トップへ戻る

トヨタルーミー・タンクを徹底レビュー | 基本性能やルーミーとタンクの違いも解説

トヨタルーミー・タンクを徹底レビュー | 基本性能やルーミーとタンクの違いも解説

ダイハツトールのOEM車として登場したトヨタのプチバン、ルーミー&タンク。コンパクトカーの枠を超えた圧倒的な室内スペースと、1.0Lエンジンがもたらす低燃費によって人気の車となっています。本記事では今やトヨタのコンパクトカーの顔となっているこの2台を徹底レビューします。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トールワゴン型のコンパクトカー!トヨタルーミー&タンク

ルーミーとタンクそしてトールとジャスティとの関係

ルーミー&タンクは、ダイハツが開発・生産したトールをトヨタがOEM供給を受ける車種で、トヨタ店・カローラ店向けが「ルーミー」、トヨペット店・ネッツ店向けがタンクとなります。また、スバルにも「ジャスティ」として供給されており、合わせて4兄弟という事になります。

全長3.7mというコンパクトなサイズでありながらも、1.75mという軽ハイトールワゴン並みの車高とすることで同クラストップの広い室内空間を実現しています。

そして搭載されるエンジンには、燃費にすぐれたダイハツ製3気筒1.0Lエンジンと1.5L並みの力強い加速を可能にした1.0Lターボエンジンを採用し、快適な走行性能も備えています。

そして、衝突回避システムにはトヨタ車ではあるものの、コンパクトカー専用に開発されたダイハツの「スマートアシストⅢ」を採用するなど、先進の安全性能も備えています。

ルーミーとタンクの違いとは

トヨタ・タンクGコージーエディション

ルーミーとタンクの違いは、基本的にはフロントフェイスだけと言えます。しかしながらこのフェイスは車を印象づけるものなので、全く違う車と感じる方も多いかもしれません。

また、ベース車のトールやスバルのジャスティとも異なるデザインになっています。基本的には「品格と艶やかさ」を表現しているのがタンク、「ダイナミックさとアグレッシブさ」を表現しているのがルーミーとされていますが、好みによって選ぶことが出来ます。

トヨタ・ルーミーGコージーエディション

ベース車のトールは、標準車とカスタムという軽自動車の定番となっている分け方と同様に、2つの顔となっています。そして、タントの標準車はそのトールの標準車を基にしたデザインになり、ルーミーの標準車はトールのカスタムを基にしたデザインになります。

そして、メッキパーツなどでほんの少しだけ上級感を加えたのが、それぞれのカスタムモデルです

ターボがなくても力強い走りの1.0Lエンジン

トヨタ・ルーミーカスタムG-T

ルーミー&タンクが搭載するエンジンは、ダイハツ製の直列3気筒の1.0Lエンジンで、パワフルというわけではありませんが、最適化されたCVTとの組み合わせによって、街中での発進や加速に優れたパワーユニットです。

街乗りやお出かけには申し分なく、メインターゲットとされる軽自動車から移行するユーザーにとっては満足感を感じられる走りでしょう。

それでも物足りないという人にはターボ搭載モデルという選択肢があります。プラス29馬力のパワーとプラス48N・mのトルクは1.5L車と同等で、高速道路でもストレスのない加速性能を発揮します。

また、全車にフロント・スタビライザーを標準装備し、ターボ車はリア・スタビライザーも装備していることで、車高の高いボディでも安定した走行を可能にしています。

ルーミー&タンクのスペック

全長×全幅×全高:3700~3725×1670×1735
エンジン・排気量:直列3気筒・1.0L 1.0Lターボ
JC08モード燃費(㎞/L):21.8~24.6

※参照:メーカー公式サイト(2020年1月現在)

ルーミーとタンクの燃費は?

トヨタ・ルーミーGコージーエディション

ルーミー&タンクのJC08モード燃費は、NAエンジン車で24.6km/L、ターボエンジン車で21.8km/L。ちなみにライバル車のスズキ・ソリオの最高27.8km/Lと比較すると少し見劣りするかもしれません。

しかし、ライバルのソリオのNAエンジン車とは同等の燃費であり、ルーミー&タンクを3.2㎞/L上回るソリオのマイルドハイブリッド車はルーミー&タンクより約24万円も価格が高いことを考えると、経済性ではむしろルーミー&タンクの方が上回っているといえます。

さらに室内幅でソリオを6センチも上回る広い室内スペースを確保しているので、その点でもおすすめです。

2018年の改良で「スマートアシストIII」を搭載

タンク

ルーミー&タンクは、トヨタ車が採用する「トヨタ・セーフティーセンス」ではなく、ダイハツの先進安全装備「スマートアシスト」を採用しています。

2018年の改良において、デビュー当時に採用された、スマートアシストⅡの機能である衝突警報機能 (対車両・対歩行者)、衝突回避支援ブレーキ機能 (対車両)、誤発進抑制制御機能 (前方・後方)、車線逸脱警報、先行車発進お知らせ機能という5つの機能に加え、衝突回避支援ブレーキを対車両に加えて対人にも対応するなど機能を向上させた、スマートアシストⅢに移行し、安全性能がさらに進化しています。

ルーミー&タンクはシンプルで機能的なインテリア

ルーミー

ルーミーとタンクのインテリアはシンプルながらも機能性に優れ、すっきりと水平に伸びたインストルメントパネルが前方の視認性を確保しています。また、ガラスエリアが大きいことから視界も良く、明るく開放的な室内となっています。

また、前席のヘッドレストを外してシートを倒せば、フラットな空間にすることができます。また、車内での休憩にも便利で、背の高い大きなラゲッジルームはリアシートだけを倒すことによって、まるで収納庫のようになり自転車を積むことも可能です。

そして、低床フロアや大型アシストグリップなど、お子さんやお年寄りの方でも乗り降り簡単。さらに、広めの車幅によって、前後席間の縦移動、運転席・助手席間の横移動など、車内の行き来がスムーズになるフロントシートウォークスルーが可能になっています。

ルーミー&タンクのグレードと価格帯

ルーミーとタンクの価格は、同クラスのライバル車と比較しても、コストパフォーマンスの高い価格設定となっています。ベース価格は約149万円から上は約200万円までと幅広い価格設定がされています。

カスタムはエアロパーツやアルミホイールが標準装備となり、スポーツテイストあふれる仕様となっています。

また、特別仕様車「G"Cozy Edition"」は、「G」をベースに、専用ファブリックシートやナビレディパッケージを特別装備し、ピアノブラック塗装やシルバー加飾が施された上級仕様になっています。

※ルーミーとタンクは同価格、同装備、同グレード、同スペックとなります。

ルーミー&タンクのグレードと車両価格

ルーミー

標準車

X
FF:1,490,500円 
4WD:1,666,500円
X”S”
FF:1,556,500円  
4WD:1,732,500円
G
FF:1,716,000円 
4WD:1,892,000円
G-T (ターボ)
FF:1,837,000円

カスタム

カスタムG
FF1,870,000円  
4WD:2,046,000円
カスタムG-T(ターボ)
FF:2,002,000円

特別仕様車G“Cozy Edition”
FF:1,762,200円 4WD:1,938,200円

※参照:メーカー公式サイト(2020年1月現在)

中古車参考価格

タンク:55.0~242.0万円
ルーミー:73.9~286.0万円

※参照:レスポンス中古車検索より(2020年1月現在)

まとめ

ルーミー&タンクは、限られたスペースを無駄なく使える、ダイハツが軽自動車造りで培ったノウハウを存分に活かしたコンパクトカーです。

そして、1.0Lターボによる軽快な走りと上級クラスにも劣らない安全性能を併せ持ち、軽自動車やこれまでのコンパクトカーから乗り換えを検討している人にはおすすめの一台です。

しかし、トールもジャスティも気になりますね!

他おすすめ記事はこちら

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

2020年2月発売のヤリスを皮切りに、GRヤリス、ヤリスクロスと、「ヤリスファミリー」が広がっています。3台それぞれが各セグメントで確固たる人気を獲得していることもあって、2021年に入ってからも登録者国内販売台数の首位を堅持し続けている「ヤリスファミリー」の魅力は一体どこなのか、ライバルと比べてどうなのか、詳しく探っていきましょう。


最新の投稿


トヨタ シエンタの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ シエンタの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

ミニバンの使い勝手とコンパクトカーの乗りやすさが高度にバランスされていて人気の「トヨタ シエンタ」。混み合う駅へのお出迎えや、狭めな駐車場のお店でのお買い物だって楽々こなせます。そんなシエンタ、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、シエンタの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車保険の比較・検討|見積もりには比較サイトが便利でお得!

自動車保険の比較・検討|見積もりには比較サイトが便利でお得!

自動車保険は、比較・検討することで、自分に合った補償内容に調整しつつ、保険料を安くできます。今回は、見積もりを取るのに比較サイトが便利な理由と、各種キャンペーンについてまとめました。


自動車保険はどこがおすすめ?|自動車保険の基本とおすすめ保険会社

自動車保険はどこがおすすめ?|自動車保険の基本とおすすめ保険会社

自動車保険の更新時期になると、保険料をもっと安くできないか、もっといい保険はないか、と検討される方は多いかもしれません。そこで今回は、自動車保険の基本的な部分と、おすすめ保険会社をまとめました。


自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンは、どこで、どのように借りるとお得なのでしょうか?今回は、金利やローン審査、シミュレーションなどについてまとめました。また、低金利を選ぶ際の注意点についても取り上げます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。