目次へ戻る

マイナーチェンジしたダイハツ「ムーヴ」のスペック・価格・燃費一覧

マイナーチェンジしたダイハツ「ムーヴ」のスペック・価格・燃費一覧

ダイハツは、軽乗用車『ムーヴ』および軽福祉車両『ムーヴ フロントシートリフト』をマイナーチェンジしました。8月1日から販売を開始しています。今回はそんな新しくなったムーヴについてまとめています。改めて、ムーヴについて学びましょう。


ムーヴ、改良新型登場!何が変わった?

ムーヴが新しくなって、2017年8月1日より販売されています!

今回のマイナーチェンジですが、特に注目したいのは歩行者にも緊急ブレーキ対応する「スマートアシストIII」を搭載したことです。今までこの機能は搭載されていなかったのでうれしい限りです。

また、4つのカメラで車両の前後左右を映すことで、上から見下ろしたような映像をナビ画面に映し出す「パノラマモニター」を採用し、安全・安心性能を向上させています。

軽自動車ですと、やはり安全性能には気を使いたいですよね。他には、『ムーヴ』『ムーヴ カスタム』ともに内外装を刷新されています。

メッキフロントグリルや新意匠の14インチアルミホイールの採用により、シンプルで上品なエクステリアへと進化しました。

ムーヴ カスタムでは新開発の多灯薄型LEDヘッドランプ(マニュアルレベリング機能・LEDクリアランスランプ付)や、スモーククリアのインナーレンズを採用したリヤコンビネーションランプ、新意匠のインパネガーニッシュなどを装備。先進的で上質感ある内外装としました。

その他、リヤシートのラゲージ側にリヤシートのスライドレバーを設定することで、使い勝手も向上させています。

ダイハツ ムーヴに改良新型が登場!スマアシⅢも導入!

http://matome.response.jp/articles/770

新しくなったムーヴ。 詳しくはこちらをご覧ください!

ムーヴ、2017上半期軽自動車ランキングでは堂々の…位!

ムーヴが人気車だということはなんとなくイメージがわく方も多いかと思いますが、実際にはどれくらいの人気なのかというのはご存知ですか。
全国軽自動車協会連合会によると、6月および2017年上半期(1~6月)の軽四輪車通称名別新車販売台数(速報)を発表しています。

これによれば、2017年上半期(1~6月)の軽四輪車通称名別新車販売台数は、ホンダ『N-BOX』が10万6231台(10.7%増)を販売し、3年連続トップという結果に。

おいおいムーヴじゃないじゃないか。と憤慨することなかれ。なんとムーヴは4位です。前年比では26.0%減と落ち込んでいるようにも見えますが、
8月に新型が販売されたので、下半期は販売台数が増えるのではないでしょうか。

2017年上半期の軽自動車販売台数ランキング上位10車は以下の通り(カッコ内は前年同期比)。

1位:N-BOX(ホンダ)10万6231台(10.7%増)
2位:タント(ダイハツ)8万0607台(9.8%減)
3位:デイズ(日産)7万6707台(49.3%増)
4位:ムーヴ(ダイハツ)7万2167台(26.0%減)
5位:スペーシア(スズキ)5万7763台(36.9%増)
6位:ワゴンR(スズキ)5万7205台(26.1%増)
7位:アルト(スズキ)5万0915台(8.6%減)
8位:ミラ(ダイハツ)4万5632台(13.3%増)
9位:N-WGN(ホンダ)4万4436台(6.4%減)
10位:ハスラー(スズキ)4万1575台(9.7%減)

軽自動車販売、N-BOX が3年連続トップ 2017年上半期車名別 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/07/06/297093.html

全国軽自動車協会連合会は、6月および2017年上半期(1~6月)の軽四輪車通称名別新車販売台数(速報)を発表した。

ダイハツ ムーヴ 基本情報について知りたい

ダイハツのムーヴは1995年に初代モデルが発売され、現行モデルの6代目は2014年12月に発売されました。

軽自動車といえど、安定感のある走り、また上質なインテリアも魅力の車です。

ボディ関連では高張力鋼板を多用するなどして、軽量化を推し進めたうえで、軽くなった分を性能向上に振り分けるという硬派な思想。走っていて感じるのは、とにかくボディがしっかりとしていること。軽自動車、それもボディパネル1枚1枚の面積が大きくなりがちなハイトワゴンは、パネルがペコペコと音を出したりするものだが、ムーヴについてはそんなことは一切無く、静かで安定した走りを示す。

新型ムーヴ、新CMはこちら

ダイハツから公開された、新型ムーヴのCM。

石田ゆり子さんを起用し、ムーヴが大人にも似合う車であること、また渡部篤郎さんがムーヴ開発者に扮し、ムーヴの安全性能の高さを伝えているCMがあります。

ダイハツ ムーヴ スペック(燃費・サイズ他)


■参考:2WD X
全長×全幅×全高:3,395×1,475×1,630(mm)
ホイールベース :2,455(mm)
乗車定員 :4名
車両重量 :820kg
エンジン最高出力 :38kW(52ps)/6,800rpm
エンジン最大トルク:60Nm(6.1kgm)/5,200rpm
JC08モード燃費:31.0km/L

ダイハツ ムーヴ エクステリア

6代目のムーヴ。実はムーヴカスタムを基準にデザインされているというから驚きです。

こちらはムーヴカスタム。

確かに、似ています。

新型ムーヴのチーフエンジニア(CE)、須藤秀彦氏は「ベーシックからカスタムを制作しようとすると、それに合わせたデザインとしなければならず、不都合が発生しやすい。華飾ありきで設計した方が、チグハグ感が出ず、より上質なデザインが可能となる」と説明する。

ではベーシックのムーヴはどのように考えるのか。「デザイン重視であれば、ムーヴカスタムを選択して頂けるはず。ベーシックは、カスタムから“はがした”格好となるが、ハリボテのカスタムを作り上げるよりも良いと判断した。“ゴマカシ”では通用しない」(須藤氏)と話した。

また、それぞれのデザインの違いについて、須藤氏によると「ムーヴカスタムは、“フルカスタム”をテーマに、上下左右でどっしりとした構えを演出し、迫力と上質感を表現。ムーヴでは、スマートスペースをテーマに厚みの有る造形と、大型のヘッドランプとグリル、加えて平面マウンドを強調したバンパーの全体で、上質感と安心感を表現した」とのことだ。

ダイハツ ムーヴ インテリア

ムーヴのインテリアは、詳細に作られているのが売りです。
デザインもシンプルで、上品ですよね。

また、リヤシートは、左右別々にスライドできます。

そのため、後席乗員個人個人の体格に合わせて足元を広げたり、荷物の量や大きさに合わせて荷室を広げたりできるので快適ですね。

前席のヘッドレストを外し、ロングソファモードにすれば、足を伸ばしてリラックスできる広い空間が生まれます。

ダイハツ ムーヴ グレード別価格は?中古価格は?

Xターボ“SA Ⅲ” 
2WD 1,350,000円
4WD 1,474,200円

X“SA Ⅲ”
2WD 1,274,400円
4WD 1,398,600円

X
2WD 1,209,600円
4WD 1,333,800円

L“SA Ⅲ”
2WD 1,177,200円
4WD 1,301,400円

L
2WD 1,112,400円
4WD 1,236,600円

中古価格は、状態、年式にもよりますが、110万円~150万円ほどでした。
新車の方が安い場合もありますので、中古で購入を検討するときには、損をしないように下調べをしっかりしておきましょう。

ダイハツ ムーヴ 評価・口コミ・評判について知りたい

オーナーさんによる、ムーヴの評価はどんなものなのでしょうか。
口コミをe燃費で確認してみました。

年式の割には、丈夫ですし当たりが良かったのか、故障という故障はしませんね〜、あと冬の雪道には結構強いですね…さすが4WDですね。あとはワゴンRよりも室内が広いですし、ノーマルエンジンですけども加速は、いいですしリヤのドアが、横開けなので助かります。

軽自動車の枠(価格帯含む)の中で丁寧に作られた物だからか、未だにサスペンションやマフラー、ヘッドライトカバーの換えさえ効く。同じ車種に乗り続けている人が多いからと言うのも理由の一つかと。MTなので、クラッチの交換も視野に入れていたが、これまた長持ちしている。乗り方と手入れに気を付けていれば、各所の消耗をかなり抑えられるし、隠れた名品と思う。

岐阜まで往復 417㎞ 給油17.11㍑ 燃費24.3㎞/㍑
高速走行は80~90㎞ 回転数は2,500回転前後をキープしました。
軽の宿命か、長距離トラックの風圧が・・・

本記事では、新しくなった新型ダイハツムーヴについて改めてまとめてました。

スマートアシストⅢも搭載され、ますます使い勝手のよくなったムーヴ。下半期の販売台数の結果が楽しみです。

関連する投稿


【1位は堂々のあの車】2018年軽自動車販売台数ランキング(車名別)はこうなった!

【1位は堂々のあの車】2018年軽自動車販売台数ランキング(車名別)はこうなった!

全国軽自動車協会連合会は1月10日、2018年(1~12月)の軽四輪車通称名別新車販売台数(速報)を発表しました。ホンダ『N-BOX』が過去最高の24万1870台(前年比10.7%増)を販売し、4年連続トップとなっています。


【販売台数ランキング】ホンダN-BOXが2018年ダントツで売れたクルマに!

【販売台数ランキング】ホンダN-BOXが2018年ダントツで売れたクルマに!

全軽自協が2018年(1~12月)の車種別新車販売台数を発表しました。 ホンダ「N-BOX」が過去最高の241,870台で軽自動車では4年連続、登録車を含む新車販売台数においては2年連続となる第1位を獲得しました。 販売台数ランキングやN-BOXの販売台数推移、今後の展望などを見ていきましょう


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【1月9日更新】


【スバルの軽】軽自動車生産の歴史を現行販売モデルと合わせて振返る

【スバルの軽】軽自動車生産の歴史を現行販売モデルと合わせて振返る

スバルはその社名に引けを取らないくらいきら星のように光り輝く軽自動車をいくつも生み出してきましたが、今現在、残念ながら軽自動車の生産を終了しています。しかし、OEM供給により軽自動車の販売は継続しています。今回は、スバルの軽自動車の歴史を振返りながら、OEM提供にて現行販売されているスバルの軽自動車を紹介しています。


4WD(四駆)とは?仕組みの説明とハイブリッド・軽などタイプ別おすすめも紹介

4WD(四駆)とは?仕組みの説明とハイブリッド・軽などタイプ別おすすめも紹介

雪道などでスリップしづらい4WDには様々な種類があり、その特徴や仕組みを知っておけば車を買い替えるときなどにも役立ちます。本記事では四駆のお勧めハイブリッド車・軽自動車・スポーツカーをそれぞれ2~3車種ずつ紹介しています。更にそれぞれの車種の特徴やセールスポイント、車種情報、スペック等についても記載しています。


最新の投稿


BMWの7シリーズ改良新型が登場!表情刷新でグリルも大型に!

BMWの7シリーズ改良新型が登場!表情刷新でグリルも大型に!

BMWは1月16日、改良新型『7シリーズ』(BMW 7 series)を本国で発表しました。現行7シリーズがデビューからおよそ3年半を経て、初の本格改良を受けています。最新情報をお届けいたします!


マツダのコンパクトSUV CX-3 スペック・価格・中古価格・評価はどう?

マツダのコンパクトSUV CX-3 スペック・価格・中古価格・評価はどう?

マツダから発売されているSUVは沢山ありますね。その中でも一番コンパクトサイズなのがCX-3(シーエックススリー)です。コンパクトサイズのため、街乗りはもちろん、SUVとしていろんな用途で楽しめる車ですね。そんなCX-3について改めてスペック・価格・中古価格・評価など様々な角度から調べてみました。


【完全網羅】マツダのSUV CXシリーズ!CX-3 CX-5 CX-8 CX-9まで

【完全網羅】マツダのSUV CXシリーズ!CX-3 CX-5 CX-8 CX-9まで

マツダの大人気CXシリーズ。日本ではCX-3やCX-5が知られていますが、他にもたくさん販売されています。各車種の違いがわからない。そもそも何が違うの?という人向けに、今回はCXシリーズについてまとめています。これを読めばCXシリーズがより好きになるかも!?です。


【最新情報】トヨタのSUV RAV4ハイブリッド 新型 この春欧州発売!

【最新情報】トヨタのSUV RAV4ハイブリッド 新型 この春欧州発売!

トヨタのSUV、RAV4。このRAV4ハイブリッド新型がこの春欧州にて発売されます。さらにトヨタは、RAV4ハイブリッド新型の燃費も発表しました。2019年春に日本でも発売されるとあって今大注目のRAV4。本記事では欧州仕様のRAV4ハイブリッド新型のハイブリッド性能に焦点を当てました。


ワイドトレッドスペーサーの選び方と取付け方|役割の説明やおすすめ紹介も

ワイドトレッドスペーサーの選び方と取付け方|役割の説明やおすすめ紹介も

ホイールを外側に出すための「ワイドトレッドスペーサー」。ドレスアップアイテムと思われがちですが、サスペンションのチューニングパーツです。ただし、しっかり知識を持たずに取り付けると思わぬ事故にも遭う可能性もあります。今回はワイドトレッドスペーサーの選び方から、取り付け方についてと、取り付けるメリット・デメリット、おすすめのワイトレ等をご紹介していきます。