目次へ戻る

【コスパ重視】安い軽自動車特集!

【コスパ重視】安い軽自動車特集!

今や、日本の新車販売の半分を占めるまでになった軽自動車。見た目の可愛らしらもさることながら、ガソリン代や保険料と言った維持費を考えて車選びをするなら、やっぱり軽自動車が一番です。今回はそんな軽自動車の中でも、タイプの異なる、安い軽自動車を厳選してご紹介します。是非、愛車選びの参考にして下さい。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


クルマは生活の道具、やっぱり使いやすい方がイイ

大量に買い物をする女性

大量に買い物をする女性

生活の道具として欠かせないクルマですが、いざ購入するとなると選択に迷うものです。クルマを選ぶとき優先させることはやはり使いやすさ。使いやすいクルマと言えば軽自動車になってくるのではないでしょうか。

小回りが利いて乗りやすく燃費や税金などの維持費も安くすみます。安い軽自動車に人気が集中するのは当然ですが、近年は高性能化も進み安全性能も充実しています。

安いだけとは言わせない軽自動車はたくさんあります。

軽自動車を選ぶべき理由

スズキ ワゴンR

スズキ ワゴンR

初めてクルマを購入する方や運転に少し自信のない方など、日常使用のセカンドカーとして安い軽自動車を購入する方が増えています。

その理由は税金の安さ、燃費の良さ、そして車内空間の広さがあげられます。

【理由その1】税金・保険料が安い

軽自動車の最大のメリットは、維持費が安く車を所有すると必ず払わなければならない自動車税が10,800円、普通自動車1500ccクラスが30,500円ですのでその差は歴然としています。

重量税や保険料も安く高速料金も20%安く設定されています。

【理由その2】燃費が良い

軽自動車は車体が軽いため燃費が良いのが特徴となります。一般的に20.0km/Lが多く30.0km/Lを超える車種も少なくありません。

ターボエンジン搭載でトルクが1.5~1.7倍に増えても燃費低減率は10%程度で高速走行も安心感があります。

【理由その3】案外広い

安い軽自動車は小さいのが当たり前と思いがちですが、何度かの法改正を繰り返すうちに全長3,400mm、全幅が1,480mm以下にそして全高は2,000mmまでに拡大されています。

スズキのワゴンRなどは室内幅が1,355mmもあり一部の普通車より広くなっており、安い軽自動車でも思ったよりずっと広くなっています。

【安い軽自動車その1】スズキ ハスラー

スズキ ハスラー

スズキ ハスラー

ハスラーは軽自動車SUVらしいタフな走りと外観を保ちつつ、キュートなフロントマスクと豊富なカラーバリエーションが特徴になります。

安全走行の運転支援システムも充実しているので安い軽自動車を選ぶなら、まずは機能性とファッション性を併せ持つハスラーをチェックするのをおススメします。

スズキハスラーの新車価格

ハスラーの新車価格は、ハイブリッドG(2WD・CVT)で128万円(税込)となっています。4WDでも141.6万円ですから新車価格としては、十分安い軽自動車と言えます。

(スズキ公式サイト調べ2020年5月現在)

スズキハスラーの中古車価格

中古車価格は119.8万円~225万円がおおよその相場となっており、状態によって価格帯に開きはあります。

※車情報サイトResponse中古車情報調べ(2020年5月現在)です。

スズキハスラーの口コミ評価

アウトドアエッセンスの強いインテリアやエクステリアは個性的で評価が分かれるところとなります。しかしながら走行性能の高さには多くのユーザーから共感が得られています。

高速走行はもちろん、燃費の良さに満足している口コミが多数寄せられています。

スズキハスラーの燃費

現行型ではWLTCモード燃費で20.8〜25.0km/Lですが、実走行での平均値は20km/Lとなっています。

場合によっては30km/Lを超えることもあります。

スズキハスラーハイブリッドG(2WD・CVT)のスペック

【スズキ ハスラー ハイブリッドG】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,680mm
ホイールベース2,460mm
最大乗車定員4名
車両重量810kg
燃費WLTCモード:25.0km/L
エンジン種類水冷サイクル直列3気筒
最高出力36kW(49PS)/6,500rpm
最大トルク58N・m(5.9kgf・m)/5,000rpm
電動機種類直流同期電動機
最高出力1,9kW(2.6PS)/1,500rpm
最大トルク40N・m(4.1kgf・m)/100rpm
駆動方式2WD(前2輪駆動)
トランスミッションCVT

(2020年5月現在 スズキ公式サイトより)

ハスラーについてもっと詳しく知りたい方はこちら

【安い軽自動車その2】ダイハツ ミライース

ダイハツ ミライース

ダイハツ ミライース

安い軽自動車の代表格と言っても過言ではないのがダイハツのミライースとなります。高性能化と共に高価格化も進み軽自動車といえど、100万円を下回ることの少なくなった昨今における貴重な一台。

先進の安全装備が付いても100万円を切ります。軽自動車トップクラスの低燃費と併せたコストパフォーマンスは、他車の追随を許しません。

ダイハツミライースの新車価格

ミライースグレードB2WDの新車価格は何と85.8万円(税込)!先進安全性能のスマートアシストⅢの搭載されたB"SAⅢ”でも92.4万円です。

巷で見かける中古車より格段に安くなっています。クルマの運転は新車から始めたいという方にピッタリの一台になっています。

(ダイハツ公式サイト調べ2020年5月現在)

ダイハツミライースの中古車価格

中古車の平均価格は84.3万円程で、相場としては39万円~135万円程の間で推移しています。

新車価格とほぼ変わらないのは販売店によるオプション設定があるため選択肢も増え、願った一台と出会う可能性が高まります。

※車情報サイトResponse中古車情報調べ(2020年5月現在)

ダイハツミライースの口コミ評価

軽自動車らしさを追求した軽量化に伴うメリットが多数寄せられています。平均燃費が25km/Lを下回ったことがないとか、40km/Lを超えたという声が寄せられています。

総じて維持費と購入費のコスパに高い評価が多く満足されているユーザーが多くみられます。

ダイハツミライースの燃費

現行型ではJC08モード燃費で32.2~35.2km/Lとなっていますが、カタログ燃費と実走行時の燃費が変わらないのがミライースの特徴と言えます。

40km/Lを超えることも少なくない実に経済的なクルマとなります。

ダイハツミライースのスペック

【ダイハツ ミライース B】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,500mm
ホイールベース2,455mm
最大乗車定員4名
車両重量650kg
燃費WLTCモード:25.0km/L
エンジン種類水冷直列3気筒12バルブDOHC横置
最高出力36kW(49PS)/6,800rpm
最大トルク

57N・m(5.8kg・m)/5,200rpm

駆動方式FF(前2輪駆動)
トランスミッションCVT

(2020年5月現在 ダイハツ公式サイトより)

ミライースについてもっと詳しく知りたい方はこちら

【安い軽自動車その3】スズキ ワゴンR

スズキ ワゴンR

スズキ ワゴンR

1993年にデビューのワゴンRは軽自動車業界にひとつの革命をもたらしました。

車高を当時の軽乗用車の中では例のなかった高さまで高くすることで、軽自動車ユーザーの諦めていた広い車内空間の確保に成功しました。

以来、常に軽自動車業界のトップを走り続けてきたワゴンR。走行性能も居住性も進化し室内幅が普通車を凌ぐタイプも発売されています。燃費の良さはもちろん自動ブレーキシステム搭載で安全性も抜群となります。

スズキワゴンRの新車価格

気になる新車価格はFA2WD5MTのグレードで109.89万円。セーフティサポート搭載で116.38万円になります。

(スズキ公式サイト調べ2020年5月現在)

スズキワゴンRの中古車価格

ワゴンRの中古車は45.9万円~178万円程がおおよその相場となっています。50万円以下でも良質なクルマが多くみられます。

※車情報サイトResponse中古車情報調べ(2020年5月現在)

スズキワゴンRの口コミ評価

軽自動車の持つデメリットの数々を克服してきたワゴンRは、坂道や峠道でも安心でパワフルな走りに満足の口コミが寄せられています。

燃費に関しては用途やグレードによってさまざまな意見がありひと括りにするのは難しいところです。

全体的なバランスの良さが初めてクルマを購入する方や運転初心者に高評価を得ています。

スズキワゴンRの燃費

現行型では、WLTCモード燃費で21.8〜25.2km/Lとなっています。

スズキワゴンRのスペック

【スズキ ワゴンR FA】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,650mm
ホイールベース2,460mm
最大乗車定員4名
車両重量750kg
燃費WLTCモード:24.4km/L
エンジン種類水冷サイクル直列3気筒
最高出力36kW(49PS)/6,500rpm
最大トルク

58N・m(5.9kg・m)/5,000rpm

駆動方式2WD(前2輪駆動)
トランスミッションCVT

(2020年5月現在 スズキ公式サイトより) ​

まとめ

車でドライブ

車でドライブ

コスパ最優先の安い軽自動車から3車種をご紹介しました。

デザイン性と機能性に優れたハスラー、軽自動車らしさを追求したミライース、広い車内空間とバランスの良い走りのワゴンR、それぞれに特化した代表的な軽自動車3車種をご紹介させて頂きました。

それぞれの車の特徴を購入の参考にして頂けたら幸いです。

関連するキーワード


軽自動車

関連する投稿


軽自動車の車検費用はいくら?乗用車より安い?費用相場や手続き方法

軽自動車の車検費用はいくら?乗用車より安い?費用相場や手続き方法

軽自動車は乗用車よりも税金や重量税などが安価になるという傾向があります。今回は、定期的に行わなければならない車検の費用や内訳などについて解説します。


車中泊に絶対おすすめの軽自動車10選一挙紹介!【2020年最新】

車中泊に絶対おすすめの軽自動車10選一挙紹介!【2020年最新】

最近はやりの車中泊ですが、リーズナブルな軽自動車では無理なのでしょうか?やはり大きな車でないと、とても寝れないからと諦めていませんか?そんなことないんです!軽自動車でも十分に車中泊が可能です!そこで、車中泊におすすめできる軽自動車を一挙に10車種選んでみました。今年は、車中泊を始めてみたい方。まずは軽で挑戦してみませんか?


【2020年版】軽自動車の白ナンバー取得方法をご紹介!

【2020年版】軽自動車の白ナンバー取得方法をご紹介!

軽自動車で、少し我慢できないのが「黄色」のナンバープレート…なんて方もいらっしゃるかもしれませんね。しかし、この黄色いナンバープレートの色を普通車と同じく白地のナンバープレートにする方法があります。今回は軽自動車の白ナンバーの取得方法と種類についてご紹介します。


軽自動車の白ナンバー取得方法 料金・手続き方法・図柄入りナンバーも紹介

軽自動車の白ナンバー取得方法 料金・手続き方法・図柄入りナンバーも紹介

軽自動車も白ナンバーにできる!?正確にいうと通常の白ナンバーというわけではないですが、東京オリンピック2020、ラグビーワールドカップなどの図柄入りナンバー、地方版図柄入りナンバーなどの白い特別仕様のナンバーに変更することが可能です。本記事では手続き方法、料金、また白ナンバーにするメリット・デメリットに関してご紹介しています。(※2020年5月更新しました)


軽自動車人気ランキングTOP10!おすすめの軽自動車は?

軽自動車人気ランキングTOP10!おすすめの軽自動車は?

軽自動車人気ランキングトップ10をご紹介します。幅広い世代から高い人気を誇る軽自動車。新車価格・中古車価格・燃費性能・特徴、画像も多数!購入検討をしている方から、どんな軽自動車が売れているのかな?という方まで。タント、N-BOX、ハスラー、ワゴンR…。軽自動車が気になる方はぜひ、本記事を!(全軽自協調べ)


最新の投稿


トヨタのTjクルーザーとは?発売日・価格・特徴・最新情報

トヨタのTjクルーザーとは?発売日・価格・特徴・最新情報

トヨタの新たなSUVと言われているTj(ティージェイ)クルーザー。Tjクルーザー、特に注目したい点がスライドドア付きSUVという点。今回はこのTjクルーザーというトヨタの新たなコンセプトカーがどういう車なのか?そもそも発売はあるのか?価格・発売日・スペック他気になる最新情報をまとめて紹介します。(※2020年5月更新しました)


【4月の新車販売】 緊急事態の中でも N-BOXがトップを維持!日産は低迷か

【4月の新車販売】 緊急事態の中でも N-BOXがトップを維持!日産は低迷か

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した4月の車名別国内新車販売台数によると、ホンダの「N-BOX」が引き続き首位をキープし、登録車では2月に発売したトヨタの新型ヤリスが初の首位になりました。それではその他の車種の動向とランキングを見てみましょう。


イグニッションとは?意味や仕組み 交換方法もご紹介

イグニッションとは?意味や仕組み 交換方法もご紹介

イグニッションという言葉を聞いたことがありますか?イグニッションは車を動かすために必要なものなんです。今回は、イグニッションについてご説明していきます。


軽自動車の車検費用はいくら?乗用車より安い?費用相場や手続き方法

軽自動車の車検費用はいくら?乗用車より安い?費用相場や手続き方法

軽自動車は乗用車よりも税金や重量税などが安価になるという傾向があります。今回は、定期的に行わなければならない車検の費用や内訳などについて解説します。


【保存版】トヨタのGRシリーズ

【保存版】トヨタのGRシリーズ

GRシリーズをご存知ですか?GRシリーズとは、世界中のモータースポーツに参戦するTOYOTA GAZOO Racing が極限で培った技術と情熱を惜しみなく注いだスポーツカーブランドなんです。GR、と一言で言っても、GRMN、GR、GRSPORT、GRPARTSと分かれていて、何が何やらよくわからない。そんな方のために本記事ではGRシリーズをわかりやすくまとめてみました。(2020年更新しました)