トップへ戻る

日本の自動車メーカーが海外で販売しているピックアップトラック

日本の自動車メーカーが海外で販売しているピックアップトラック

日本の自動車メーカーが海外専売モデルとして販売している車種は数多く存在しています。その中でもその傾向が強いのはピックアップトラックであることに異論はないでしょう。今回は海外で発売されているピックアップトラックについてご紹介しています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


国内よりも海外で人気が高い?ピックアップトラックとは

ボディ中心にキャビン(乗員スペース)を構え、フロントにボンネット、リアに荷台が配置されたトラックはピックアップトラックと呼ばれています。

日本ではあまり見かけないタイプのトラックです。その理由の一つとして、日本国内ではピックアップトラックよりキャビン下部にエンジンが搭載されているキャブオーバータイプのトラックの普及が挙げられます。

荷室をピックアップトラックより広く確保できることがキャブオーバータイプのトラックのメリットです。

2020年8月現在、日本国内のディーラーで販売されているピックアップトラックはトヨタのハイラックスのみとなっています。

ピックアップトラックにはどんな種類のものがある?

海外専売のピックアップトラックも大きく分けて2種類に分けることができます。

1つはSUV寄りに仕上げられたラグジュアリーよりのモデルで、もう1つは実用性が重視された「働くクルマ仕様」のモデルです。

基本的にボディサイズは大きいです。それに合わせて5.8L V型8気筒エンジンのようなパワフルなものが積まれていたり、小型のタイプですと3.0L 直列4気筒エンジンというものもあります。

日本の車メーカーが海外で販売するピックアップトラック

それでは、海外で発売されている日本の自動車メーカーのピックアップトラックを見ていきましょう。

トヨタのピックアップトラック

タコマ

トヨタ 新型タコマ(デトロイトモーターショー15)

トヨタ タコマ(デトロイトモーターショー15)

北米市場で発売されているトヨタのミドルサイズピックアップトラックになります。

パワートレインに3.5L V型6気筒エンジンと6ATのトランスミッションが組み合わされた1台です。次に紹介するタンドラと比べてボディサイズが小さく、比較的扱いやすいといえるピックアップトラックとなっています。

タコマ スペック・価格
ボディサイズ(全長 × 全幅 × 全高(mm)) 5,392 × 1,890 x 1,793
ホイールベース(mm) 3,235

荷台寸法(長さ × 幅 × 高さ(mm))

1,537 × 1,054 ×485
エンジンスペック 種類:3.5L V型6気筒エンジン
最高出力:284PS /5,200rpm
最大トルク:359N・m/4,600rpm
新車価格 SR:$32,415〜
TRD Off-Road:$37,280〜
Limited:$41,980〜
※新車情報は公式サイト調べ(2020年8月現在)
※インチ表記をメトリックに、フィード・ポンドをニュートン・メートルに換算。

タンドラ

タンドラ

先ほど紹介したタコマより一回り大きいピックアップトラックのタンドラは、5.8L V型8気筒エンジンが搭載されています。

見ての通り見た目もエンジンもパワフルな1台となっており、最高出力は385PS、最大トルクは545.4N・mと、広大なアメリカの土地にマッチしたピックアップトラックです。

タンドラ スペック・価格
ボディサイズ(全長 × 全幅 × 全高(mm)) 5,814 × 2,029 × 1,925〜1,930
ホイールベース(mm) 3,701
荷室寸法(長さ × 幅 × 深さ、mm) 1,694 × 1,687 × 564
エンジンスペック 種類:5.8L V型8気筒エンジン 最高出力:385PS/5,600rpm
最大トルク:545.4N・m/3,600rpm
新車価格 SR5:$37,970〜
Limited:$42,390〜
Platinum:$48,895〜
※新車情報は公式サイト調べ(2020年8月現在)
※インチ表記をメトリックに、フィード・ポンドをニュートン・メートルに換算。

日産のピックアップトラック

タイタン/タイタンXD

タイタン

日産から発売されているピックアップトラックです。

最高出力400馬力に最大トルク560N・mを超えるパワフルな5.6L V型8気筒エンジンの他、トランスミッションには9速ATが採用されています。

温度調節機能付きリモートエンジンスタートシステムで社内への乗り込みも快適に。2層タイプのパノラマサンルーフも装備に用意されています。

TITANとTITAN XDという2つのモデルに大きく分けられます。パワートレインは同じですが、ボディサイズや荷室寸法などで差別化が図られているのもポイントです。総じてXDのほうが大きく・高くなっています。

タイタン スペック・価格
ボディサイズ(全長 × 全幅 × 全高(mm)) 【TITAN】
5,794 × 2,050 × 1,920
【TITAN XD】
6,182 × 2,050 × 2,004
ホイールベース(mm) 【TITAN】
3,551
【TITAN XD】3,851
荷室寸法(長さ × 幅 × 高さ、mm) 【TITAN】
1,702 x 1,621 x 528
【XD】
1,999 × 1,621 x 528
エンジンスペック 種類:5.6L V型8気筒ガソリンエンジン
最高出力:404PS/5,800rpm
最大トルク:561.7N・m/rpm
新車価格 【TITAN】
King Cab S:$36,190〜
Crew Cab S:$38,890〜
King Cab SV:$39,990〜
Crew Cab SV:$42,310〜
King Cab PRO-4X:$47,590〜
Crew Cab PRO-4X:$49,790〜
Crew Cab SL:$53,990〜
Crew Cab Platinum Reserve:$55,490〜
【TITAN XD】
Crew Cab S:$44,580〜
Crew Cab SV:$48,290〜
Crew Cab PRO-4X:$53,980〜
Crew Cab SL:$58,490〜
Crew Cab Platinum Reserve:$61,690〜
※新車情報は公式サイト調べ(2020年8月現在)
※インチ表記をメトリックに、フィード・ポンドをニュートン・メートルに換算。

フロンティア

フロンティア

北米市場、欧米やアフリカなどでも発売されているピックアップトラックがフロンティアです。地域によってはナバラやハードボディなどの名称で呼ばれています。

先ほど紹介したタイタンと比べてボディサイズや荷室が小さいです。ですので、仮にもし日本に逆輸入してナンバーを取るのであれば、フロンティアのほうが国内道路を走りやすいかもしれません。

ボディサイズに比例するようにエンジンは3.8L V型6気筒と小さくなっています。それでも300馬力を超える最高出力を備えており、パワフルな走りを期待できるでしょう。トランスミッションはこちらも9ATです。

フロントにはVモーショングリルが採用され、日産らしいデザインとなっています。

フロンティア スペック・価格
ボディサイズ(全長 × 全幅 × 全高(mm)) 5,220 × 1,849 × 1,877
ホイールベース(mm) 3,198
荷室寸法(長さ × 幅 × 高さ、mm) 1,511 x 1,560 x 457
エンジンスペック 種類:3.8L V型6気筒ガソリンエンジン 最高出力:313PS/6,400rpm
最大トルク:382.2N・m/4,400rpm
新車価格 King Cab S:$26,790〜
Kibg Cab SV:$27,670〜
Crew Cab S:$27,900〜
Crew Cab SV:$28,800〜
Crew Cab Midnight Edition:$30,790〜
Crew Cab Long Bed SV:$32,410〜
Crew Cab PRO-4X:$37,490〜
※新車情報は公式サイト調べ(2020年8月現在)

ホンダのピックアップトラック

リッジライン

リッジライン

ホンダから発売されている唯一のピックアップトラックです。都会でも映えそうな洗練されたスタイリングが印象的な1台となっています。FFベースで四輪独立懸架仕様となっているのもちょっと変わっているところといえるでしょう。

ボディサイズはピックアップトラックの中では中堅くらいのサイズ感です。パワートレインは3.5L V型6気筒エンジンで最高出力280馬力と、これまで紹介したピックアップトラックの中では低い部類になります。

荷台に採用されているデュアルアクションテールゲートは上下方向にも横方にも開けることができるようになっています。荷室下部に収納スペースが設けられた施錠付きインベッドトランクでさらなる積載性能を発揮。日常使いにも便利です。

リッジライン スペック・価格
ボディサイズ(全長 × 全幅 × 全高(mm)) 5,334 × 1,996 × 1,783
ホイールベース(mm) 3,180
荷室寸法(長さ × 幅、(mm)) 2,108 × 1,524
エンジンスペック 種類:3.5L V型6気筒ガソリンエンジン 最高出力:283PS/6,000rpm
最大トルク:356.3N・m/4,700rpm
新車価格 Sport:$33,900〜
RTL:$36,670〜
RTL-E:$42,020〜
Black Edition:$43,520〜
※新車情報は公式サイト調べ(2020年8月現在)
※インチ表記をメトリックに、フィード・ポンドをニュートン・メートルに換算。

三菱のピックアップトラック

トライトン

トライトン

三菱が世界150カ国に展開しているピックアップトラックです。シングルキャブ、ダブルキャブ、クラブキャブの3種類が展開されています。

写真を見てわかるようにこれまで紹介したピックアップトラックと同じ系統の見た目ではありますが、何といってもトライトンではトランスミッションがMTとATの両方が用意されている点に注目です。販売地域でのMT仕様の需要の多さをうかがわせます。

先進の予防安全・運転支援技術が採用されているので日頃の運転も安心。シフト操作を楽しみながら先進安全技術で安全なカーライフを送ることができそうです。

トライトン スペック・価格
ボディサイズ(全幅 × 全高(mm)) 1815 × 1775
ホイールベース(mm) 3,000
エンジンスペック 種類:2.4L ガソリンエンジン、2.4L ディーゼルエンジン
【ガソリン車】 最高出力:94kW/5,250rpm
最大トルク:194N・m/4,000rpm
【ディーゼル車】 最高出力:133kW/3,500rpm
最大トルク:430Nm/2,500rpm
新車価格 SINGLE CAB:$24,990〜$34,240
DOUBLE CAB:$35,990〜$54,990 CLUB CAB:$36,240〜$41,240
※新車情報は公式サイト調べ(2020年8月現在)

マツダのピックアップトラック

BT-50

2020年後半からオーストラリアで販売開始予定の新型BT-50

マツダから発売されている唯一のピックアップトラックであるBT-50は、シングルキャブ、フリースタイルキャブ、そしてデュアルキャブの3種類のボディタイプから選ぶことができます。

エンジンは2.2L 直列4気筒ディーゼルと3.2L 5気筒ディーゼルエンジンの2種類です。

BT-50 スペック・価格
ボディサイズ(全長 × 全高(mm)) 5,170 ×1,804
新車価格 562,000THB~1,090,000THB(バーツ)
※新車情報は公式サイト調べ(2020年8月現在)

いすゞのピックアップトラック

ディーマックス

ディーマックス

いすゞが海外展開しているピックアップトラックのうちの1つです。スタイリッシュなデザインでありながらも、ボディの所々に各種プロテクターを採用することで未舗装路走行時の傷防止対策を施すといった実用性を兼ねた仕様となっています。

シャープな顔つきを演出するうBi-LEDプロジェクターランプとシグネチャーランプの組み合わせや、グラマラスなボディシェイプの組み合わせも印象的です。

ボディ形状はシングルキャブ、スペースキャブ、クルーキャブの3種類となっています。

D-MAX スペック・価格
ボディサイズ(全長 × 全幅 × 全高(mm)) 5,265〜5325 × 1,870 × 1785〜1,810
ホイールベース(mm) 3,125
エンジンスペック 種類:3.0L 直列4気筒ディーゼルエンジン
最高出力:140kW/3,600rpm
最大トルク:456N・m/1,600 - 2,600rpm
※新車情報は公式サイト調べ(2020年8月現在)

まとめ

トヨタ ハイラックス

トヨタ ハイラックス

日本国内ではほとんど見かけないタイプのクルマということもあって異国感漂うところが印象的です。日本と海外のトラックに対する考え方の違いも、少し垣間見えます。

国内の正規ディーラーで新車で手に入るハイラックスは、国内でピックアップトラックに乗りたいユーザーにとって最も手の届きやすい1台です。

気になる方はディーラーに一度足を運んでみてもよいかもしれませんね。

関連する投稿


全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

USトヨタが北米市場で販売しているフルサイズピックアップトラック『トヨタ タンドラ』(以降、タンドラ)の魅力に迫ります。(※2020年3月更新しました)


【話題】テスラのサイバートラック 最新情報完全網羅!

【話題】テスラのサイバートラック 最新情報完全網羅!

テスラの期待の新星、サイバートラックが11月21日ワールドプレミアされました。テスラ初の電動ピックアップとあり、性能はもちろん、その斬新なデザインにも注目が高まっています。本記事ではそんなテスラのサイバートラックについてご紹介します。


トヨタの小型ピックアップ!ハイラックス 中古車価格まとめ

トヨタの小型ピックアップ!ハイラックス 中古車価格まとめ

トヨタのハイラックスは、トヨタの小型ピックアップトラックです。その歴史は長く、1968年から発売されています。日本、世界で人気の高いハイラックス。本記事ではハイラックスが気になっている方のために中古車情報をお届けいたします。(※情報は2019年8月現在のものです)


【8年ぶり】いすゞのピックアップ D-MAX新型発表!

【8年ぶり】いすゞのピックアップ D-MAX新型発表!

およそ8年ぶりに、いすゞ自動車のピックアップトラック・D-MAXがモデルチェンジされました。10月11日にタイで初公開されています。ザ・ピックアップという風貌がかっこいいD-MAX新型についてまとめています。


日本でも発売してほしい!トヨタの海外専用車3選

日本でも発売してほしい!トヨタの海外専用車3選

数多くの車種を製造しているトヨタですが、日本では発売されていない海外専用車があることをご存知ですか?今回は、そんなトヨタ自動車が海外でのみ販売している魅力的な車種を3つ、ご紹介します。


最新の投稿


【激レア車】トヨタ・マークX GRMN|再販はある?中古車情報も

【激レア車】トヨタ・マークX GRMN|再販はある?中古車情報も

2019年に惜しまれつつ生産終了を迎えたセダンのトヨタ・マークXですが、その中で特に目を引くモデルがあります。総生産台数450台のトヨタ・マークX GRMNです。今回はこの特別なマークXについて紹介します。


スバル 新型BRZはどこが進化した?その性能を徹底解説

スバル 新型BRZはどこが進化した?その性能を徹底解説

スバルとトヨタが共同開発した、いまや日本では貴重な本格的なスポーツカー、スバルBRZ。発売から8年が経過し、現行型の生産は既に終了しています。しかし、先日、新型BRZの情報がワールドプレミアされました!新型BRZ、現行型と何が変わったのかを確認していきましょう。


室内広々コンパクトカー3選!荷物満載でも余裕なコンパクトはどれ?

室内広々コンパクトカー3選!荷物満載でも余裕なコンパクトはどれ?

たまにしかないものの、荷物をたくさん運びたい時は3列シートのミニバンなどの大きな車だと便利がいいですよね。しかし、普段の取り回しやすさでは2列シートのコンパクトカーが光ります。そこで、2列シートのコンパクトカーながら室内の余裕がたっぷりという、欲張りな普通車を3台ピックアップしてみました。車選びの参考にしてみてくださいね。


平成の隠れた名車17選!中古車情報も!

平成の隠れた名車17選!中古車情報も!

自動車業界が100年に一度の大変革期を迎えようとしている令和ですが、平成には多くの名車が誕生しました。そこで、平成に誕生し令和を迎えることなく姿を消した個性ある名車を思い出してもらうことにしました。あなたの知らない車があるかもしれないし、中古車で買える車種もありますよ!


【スバル XV大幅改良】新デザイン登場!価格や口コミ・評価も!

【スバル XV大幅改良】新デザイン登場!価格や口コミ・評価も!

スバル XVが2020年10月8日にマイナーチェンジし発売されました。デザインも刷新されましたが、どの部分が変わっているのでしょうか。 大幅改良されたXVの最新情報をまとめて解説していきます。