トップへ戻る

【2020年最新】車中泊に絶対おすすめの軽自動車10選一挙紹介!

【2020年最新】車中泊に絶対おすすめの軽自動車10選一挙紹介!

最近はやりの車中泊ですが、リーズナブルな軽自動車では無理なのでしょうか?やはり大きな車でないと、とても寝れないからと諦めていませんか?そんなことないんです!軽自動車でも十分に車中泊が可能です!そこで、車中泊におすすめできる軽自動車を一挙に10車種選んでみました。今年は、車中泊を始めてみたい方。まずは軽で挑戦してみませんか?

⏳この記事は約3~4分で読めます。


目次

車中泊は軽自動車でもできる?!

軽自動車は法律で大きさが縛られている

軽自動車は、道路運送車両法施行規則で次のように定められています。

・全長 3,400 mm以下
・全幅 1,480 mm以下
・全高 2,000 mm 以下
・排気量660cc以下
・定員 4名以下
・貨物積載量 350 kg以下

つまりこの範囲を超えている軽自動車はありません。

今回のテーマである車中泊でもっとも心配になるのは、全長 3,400 mm以下というボディサイズです。この範囲内にエンジンルームと車中泊が可能な就寝できるスペースがあるのかどうかが問題となります。

ごく平均的な車の作り方だとちょっと無理かもしれません。例えば、スズキのアルトやダイハツのミライースは、外観で見る大きさよりも快適な室内ですが、大の大人が寝られるかというと少し無理があります。

大丈夫!アイデア次第でけっこう広くなる

そこで広いスペースを高さで稼ぎだしたトールワゴンと、さらに高いでハイトールワゴンが注目されます。

ミニバンのように3列シートは許されませんが、アイデアを凝らしたシートアレンジを駆使して、車中泊を可能にしているのです。

また、商用バンベースのキャブオーバータイプワゴンもまた驚くほどの室内スペースを持っています。

つまり、軽自動車でも車種によっては車中泊が可能なのです。ではそれはどんな車種なのか?おすすめの軽自動車を見ていきましょう。

車中泊に絶対おすすめできる軽自動車はこの10台だ!

車中泊に適しているかどうか、おすすめを★の数で評価しました。★★★★★が最高点です。

①スズキ エブリイワゴン ★★★★★

スズキ エブリイワゴン

キャブオーバーの実力を見よ!

エブリイワゴンはエンジンをフロントシート下に置き、後輪を駆動するキャブオーバータイプ。つまりつ、エンジンがこの位置にあったからこそ、その空間は驚くほどの広さを持っています。

その広さは「N-BOX」や「タント」などの軽ハイトールワゴンよりもはるかに広いのです。何せ、リアシートを使用した状態でもカーゴスペースにはスーツケースが4個も収納できるのです。これは軽ハイトールワゴンが広いと言っても荷室は皆無なのとは次元が違います。

室内長は2240mmもあって、ハイルーフ仕様の室内高は1,420mmで、N-VANを凌ぎウェイクにも迫ります。

そのスペースを活かしたシートアレンジも多彩で、リアシートは左右分割してスライドさせられ、折りたためばフォールダウン機構のおかげでフルフラットになり、車中泊もできる快適空間車中泊にはピッタリです。

便利な「ユーティリティナット」を装備

また、多彩なアクセサリーに対応するための上下2段のラゲッジボードステーと、アクセサリーを取り付ける「ユーティリティナット」10か所が用意されているのも、車中泊に最適な空間造りに貢献しています。

室内と荷室のサイズ


全国メーカー希望小売価格(消費税抜き)
1,370,000~1,700,000円
JC08モード燃費
14.6~16.2㎞/L
室内長
2,240mm
荷室高
1,315(ハイルーフ1,420)mm

荷室幅

1,355mm


エブリィワゴンを購入できる販売店

エブリィについてもっと詳しく知りたい方はこちら

②ダイハツ クラフト”アトレー楽旅” ★★★★★

”アトレー楽旅”

メーカーお墨付きの車中泊専用車

アトレー楽旅

ダイハツのアトレーワゴンはスズキのエブリイワゴンと同じく、キャブオーバーの1ボックスワゴンです。そのため、広大な室内スペースを持ち、車中泊には最適の車種と言えます。

そして、ダイハツ車のアクセサリーを販売する「ダイハツクラフト」が開発した車中泊キットが”アトレー楽旅”なのです。

”アトレー楽旅”は、アトレーワゴンの構造仕様は一切変更せず、通常4人乗り・2人ベッドで寝られるようになっています。

そして、”アトレー楽旅”は全国のダイハツ各販売店で購入でき、アフターサービスも受けられるのがメリットとなっています。

車中泊に便利な機能がフル装備

”アトレー楽旅”は、アトレーワゴンの外観はそのままに内装を架装し、大人2人が足を伸ばして寝られるロングフラットベッドや、収納性に優れたサイドキャビネットを装備。

そして、遮光カーテンや取り付け簡単な防虫ネット、ベッド下収納、スライド式テーブルなど、車中泊に便利な機能が全て備わっています。

また、サブバッテリーや外部充電器、100Vインバータ、などがメーカーオプションとして用意されています。

室内と荷室のサイズ

アトレーワゴン


全国メーカー希望小売価格(消費税抜き)

アトレー標準車1,430,000~1,655,000円
アトレー楽旅キット価格
425,000円
JC08モード燃費
15.2㎞/L
室内長
2,020mm
荷室高
1,310mm

荷室幅

1,350mm


”アトレー楽旅”を購入できる販売店

アトレーについて詳しく知りたい方はこちら

③ダイハツ ウェイク ★★★★☆

ミニバンを超える室内高

軽乗用車で室内スペースのみを考えたらウェイクの右に出る車はありません。その室内高は、同社の「タント」より90mm高い1,455mmに。さらに5ナンバーサイズのミニバン、トヨタの「ノア / ヴォクシー」の室内高(1,400mm)より高いのです。

室内高が高くても、車中泊には関係ないと思われがちですが、ミニバン以上の高さですから着替えの時や準備はストレスフリー。しかも寝っ転がっても圧迫感がないので快適です。

そして、全席のヘッドレストを外して後席とともにフラットにすれば、大人2人が足を延ばして就寝できます。

収納力も魅力

ダイハツ ウェイク

また、後席の背もたれを残したままの「ロングソファーモード」なら、マットなどをひかなくても、簡単に就寝できます。

しかも、クーラーボックスなどの大きな荷物も積み込むことができる90Lの大容量アンダートランクを装備しているなど、収納力も抜群なので、車内もスッキリ!

まさしく車中泊のための軽自動車と言えるでしょう。

室内と荷室のサイズ

ダイハツ ウェイク


全国メーカー希望小売価格(消費税抜き)
1,380,000~1,70,500円
JC08モード燃費
23.2~25.4㎞/L
荷室フロア長
1,510mm
室内長
2,215mm
荷室高
1,455mm

荷室幅

1,345mm


ウェイクを購入できる販売店

ウェイクについてもっと詳しく知りたい方はこちら

①ホンダ N-VAN ★★★★☆

ホンダ N-VAN

助手席ダイブダウンシートでで快適空間

N-VANはホンダの軽自動車「Nシリーズ」唯一の商用車ですが、N-BOXをベースとしているため、商用バンにデザイン性、ファッション性を持ち込んだユニークな存在です。

大きな特徴となるのサイドピラーレスドアを採用して荷室へのアクセス性が抜群に良いことです。
独自のダイブダウン機構付助手席も含めて、1列目から3列目までをフラットにすれば大人でも寝袋にくるまって余裕で寝られます。

さらに、「センタータンクレイアウト」荷室の床をとことん低くして、タテに広がる大空間を実現したことで、車中泊の資質は抜群です。

そのスペースは、リアシートをダイブダウンさせた状態で荷室長が1,510mmと大人が寝るにははちょっと苦しいのですが、助手席もダイブダウンさせると最大スペース長が2,635mmとなり、超快適空間が出現します。

N-VAN 車中泊仕様

ホンダアクセス、N-VAN 車中泊仕様

また、このスペース性を活かして、ホンダアクセスでは「N-VAN 車中泊仕様」というコンセプトモデルを発表していますが、これは広大な荷室空間をさらに便利に使うための純正アクセサリー他を装着し、アウトドアを楽しむのにぴったりな仕様としているのです。

これなら大人二人がゆったりと就寝できます。そして、積載重量350㎏の軽バンなので、これだけの装備を備えても走行にはまったく影響がありません。

室内と荷室のサイズ

ホンダ N-VAN


全国メーカー希望小売価格(消費税抜き)
1,174,00~1,660,000円
JC08モード燃費
17.6~23.8㎞/L
荷室フロア長
1,510mm
最大スペース長
2,635mm
荷室高(ロールーフ仕様)
1,365mm(1,260mm)

荷室幅(ロールーフ仕様)

1,390mm(1,325mm)


N-VANを購入できる販売店

N-VANについてもっと詳しく知りたい方はこちら

⑤ホンダ N-BOX ★★★☆☆

N-BOX

センタータンクレイアウトが広げる車中泊の可能性

リアシートダイブダウン機構 使用イメージ

関連するキーワード


車中泊 軽自動車

関連する投稿


室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

ボディサイズに制限があり、全長と全幅が横並びとなっている軽自動車。しかし、軽なら室内が狭くても仕方ない、と諦めるのは早い! 数多ラインナップされている軽自動車の中には驚きの室内空間のゆとりを持つものも存在しており、かしこく選べば普通車顔負けの実用性をリーズナブルな価格で手に入れることも可能です。この記事では、室内が広くておすすめの軽自動車を5台ご紹介していきます。


乗り心地抜群の軽自動車はどれ?おすすめ厳選4台をタイプ別にご紹介

乗り心地抜群の軽自動車はどれ?おすすめ厳選4台をタイプ別にご紹介

サイズが小さく車重も軽い軽自動車には、経済性が第一で乗り心地は二の次というイメージをお持ちの方も多いかもしれません。しかし最新の軽なら優れた乗り心地を実現しているモデルも多数揃っており、毎日使うことも多い軽自動車だけに、快適な乗り心地をしっかり重視した車選びをしたいところです。この記事では、乗り心地のいいおすすめ軽自動車を、タイプ別に4台ご紹介していきます。


【2021年最新】最も低燃費な軽はコレ!軽自動車燃費ランキングTOP10

【2021年最新】最も低燃費な軽はコレ!軽自動車燃費ランキングTOP10

価格の安さや維持費の安さでお財布に優しい軽自動車ですが、近年の軽自動車は燃費性能も大幅に向上しており、上手に選べばガソリン代もしっかり節約することができます。いったいどの軽自動車が低燃費なのか、気になってきますよね。この記事では、最新のカタログ燃費をもとに、最も低燃費な軽自動車10車種をご紹介していきます。最新軽自動車の驚きの燃費性能を、ぜひチェックしてみてくださいね。


ダイハツ タントの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

ダイハツ タントの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

ダイハツ タントは、さまざまな利用シーンで大活躍できるフレキシブルな魅力を備えた「軽スーパーハイトワゴン」ブームを生み出した車です。現行型となる4代目モデルでは先進装備も充実しており、ますます魅力が高まっていますが、毎日使う軽自動車だからこそ気になるのは燃費性能ではないでしょうか。この記事では、タントのカタログ燃費や実燃費、ライバルとの燃費性能比較まで、詳細に分析していきます。


スズキ アルトラパンの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

スズキ アルトラパンの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

まんまるなヘッドライトがキュートなアルトラパンといえば、かわいい軽自動車の筆頭格として長期間にわたって人気を維持しているモデルです。デザインばかりが取り上げられがちなラパンですが、日々使う車だからこそ気にしておきたいのは燃費性能。この記事では、カタログ燃費や実燃費、ライバル車種との比較まで、ラパンに関する燃費情報をくまなく網羅していますので、ぜひチェックしてみてください。


最新の投稿


トヨタ シエンタの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ シエンタの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

ミニバンの使い勝手とコンパクトカーの乗りやすさが高度にバランスされていて人気の「トヨタ シエンタ」。混み合う駅へのお出迎えや、狭めな駐車場のお店でのお買い物だって楽々こなせます。そんなシエンタ、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、シエンタの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車保険の比較・検討|見積もりには比較サイトが便利でお得!

自動車保険の比較・検討|見積もりには比較サイトが便利でお得!

自動車保険は、比較・検討することで、自分に合った補償内容に調整しつつ、保険料を安くできます。今回は、見積もりを取るのに比較サイトが便利な理由と、各種キャンペーンについてまとめました。


自動車保険はどこがおすすめ?|自動車保険の基本とおすすめ保険会社

自動車保険はどこがおすすめ?|自動車保険の基本とおすすめ保険会社

自動車保険の更新時期になると、保険料をもっと安くできないか、もっといい保険はないか、と検討される方は多いかもしれません。そこで今回は、自動車保険の基本的な部分と、おすすめ保険会社をまとめました。


自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンは、どこで、どのように借りるとお得なのでしょうか?今回は、金利やローン審査、シミュレーションなどについてまとめました。また、低金利を選ぶ際の注意点についても取り上げます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。