目次へ戻る

新型タント 最新情報 内装・価格・口コミ・売れ行きは?

新型タント 最新情報 内装・価格・口コミ・売れ行きは?

ダイハツの新型「タント」。子育てファミリーを中心に人気のある軽ハイトールワゴンです。発売以来ホンダの「N-BOX」と激しい販売競争を繰り広げている人気の一台です。当記事では新型タントにスポットを当て、気になる軽ハイトールワゴンの内容についてまとめています。特に若い主婦層におすすめなタントとは、いったいどんな軽自動車なのでしょうか。新型タントの内装・外装・燃費・価格・口コミほか最新情報満載です!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ダイハツのタントとはどんな車?

ダイハツタントとタントカスタム

新型タント、フルモデルチェンジでどう変わった?

2019年7月のフルモデルチェンジでは、これまでのタントならではの広い室内空間はより広く、ピラーインドア「ミラクルオープンドア」といった特徴をさらに使いやすくして、新しい装備や機能も充実させています。

そして、子育てファミリーだけではなく、若年、子育てから子離れ、高齢者まで、幅広いユーザーが安心して運転できるように「スマアシ」を始めとした安全装備もさらに進化させています。

タントとタントカスタムとの違いは?

タントカスタム

タント

標準車の「タント」と上級装備車の「タントカスタム」は、そのキャラクターの違いがひと目でわかるように違いを鮮明にしています。女性が好むような、親しみやすいシンプルなイメージの「タント」。

ちょっとダーティーで押し出しが強く、上質で洗練された大人っぽいイメージとなっている「タントカスタム」は男性に人気があります。2つのタントは同じ車種とは思えないほどの違いがあります。

ダイハツの新型タント最新情報

ミラクルオープンドア

ダイハツ 新型タントスペック(ボディサイズ・燃費・エンジンほか)

※基本スペックほか情報は公式サイトより(情報は2020年2月現在のもの)

ボディサイズ

全長:3,395mm
全幅:1,475mm
全高:1,755mm

軽の規格いっぱいに利用しているため、旧モデルと比べても5mm高くなっているだけですが、ドアパネルのデザインの違いなどによって、旧モデルのオーナーには大きくなったと感じられるかもしれません。

燃費はいいの?

ターボ

エンジンは旧型と変わっていませんが、世界初となる半球型燃焼室や複数回点火(マルチスパーク)などを採用して、より燃焼効率が向上させることで基本性能を磨き上げています。

エンジン形式・排気量:直列3気筒・658㏄
最高出力:
通常エンジン:38kW[52PS]/6900rpm
ターボ仕様:47kW[64PS]/6400rpm
最大トルク:
通常エンジン:60N・m[6.1kg・m]/3600rpm
ターボ仕様:100N・m[10.2kg・m]/3600rpm

燃費

JC08モードと比べてWLTCモードで燃費が大きく落ちるのは、WLTCモードが停止時間が短い測定方法の為で、タントだけでなく、停車前アイドリングストップなどで燃費を稼ぐ軽自動車には非常に不利に働くからです。

その反面、郊外モードと高速道路モードでは、他のモードより燃費が伸びており、新型タントはロングドライブや高速道路などでより燃費が良い車だということが分かります。街乗りメインの車だと思っていたらこれは意外です。

JC08モード燃料消費率:23.8~27.2 km/L
WLTCモード燃料消費率:18.8~21.2 km/L
市街地モード(WLTC-L):16.7~18.6km/L
郊外モード(WLTC-M):20.1~21.6km/L
高速道路モード(WLTC-H):19.0~21.6km/L

内装

タントのインテリア

タントカスタムのインテリア

「タント」は、使いやすさを重視した機能的なデザインと明るく清潔感のある空間で、インパネにグリーンもしくはネイビーのアクセントカラーを施し、落ち着いたグレー基調のトリムとフルファブリックシートを採用。

シートは撥水加工されているので、お子さんが汚してもさっと拭き取れる機能性と明るさが特徴となっています。

「タント カスタム」は、専用ファブリックとソフトレザー調のシートや、革巻きステアリングホイール、ピアノブラック加飾やシフトノブのメッキ加飾など、専用装備が採用されるなど質感にこだわった高級感が特徴になります。

どちらも見た目を裏切らない内容とイメージになっています

外装

タントカスタム

「タント」は、気取らずに楽しさを表現し、愛嬌あるフルLEDヘッドランプでシンプルでアイコニックなフロントフェイスと、視認性を高めたLEDリヤコンビネーションランプを採用し、包み込まれるような安心感のあるデザインとなっています。

「タント カスタム」は、厚みを持たせたフロントグリルやサイドのボディ形状、ボディレリーフを一体感のある造形として、存在感あるスタイルとなっています。

また、アダプティブドライビングビーム(ADB)を採用したLEDヘッドランプと、クリアクリスタルLEDリヤコンビネーションランプを採用し、先進機能形を表現している点も特徴です。

安全装備

スマートアシストのツインカメラ

旧型でも採用された「スマアシ」が「次世代スマートアシスト」に強化され、車線逸脱抑制制御機能、標識認識機能及び軽自動車で初となるADB(アダプティブドライビングビーム)が追加されるとともに、誤発進抑制機能にはブレーキ制御が追加されています。

また、全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)、LKC(レーンキープコントロール)、サイドビューランプ及び軽自動車初採用となる駐車支援システム「スマートパノラマパーキングアシスト」で構成された運転支援機能「スマートアシストプラス」も採用されました。

ボディカラー

ボディカラーは「タント」が9色、「タント カスタム」は8色に加え、ブラックマイカメタリックと組み合わせた2トーンカラーの3色がサイドガーニッシュを装着してメーカーオプションで設定されます。

注目装備

①運転席ロングスライドシート

ロングスライドシート

運転席と助手席にはスライド機構が採用され、運転席は最大540mmものロングスライドが可能となっています。また、運転席と後席のウォークスルーや、運転席に座ったまま後席にアクセスできるなど、荷物や乗車人数など状況に応じて自在にシートアレンジして使用できます。

②パワースライドドア ウェルカムオープン機能

パワースライドドア ウェルカムオープン機能

軽自動車として初搭載された「パワースライドドア ウェルカムオープン機能」は、クルマを離れる際に運転席側のインパネに用意された予約スイッチを押しておくと、電子カードキーを持ってクルマに近づくだけで、ドアを自動で解錠しオープンしてくれます。

両手が荷物などでふさがっていても、キーを取り出すことなくスマートに乗り込める便利機能です。

グレード別価格

タントカスタム

■新型タント
L(スマートアシスト非装着車)
2WD:1,243,000円 4WD:1,369,500円
L
2WD:1,331,000円 4WD:1,457,500円
X
2WD:1,490,500円 4WD:1,617,000円
X“セレクション”
2WD:1,490,500円 4WD:1,617,000円
X ターボ
2WD:1,589,500円 4WD:1,716,000円
X ターボ“セレクション”
2WD1,544,500円 4WD:1,765,500円

■新型タントカスタム
カスタム L
2WD:1,578,500円 4WD:1,705,000円
カスタム X
2WD:1,699,500円 4WD:1,826,000円
カスタム X“セレクション”
2WD:1,721,500円 4WD:1,842,500円
カスタム RS
2WD:1,782,000円 4WD:1,908,500円
カスタム RS“セレクション”
2WD:1,853,500円 4WD:1,974,500円

中古車価格

現行モデル2019年7月以降:109.9~229.9万円
旧モデル2019年7月以前:1.0~177.8万円

さすがに新型はまだ高値ですが、ものによっては新車よりかなりお買い得感のある車のあります。半年しか経過していないので新車と変わらないので、検討の余地は大いにあります。
※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2020年2月現在)

新型タント、おすすめグレードはX ターボ“セレクション”

ダイハツ タント Xターボ セレクション

新型「タント」を買うなら、おすすめグレードはズバリ!X ターボ“セレクション”です。2019年12月に追加設定された新グレード「セレクション」シリーズは、パックオプションの「コンフォータブルパック」が標準装備され、パックオプションを装着した場合よりも割安な価格に設定されたお得なグレードとなっています。

コンフォータブルパックは、360°スーパーUV&IRカットガラス(フロントクォーター/フロントドア/リヤドア/リヤクォーター/バックドアウインドゥ)と、格納式シートバックテーブル(運転席/助手席)となっています。

なぜ、カスタムではないのかといえば、同じ仕様のカスタムより20万円も安くて、非ターボのカスタムと変わらない価格であることです。カスタムのスタイルにこだわらなければ絶対におすすめです。

発売日は?

新型「タント」の発売日は2019年7月です。まだ発売から半年が過ぎたばかりのピカピカの新型車であり、あと少なくとも4年、長ければ5年は今のモデルのままです。

納期

新型「タント」の納期は2ヵ月から3ヵ月とされていますが、グレードやボディカラーなどによっては
早まる場合があるので、営業スタッフに納期の速いグレードがあるか聞いてみるといいかもしれません。

ダイハツの新型タント 発売後の反応は?

タントカスタムのインテリア

2019年11月にはホンダの「N-BOX」を抜いて、販売台数トップとなった新型「タント」ですが、2020年1月度の販売台数は1万2332台で、ライバルの軽ハイトールワゴンの中では、4位ですが、ホンダの「N-BOX」以下は僅差の大混戦。

しかし、日産「デイズルークス」と姉妹車の「ekスペース」が3月にフルモデルチェンジされることが決まっており、新型「タント」を含む軽ハイトールワゴンはさらなる販売競争にさらされる様相です。

1位ホンダ N-BOX 1万8953台
2位日産 デイズ 1万4266台
3位スズキスペーシア 1万2411台
4位ダイハツタント 1万2332台

口コミ・試乗記

口コミ

タントカスタムのインテリア

ダイハツ公式ホームページより引用

車内の高さもあり夫婦二人共に身長が高いので乗り降りが楽に出来るし、買い物袋を両手に持ったままでドアが自動に開くので扱いやすい車です。

軽自動車でも室内が広いので、母親や妹たちと出かけても、ゆったりと乗れるし、荷物も沢山載せられるから、家の片づけででたゴミなども捨てに行きやすい。

関連する投稿


【最新情報】ダイハツ新型タフト|価格・スペック・口コミなど

【最新情報】ダイハツ新型タフト|価格・スペック・口コミなど

新型タフトは、ダイハツから2020年6月10日に発売された軽クロスオーバーSUVです。新型タフトの投入で軽自動車SUVがさらに激戦区になりそうです。今回は、新型タフトの詳細情報やおすすめグレードなどもお伝えしていきます。


軽自動車の白ナンバー取得方法 料金・手続き方法・図柄入りナンバーも紹介

軽自動車の白ナンバー取得方法 料金・手続き方法・図柄入りナンバーも紹介

軽自動車も白ナンバーにできる!?正確にいうと通常の白ナンバーというわけではないですが、東京オリンピック2020、ラグビーワールドカップなどの図柄入りナンバー、地方版図柄入りナンバーなどの白い特別仕様のナンバーに変更することが可能です。本記事では手続き方法、料金、また白ナンバーにするメリット・デメリットに関してご紹介しています。


【2020年】新型車(国産車)&新車情報 最新情報

【2020年】新型車(国産車)&新車情報 最新情報

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会える?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、発売日予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!(※2020年6月更新しました)


2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。新車最新情報、気になる発売日やネットでの反応も!随時更新です。


【コンパクトSUV対決!】ヤリスクロス VS Tクロス VS ロッキー

【コンパクトSUV対決!】ヤリスクロス VS Tクロス VS ロッキー

今、もっとも熱いのがコンパクトSUVです。トヨタの新型ヤリスのSUV版であるヤリスクロスも今年中にデビューすることが発表されました。そこでこの記事では、ライバルとなるコンパクトSUV、VWのTクロスとダイハツのロッキーと比較しています。今コンパクトSUVが気になっている方は参考にしてみてください。


最新の投稿


AR・VRとは?車に搭載されている機能についても解説

AR・VRとは?車に搭載されている機能についても解説

ARとは「拡張現実」VRとは「仮想現実」と呼ばれているもので、いずれもパソコンやスマホなどを使い仮想の世界をあたかも現実の世界にいるような体験ができる技術です。最近では車にもこの技術が使われ始めています。


ドライブレコーダーは前後がいい?タイプ別の特徴や取り付け方も紹介

ドライブレコーダーは前後がいい?タイプ別の特徴や取り付け方も紹介

万が一のことを考えてドライブレコーダーを装着する車が増えてきましたが、前方だけのタイプの方もまだまだ多いようです。しかし、ドライブレコーダーを装着するなら是非前後に装着する事をおすすめします、今回はドライブレコーダーについて詳しくご説明していきます。


スマホホルダーを購入検討中の方必見!使い方や注意点をご紹介

スマホホルダーを購入検討中の方必見!使い方や注意点をご紹介

日本国内での携帯電話の普及率はなんと100%を超えていると報告されています(総務省調べ)。もはや携帯なしでは生活に支障をきたすレベルです。そんな今、車の運転時に必要となってくるのがスマホホルダーです。今回は、スマホホルダーの使い方や注意点についてご紹介していきます。


カーエアコンが効かないのは故障?確認から対処方法までご紹介

カーエアコンが効かないのは故障?確認から対処方法までご紹介

「カーエアコンが効かない!」とお悩みの方必見。夏が本格化する前に、カーエアコンの効きが悪い原因を確認から対処する方法をまとめました。ここ数年、地球温暖化による異常気象によって、日本各地で記録的な猛暑が記録されています。暑い中ではカークーラーが効かないのは、命取りになってしまいます。


知らないと危険?!オーバーヒートとは

知らないと危険?!オーバーヒートとは

気持ち良くドライブをしていたらボンネットから煙が。異臭もするし、見たことのない警告灯も点灯。こんな時どうしたらいいのか?今回は、オーバーヒートの原因と対処法、修理についてを解説します。