トップへ戻る

ダイハツの新型タントカスタム 口コミ・内装・価格他最新情報

ダイハツの新型タントカスタム 口コミ・内装・価格他最新情報

ダイハツのタントは今や軽自動車で人気を誇るスーパーハイトワゴンです。2019年7月9日に4代目にフルモデルチェンジを行いました。今回新型タントの中でも「タントカスタム」に注目し、口コミ・内装・価格ほか最新情報をまとめています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ダイハツの新型タントカスタムとは?

新型タントカスタム

2019年7月9日にフルモデルチェンジして発売された新型タントは4代目になります。

同時に「タントカスタム」も発売されました。

新型タントカスタムは、ボディに厚みをもたせたメリハリのあるフロントフェイス・サイドボディ形状を一体感の造形として造りあげられました。

存在感のあるスタイルを表現しながら、明快な造りも実現しています。

フルLEDヘッドランプには、アダプティブドライビングビーム(ADB)・リヤにはクリアクリスタルLEDリヤコンビネーションランプを採用し、先進機能と特徴的なデザイン性の高さを両立しています。

ではタントカスタムとタントの違いを詳しく見ていきましょう。

ダイハツのタントカスタムとタントの違いって?

ダイハツ タント

ダイハツ タントカスタム(RS)新型

ダイハツ タントカスタム(RS)新型

2019年にフルモデルチェンジを果たしたダイハツの人気スーパーハイトクラスの軽自動車。「タント」と「タントカスタム」。この両モデル、購入する際にどちらのモデルを購入するか悩む人も多いのではないでしょうか。

そこで、見た目だけではなく性能面からも簡単に両モデルの違いをお伝えしていきます。

①価格

タントとタントカスタムの価格の違いは、タントカスタムの方が金額も高くなっています。
タントの新車価格帯は124万3,000円~176万5,500円。
タントカスタムの新車価格は157万8,500円~197万4,500円です。
※2020年2月時点

②外装(エクステリア)

外装(エクステリア)の違いは、どちらかと言えばタントは優しいイメージのデザインで女性も乗りやすそうな雰囲気があります。
一方のタントカスタムは、随所にメッキを施し、ワイルドで高級感のあるデザインになっています。

また、タントカスタムでは、フロント・リヤ・エアロ版バー・大型リヤスポイラー・バッグドアガーニッシュが全グレードに標準装備されています。

タントではこれらのエアロをオプションで選択することはできなくなっています。

また、LEDヘッドランプは両者が標準装備になっていますが、両者で違いがあります。

タントカスタム:オートレベリング
タント:マニュアルレベリング

③内装(インテリア)

・タントカスタムは黒を基調としたデザインで、ブルーパネルの専用メーターを装備
・タントカスタム専用シート素材とアームレスト
・タントのシート素材は撥水加工フルファブリックを採用
・タントカスタム(トップエディションSAⅢ)専用ファブリック+シルバーステッチのソフトレザー調シート
・アームレスト
タント:ブラウン
タントカスタム:プレミアムシャインブラック&ファブリック、プレミアムシャインディープブルー(マーブル柄)&専用ファブリック

簡単にタントとタントカスタムの違いを説明してきましたが、タントカスタムの方が価格が高い分、機能も充実していることがわかりますね。

では新型タントカスタムの最新情報を見ていきましょう。

タントについて詳しく知りたい方はこちら

ダイハツの新型タントカスタム最新情報

ダイハツ タントカスタム新型

ダイハツ 新型タントカスタムにはDNGA搭載

新しいDNGAと名付けられた最新のプラットフォームを纏って誕生したダイハツ『タント』シリーズ。DNGAだけじゃなく、新しさと革新性に溢れた出来に仕上がっている。

「カスタム」とノーマルタントの違いは、外観ではフロントエンドのデザイン、内装ではカスタムにブラックの引き締まった内装が与えられているほか、試乗した「カスタムRS」では本革巻きステアリングや本革のシフトレバーなど、どちらかと言えば男心をくすぐるアイテムがちりばめられている。

2019年7月9日にフルモデルチェンジを果たしたダイハツ「タント」。

その4代目には「DNGA」を搭載しました。
この技術で「ダイハツ」は全て部品をゼロベースで見直し、再構築しました。
また、これによっていくつかの世界初を実現しています。

■世界初+軽自動車初+日本初(全部で7つの初)
・予防安全機能「スマートアシスト」
・最大540mmスライドする運転席(世界初)
・パワースライドドアにロック予約機能(軽自動車初)
・ウェルカムオープン機能(軽自動車初)
・駐車支援システム(軽自動車初)
・マルチスパーク(複数回点火)エンジン(日本初)
・ギアとベルトのハイブリッド(D-CVT)(世界初)

このように並べると圧巻ですね。

そもそもDNGAとは

DNGAとは、ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(英: Daihatsu New Global Architecture)のこと。

ダイハツ工業が開発した、新プラットフォームを基幹とし商品力の飛躍的向上と原価低減を同時に達成するための車両作りのシステムの総称です。

ちなみに、トヨタはトヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(英: Toyota New Global Architecture、以下 TNGA)です。

それでは次に新型タントカスタムの内装(インテリア)をチェックしていきましょう。

新型タントカスタムの内装(インテリア)

新型タントカスタム

新型タントカスタム

新型タントカスタム

新型タントカスタム

内装(インテリア)では、ブラックを基調とした洗練された室内空間を演出しています。メッキ加飾やプレミアムシャインブラックを随所に施しています。

上質感と高級感は軽自動車を感じさせない雰囲気を作りあげていますね。

タントカスタムの外装(エクステリア)はどうなっているのでしょうか。

新型タントカスタムの外装(エクステリア)

新型タントカスタム

新型タントカスタム

新型タントカスタム

新型タントカスタム

新型タントカスタム

新形タントカスタムのカラー展開は、「シャイニングパールホワイト」や「パールブラック」など新色3色を含む全8色と、2トーン3色を設定しています。

※2トーン選択時には、サイドガーニッシュを装着します。

タントカスタムでは、「プレミアム」「プレミアムプラス」「プレミアム スポーツフェイス」と3種類の用品パッケージも設定しています。

プレミアム・プレミアムプラス:メッキ加飾
プレミアムスポーツフェイス:ダークブラックメッキ

新型タントカスタムのスペック

 
タントカスタムRS基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式フルタイム4WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,425mm×1,775mm
室内寸法(長さ×幅×高さ)2,180mm×1,350mm×1,370mm
車両重量970㎏
最大乗車定員4名
燃費WLTCモード18.8km/L
最小回転半径4.7m
総排気量658cc
最高出力47kW (64PS)/ 6400rpm
最大トルク100N・m (10.2kg・m)/ 3,600rpm
燃料タンク容量30L
2020年2月現在公式サイト調べ

新型タントカスタムの試乗記・口コミ

ダイハツ タントカスタム(RS)新型

ダイハツ タントカスタム(RS)新型

パーキングアシストそのものは、すでに多くのクルマに取り入れられていることはご存知の通り。僕もこれまで数多くの装着車に試乗したが、正直言って一度として使ったことがない。その理由は使用できる場所が限定的であることや、使用するための手順が面倒だったりして、結局は自分の眼と付いている後方カメラなどを利用した方が早いからだ。

ところが今回のスマートパノラマパーキングアシストは、初めて街中で使ってみたいと思った装備である。何故かと言うと、一つは場所を選ばないこと。多くのパーキングアシストは車庫入れなどのケースでは両側にクルマが止まっていることが前提となっているが、ダイハツのこれは白線を読むシステムなので、クルマがいなくても使える。

新型タントカスタムでは、スマートパノラマアシストを使用すると、車庫入れが簡単にできるとの記載があります。

車庫入れが苦手な人にはうれしい機能となっています。

新型タントカスタム

また、このほかにも
走行感の良さや、ドアの開閉・加速度・走行安定性・静寂性・視野の広さ、車内の広さについて評価されているようです。

さすが最新の軽自動車は装備も機能も整っていますね。

新型タントカスタムのおすすめグレードは?

ダイハツ タント

ターボ車はさすがにパワフルで、NAから乗り替えてみるとその違いを痛感し、まずはこちらがイイと感じる。しかし、ノーマルタントにだってターボ仕様はあるのだがどこが違うかと言うと、カスタムRSだけはタイヤが15インチを装着するのだ。

タイヤそのものは同じブリヂストン・エコピアだったが、正直言って14インチと15インチでは走りがまるで違っていた。路面からのインフォメーションの入り方も15インチの方が確実に上で、ステアリングを切った時のノーズの入り方などは15インチの方が正確でライントレース性もこちらが上である。

ダイハツ タント

新型タントカスタムでおすすめのグレードは「RS」になります。
理由は2つあり、
①15インチのタイヤ
②アダプティブドライビングビーム
が大きな理由と言えます。

15インチのタイヤを装着すると、見た目のかっこよさも増します。そして、タイヤが大きくなった分、少しばかりか走行性も安定。

そして、アダプティブドライビングビームがつくことで、夜間の自動ハイビームなどで安心感も増します。

新型タントカスタムの価格

タントカスタム価格表

カスタムL 2WD

1,578,500

カスタムX 2WD1,699,500
カスタムXセレクション 2WD

1,721,500

カスタムRS 2WD1,782,500
カスタムRSセレクション 2WD1,853,500
カスタムL 4WD
1,705,000
カスタムX 4WD
1,826,000
カスタムXセレクション 4WD

1,842,500

カスタムRS 4WD
1,908,500
カスタムRSセレクション 4WD
1,974,500

2020年2月現在公式サイト調べ

ちなみに、新型タントの新車価格帯は124万3,000円~176万5,500円です。

新型 タントカスタム エアロパーツ

新型 タントカスタム LA650S LA660S 専用 パーツ フロントバンパーガーニッシュ フロントロア ガーニッシュ ドレスアップ アクセサリー エアロ カスタムパーツ 外装パーツ DAIHATSU TANTO CUSTOM

フロント部分につけるとかっこよさも増します

新型 タントカスタム LA650S LA660S 専用 パーツ ロアグリル ガーニッシュ ドレスアップ アクセサリー エアロ カスタムパーツ 外装パーツ DAIHATSU TANTO CUSTOM

グリルを加工するだけで、ドレスアップ間違いなし

ダイハツ 新型タントカスタム LA650/660S サイドガーニッシュ 鏡面仕上げ 4P DAIHATSU Tanto LA650S LA660S カスタムRS カスタムX カスタムL ドレスアップ カスタム パーツ エアロ カーアクセサリー スライドドア サイドドア カーパーツ

サイドを仕上げるだけでスタイリッシュに

ダイハツ 新型タントカスタム LA650/660S リアゲートガーニッシュ 鏡面仕上げ 1P DAIHATSU Tanto LA650S LA660S カスタムRS カスタムX カスタムL ドレスアップ パーツ エアロ アクセサリー バックドア トランクルーム カーゴルーム

リア部分もこだわり抜いてスタイリッシュに

【CREE 80W】LA600/610S 新型 タントカスタム [H25.10〜]80W LED フォグ ランプ H162個セット 【CREE XT-E 採用】バルブ デイライト トヨタ 最上級 フラッグシップモデル

フォグランプの部分もスタイリッシュに

新型タントカスタムには専用のカスタムパーツをネットなどで仕入れることができます。

ぜひ、専用パーツを選んでオシャレにカスタマイズしてみてください。

新型タントカスタムの発売日は

新型タントカスタムは2019年7月9日に「タント」と同時に発売されました。初代タントは2003年から製造販売されています。

車名の由来はイタリア語で「とても広い、たくさんの」という意味があります。軽自動車なのに広い室内設定は人気がある理由の一つでしょう。

このコンセプトの元に発売されて17年も経過していますが、売れ続けているのも納得ですね。

まとめ

ダイハツ タント

・新型タントカスタムは2019年7月9日にフルモデルチェンジして発売された4代目のタント
・「DNGA」をダイハツで初めて使用した車種
・新型タントカスタムのおすすめグレードは「RS」
・新型タントカスタムはRSを選ぶとアダプティブドライビングビームがついているので夜間は安全

新型タントカスタムはスタイリッシュでカッコよく、走りも中身も申し分ない軽自動車です。軽自動車だけどスタイリッシュさを求める方に特におすすめの車種になっています。

気になった方は是非一度チェックしてみてくださいね。

ダイハツ新型タントカスタムを探したいという方はこちら

検索方法を選択 | 店舗検索【ダイハツ】

https://map.daihatsu.co.jp/search/shop/top/?btnMenu=1,2,4,5,3

ダイハツのクルマをご検討の方々に、お近くのお店をお探し頂けます。

関連する投稿


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

日本の道路は狭いため軽自動車がとても人気です。しかし、軽自動車の魅力は小さくて小回りがきくだけではありません。今回は、国内で軽自動車が人気の理由と燃費性能や維持費についても解説していきます。


2020年の軽自動車販売台数ランキングを紹介!

2020年の軽自動車販売台数ランキングを紹介!

国内で販売された新車の3台に1台は、軽自動車の時代。どんなクルマが、売れているのでしょうか?今回は、2020年の軽自動車新車販売台数をもとに、トップテン形式でまとめました。


ホンダ N-BOX|人気の理由は?ライバル車種を抑えるほどの魅力とは?

ホンダ N-BOX|人気の理由は?ライバル車種を抑えるほどの魅力とは?

ホンダのN-BOXは軽自動車の販売台数で2020年にトップになるなど、安定した人気を誇っているモデルです。後発の軽自動車が多く発売されているのにも関わらず、なぜこれほど人気があるのでしょうか?この記事では、N-BOXの人気の理由を徹底的に解説します。


コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVは、クルマの性能と価格のバランスがよく、汎用性が高いことから、人気を得ています。今回は、コンパクトSUVの定義、メリット、おすすめ5車種についてまとめました。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。