トップへ戻る

車中泊もできる大空間のダイハツ ウェイク|価格や燃費を徹底解説

車中泊もできる大空間のダイハツ ウェイク|価格や燃費を徹底解説

ダイハツの軽トールワゴン「ウェイク」は、「車中泊もできる」と言われている室内容積の広さが特徴の軽ハイトールワゴンです。今回はウェイクの気になる特徴や燃費をご紹介します。ぜひ購入にあたっての参考にしてください。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ダイハツ ウェイクとは

ダイハツのウェイクは2014年11月に発売されました。ウェイク(Wake)という名前は英語で「目覚める」という意味を持つほか、ダイハツから発売されている軽トールワゴン「タント」の「上を行く」という意味も込められています。これらの名前からは、ウェイクがダイハツ製軽トールワゴンの新境地を切り開くべく作られたことが分かります。

事実、ウェイクの室内高は1,455mmと他の軽トールワゴンに比べて高い数値を見せており、室内空間のゆとりには定評があります。

ウェイクはレジャー用途にも使える軽自動車として作られており、広い室内空間も用途に合わせて様々な荷物を積みこめるよう設計されていました。

2017年7月にはトヨタにOEM供給され、「ピクシス メガ」という名称で発売されています。

ウェイクのグレードは当初「D」、「L」、「G」、「X」の4種類が設定されていました。

ウェイクは2019年現在、フルモデルチェンジが行われておらず、一部改良だけに留まっています。主な改良として2016年5月に「スマートアシスト」が「スマートアシストⅡ」に、2017年11月には「スマートアシストⅢ」にバージョンアップされました。

ダイハツ ウェイクの燃費は?

ウェイクのFF車の燃費性能はDグレードが25.4km/L(JC08モード、以下同じ)、Lグレードが25.4km/L、Gグレードが23.8km/Lです。4WD車の燃費性能はLグレードが24.6km/L、Gグレードが23.2km/Lとなっています。実燃費はそれぞれカタログ数値の7割程度です。

ウェイクの燃費は最高で25.4km/L(JC08モード)で、他のライバル車種の一番良い燃費の数字と比較すると、日産 デイズルークスが29.4km/L、 スズキ スペーシアが30.0km/L、ホンダ N-BOXが27.0km/Lです。

ライバル車種と比較すると多少見劣りする部分がありますが、軽自動車として考えれば良好な燃費です。

車中泊もできるダイハツウェイクの魅力

ウェイクの魅力は多くありますが、最大の魅力は何といってもアウトドアレジャーにぴったりのその室内容積です。ウェイクは広々とした室内空間を誇っており、室内高が140cm以上です。

子どもが立てるほどです。乗車中も広い室内容積のためにくつろぐことができ、窮屈さがありません。

加えて、ラゲッジスペースの下には90Lの収納空間が用意されていたり、トランクの開口部も広く作られているなど荷物の積載性能も抜群です。

大荷物を積み込む時にもウェイクなら簡単に多くのものを積載できます。

ウェイクは座席を倒して様々な用途に応じた空間を作り出せ、車中泊でも利用できます。

また、車中泊を快適に過ごせる機能やオプションが用意されています。「ドライビングサポートパック」に含まれる運転席を移動させて後席との段差をなくす機能「運転席シートリフター」。

そして、「カーテン」と「プライバシーシェード」および「ジョイントクッション」が含まれる「くつろぎパック」です。これらのオプションは必須ではありませんが、あれば車中泊が格段に楽になります。

もちろん、ウェイクの長所は広い室内だけではありません。

ウェイクは車体重量がほぼ1tと軽自動車の中でも重い部類に入りますが、加速時には車重を感じさせないほど滑らかにスピードが乗ります。

ただし、加速時には車重の重さが感じられるかもしれません。気になる方はターボ車をおすすめします。

また、、車高が高いため横風の影響を受けやすいところがウェイクの難点です。高速道路のトンネルを出た直後などはハンドルを取られないように気をつけましょう。

ダイハツのウェイク 安全性能も充実

ウェイクにはダイハツ独自開発の予防安全システム「スマートアシスト(スマアシ)」が搭載されます。

現行のバージョンは「スマートアシストⅢ」まで進化しており、搭載モデルはグレード名に「SAⅢ」が含まれています。

「スマートアシストⅢ」では、歩行者を検知して止まる「衝突回避支援ブレーキ機能」、障害物の方向に飛び出さないようにする「御発進抑制機能」、「車線逸脱警報機能」、交差点などで役立つ「先行車発信お知らせ機能」、「オートハイビーム」といった機能が含まれており、いずれも安全運転を強力に支援してくれるものばかりです。

加えて、ウェイクには障害物を知らせてくれるコーナーセンサー(後方のみ)が装備されており、オプション設定で周囲の状況を映すパノラマモニターも搭載できます。

これらの先進安全システムの他に横滑り防止のための機能や衝突安全ボディ「TAF」などの安全策も採用されており、ウェイクは高い安全性能を実現しています。

もしもの時にも、ウェイクはあなたとあなたの大切な人を守ってくれるでしょう。

ダイハツ ウェイクの基本スペック

ダイハツ ウェイクの基本スペックは以下の通りです。

 
ダイハツ「ウェイク」(2017年11月発売モデル、Dグレード)
基本データ
乗員定員 4名
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,835mm
ホイールベース 2,455mm
室内長 2,215mm
室内幅 1,345mm
室内高 1,455mm
車両重量 990kg
駆動方式 FF
トランスミッション CVT(無段変速車)
最小回転半径 4.4m
エンジン性能
最高出力 52ps(38kW)/6,800rpm
最大トルク 6.1kg・m(60N・m)/5,200rpm
エンジンの種類 水冷直列3気筒DOHC12バルブ
総排気量 658cc
燃費性能
燃料タンク容量 36L
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃費(JC08モード) 25.4km/L

ダイハツ ウェイクの新車・中古車価格

ウェイクの新車価格(消費税10%込)は以下の通りです。

D…1,375,000円
D “SA Ⅲ”…1,441,000円

L“SA Ⅲ”…1,584,000円(4WD車は1,710,500円)
L“レジャーエディション SA Ⅲ”…1,628,000円(4WD車は1,754,500円)
特別仕様車 L“リミテッド SA Ⅲ”…1,644,500円(4WD車は1,771,000円)
特別仕様車 L“スペシャルリミテッド SA Ⅲ”…1,518,000円(4WD車は1,644,500円)

Gターボ “SA Ⅲ”…1,705,000円(4WD車は1,831,500円)
Gターボ “レジャーエディション SA Ⅲ”…1,749,000円(4WD車は1,875,500円)
特別仕様車 Gターボ“リミテッド SA Ⅲ”…1,749,000円(4WD車は1,875,500円)

※価格はダイハツ公式サイトより(2020年2月現在)

中古車価格ではDグレードが平均115万円、Lグレードが平均137万円、Gグレードが平均152万円、Xが平均125万円です。

新車価格と中古車平均価格を比較するとあまり価格が安くなっていませんが、グレードや年式によっては新車価格の半分程度になっている車も見受けられます。

例えば、2014年に発売されたG SAグレードの車両には車両価格79.5万円のものがありました。SA(スマートアシスト)のバージョンや年式の新しさにこだわらない人は、安価にウェイクを求められるでしょう。 (2019年3月現在)

厳しい販売状況

現在、ウェイクの売り上げは他のライバル車種に比べて厳しい状況にあります。 ウェイクの2019年の新車販売台数は22,382台でした。一方、ライバル車種のスペーシアは約166,389台、N-BOXは253,500台とウェイクに大きく水をあけています。

このようにウェイクの売れ行きは大盛況とは言えないため、事態の打開を図るためにモデルチェンジがされるのではないかと言われています。

まとめ

ダイハツのウェイクは高い走行性能と積載能力を備えており、アウトドアレジャーにも最適の車です。

寝具を持ち込めば車中泊もできるため、ファミリーレジャーはもちろん一人旅にも活用できます。

乗る人の数だけ思い出を作れるウェイクはこれからも愛され続けていくでしょう。

関連する投稿


室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

ボディサイズに制限があり、全長と全幅が横並びとなっている軽自動車。しかし、軽なら室内が狭くても仕方ない、と諦めるのは早い! 数多ラインナップされている軽自動車の中には驚きの室内空間のゆとりを持つものも存在しており、かしこく選べば普通車顔負けの実用性をリーズナブルな価格で手に入れることも可能です。この記事では、室内が広くておすすめの軽自動車を5台ご紹介していきます。


乗り心地抜群の軽自動車はどれ?おすすめ厳選4台をタイプ別にご紹介

乗り心地抜群の軽自動車はどれ?おすすめ厳選4台をタイプ別にご紹介

サイズが小さく車重も軽い軽自動車には、経済性が第一で乗り心地は二の次というイメージをお持ちの方も多いかもしれません。しかし最新の軽なら優れた乗り心地を実現しているモデルも多数揃っており、毎日使うことも多い軽自動車だけに、快適な乗り心地をしっかり重視した車選びをしたいところです。この記事では、乗り心地のいいおすすめ軽自動車を、タイプ別に4台ご紹介していきます。


【2021年最新】最も低燃費な軽はコレ!軽自動車燃費ランキングTOP10

【2021年最新】最も低燃費な軽はコレ!軽自動車燃費ランキングTOP10

価格の安さや維持費の安さでお財布に優しい軽自動車ですが、近年の軽自動車は燃費性能も大幅に向上しており、上手に選べばガソリン代もしっかり節約することができます。いったいどの軽自動車が低燃費なのか、気になってきますよね。この記事では、最新のカタログ燃費をもとに、最も低燃費な軽自動車10車種をご紹介していきます。最新軽自動車の驚きの燃費性能を、ぜひチェックしてみてくださいね。


ダイハツ タントの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

ダイハツ タントの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

ダイハツ タントは、さまざまな利用シーンで大活躍できるフレキシブルな魅力を備えた「軽スーパーハイトワゴン」ブームを生み出した車です。現行型となる4代目モデルでは先進装備も充実しており、ますます魅力が高まっていますが、毎日使う軽自動車だからこそ気になるのは燃費性能ではないでしょうか。この記事では、タントのカタログ燃費や実燃費、ライバルとの燃費性能比較まで、詳細に分析していきます。


スズキ アルトラパンの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

スズキ アルトラパンの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

まんまるなヘッドライトがキュートなアルトラパンといえば、かわいい軽自動車の筆頭格として長期間にわたって人気を維持しているモデルです。デザインばかりが取り上げられがちなラパンですが、日々使う車だからこそ気にしておきたいのは燃費性能。この記事では、カタログ燃費や実燃費、ライバル車種との比較まで、ラパンに関する燃費情報をくまなく網羅していますので、ぜひチェックしてみてください。


最新の投稿


トヨタ シエンタの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ シエンタの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

ミニバンの使い勝手とコンパクトカーの乗りやすさが高度にバランスされていて人気の「トヨタ シエンタ」。混み合う駅へのお出迎えや、狭めな駐車場のお店でのお買い物だって楽々こなせます。そんなシエンタ、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、シエンタの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車保険の比較・検討|見積もりには比較サイトが便利でお得!

自動車保険の比較・検討|見積もりには比較サイトが便利でお得!

自動車保険は、比較・検討することで、自分に合った補償内容に調整しつつ、保険料を安くできます。今回は、見積もりを取るのに比較サイトが便利な理由と、各種キャンペーンについてまとめました。


自動車保険はどこがおすすめ?|自動車保険の基本とおすすめ保険会社

自動車保険はどこがおすすめ?|自動車保険の基本とおすすめ保険会社

自動車保険の更新時期になると、保険料をもっと安くできないか、もっといい保険はないか、と検討される方は多いかもしれません。そこで今回は、自動車保険の基本的な部分と、おすすめ保険会社をまとめました。


自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンは、どこで、どのように借りるとお得なのでしょうか?今回は、金利やローン審査、シミュレーションなどについてまとめました。また、低金利を選ぶ際の注意点についても取り上げます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。