の軽トールワゴン デイズルークス 中古車情報

日産の軽トールワゴン。デイズシリーズの第2弾のハイトワゴンモデルがデイズルークスです。本記事ではデイズルークスの中古車情報を紹介しています。(※情報は2019年10月現在のものです)

⏳この記事は約3~4分で読めます。


日産の軽 デイズルークスとは

日産 デイズルークス(左)とデイズルークスハイウェイスター(右)

日産 デイズルークス(左)とデイズルークスハイウェイスター(右)

日産 デイズルークスは2013年6月6日に発表されたデイズシリーズの第二弾です。同年3月31日に販売終了した先代車種ルークスの2代目でもあります。

全高はデイズと比べ155mm高く、また、先代のルークスよりも全高が約40mm高くなり、室内の高さについては、27インチの自転車が余裕で積める1400mmを実現しています。

エンジンについては、基本的にはデイズと同じ3B20型を搭載(ハイウェイスターについては、デイズハイウェイスターと同形式のもの)しています。トランスミッションはエクストロニックCVTを搭載しています。

アラウンドビューモニター(「S」を除く全車に標準装備)や、空気循環のためのリヤシーリングファンなどを装備しています。

さらに、回生エネルギーで生み出した電力を電装品に使用することでガソリン消費を抑えるバッテリーアシストも搭載し、環境性能も高められています。

日産 デイズルークスの中古車 モデル別中古車相場・中古価格

初代日産 デイズルークス(2014年2月~)

日産 デイズルークス

日産 デイズルークス

構成は三菱 eKスペースと同様で、三菱 eKスペースに相当するノーマルタイプは日産 デイズルークス、三菱 eKスペース カスタムに相当するスポーティータイプは日産 デイズ ルークス ハイウェイスターとなっています。しかし、グレード体系・外観・装備内容は大きく異なります。

日産 デイズと同様、フロントフェイスを専用デザインに変更し、15インチアルミホイールを採用したオーテックジャパンの手によるカスタムカー「ライダー」も設定されています。

燃費についてはJC08モードで18.2km/L~22.2km/Lとなっています。
※2019年10月現在

初代日産 デイズルークス(2014年2月~)中古車情報
平均価格 約110万円
価格帯 約15万円~約183万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年10月現在)

【参考】日産 デイズルークス(2014年2月~)新車価格

※公式サイト調べ(2019年10月現在)

S(2WD)1,342,000円~
X(2WD)1,463,000円~
X Vセレクション(2WD)
1,529,000円~
ボレロ(2WD)
1,624,700円~
ハイウェイスターX(2WD)
1,669,800円~
ハイウェイスター Xターボ(2WD)
1,702,800円~
ハイウェイスターX Vセレクション(2WD)
1,735,800円~
ハイウェイスターX Gパッケージ(2WD)
1,743,500円~
ハイウェイスター Gターボ(2WD)1,798,500円~
ライダー(ハイウェイスターXベース)(2WD)
1,860,100円~
ライダー(ハイウェイスター Xターボベース)(2WD)
1,893,100円~
ライダー(ハイウェイスターX Gパッケージベース)(2WD)
1,933,800円~
ライダー(ハイウェイスター Gターボベース)(2WD)
1,988,800円~
S(4WD)1,465,200円~
X(4WD)1,586,200円~
X Vセレクション(4WD)
1,652,200円~
ボレロ(4WD)
1,733,600円~
ハイウェイスターX(4WD)
1,793,000円~
ハイウェイスター Xターボ(4WD)
1,826,000円~
ハイウェイスターX Vセレクション(4WD)
1,859,000円~
ハイウェイスターX Gパッケージ(4WD)
1,866,700円~
ハイウェイスター Gターボ(4WD)
1,921,700円~
ライダー(ハイウェイスター Xターボベース)(4WD)
2,002,000円~
ライダー(ハイウェイスターX Gパッケージベース)(4WD)
2,042,700円~
ライダー(ハイウェイスター Gターボベース)(4WD)
2,097,700円~

まとめ

日産 デイズルークス ボレロ

日産 デイズルークス ボレロ

日産 デイズと比べ居住性が高められているため、日産 デイズルークスはよりファミリーユースとして使いやすい車となっています。

なるべく安く手に入れたい方は中古車を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事はこちら

関連する投稿


【2020年コンパクトSUV対決】日産キックスVSライズVSヴェゼルそしてヤリスクロス

【2020年コンパクトSUV対決】日産キックスVSライズVSヴェゼルそしてヤリスクロス

「このままで終われるか!」という覚悟の元に日産が約2年9カ月ぶりにデビューさせた新型コンパクトSUV『キックス』。いったい『キックス』はどんな車に仕上がっているのか?ライバルとの比較で明らかにします!


日産の次世代電動SUV アリア 市販版は7月発表 最新情報

日産の次世代電動SUV アリア 市販版は7月発表 最新情報

日産の新たな電動SUV、アリアが登場します。市販版は7月に発表されるとのこと。本記事では今わかっている最新情報をまとめてお届けいたします。


【6月30日発売】日産新型キックス 日本市場へ投入!最新情報

【6月30日発売】日産新型キックス 日本市場へ投入!最新情報

日産の「新型キックス」が6月30日に発売されます。本記事では「新型キックス」の最新情報をまとめています。


軽自動車の白ナンバー取得方法 料金・手続き方法・図柄入りナンバーも紹介

軽自動車の白ナンバー取得方法 料金・手続き方法・図柄入りナンバーも紹介

軽自動車も白ナンバーにできる!?正確にいうと通常の白ナンバーというわけではないですが、東京オリンピック2020、ラグビーワールドカップなどの図柄入りナンバー、地方版図柄入りナンバーなどの白い特別仕様のナンバーに変更することが可能です。本記事では手続き方法、料金、また白ナンバーにするメリット・デメリットに関してご紹介しています。


【2020年】新型車(国産車)&新車情報 最新情報

【2020年】新型車(国産車)&新車情報 最新情報

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会える?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、発売日予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!(※2020年6月更新しました)


最新の投稿


AR・VRとは?車に搭載されている機能についても解説

AR・VRとは?車に搭載されている機能についても解説

ARとは「拡張現実」VRとは「仮想現実」と呼ばれているもので、いずれもパソコンやスマホなどを使い仮想の世界をあたかも現実の世界にいるような体験ができる技術です。最近では車にもこの技術が使われ始めています。


ドライブレコーダーは前後がいい?タイプ別の特徴や取り付け方も紹介

ドライブレコーダーは前後がいい?タイプ別の特徴や取り付け方も紹介

万が一のことを考えてドライブレコーダーを装着する車が増えてきましたが、前方だけのタイプの方もまだまだ多いようです。しかし、ドライブレコーダーを装着するなら是非前後に装着する事をおすすめします、今回はドライブレコーダーについて詳しくご説明していきます。


スマホホルダーを購入検討中の方必見!使い方や注意点をご紹介

スマホホルダーを購入検討中の方必見!使い方や注意点をご紹介

日本国内での携帯電話の普及率はなんと100%を超えていると報告されています(総務省調べ)。もはや携帯なしでは生活に支障をきたすレベルです。そんな今、車の運転時に必要となってくるのがスマホホルダーです。今回は、スマホホルダーの使い方や注意点についてご紹介していきます。


カーエアコンが効かないのは故障?確認から対処方法までご紹介

カーエアコンが効かないのは故障?確認から対処方法までご紹介

「カーエアコンが効かない!」とお悩みの方必見。夏が本格化する前に、カーエアコンの効きが悪い原因を確認から対処する方法をまとめました。ここ数年、地球温暖化による異常気象によって、日本各地で記録的な猛暑が記録されています。暑い中ではカークーラーが効かないのは、命取りになってしまいます。


知らないと危険?!オーバーヒートとは

知らないと危険?!オーバーヒートとは

気持ち良くドライブをしていたらボンネットから煙が。異臭もするし、見たことのない警告灯も点灯。こんな時どうしたらいいのか?今回は、オーバーヒートの原因と対処法、修理についてを解説します。