目次へ戻る

日産新型セレナはマイナーチェンジで激変?外装や内装、口コミも紹介

日産新型セレナはマイナーチェンジで激変?外装や内装、口コミも紹介

日産のセレナが2019年8月にマイナーチェンジしました。デザインを一新したことで、迫力のあるフロントになるとともに、全車標準装備として「360°セーフティアシスト」も搭載されました。今回は、新型セレナのスペックや外装、内装、気になる口コミや評価をご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


新型セレナがマイナーチェンジで2019年8月に販売開始!

2019年8月のマイナーチェンジは、2016年8月にフルモデルチェンジしてから、初めてのマイナーチェンジです。

マイナーチェンジによる主な変更点は以下の2点です。

新型セレナe-powerハイウェイスターはデザインを一新

セレナ e-power ハイウェイスター

セレナ e-power ハイウェイスター(サンライズオレンジ/ダイヤモンドブラック)

セレナに設定されているグレードのうち「e-POWER ハイウェイスター」において、エクステリアが変更されました。「e-POWER」とは日産の誇る電動パワートレイン・e-POWER仕様車、「ハイウェイスター」とは、スポーツタイプの名称です。

e-POWER では、16インチアルミホイールがオプションで選択できるようになりました。

ハイウェイスターでは、フロントフェイスのグリル部分が「ダブルVモーショングリル」という名称のパーツに変更された他、テールランプが新しく設計し直されています。

また、スポーツタイプである「AUTECH」、福祉車両タイプの「ステップタイプ」、「ライフケアビークル(LV)」でも外観が変更されました。

さらに、全グレードで新しいボディカラーが2色追加されました。追加された色はブラックとオレンジを基調とする「サンライズオレンジ」および、ブラックとグレーを基調とする「ダークメタルグレー」です。

どちらも追加塗装色であり、サンライズオレンジは77,000円(税込)、ダークメタルグレーは55,000円(税込)で塗装可能です。

360°セーフティアシストが全車標準装備へ

全方位運転支援を標準化

全方位運転支援を標準化

日産の先進安全技術である360°セーフティアシストが全グレードに標準装備されました。 加えて、360°セーフティアシストの機能に改良が施されています。

まず、前方の安全を確保するために「アダプティブLEDヘッドライトシステム」が新しく装備されました。この機能は時速30km以上の走行時にハイビーム照射範囲を自動的に変更してくれるもので、対向車に当たらないように光線の向きを調整します。

さらに、後側方の安全確保のために「インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)」および「BSW(後側方車両検知警報)」が新しく設定されました。前者は後側方の車を検知してブレーキを制御し衝突を防ぐ機能で、後者はその際に警報を鳴らすシステムです。

後方の安全機能として「RCTA(後退時車両検知警報)」が新しく設定されました。これは後退して道路などに出ていくときに、近づく車を検知して警報で知らせる機能です。

また、オプションの「プロパイロット」機能にも一部変更が加えられました。主な変更点は、下り坂での設定速度保持、ブレーキ性能の改良、ワイパー作動時の機能改良などです。

新型セレナe-power ハイウェイスターの外装

日産 セレナ(ダークメタルグレー)

日産 セレナ e-power ハイウェイスター(ダークメタルグレー)

外装での最大の変更点は、フロントフェイスの「ダブルVモーショングリル」です。

これは従来のセレナとは異なり、グリルの両端がVの字を思わせる傾斜を見せるパーツです。このフロントフェイスの変更によって、これまでよりもシャープかつ鮮烈な印象を見せるようになりました。

さらに、ハイウェイスターでは専用のテールランプが取り付けられており、リアフェイスから受ける印象を引き締めています。

e-POWERに新しく設定された16インチアルミホイールは風車や風車を思わせるような見た目で、疾走感溢れるかっこよさを感じさせます。

総じて言えば、全体的にシャープなイメージを与えるよう設計されており、その狙いは成功しているように思えます。

新型セレナの内装

新型セレナの内装

新型セレナの内装

2019年8月のマイナーチェンジでは目立った内装面の変更は無いため、これまでのセレナと同じく大人数でも快適に過ごせます。

セレナには従来のシートよりも疲労を30%軽減する「ゼログラビティシート」などが装備されており、心地よさを演出します。

さらに、スライドシート機構によってシートをアレンジして広い車内空間を作れます。

新型セレナの燃費やスペック

2019年8月のマイナーチェンジは外観ならびに先進安全機能の変更だけであり、走行性能は変わっていません。そのため燃費性能もマイナーチェンジ前のセレナと全く変わりません。

参考スペックは以下の通りです。

【セレナ e-POWER X】スペック表
ボディサイズ全長×全幅×全高(mm)4,685×1,695×1,865(mm)
ホイールベース2,860mm
最大乗車定員7名
車両重量1,740kg
燃費JC08モード:26.2km/L
エンジン種類DOHC水冷直列3気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)62kW(84PS) /6,000 rpm
最大トルク(N・m(kg・m)/rpm)103N·m (10.5kgf·m) /3,200~5,200 rpm
駆動方式FF(前輪駆動)

新型セレナの口コミ・評価

乗っていただくと本当にわかると思う。35万円の値差はある。ひとつ上のパワートレインになっている

セレナの開発責任者である中谷信介チーフビークルエンジニアのe-POWERに寄せたコメントです。

ガソリン駆動モデルとの価格差の分はあるとe-POWERのパワートレインを高く評価しています。

目の前には大きなウィンドーからの景色が広がる。見晴らしがよく心地いい。

記事中でセレナに試乗した岩貞るみこ氏のコメントです。

セレナは視界が良いため運転時の爽快感が得られることはもちろん、事故の予防にも役立ちます。

セレナが持つ品格のある佇まいはそのままに、より力強くスポーティに進化した。

ハイウェイスターのマイナーチェンジに寄せられた言葉です。

スタイリッシュな格好良さを感じさせるハイウェイスターにふさわしい言葉です。

新型セレナの価格は?

セレナの新車価格は下記のようになっています。

日産セレナの新車価格

e-POWER
2,997,500円~3,473,800円
e-POWER ハイウェイスター
3,293,400円~3,725,700円
「X」~「G」
2,576,200円~3,061,300円
ハイウェイスター
2,758,800円~3,227,400円
AUTECH
3,236,200円~3,560,700円
e-POWER AUTECH
3,773,000円〜3,927,000円
LV(福祉車両)
2,762,000円〜3,055,000円


セレナの中古車価格は198.9万円~423.1万円となっています。
※車情報サイトResponse 中古車情報ページより(2020年3月現在)

最高価格帯に位置するモデルは「e-POWERハイウェイスター」で、逆に「S」や「X」は安価に買い求められます。

2019年8月のマイナーチェンジの内容はあまり中古車価格に反映されていません。マイナーチェンジ後のフロントフェイスが好きな方は節約のために中古車の購入を検討してみても良いのではないでしょうか。

詳細は以下のリンクからご確認ください。

安全性能アップで新型セレナはさらなる高みへ

セレナ e-power ハイウェイスター(サンライズオレンジ

セレナ e-power ハイウェイスター(サンライズオレンジ

マイナーチェンジをきっかけに、セレナはより洗練されたエクステリアに進化し、より充実した先進安全機能が追加されました。

追加された安全機能はどれもドライブを強力にサポートするものばかりで、運転に自信の無い方は特に安心できる機能ばかりです。

新型セレナがあれば毎日の運転がより便利に、そしてより楽しくなりそうですね。

ミニバンでお探しの方にはもちろん、e-POWERが気になっている方、ファミリーカーとしてもおすすめです。

関連するキーワード


日産 車種情報 セレナ

関連する投稿


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。


日産 マーチをおすすめする5つの理由!中古車価格、海外新型情報も

日産 マーチをおすすめする5つの理由!中古車価格、海外新型情報も

コンパクトカーってどれがいいのかよくわからない、全部いい車なら結局どれを選べばいいの?とお思いのあなた。マーチには、ライバル多数のコンパクトカー市場において、積極的におすすめしたい理由がたくさんあるのです。この記事を読めばマーチが気になってくること間違いなし。詳しく見ていきましょう。


日産 リーフを普段使いってどうなの?最先端電気自動車の真実!

日産 リーフを普段使いってどうなの?最先端電気自動車の真実!

日本で、世界で、量販EVのパイオニアとしての45万台以上の販売台数実績を誇る日産の電気自動車「リーフ」。現在では2代目が販売されており、街中で見かける頻度も高まってきていますよね。でも電気自動車って、普段の使い勝手はどうなの?と気になっているあなた。実は電気自動車は毎日の運転が楽しくなる特徴に溢れているのです。詳しくご紹介します。


【日産 セレナ】スペック、中古車情報、その実力を徹底紹介

【日産 セレナ】スペック、中古車情報、その実力を徹底紹介

ライバル多数のミドルサイズミニバンクラスで一際輝いているのが日産 セレナ。2018年と2019年の2年連続販売台数No.1を獲得するなど、人気の高さは一体どこから来るのでしょうか。セレナという名前は有名ですが、もちろん車自体に魅力がいっぱいだからこそ売れているのです。今をときめく最新ミニバン、セレナの魅力をお伝えしていきます。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。