目次へ戻る

ランドクルーザープラド|ランドクルーザーとの違いは?中古情報も

ランドクルーザープラド|ランドクルーザーとの違いは?中古情報も

日本だけでなく、世界で信頼を勝ち取っている本格クロカンSUVがトヨタ ランドクルーザープラドです。しかし、プラドの名前にも入っているランドクルーザーとプラド、外見も似た印象の大型SUVがなぜ2台もラインナップされているのか、疑問に思ったことはありませんか? この記事では、2台の違いと、どちらがおすすめかをご紹介していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


【本格派クロカンSUVの迫力】長い歴史のランドクルーザープラド

トヨタ ランドクルーザープラド

トヨタ ランドクルーザープラド

1985年に、70シリーズのランドクルーザーに設定された「ワゴン」を皮切りに、1990年にはプラドの名前が登場し、それ以降ランドクルーザーファミリーの中でラインナップが続けられてきたランドクルーザープラド。

既に30年以上続くその名前は、2009年発売の現行型、150系で4代目のプラドとして、歴史が続いています。

より高級化が進められている「ステーションワゴン系」のランドクルーザーと趣が異なり、プラドは現代的でありながらもより実直なオフローダーとして「ライトデューティ系」のキャラクター付けをされ、市場によってはプラドをランドクルーザーとして販売している地域もあるほどです。

世界中で走破性と堅牢製に絶大な信頼を受けるランドクルーザーファミリーの一つとして、ランドクルーザーシリーズの世界累計販売台数1,000万台突破に大いに貢献しました。

本記事ではこれ以降、ランドクルーザープラドのことをプラドと呼称しますので、ご了承ください。

ランドクルーザーの歴史はもっと長い!

トヨタ ランドクルーザー

トヨタ ランドクルーザー

もちろん、本流の名前を引き継ぐランドクルーザーの歴史は、プラドよりも長いもの。

現行の200系は走行性能だけでなく高級感や居住性をも重視した「ステーションワゴン系」として進化を重ねてきた系統ですが、元を辿れば1951年に登場したBJ型まで遡れる系譜は、ランドクルーザーが現在販売されている日本車の中でも最も長い歴史を持つ車名となっているほど歴史が深いものです。

ステーションワゴン系は、55、60、80、100、200とシリーズが進むごとに大型化と上級化が進行。現在では世界でもトップクラスの走破性と高級感を併せ持つ高級クロカンSUVとして、トヨタSUVラインナップの頂点に君臨しています。

プラドとランクルはどこが違う? 徹底比較!

トヨタ ランドクルーザープラド

トヨタ ランドクルーザープラド

さて、そんなプラドとランドクルーザーですが、傍目に見ると、どうしてトヨタは似たような大型SUVを2台もラインナップしているのだろう、とお思いになるのでは。

実はプラドとランクルではさまざまな部分が異なり、ユーザー想定も異なるゆえに並行してラインナップされているのですが、外見だけではその違いがわかりにくいもの。

2台の主な違いをまとめましたので、ご紹介します。

【プラド vs ランクル】ボディサイズが違う

トヨタ ランドクルーザープラド

トヨタ ランドクルーザープラド

プラドとランドクルーザー、2台ともに全幅は1.8mオーバー、全長は5mに迫ろうかという大型な車なのですが、実は、プラドは、全長で125mm、全幅で95mm、全高で35〜20mmほど小さくなっています。

ご紹介している画像ではわかりにくいかと思いますが、プラドが19インチアルミホイール、ランドクルーザーが20インチアルミホイールを履いていますので、その点も留意いただければ、プラドがなんとなく小さく見えてくるように思います。

トヨタ ランドクルーザー

トヨタ ランドクルーザー

もちろんどちらもかなり大柄なサイズであることに変わりはありませんが、特に全長で大きく違うので、プラドの方が駐車場への収まり方などは気にならないことも多そう。

ランドクルーザーでは、全幅1,980mmともはや2m級なので、狭い道はもちろん、一般道でも車線の維持にちょっと気を遣ってしまいそうですね。

【プラド vs ランクル】エンジンが違う

トヨタ ランドクルーザープラド エンジンルーム

トヨタ ランドクルーザープラド エンジンルーム

ランドクルーザーは、4.6リッターという大きめのV型8気筒エンジンのみのラインナップとなっていますが、プラドはどちらも直列4気筒ながら、2.8リッターディーゼルと2.7リッターガソリンの2種類から選ぶことができます。

直列4気筒よりも気筒数で言えば単純に倍となるV型8気筒エンジンは、パワフルなことはいいのですが、スペースを取るだけでなく重量もかなり嵩みます。

車両重量の重さや排気量の大きさが悪影響してか、ランドクルーザーのWLTCモードによるカタログ燃費は、最高でも6.9km/Lと、悪く言えばかなり前時代的。

プラドは、ガソリン車でも8.3km/L、重量級ボディと相性の良いディーゼル車なら11.2km/Lと、比較するとかなり低燃費を実現しています。

トヨタ ランドクルーザー エンジンルーム

トヨタ ランドクルーザー エンジンルーム

また、車を所有すると頭が痛いのが毎年の自動車税。ランドクルーザーはかなり4.6リッターと大排気量ですし、ハイブリッドなどの燃費向上策も取られていませんので、税額は8.7万円と、だいぶインパクトのある金額になってしまいます。

プラドは、それでもかなり大きな負担ではありますが、ガソリン車では5.0万円、ディーゼル車はグリーン化特例対象に認定されるので購入翌年度は約1.3万円にまで減税されるなど、ランドクルーザーに比べればかなりの節約が可能です。

【プラド vs ランクル】お値段が違う

トヨタ ランドクルーザープラド ダッシュボード

トヨタ ランドクルーザープラド ダッシュボード

そして2台の間では、ボディサイズの違い以上に、2020年9月現在の税込新車価格でも差が大きくなっています。

プラドでは最も廉価なTX ガソリン 5人乗り仕様で362.1万円、最も高価なTZ-G クリーンディーゼルで553.0万円となっていますが、ランドクルーザーでは最も廉価なGXでも482.68万円、最も高価なZXでは697.4万円と、価格帯には約100万円以上の差があります。

トヨタ ランドクルーザー ダッシュボード

トヨタ ランドクルーザー ダッシュボード

無論、ランドクルーザーは、最上級のZX限定とはいえ4輪エアサスペンションやプレミアムナッパ本革のシート表皮など、特別な装備が多いことも事実。オフロード走行をされる方には、ランドクルーザー全車に標準装備されるマルチテレインセレクトなども魅力的でしょう。

しかし、もはや700万円の高級車となるランドクルーザーでオフロードに分け入るオーナーはそうそういないのも実情と思われますので、ランドクルーザーに追加された装備に対価を払う価値があるのか、考慮が必要です。

【プラド vs ランクル 結論】あなたにピッタリなのはどっち?

トヨタ ランドクルーザープラド

トヨタ ランドクルーザープラド

2台の中からご自分にぴったりの車を選ぶ方法としては、ドライバー以外の乗員をどこまで快適にさせたいか、という部分があります。

ランドクルーザーの上級グレードでは、前席だけでなく後席左右も独立式のフルオートエアコンが装備されるほか、3列目シートの座り心地も上々です。最上級のZX限定にはなりますが、走行状態に応じてサスペンションの減衰力を自動制御するAVSが装備されるなど、乗り心地もより高級なものとなっています。

対するプラドは、スペースとしてはランドクルーザー同様に余裕たっぷりですが、乗員の快適性はやや割り切った印象。3列目シートは床下にフラットに収納できるので、収納時の荷室の使いやすさは跳ね上げ収納式のランドクルーザーを上回りますが、収納可能にするためかかなり薄め、小さめのシートとなっています。

オフロードでの走破性では、一般に遭遇しそうなシチュエーションでは違いが出にくそうなほどどちらも高度ですので、ボディサイズをどこまで許容できるかや、車両価格をどこまで許容できるかも、2台の間で選ぶポイントとなりますね。

トヨタ ランドクルーザープラドのスペック

【トヨタ ランドクルーザープラド TZ-G】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,825mm×1,885mm×1,835mm
ホイールベース2,790mm
最大乗車定員7名
車両重量2,330kg
燃費WLTCモード:11.2km/L
エンジン種類直列4気筒ディーゼル 2,754cc
エンジン最高出力150kW(204PS)/3,000-3,400rpm
エンジン最大トルク500N・m(51.0kgf・m)/1,600-2,800rpm
駆動方式四輪駆動(フルタイム4WD)
トランスミッション6速AT
新車価格5,530,000円(消費税込)
(2020年9月現在 トヨタ公式サイトより)

トヨタ ランドクルーザーのスペック

【トヨタ ランドクルーザー ZX】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,950mm×1,980mm×1,870mm
ホイールベース2,850mm
最大乗車定員8名
車両重量2,690kg
燃費WLTCモード:6.7km/L
エンジン種類V型8気筒 4,608cc
エンジン最高出力234kW(318PS)/5,600rpm
エンジン最大トルク460N・m(46.9kgf・m)/3,400rpm
駆動方式四輪駆動(フルタイム4WD)
トランスミッション6速AT
新車価格6,974,000円(消費税込)
(2020年9月現在 トヨタ公式サイトより)

ランクルプラドとランクル、中古車価格相場をまとめました

トヨタ ランドクルーザープラド

トヨタ ランドクルーザープラド

プラドとランドクルーザーで、新車価格では概ね100万円以上の差があることをお伝えしました。中古車相場ではどのような違いがあるでしょうか。

プラドは車両価格の比較的安いこともあってか中古車在庫は非常に豊富。2020年9月現在では1,678台の在庫が確認できます。

現行モデルに限ると、中古車平均価格は386.0万円と、あまり新車価格から値下がりしていませんね。現時点の在庫では、最安でも2009年式の159.0万円の車両となっているなど、本格的な性能を有するだけに一定以下の中古車価格には下がりにくいようです。

見比べると、2002年から2009年に生産されていた3代目プラドの中古車平均価格138.2万円は、かなり魅力的ですね。こちらなら100万円以下の車両も多く在庫されており、一気にお手頃感が出てきます。

トヨタ ランドクルーザー(北米仕様)

トヨタ ランドクルーザー(北米仕様)

中古車在庫は235台と、2007年発売とプラドよりも長寿モデルなことを考えれば意外なほどに少なめな、現行モデルのランドクルーザー200。

中古車平均価格は475.4万円と、こちらも新車価格からはあまり値下がりしていません。

もとより車両価格を重視する方には選ばれにくい車種であることもあり、現在確認できる最安の中古車でも約200万円となっているなど、安売りする必要があまりないのが実情のようです。

エアロを装着したコンプリートカーでは1,000万円超の価格の車両もあるなど、プラド以上にランドクルーザーが高級志向なことは、新車でも中古車でも変わりがないようです。

まとめ

トヨタ ランドクルーザープラド

トヨタ ランドクルーザープラド

プラドのランドクルーザーとの違いをご紹介してきました。知ってみると、意外とターゲット層をきちんと分けて作られているんだなということが分かりますよね。

その究極の走破性を活かす機会はあまりなさそうなプラドとランドクルーザーですが、どちらも本物の道具が持つ迫力と余裕を感じさせますよね。

特別な日のためにランドクルーザー、普段使いにプラドと、2台ともを保有できれば選ばなくても済むのですが、なかなか難しいと思いますので、どちらがご自分にぴったりの車か、じっくり悩んでみてくださいね。

関連する投稿


【大人数で乗れるSUV】最新5車種! 価格、燃費

【大人数で乗れるSUV】最新5車種! 価格、燃費

どこへでも乗っていけそうな自由さが魅力的なSUV。世界的に大人気が継続していますが、その広い室内空間を活用して3列シートを有するものもあります。いざというときは大人数で冒険にも出かけられるし、普段は3列目を格納して広々とした荷室を実現できるなど、ユーティリティ性の高さに磨きをかけた3列シートSUVをまとめてご紹介します。


アウトドア向けなSUV5選!室内広々、走破性もしっかりな5台はこれだ

アウトドア向けなSUV5選!室内広々、走破性もしっかりな5台はこれだ

都市部に映えるSUVより、道なき道を走破してその先のアクティビティに到達してこそSUVでしょ!とお思いのあなた。FFしかないSUVやクーペSUVなんていう変わり種にはうんざりしているあなた。現代でも、しっかりアウトドア向けなSUVはちゃんと存在しています。荷物もしっかり積み込んで、走破性もしっかり確保された「これぞSUV」という車をまとめましたので、ご紹介します。


アウトドアで大活躍!おすすめしたい車10選

アウトドアで大活躍!おすすめしたい車10選

キャンプ、釣り、サイクリングなど、アウトドアが趣味の方も多いでしょう。アウトドアに最適な車なら沢山の道具を積んで、快適に移動することができます。目的地に着いたら、車を拠点に趣味を満喫。疲れたら車に戻って休憩するのも良いですね。今回はそんなアウトドア趣味に最適な車をご紹介します。


かっこいいSUVのおすすめ8選!思わず自慢したい車種をピックアップ

かっこいいSUVのおすすめ8選!思わず自慢したい車種をピックアップ

現在流行しているSUVは、コンパクトなモデルから本格的な走破性を持っているモデルまで、多種多様なモデルがラインアップされています。この記事では、その中でも一般的にかっこいいと思われるSUVを筆者目線でピックアップし、かっこいいポイントをご紹介します。


キャンプにぴったりのSUVは?積載性、防水性を調査!

キャンプにぴったりのSUVは?積載性、防水性を調査!

SUVは人気のジャンルでもあり、数多くの車種がラインアップしています。コンパクトSUVやラグジュアリーなモデルまで多種多様です。その中で、キャンプにSUVを活用したいという方も多いでしょう。この記事では、キャンプにおすすめのSUVをピックアップしてご紹介します。積載量や悪路での走破性など複数のポイントからSUVを選らんでみました。


最新の投稿


ひき逃げを起こした場合の罰金・罰則の全て|被害にあった場合も掲載

ひき逃げを起こした場合の罰金・罰則の全て|被害にあった場合も掲載

もしもひき逃げ事故を起こしてしまった際に、どのように対処すべきでしょうか。さらには、被害に遭ってしまった方、事故を目撃した方もその場で適切な処置をする事が求められます。今回は、ひき逃げを起こしてしまった方、巻き込まれてしまった側、それぞれがどのように対処し、処置をしていくべきかを解説しています。


【現行イタリア高級SUV】最新4選! 価格、燃費

【現行イタリア高級SUV】最新4選! 価格、燃費

イタリアの車といえば走行性能の高さや情熱的なデザインが特徴的ですが、実は高級車の世界でも有名なブランドを多く持っています。また、今やセレブや要人が移動する時に使う車は、ハイエンドセダンではなく、ハイエンドSUVの方が多くなっているように思いませんか。高められた車高による室内の余裕と、路上でも抜群の存在感を持つSUVは、次世代の高級車として既に定着している印象もありますよね。この記事では人気のSUVラインナップのなかでも、イタリア車の高級モデルにフォーカスして、ご紹介していきます。


【現行イギリス高級SUV】最新5選! 価格、燃費

【現行イギリス高級SUV】最新5選! 価格、燃費

近年ではドイツ製高級車が市場を席巻していますが、イギリスの高級車もその独特の雰囲気や仕立て、長い歴史で高級車として定評を持っていますよね。この記事では人気のSUVラインナップのなかでも、イギリス車の高級モデルにフォーカスして、ご紹介していきます。


【大人数で乗れるSUV】最新5車種! 価格、燃費

【大人数で乗れるSUV】最新5車種! 価格、燃費

どこへでも乗っていけそうな自由さが魅力的なSUV。世界的に大人気が継続していますが、その広い室内空間を活用して3列シートを有するものもあります。いざというときは大人数で冒険にも出かけられるし、普段は3列目を格納して広々とした荷室を実現できるなど、ユーティリティ性の高さに磨きをかけた3列シートSUVをまとめてご紹介します。


アーシングとは?効果とメリット・デメリット

アーシングとは?効果とメリット・デメリット

アーシングとは聞きなれない言葉ですが、元々はレーシングカーに使われていた技術です。では、このアーシングとは、一体どの様な効果があるのでしょうか?今回はこのアーシングチューニングについてご説明します。