トップへ戻る

ダイハツの軽自動車一覧!人気車種の特徴・スペックなどをご紹介

ダイハツの軽自動車一覧!人気車種の特徴・スペックなどをご紹介

時代のニーズに応えながら、移り変わってきたダイハツのラインナップ。現在では、オープンツーシータースポーツからスーパーハイトワゴンまで、多彩な車種を取り揃えて車を選ぶ楽しみを満たしてくれます。今回は、そんなダイハツの主力商品でもある軽自動車についてご紹介します!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


「ダイハツ」の社名の由来は?

机の上の開いた本

ダイハツについて知ろう

初めて国産エンジンを開発するという目的で大阪高等工業学校(後の大阪帝国大学工学部、現大阪大学工学部の以前の形)の研究者を中心に、「発動機製造株式会社」が1907年に設立されました。

ブランド名や社名には、創業した後に「発動機」と付けるメーカーが多発し、多くのお客様は「大阪の発動機」など県名を入れるようになりそれが省略されて「大発(だいはつ)」になったと言われています。

発動機(エンジン)からオート三輪、そして軽自動車へ

ダイハツ ツバサ号三輪トラック (1932年)

ダイハツ「ツバサ号」三輪トラック (1932年)

ダイハツは、自動車の1番大切な部分である「エンジン」を完成させることで、世の中に認められるようになり、そこから自動車をつくることを目指すようになりました。

もともとダイハツはエンジンのメーカーでしたが、1930年に自動車の生産を始めました。歴史に残るダイハツの初の自動車は、小型三輪車である「ダイハツ号」で、大きな反響を受け人気となりました。

その後、1951年に現在の名「ダイハツ工業株式会社」に社名の変更を行い、自動車メーカーとして更に動き出すことになり、今のダイハツがあります。

福祉車両にも力を入れるダイハツ

ダイハツ タント スローパー

ダイハツ タント スローパー

フレンドシップシリーズは、介助や介護を必要としている方、または支える方など、様々なお客様の使い勝手を中心に考えた福祉車両のシリーズです。“車いす移動車”、“昇降シート車”、“回転シート車”の3種類から選ぶことができます。

例えば、タントのタントスローパーであれば、バックドアからスロープを引き出し、車いすを載せることができます。

助手席には、ウェルカムターンシートが装備されており、ドアを開けてアームレストを下げてから足元にある回転レバーを引き上げると回転し、ロックが掛かるまで回転させグリップを掴みながら降りることができます。

ダイハツ タント ウェルカムターンシート

ダイハツ タント ウェルカムターンシート

ダイハツ タント 助手席シートリフト

ダイハツ タント 助手席シートリフト

その他にも助手席側のリアドアも開けてラクに乗り降りしたい時はミラクルオープンドアを活かした「リア側昇降モード」があるなど、実用性が高いです。気になる方はぜひ公式サイトを確認してみてください。

現行ダイハツの軽自動車一覧!ラインナップを紹介

では、ダイハツの軽自動車はどのような種類があるのか見ていきましょう。全車種の魅力と機能などをご紹介していきます。

【コペン】爽快!オープンツーシーター

ダイハツ コペン GRスポーツ

ダイハツ コペン GRスポーツ

コペンは、乗るだけで自由になれた気分を味わえ、自分なりの走りができ、車と一体になれて大空へ羽ばたいていけそうな実感が味わえる。そんな車になっています。

たくさんの方に乗ってほしいという想いから、コペンは4種類のコペンと3つの走りを楽しむことができ、日本だけではなくインドネシアでも人気を誇っています。

自分に合ったコペンを見つけて、欲望のままに駆け抜けてみてはいかがでしょうか。

ダイハツ コペンのスペック

【ダイハツ コペン Robe】スペック表
ボディサイズ全長×全幅×全高(mm)3,395×1,475×1,280(mm)
ホイールベース2,230mm
最大乗車定員2名
車両重量870kg
燃費WLTCモード:19.2km/L
エンジン種類水冷直列3気筒12バルブDOHC
インタークーラーターボ横置
最高出力(kW(PS)/rpm)47kW(64PS)/6,400rpm
最大トルク(N・m(kg・m)/rpm)92N・m(9.4kg・m)/3,200rpm
駆動方式FF(前2輪駆動)
トランスミッション自動無段変速機:CVT

コペンについてもっと詳しく知りたい方はこちら

【ミライース】燃費はここまでよくなる

ダイハツ ミライース

ダイハツ ミライース

新・みんなのエコカー「ミライース」として知られている車であり、いろんな人の暮らしで使い勝手が良く地球に優しい車となっています。

軽自動車ならではの軽快な走りができ、軽自動車の中でもトップクラスの低燃費を実現しています。

最先端なLEDヘッドライトを採用しており質の高いデザインでありながら、価格は比較的リーズナブルな点も人気の理由といえるでしょう。

ダイハツ ミライースのスペック

【ダイハツ ミライース B 2WD】スペック表
ボディサイズ全長×全幅×全高(mm)3,395×1,475×1,500(mm)
ホイールベース2,455mm
最大乗車定員4名
車両重量650kg
燃費JC08モード:35.2km/L
エンジン種類水冷直列3気筒12バルブDOHC横置
最高出力(kW(PS)/rpm)36kW(49PS)/6,800rpm
最大トルク(N・m(kg・m)/rpm)57N・m(5.8kg・m)/5,200rpm
駆動方式FF(前2輪駆動)
トランスミッション自動無段変速機:CVT

ミライースについてもっと詳しく知りたい方はこちら

【タント】多彩なシートアレンジが魅力

ダイハツ タント新型

ダイハツ タント

幅広い世代の人がもっと豊かに暮らせるような「スーパーハイト系」という新しい種類を創りあげたタントは、日本人である私たちの暮らしを見つめ直し生まれ変わってきました。

ミラクルウォークスルーパッケージになっており、自動オープンや予約してロックを掛けることも可能となっているため、ストレスを感じることなくドアの開け閉めができます。

また、車内が広いため運転席から後部座席への移動がスムーズに行えるため、車から降りて回り込む必要がありません。

安全性にも力を入れており、スマートアシストが採用されているためヒヤリ体験も少なく、運転がしやすく視界の悪い道路や死角も見えやすくしているので、毎日の運転を安全に楽しく行うことができるでしょう。

ダイハツ タントのスペック

【ダイハツ タント L 2WD】スペック表
ボディサイズ全長×全幅×全高(mm)3,395×1,475×1,755(mm)
ホイールベース2,460mm
最大乗車定員4名
車両重量880kg
燃費JC08モード:27.2km/L
エンジン種類水冷直列3気筒12バルブDOHC横置
最高出力(kW(PS)/rpm)38kW(52PS)/6,900rpm
最大トルク(N・m(kg・m)/rpm)60N・m(6.1kg・m)/3,600rpm
駆動方式FF(前2輪駆動)
トランスミッション自動無段変速機:CVT

タントについてもっと詳しく知りたい方はこちら

【ウェイク】軽自動車ナンバーワンの広さ

ダイハツ ウェイク

ダイハツ ウェイク

ウェイクは、目線が高くフロントガラスが大きいのも特徴で、小さなバスに乗っているかのような気持ちになれる車となっております。

メーターはセンターにありますが、見にくさを感じることはなく、運転のしやすさも追求されています。

室内空間が広いのに加えて、小回りの効く軽自動車となっており、ファミリーにもおすすめできる車となっています。

ダイハツ ウェイクのスペック

【ダイハツ ウェイク D 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)mm3,395×1,475×1,835(mm)
ホイールベース2,455mm
最大乗車定員4名
車両重量990kg
燃費JC08モード:25.4km/L
エンジン種類水冷直列3気筒12バルブDOHC横置
最高出力(kW(PS)/rpm)38kW(52PS)/6,800rpm
最大トルク(N・m(kg・m)/rpm)60N・m(6.1kg・m)/5,200rpm
駆動方式FF(前2輪駆動)
トランスミッション自動無段変速機:CVT

ウェイクについてもっと詳しく知りたい方はこちら

【ミラトコット】使い勝手の良い車

ダイハツ ミラトコット

ダイハツ ミラトコット

少し近代的な見た目でありながら、おしゃれで可愛らしさも感じられる「ミラトコット」は、小柄で運転しやすく、使い勝手の良い軽自動車となっています。

あたたかみのあるカラーのシートで内装はとても落ち着く雰囲気となっており、ちょっとした小物が置ける「センターコンソールトレイ」やグレードによっては「シートヒーター」が搭載されているなど、小柄でありながら便利な装備も充実しています。

また、全車がエコカー減税の対象車である点も嬉しいポイントでしょう。

G “SA Ⅲ”、X “SA Ⅲ”、L “SA Ⅲ” には、「スマートアシストⅢ」が標準装備されており、若者だけでなく、高齢のドライバーの方にもおすすめの車種と言えます。

ダイハツ ミラトコットのスペック

【ダイハツ ミラトコット L 2WD】スペック表
ボディサイズ全長×全幅×全高(mm)3,395×1,475×1,530(mm)
ホイールベース2,455mm
最大乗車定員4名
車両重量720kg
燃費JC08モード:29.8km/L
エンジン種類水冷直列3気筒12バルブDOHC横置
最高出力(kW(PS)/rpm)38kW(52PS)/6,800rpm
最大トルク(N・m(kg・m)/rpm)60N・m(6.1kg・m)/5,200rpm
駆動方式FF(前2輪駆動)
トランスミッション自動無段変速機:CVT

ミラトコットについてもっと詳しく知りたい方はこちら

【ムーヴ】ザ・オーソドックス

ダイハツ ムーブ

ダイハツ ムーブ

新型ムーヴの買い手が多い理由としては、「どんなお客様にも満足してもらえる高性能」「質感の高い新デザイン」「燃費性能の高さ」などが挙げられるでしょう。

また、軽自動車初の後方誤発進抑制制御機能をスマートアシストに搭載しており、その他にもTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイなどの便利な機能が搭載されており、買い手を惹きつけます。

新しい造りのシートやペダルレイアウト変更も行っているため、基本的な性能から足回りまで磨き上げており走る楽しみが増えています。

試乗もできますので、その走りや内装の完成度を実感することができます。

ダイハツ ムーブのスペック

【ダイハツ ムーブ L 2WD】スペック表
ボディサイズ全長×全幅×全高(mm)3,395×1,475×1,630(mm)
ホイールベース2,455mm
最大乗車定員4名
車両重量820kg
燃費JC08モード:31.0km/L
エンジン種類水冷直列3気筒12バルブDOHC横置
最高出力(kW(PS)/rpm)38kW(52PS)/6,800rpm
最大トルク(N・m(kg・m)/rpm)60N・m(6.1kg・m)/5,200rpm
駆動方式FF(前2輪駆動)
トランスミッション自動無段変速機:CVT

ムーヴについてもっと詳しく知りたい方はこちら

【ムーヴキャンバス】個性溢れる軽自動車

ダイハツ ムーヴキャンバス

ダイハツ ムーヴキャンバス

可愛らしい雑貨のような見た目の軽自動車であるムーヴキャンバスは女性に特に人気の車種となっています。

ボンネットは短く丸みを帯びており、クラシック感やアンティークさといった雰囲気を引き出すような作りになっています。

ボディカラーも豊富で、ツートンタイプでは自分好みの色の組み合わせを楽しむことができます。

ダイハツ ムーブキャンパスのスペック

【ダイハツ ムーブキャンパス L “SA Ⅲ”】スペック表
ボディサイズ全長×全幅×全高(mm)3,395×1,475×1,655(mm)
ホイールベース2,455mm
最大乗車定員4名
車両重量910kg
燃費JC08モード:28,6km/L
エンジン種類水冷直列3気筒12バルブDOHC横置
最高出力(kW(PS)/rpm)38kW(52PS)/6,800rpm
最大トルク(N・m(kg・m)/rpm)60N・m(6.1kg・m)/5,200rpm
駆動方式FF(前2輪駆動)
トランスミッション自動無段変速機:CVT

ムーヴキャンバスについてもっと詳しく知りたい方はこちら

【アトレーワゴン】最大限の積載性

ダイハツ アトレーワゴン

ダイハツ アトレーワゴン

空間の広さとシートアレンジも多彩なアトレーワゴン。それにより居心地の良さを実感でき、足元も軽自動車とは思えないほど広く、運転や車に乗り降りする際のストレスが軽減されます。

また、後部座席には乗降グリップが付いており、今まで以上に乗り降りがラクになっていて安心度があります。

大きな車となっていますが最小回転半が4.6mと小回りが効き、幅広い世代の方に運転しやすい車種となっています。

ダイハツ アトレーワゴンのスペック

関連する投稿


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

日本の道路は狭いため軽自動車がとても人気です。しかし、軽自動車の魅力は小さくて小回りがきくだけではありません。今回は、国内で軽自動車が人気の理由と燃費性能や維持費についても解説していきます。


2020年の軽自動車販売台数ランキングを紹介!

2020年の軽自動車販売台数ランキングを紹介!

国内で販売された新車の3台に1台は、軽自動車の時代。どんなクルマが、売れているのでしょうか?今回は、2020年の軽自動車新車販売台数をもとに、トップテン形式でまとめました。


ホンダ N-BOX|人気の理由は?ライバル車種を抑えるほどの魅力とは?

ホンダ N-BOX|人気の理由は?ライバル車種を抑えるほどの魅力とは?

ホンダのN-BOXは軽自動車の販売台数で2020年にトップになるなど、安定した人気を誇っているモデルです。後発の軽自動車が多く発売されているのにも関わらず、なぜこれほど人気があるのでしょうか?この記事では、N-BOXの人気の理由を徹底的に解説します。


コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVは、クルマの性能と価格のバランスがよく、汎用性が高いことから、人気を得ています。今回は、コンパクトSUVの定義、メリット、おすすめ5車種についてまとめました。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。