目次へ戻る

トヨタ ピクシス メガ 詳細情報一覧

トヨタ ピクシス メガ 詳細情報一覧

ピクシスメガはダイハツ工業による軽自動車OEM供給モデルの第4弾。ダイハツ『ウェイク』のFFモデルをベースに、エンジンはNAとターボの2種類を用意。また、「視界の良さ」「広々とした室内空間」をキーワードに開発され、アイポイントを5ナンバーミニバン並みの1387mmとし、運転席からの見晴らしの良さを実現しています。


概要・走行性能

概要・特徴

トヨタの超ハイト系軽ワゴン、ピクシスメガは、軽自動車のノウハウを盛り込んだ「ダイハツ ウェイクのOEM」として開発され、NAとターボの2種類のエンジンモデルで発売されています。

コンパクトカーとは思えない広々とした室内空間と、5ナンバーミニバンのような軽乗用車ではトップレベルの高さを誇る運転席からの視界の良さが特徴となっており、全体的にゆったりとした印象を与えています。

車内が広いだけでなく、燃費も良くて事故を未然に防げるよう安全性能も非常に充実しており、普段使いに楽しく安全に安心して乗れる軽乗用車です。

デザイン・ボディーカラー

ピクシスメガの室内高は軽自動車トップレベルの1455mmのため、コンパクトサイズながら目を引くほどの高さで軽自動車には見えないシルエットです。そのシルエットに選べるカラーは鮮やかな色のボディーカラー全14色。

どれも背の高いシルエットにはピッタリの色味を取り揃えています。単色だけでなくツートンカラーも用意されているので、カッコ良さを求めたりポップでオシャレな雰囲気を求めたりとそれぞれのスタイルに応じて楽しむことが出来るのもピクシスメガの魅力です。

エンジンシステム

エンジンシステムには3気筒12バルブエンジンと3気筒12バルブインタークーラーターボ付エンジンをご用意。特にターボタイプでは軽自動車とは思えないクリーンかつパワフルな走りをより堪能出来ます。

また、ピクシスメガには高速時の安定性を追求し揺れを軽減してくれる空カフィンが付いているので、スピードを出した際の静粛性も非常に高いです。普通の軽自動車ではスピードを出した際にどうしても音や揺れなどが気になりますが、それを気にすることのない走行性能をこの車では体感できるようになっています。

燃費(JC08モード)

気になる燃費は通常タイプで24.6km/L、ターボタイプで23.2km/Lとガソリンエンジンタイプではこちらもトップクラスです。さらに特徴的なのが、車が止まる少し前からエンジンを自動的に止めて低燃費を保つアイドリングストップのエコアイドルを搭載。

スイッチひとつでON/OFFが可能ですが、これにより自然とエコドライブが出来ちゃうので、経済的にも環境的にも最適な機能です。エコカー減税も対象なので、初期費を抑えつつ日々のランニングコストも抑えられます。

車内空間・収納

ラゲッジスペース

ラゲッジスペースについては、通常でもかなり快適です。開口部も大きく開き、荷室フロアも595mmと高いため、腰に負担をかけずに荷物の積み下ろしが可能です。さらに、上下2段調節式デッキボードはデッキボードの脚を立ててリヤシートを倒すだけでラゲッジスペースをより広げることができ、荷室容量を大きくするアレンジが出来ます。

また、リヤシートのラゲッジ側は防水仕様となっているので、濡れた荷物も気にせずに積むことが出来ます。

搭乗人数・シート

ピクシスメガの特徴として、多彩なシートアレンジがあります。助手席を倒してテーブルモードにしたり、運転席・助手席を倒すロングソファモードにしたり場合によってはすべてのシートを倒しフルフラットモードにすればベッドのようになり、車中泊の際も快適に過ごせます。搭乗人数や荷物の量、使用する方法によって多くのアレンジが出来るのが非常に魅力的でもあります。

快適性能

ピクシスメガの室内装備には女性にやさしい装備が充実しています。フロントガラスにはスーパーUVカット・IRカット機能付フロントドアガラスを採用。紫外線を99%カットし、日焼けの防止と日差しの暑さによる社内の温度上昇を抑えてくれる役割を果たします。

フロントガラスと横のフロントドアガラスに採用しているので前からも横からも防いでくれます。また、電子カードキーを携帯していればキーを取り出さずにドアを解錠&施錠が可能に。手に荷物やお子様を抱えたままなど、手が塞がってしまっている時には非常に便利な機能です。それ以外にも標準装備は充実しており移動中や休憩中など不便を感じることはほとんどないでしょう。

内装・オプション

性能だけでなく、インテリアについても使いやすさを散りばめています。運転席のディスプレイ・メーターにはマルチインフォメーションディスプレイとエコドライブアシスト照明を搭載。平均燃費や現在のエコドライブ度などが確認できます。

エコドライブアシスト照明は、燃費の良し悪しを証明で教えてくれる機能で、燃費のいい運転をすると照明がブルーからグリーンへ変わり、グリーンの状態を長く保てるとエコドライブが上手に楽しめるという、ゲームのような感覚でエコドライブが実施出来ちゃいます。カーナビはオプションにてフルセグ、DVD、映像・音楽メディアや通信も楽しめるT-Connectナビを装着可能です。

装備・安全性

安全装備

ピクシスメガは運転手や同乗者の方にも安心して乗車出来るよう安全装備もしっかりと充実しています。◎衝突回避支援システム(スマートアシストⅡ)先行車との衝突の危険性が高まった場合、緊急ブレーキで減速し衝突回避と被害軽減をサポートしてくれます。

◎衝突警報機能(対車両・対歩行者)走行中に前方の車両や歩行者を認識し衝突の危険性があると判断した場合にはブザーと警告灯でお知らせしてくれます。夜間や悪天候の際の運転に非常に役立ちます。

◎車線逸脱警報機能道路上の車線を認識後、車線から逸脱しそうになると、ドライバーへ警報し逸脱回避操作を促します。これにより隣接車線の車との接触を未然に防ぐよう配慮してくれます。上記以外にも安全性能はいくつも備わっているので、安心して運転することが可能です。

安全装備(予防安全・衝突安全)

予防安全もしっかり考えられているところがピクシスの良いところです。10km/h以下で障害物を認識した場合、アクセルペダルを強く踏み込んだ踏み間違いを起こした際にはそれを判断してエンジン出力を抑制し警告灯とブザーで運転手に知らせてくれます。

また、もしもの時の衝突安全対策については、大きなエアバッグで衝突のダメージを最小限に抑えます。さらに衝突安全ボディを搭載しているので、外からの衝撃にも耐えうるよう考えられています。もちろんそれ以外にもたくさんの安全対策はされており、万が一の時の備えも豊富で安心感を与えてくれます。

バリエーション・価格

各モデルの標準価格は約135万円~160万円台です。グレードによって装備品の違いがあるので値段が変わってきていますが、燃費も運転性能も大きな差はありません。自身が必要な機能に応じてお選びいただければきっと満足出来る車種のひとつだと思います。

試乗記(伝聞形式)

さて、試乗した方の意見ですが、今回はOEM元のダイハツ ウェイクを乗車した方の意見を参考にしていただければと思います。「乗用タイプとしてのクオリティを保ちつつ、確かな積載性を実現している

(諸星氏)※OEM元ダイハツ ウェイク」「長距離ドライブを想定して小物入れも充実(岩貞氏)※OEM元ダイハツ ウェイク」「空間は広大で、どの席に座っても開放感たっぷり(片岡氏)

※OEM元ダイハツ ウェイク」このようにどの意見を取っても運転性能、乗り心地、使い心地は文句がないようです。実際に乗ってみてその感覚を味わってみていただければと思います。

軽自動車をお探しの方はこちらの記事からどうぞ。

関連する投稿


トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

1990年から発売されているトヨタのミニバン「エスティマ」の歴代モデルの燃費や中古価格などをまとめてみました。「エスティマ」に乗り換えをお考えの方は、是非参考にしてください。(※情報は2019年4月現在のもの)


全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

USトヨタが北米市場で販売しているフルサイズピックアップトラック『トヨタ タンドラ』(以降、タンドラ)の魅力に迫ります。(※情報は2019年4月現在のもの)


トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのノアは、ヴォクシーやエスクァイアと並んでトヨタの主力ミニバンです。しかしながら、その細かな違いが分からずに、選択肢に悩んでいる人も多いと思います。そもそも同クラスの車種を選ぶ基準は難しいところですよね。ノアの魅力は、「家族が楽しめる車」に仕上がっている点だと言えます。よりファミリーカーとしての資質が強いのが特徴です。今回は、ノアの魅力とともに、ヴォクシーやエスクァイアとの違いについても細かく解説していきます。(※情報は2019年4月現在のもの)


【東京モーターショー2019】開催概要・出展車など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】開催概要・出展車など最新情報まとめ

東京モーターショー2019が東京ビッグサイトにて開催されます。本記事では、トヨタやホンダといった出展車予想情報に始まり、新型車・アクセス情報・駐車場・開催日程・チケット価格などについてまとめています。ほぼ毎日更新していきます!【10月16日更新】


【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるの?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【10月16日更新】


最新の投稿


都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

埼玉県は北関東への中継地点としての役割を担っています。最近は住みたい街ランキングで上位に入ったり、映画などでも一躍人気を博していますが、観光地への移動時の休憩地点として利用者も多く、その分道の駅も数多くあります。今回は、そんな埼玉県のおすすめスポットをご紹介します。


【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

千葉、東京、埼玉、茨城のみならず、神奈川県(一部地域を除く)までのエリアをカバーする千葉銀行では、新車・中古車・下取り車のローン残債、借換えもご相談にのります。エリア内の方で、車の購入をお考えの方は、千葉銀行のマイカーローンがどのようなものなのか気になるところでしょう。この記事では金利や審査、申込み方法等を解説します。


トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

1990年から発売されているトヨタのミニバン「エスティマ」の歴代モデルの燃費や中古価格などをまとめてみました。「エスティマ」に乗り換えをお考えの方は、是非参考にしてください。(※情報は2019年4月現在のもの)


全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

USトヨタが北米市場で販売しているフルサイズピックアップトラック『トヨタ タンドラ』(以降、タンドラ)の魅力に迫ります。(※情報は2019年4月現在のもの)


トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのノアは、ヴォクシーやエスクァイアと並んでトヨタの主力ミニバンです。しかしながら、その細かな違いが分からずに、選択肢に悩んでいる人も多いと思います。そもそも同クラスの車種を選ぶ基準は難しいところですよね。ノアの魅力は、「家族が楽しめる車」に仕上がっている点だと言えます。よりファミリーカーとしての資質が強いのが特徴です。今回は、ノアの魅力とともに、ヴォクシーやエスクァイアとの違いについても細かく解説していきます。(※情報は2019年4月現在のもの)