トップへ戻る

日産新型セレナはマイナーチェンジで激変?内外装や口コミも紹介

日産新型セレナはマイナーチェンジで激変?内外装や口コミも紹介

日産のセレナが2019年8月にマイナーチェンジしました。デザインを一新したことで、迫力のあるフロントになるとともに、全車標準装備として「360°セーフティアシスト」も搭載されました。今回は、新型セレナのスペックや外装、内装、気になる口コミや評価をご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


新型セレナがマイナーチェンジで2019年8月に販売開始!

2019年8月のマイナーチェンジは、2016年8月にフルモデルチェンジしてから、初めてのマイナーチェンジです。

マイナーチェンジによる主な変更点は以下の2点です。

新型セレナe-powerハイウェイスターはデザインを一新

セレナ e-power ハイウェイスター

セレナ e-power ハイウェイスター(サンライズオレンジ/ダイヤモンドブラック)

セレナに設定されているグレードのうち「e-POWER ハイウェイスター」において、エクステリアが変更されました。「e-POWER」とは日産の誇る電動パワートレイン・e-POWER仕様車、「ハイウェイスター」とは、スポーツタイプの名称です。

e-POWER では、16インチアルミホイールがオプションで選択できるようになりました。

ハイウェイスターでは、フロントフェイスのグリル部分が「ダブルVモーショングリル」という名称のパーツに変更された他、テールランプが新しく設計し直されています。

また、スポーツタイプである「AUTECH」、福祉車両タイプの「ステップタイプ」、「ライフケアビークル(LV)」でも外観が変更されました。

さらに、全グレードで新しいボディカラーが2色追加されました。追加された色はブラックとオレンジを基調とする「サンライズオレンジ」および、ブラックとグレーを基調とする「ダークメタルグレー」です。

どちらも追加塗装色であり、サンライズオレンジは77,000円(税込)、ダークメタルグレーは55,000円(税込)で塗装可能です。

360°セーフティアシストが全車標準装備へ

全方位運転支援を標準化

全方位運転支援を標準化

日産の先進安全技術である360°セーフティアシストが全グレードに標準装備されました。 加えて、360°セーフティアシストの機能に改良が施されています。

まず、前方の安全を確保するために「アダプティブLEDヘッドライトシステム」が新しく装備されました。この機能は時速30km以上の走行時にハイビーム照射範囲を自動的に変更してくれるもので、対向車に当たらないように光線の向きを調整します。

さらに、後側方の安全確保のために「インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)」および「BSW(後側方車両検知警報)」が新しく設定されました。前者は後側方の車を検知してブレーキを制御し衝突を防ぐ機能で、後者はその際に警報を鳴らすシステムです。

後方の安全機能として「RCTA(後退時車両検知警報)」が新しく設定されました。これは後退して道路などに出ていくときに、近づく車を検知して警報で知らせる機能です。

また、オプションの「プロパイロット」機能にも一部変更が加えられました。主な変更点は、下り坂での設定速度保持、ブレーキ性能の改良、ワイパー作動時の機能改良などです。

新型セレナe-power ハイウェイスターの外装

日産 セレナ(ダークメタルグレー)

日産 セレナ e-power ハイウェイスター(ダークメタルグレー)

外装での最大の変更点は、フロントフェイスの「ダブルVモーショングリル」です。

これは従来のセレナとは異なり、グリルの両端がVの字を思わせる傾斜を見せるパーツです。このフロントフェイスの変更によって、これまでよりもシャープかつ鮮烈な印象を見せるようになりました。

さらに、ハイウェイスターでは専用のテールランプが取り付けられており、リアフェイスから受ける印象を引き締めています。

e-POWERに新しく設定された16インチアルミホイールは風車や風車を思わせるような見た目で、疾走感溢れるかっこよさを感じさせます。

総じて言えば、全体的にシャープなイメージを与えるよう設計されており、その狙いは成功しているように思えます。

新型セレナの内装

新型セレナの内装

新型セレナの内装

2019年8月のマイナーチェンジでは目立った内装面の変更は無いため、これまでのセレナと同じく大人数でも快適に過ごせます。

セレナには従来のシートよりも疲労を30%軽減する「ゼログラビティシート」などが装備されており、心地よさを演出します。

さらに、スライドシート機構によってシートをアレンジして広い車内空間を作れます。

新型セレナの燃費やスペック

2019年8月のマイナーチェンジは外観ならびに先進安全機能の変更だけであり、走行性能は変わっていません。そのため燃費性能もマイナーチェンジ前のセレナと全く変わりません。

参考スペックは以下の通りです。

【セレナ e-POWER X】スペック表
ボディサイズ全長×全幅×全高(mm)4,685×1,695×1,865(mm)
ホイールベース2,860mm
最大乗車定員7名
車両重量1,740kg
燃費JC08モード:26.2km/L
エンジン種類DOHC水冷直列3気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)62kW(84PS) /6,000 rpm
最大トルク(N・m(kg・m)/rpm)103N·m (10.5kgf·m) /3,200~5,200 rpm
駆動方式FF(前輪駆動)

新型セレナの口コミ・評価

乗っていただくと本当にわかると思う。35万円の値差はある。ひとつ上のパワートレインになっている

セレナの開発責任者である中谷信介チーフビークルエンジニアのe-POWERに寄せたコメントです。

ガソリン駆動モデルとの価格差の分はあるとe-POWERのパワートレインを高く評価しています。

目の前には大きなウィンドーからの景色が広がる。見晴らしがよく心地いい。

記事中でセレナに試乗した岩貞るみこ氏のコメントです。

セレナは視界が良いため運転時の爽快感が得られることはもちろん、事故の予防にも役立ちます。

セレナが持つ品格のある佇まいはそのままに、より力強くスポーティに進化した。

ハイウェイスターのマイナーチェンジに寄せられた言葉です。

スタイリッシュな格好良さを感じさせるハイウェイスターにふさわしい言葉です。

新型セレナの価格は?

セレナの新車価格は下記のようになっています。

日産セレナの新車価格

e-POWER
2,997,500円~3,473,800円
e-POWER ハイウェイスター
3,293,400円~3,725,700円
「X」~「G」
2,576,200円~3,061,300円
ハイウェイスター
2,758,800円~3,227,400円
AUTECH
3,236,200円~3,560,700円
e-POWER AUTECH
3,773,000円〜3,927,000円
LV(福祉車両)
2,762,000円〜3,055,000円


セレナの中古車価格は198.9万円~423.1万円となっています。
※車情報サイトResponse 中古車情報ページより(2020年3月現在)

最高価格帯に位置するモデルは「e-POWERハイウェイスター」で、逆に「S」や「X」は安価に買い求められます。

2019年8月のマイナーチェンジの内容はあまり中古車価格に反映されていません。マイナーチェンジ後のフロントフェイスが好きな方は節約のために中古車の購入を検討してみても良いのではないでしょうか。

詳細は以下のリンクからご確認ください。

安全性能アップで新型セレナはさらなる高みへ

セレナ e-power ハイウェイスター(サンライズオレンジ

セレナ e-power ハイウェイスター(サンライズオレンジ

マイナーチェンジをきっかけに、セレナはより洗練されたエクステリアに進化し、より充実した先進安全機能が追加されました。

追加された安全機能はどれもドライブを強力にサポートするものばかりで、運転に自信の無い方は特に安心できる機能ばかりです。

新型セレナがあれば毎日の運転がより便利に、そしてより楽しくなりそうですね。

ミニバンでお探しの方にはもちろん、e-POWERが気になっている方、ファミリーカーとしてもおすすめです。

関連するキーワード


日産 車種情報 セレナ

関連する投稿


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産のGT-Rは名車と名高い一台です。最新のGT-Rはスカイラインの名前が外れ日産GT-Rとなり、よりサーキットを意識した車へと進化し続けています。今回はこの日産 GT-Rについて見ていきましょう。


ワゴン車のGT-Rステージア!気になる中古車価格も!

ワゴン車のGT-Rステージア!気になる中古車価格も!

1996年デビューのステージアには発売当初には、パワートレインにスカイラインGT-Rのエンジンを搭載したモデルも存在した高性能モデルもありました。まさにスポーツワゴンの最高峰として位置付けられたモデルであったことを振りかえって見てみましう。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。