トップへ戻る

車中泊に絶対おすすめの軽自動車10選一挙紹介!【2020年最新】

車中泊に絶対おすすめの軽自動車10選一挙紹介!【2020年最新】

最近はやりの車中泊ですが、リーズナブルな軽自動車では無理なのでしょうか?やはり大きな車でないと、とても寝れないからと諦めていませんか?そんなことないんです!軽自動車でも十分に車中泊が可能です!そこで、車中泊におすすめできる軽自動車を一挙に10車種選んでみました。今年は、車中泊を始めてみたい方。まずは軽で挑戦してみませんか?

⏳この記事は約3~4分で読めます。


目次

車中泊は軽自動車でもできる?!

軽自動車は法律で大きさが縛られている

軽自動車は、道路運送車両法施行規則で次のように定められています。

・全長 3,400 mm以下
・全幅 1,480 mm以下
・全高 2,000 mm 以下
・排気量660cc以下
・定員 4名以下
・貨物積載量 350 kg以下

つまりこの範囲を超えている軽自動車はありません。

今回のテーマである車中泊でもっとも心配になるのは、全長 3,400 mm以下というボディサイズです。この範囲内にエンジンルームと車中泊が可能な就寝できるスペースがあるのかどうかが問題となります。

ごく平均的な車の作り方だとちょっと無理かもしれません。例えば、スズキのアルトやダイハツのミライースは、外観で見る大きさよりも快適な室内ですが、大の大人が寝られるかというと少し無理があります。

大丈夫!アイデア次第でけっこう広くなる

そこで広いスペースを高さで稼ぎだしたトールワゴンと、さらに高いでハイトールワゴンが注目されます。

ミニバンのように3列シートは許されませんが、アイデアを凝らしたシートアレンジを駆使して、車中泊を可能にしているのです。

また、商用バンベースのキャブオーバータイプワゴンもまた驚くほどの室内スペースを持っています。

つまり、軽自動車でも車種によっては車中泊が可能なのです。ではそれはどんな車種なのか?おすすめの軽自動車を見ていきましょう。

車中泊に絶対おすすめできる軽自動車はこの10台だ!

車中泊に適しているかどうか、おすすめを★の数で評価しました。★★★★★が最高点です。

①スズキ エブリイワゴン ★★★★★

スズキ エブリイワゴン

キャブオーバーの実力を見よ!

エブリイワゴンはエンジンをフロントシート下に置き、後輪を駆動するキャブオーバータイプ。つまりつ、エンジンがこの位置にあったからこそ、その空間は驚くほどの広さを持っています。

その広さは「N-BOX」や「タント」などの軽ハイトールワゴンよりもはるかに広いのです。何せ、リアシートを使用した状態でもカーゴスペースにはスーツケースが4個も収納できるのです。これは軽ハイトールワゴンが広いと言っても荷室は皆無なのとは次元が違います。

室内長は2240mmもあって、ハイルーフ仕様の室内高は1,420mmで、N-VANを凌ぎウェイクにも迫ります。

そのスペースを活かしたシートアレンジも多彩で、リアシートは左右分割してスライドさせられ、折りたためばフォールダウン機構のおかげでフルフラットになり、車中泊もできる快適空間車中泊にはピッタリです。

便利な「ユーティリティナット」を装備

また、多彩なアクセサリーに対応するための上下2段のラゲッジボードステーと、アクセサリーを取り付ける「ユーティリティナット」10か所が用意されているのも、車中泊に最適な空間造りに貢献しています。

室内と荷室のサイズ


全国メーカー希望小売価格(消費税抜き)
1,370,000~1,700,000円
JC08モード燃費
14.6~16.2㎞/L
室内長
2,240mm
荷室高
1,315(ハイルーフ1,420)mm

荷室幅

1,355mm


エブリィワゴンを購入できる販売店

エブリィについてもっと詳しく知りたい方はこちら

②ダイハツ クラフト”アトレー楽旅” ★★★★★

”アトレー楽旅”

メーカーお墨付きの車中泊専用車

アトレー楽旅

ダイハツのアトレーワゴンはスズキのエブリイワゴンと同じく、キャブオーバーの1ボックスワゴンです。そのため、広大な室内スペースを持ち、車中泊には最適の車種と言えます。

そして、ダイハツ車のアクセサリーを販売する「ダイハツクラフト」が開発した車中泊キットが”アトレー楽旅”なのです。

”アトレー楽旅”は、アトレーワゴンの構造仕様は一切変更せず、通常4人乗り・2人ベッドで寝られるようになっています。

そして、”アトレー楽旅”は全国のダイハツ各販売店で購入でき、アフターサービスも受けられるのがメリットとなっています。

車中泊に便利な機能がフル装備

”アトレー楽旅”は、アトレーワゴンの外観はそのままに内装を架装し、大人2人が足を伸ばして寝られるロングフラットベッドや、収納性に優れたサイドキャビネットを装備。

そして、遮光カーテンや取り付け簡単な防虫ネット、ベッド下収納、スライド式テーブルなど、車中泊に便利な機能が全て備わっています。

また、サブバッテリーや外部充電器、100Vインバータ、などがメーカーオプションとして用意されています。

室内と荷室のサイズ

アトレーワゴン


全国メーカー希望小売価格(消費税抜き)

アトレー標準車1,430,000~1,655,000円
アトレー楽旅キット価格
425,000円
JC08モード燃費
15.2㎞/L
室内長
2,020mm
荷室高
1,310mm

荷室幅

1,350mm


”アトレー楽旅”を購入できる販売店

アトレーについて詳しく知りたい方はこちら

③ダイハツ ウェイク ★★★★☆

ミニバンを超える室内高

軽乗用車で室内スペースのみを考えたらウェイクの右に出る車はありません。その室内高は、同社の「タント」より90mm高い1,455mmに。さらに5ナンバーサイズのミニバン、トヨタの「ノア / ヴォクシー」の室内高(1,400mm)より高いのです。

室内高が高くても、車中泊には関係ないと思われがちですが、ミニバン以上の高さですから着替えの時や準備はストレスフリー。しかも寝っ転がっても圧迫感がないので快適です。

そして、全席のヘッドレストを外して後席とともにフラットにすれば、大人2人が足を延ばして就寝できます。

収納力も魅力

ダイハツ ウェイク

また、後席の背もたれを残したままの「ロングソファーモード」なら、マットなどをひかなくても、簡単に就寝できます。

しかも、クーラーボックスなどの大きな荷物も積み込むことができる90Lの大容量アンダートランクを装備しているなど、収納力も抜群なので、車内もスッキリ!

まさしく車中泊のための軽自動車と言えるでしょう。

室内と荷室のサイズ

ダイハツ ウェイク


全国メーカー希望小売価格(消費税抜き)
1,380,000~1,70,500円
JC08モード燃費
23.2~25.4㎞/L
荷室フロア長
1,510mm
室内長
2,215mm
荷室高
1,455mm

荷室幅

1,345mm


ウェイクを購入できる販売店

ウェイクについてもっと詳しく知りたい方はこちら

①ホンダ N-VAN ★★★★☆

ホンダ N-VAN

助手席ダイブダウンシートでで快適空間

N-VANはホンダの軽自動車「Nシリーズ」唯一の商用車ですが、N-BOXをベースとしているため、商用バンにデザイン性、ファッション性を持ち込んだユニークな存在です。

大きな特徴となるのサイドピラーレスドアを採用して荷室へのアクセス性が抜群に良いことです。
独自のダイブダウン機構付助手席も含めて、1列目から3列目までをフラットにすれば大人でも寝袋にくるまって余裕で寝られます。

さらに、「センタータンクレイアウト」荷室の床をとことん低くして、タテに広がる大空間を実現したことで、車中泊の資質は抜群です。

そのスペースは、リアシートをダイブダウンさせた状態で荷室長が1,510mmと大人が寝るにははちょっと苦しいのですが、助手席もダイブダウンさせると最大スペース長が2,635mmとなり、超快適空間が出現します。

N-VAN 車中泊仕様

ホンダアクセス、N-VAN 車中泊仕様

また、このスペース性を活かして、ホンダアクセスでは「N-VAN 車中泊仕様」というコンセプトモデルを発表していますが、これは広大な荷室空間をさらに便利に使うための純正アクセサリー他を装着し、アウトドアを楽しむのにぴったりな仕様としているのです。

これなら大人二人がゆったりと就寝できます。そして、積載重量350㎏の軽バンなので、これだけの装備を備えても走行にはまったく影響がありません。

室内と荷室のサイズ

ホンダ N-VAN


全国メーカー希望小売価格(消費税抜き)
1,174,00~1,660,000円
JC08モード燃費
17.6~23.8㎞/L
荷室フロア長
1,510mm
最大スペース長
2,635mm
荷室高(ロールーフ仕様)
1,365mm(1,260mm)

荷室幅(ロールーフ仕様)

1,390mm(1,325mm)


N-VANを購入できる販売店

N-VANについてもっと詳しく知りたい方はこちら

⑤ホンダ N-BOX ★★★☆☆

N-BOX

センタータンクレイアウトが広げる車中泊の可能性

リアシートダイブダウン機構 使用イメージ

関連するキーワード


車中泊 軽自動車

関連する投稿


軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

ボディサイズも大きく、装備も充実した軽自動車が増えてきた現在、普通自動車との境界線が以前ほどははっきりとしなくなってきました。では、軽自動車と普通自動車の違いは何でしょうか。今回は、法律上の定義から、それぞれの特徴やメリットをまとめました。


【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

まだまだ昨年からの混乱の続く2021年、自家用車の存在価値について考え直したという方も多くいらっしゃるのでは。ご家族揃って安心して移動できるファミリーカーは、混乱の現代における強い味方ですよね。そんなファミリーカーの中でも、2021年にこそ選びたい最新おすすめ車を5台ピックアップしてご紹介していきます。普段のお出かけからお子様の送迎まで大活躍間違いなしの車が勢揃いです。


【最新情報】ホンダの新型N-ONEを知りたい!中古車情報も!

【最新情報】ホンダの新型N-ONEを知りたい!中古車情報も!

ホンダは2020年11月にフルモデルチェンジによって2代目ととなった新型「N-ONE(エヌ・ワン)」を発売しました。見たところあまり変わっていないように見える新型ですが、実は中身はプラットフォームを含めて一新されているのです。なぜ、このようなフルモデルチェンジをしたのでしょうか?その理由と中古車情報もご紹介します。


【今が買い】人気の中古軽自動車 最新狙い目5選を徹底調査!

【今が買い】人気の中古軽自動車 最新狙い目5選を徹底調査!

自動車の価格は業界全体で上昇し続けており、装備テンコ盛りのハイト系に人気が集中していることもあってか、最近は軽自動車でもコミコミ200万円突破!というケースも少なくない現代。そこでおすすめなのが、いわゆる「不人気車」の中古車です。種類豊富な軽自動車だけに、魅力があるのに流れに乗れなかった、値落ち率がかなり高いコスパ最強の中古軽自動車をまとめてみました。


ホンダの軽スポーツ「S660」の魅力に迫る!グレードや価格は?

ホンダの軽スポーツ「S660」の魅力に迫る!グレードや価格は?

ホンダが世に送り出した軽自動車のスポーツカー、S660。 軽自動車の枠を飛び越えたこのスポーツカーは高い実力を持ちながら、街乗りもこなせるマルチな車です。今回はホンダのS660についてご紹介します。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。