トップへ戻る

おすすめのウォッシャー液5選!役割や種類は?

おすすめのウォッシャー液5選!役割や種類は?

地味な存在ですが重要な役割のウォッシャー液、気が付いたら無くなってしまっていたという事を経験なさった方も多いのではないでしょうか。最近ではガソリンスタンドでサービスでウォッシャー液を提供しているところもあるようですが、ご自身でご用意しておく場合に備えて今回はウォッシャー液について考えて参りましょう。ウォッシャー液もエンジンオイルと同じ様に種類が多いのも特徴の一つです。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ウォッシャー液の役割

ガラコウォッシャー 強力洗浄

ガラコウォッシャー 強力洗浄

車のウインドウは放置していると、ホコリや不純物が交じった雨や雪等の影響や、前方で走っていた車が巻き上げた泥水が付着し、すぐに汚れてしまいます。

乗る前に汚れに気付くことができれば掃除を行うこともできますが、走行中に油膜や汚れが気になった場合は、すぐに対処することが出来ません。そこで活躍してくれるのがウォッシャー液となります。

通常、雨や雪等の水分はワイパーで落とすことが出来ますが、泥や油性の汚れは落ちないため、洗浄剤としてウォッシャー液が必要となります。

主成分はエタノールと界面活性剤なので、汚れの表面に吸着して汚れを浮かび上がらせることが出来ます。

ウォッシャー液の代わりに水ではダメなのか?

ウィンドウの汚れを落とすなら、ウォッシャー液の代わりとして水を代用してしまうという考えの方も少なくありません。しかし緊急時以外は避けることが重要となります。

特にミネラルウォーターは絶対に使用を避ける必要があり、その理由として殺菌成分のカルキが含まれていないことが挙げられます。

以前入れていたウォッシャー液の洗浄成分やホコリ、オイルなどが交じったタンク内に、市販のミネラルウォーターを入れてしまうと、殺菌成分が入っていない為、カビや雑菌、藻が発生してしまう危険があります。

カルシウムやマグネシウム等のミネラル成分も、ボディやウィンドウに付着して跡に残る可能性もあるので、緊急時以外の代用として水を使う事は避けましょう。

ウォッシャー液が出ない!?色々なトラブル

洗浄時に気になる細部

洗浄時に気になる細部

ウインドウの汚れに気付いて汚れを落とそうとしたけれど、噴射されないといったトラブルを経験した人は少なくありません。こういったトラブルの原因はタンク内に十分に残量が残っていない可能性があります。

そのため一度タンクを確認して残量が少ないようなら補充を行います。もしタンク内に残量が十分にあるという場合は、タンクから伸びているホースを確認し亀裂があったり、外れていないかをきちんと確認するようにしましょう。

特に問題がないようなら、噴き出し口を確認してホコリや洗浄剤が詰まっていないか調べると原因が把握しやすくなります。目視では分かりにくいですが、細い針や安全ピンでノズルの穴を軽く掃除すると噴射できるようになる場合があります。

ウォッシャー液の補充と交換

キイロビン 撥水ウォッシャー 2.5L

キイロビン 撥水ウォッシャー 2.5L

ボンネットの中にあるウォッシャー液タンクを確認してキャップを開けてウォッシャー液を注ぐだけで、比較的簡単に出来ます。

市販されている物は、希釈して使用する場合もあるので使用する前に希釈する必要があるのかどうかきちんと確認することが大切になります。もし希釈が必要なら混合率を説明書きで確認し、比率通りに薄めて使用します。

冬場は薄めすぎると凍結する可能性があるので、地域や季節に応じて希釈の割合を調節することも大切となります。 まるごと交換するという場合は、混ぜることなく今使用しているウォッシャー液は全部使い切ってから新しい物に入れ替えれば完了となります。

ウォッシャー液の種類とその用途

ガラコウォッシャーパウチパック2L

ガラコウォッシャーパウチパック2L

市販されているウォッシャー液は大きく分けて、撥水タイプと油膜除去タイプの2種類あります。

シンプルな洗浄効果を持つ物から、強力な油膜除去能力を持っている物と様々で、中には使用するだけで洗浄と撥水コーティング効果を発揮してくれる商品も登場しています。

寒冷地にお住まいの方であれば、融雪効果のある物や凍結に強いものなど用途や目的に合わせて選ぶことが大切となります。

標準タイプのウォッシャー液

洗浄を目的とした洗浄成分のみ配合したタイプであり、オールシーズンに対応している特徴を持ちます。

洗浄成分としては界面活性剤が含まれており、界面活性剤が含まれることによってウィンドウの乾きが早くなるメリットがあり、跡が残りにくくなる効果も期待できます。

撥水タイプのウォッシャー液

窓ガラスの撥水ウォッシャー

窓ガラスの撥水ウォッシャー

洗浄成分としてフッ素系界面活性剤を含んでおり、一般的な界面活性剤より低い表面張力を少量で発揮できる特徴を持ちます。

撥水皮膜がフロントガラスに張られ、雨をしっかり弾く効果をはじめホコリや排気ガス汚れが付着しにくくなり、クリアな視界を維持できるようになります。

油膜取りタイプのウォッシャー液

油膜除去成分が含まれているのでフロントガラスに付着する油膜を取り除いてくれる作用を持ちます。油膜は放置するとフロントガラスが汚れて、視界の邪魔になる可能性があります。

また一度付いてしまった油膜はコンパウンドを利用しないと汚れが落ちないので、洗浄の面倒を避けるためにも、油膜対策として利用されています。

不凍・解氷タイプのウォッシャー液

主に冬場や寒冷地などでガラスの凍結を防ぐタイプとなっています。極寒の吹雪の中で走行すると、視界が悪くなりやすく事故を引き起こす危険があります。

そこで不凍・解氷タイプを使用すれば、気温が低くても凍結する心配がなく、解氷や融雪効果を与えることができます。

おすすめのウォッシャー液5選

キイロビンシリーズ 撥水コーティング剤

キイロビンシリーズ 撥水コーティング剤

車のフロントガラスを常に綺麗に保つためにも、重要となるウォッシャー液は色々なタイプの製品があります。

各製品の特性などを理解した上で、自分の目的にあったタイプを選ぶことが重要になります。今回はおすすめを詳しくご紹介します。

1. シュアラスター ゼロウォッシャー

撥水タイプで、ワイパーで塗り拡げることで付着した汚れをスッキリ落とし、撥水効果により水をしっかり弾きます。

ワイパーやゴム、塗装にも優しい成分でオールシーズンに対応しています。

シュアラスター ウォッシャー液 ゼロウォッシャー [超純水クリアータイプ] 2L SurLuster S-103

2. 古河薬品工業(KYK)クリアウォッシャー液

揮発性界面活性剤を配合した標準タイプになります。フロントガラス周りの洗浄成分の跡が残りにくい特徴を持ち、これは超純水と呼ばれる不純物を一切含まない綺麗な水を使用しているためです。

超純水を利用することでノズル部分の詰まりを防ぐ効果も高く、メンテナンスの手間を減らすことができます。

古河薬品工業(KYK) ウインドウオッシャー クリアウオッシャー液 2L 12-091 [HTRC3]

3. シーシーアイ(CCI)スマートビューウォッシャー

撥水タイプで、頑固な油膜もスッキリ綺麗に落とすことができる上に、強力な撥水効果も与えることができます。

エコロジーパックを使用しているので詰め替えが非常に簡単ですし、コストが安く環境にも優しい仕様となっています。中性タイプなので車のボディに付着しても安心することができます。

シーシーアイ(CCI) スマートビュー ウォッシャー液 撥水タイプ 2L G-100

4. プロスタッフ ブルビンウォッシャースーパー

油膜取りタイプで、油膜取りに最適な強力な洗浄効果が特徴となります。洗浄効果に加えて油膜が再度付着してしまうのを防ぐガード皮膜が形成されるので、視界を常にクリアに保つことが出来るようになります。

希釈をせずにそのまま原液として使え、ボトルには注入時に便利なノズルが付いているので簡単に補充することができます。

プロスタッフ ブルビンウォッシャースーパー S A-05 (2.5L) ウォッシャー液 洗車用品

5. スーパーレイン・X 雨弾きウォッシャー2000

撥水タイプで、汚れを落としながら同時に撥水効果を与えて雨を弾くことができます。

-30℃の寒冷地まで対応しており、季節な環境に合わせて希釈や原液など使い分けることが可能となっています。

3倍の希釈まで雨弾き効果が維持できるので、最大6リットル分まで利用することが可能になります。

スーパーレイン・X ウォッシャー2000 8021[HTRC 3]

まとめ

綺麗なウインドウへ

綺麗なウインドウへ

ウォッシャー液は、車の走行に直接関わることではないのでつい適当に選んでしまうという方も少なくありません。しかし、いざ使えないと、とても不便ですし何より大きなトラブルに繋がる原因となる可能性があります。

比較的手軽に購入できるアイテムなので、点検や補充をきちんと行い目的にあったものを選ぶようにすれば、自身で行う車のメンテナンスがぐっと簡単になります。


関連する投稿


Android Auto(アンドロイドオート)とは?使い方や対応アプリも紹介

Android Auto(アンドロイドオート)とは?使い方や対応アプリも紹介

「Android Auto(アンドロイドオート)対応」という言葉を耳にしたことはありませんか。一体何なのか気になるという方も多いと思います。カーナビのアプリらしいけど、他の地図アプリとはどう違うの?スマホでナビを見ながら音楽が聴けるって本当?今回はそういったアンドロイドオートの疑問にお答えします。


イグニッションとは?意味や仕組み 交換方法もご紹介

イグニッションとは?意味や仕組み 交換方法もご紹介

イグニッションという言葉を聞いたことがありますか?イグニッションは車を動かすために必要なものなんです。今回は、イグニッションについてご説明していきます。


ポリッシャーで車を磨く方法とおすすめ商品5選!

ポリッシャーで車を磨く方法とおすすめ商品5選!

スポンジなどを使った手作業の洗車では取り戻すことが難しいあの新車時の輝き。そういうときに車が驚くほど輝きを取り戻す道具、それが(電動)ポリッシャーです。しかしポリッシャーは一言でいうと研磨機。初心者には難易度が高いことも。そこで正しいポリッシャーの使用法や、女性・初心者から中級者向けおすすめ商品もあわせてご紹介します。


コイン洗車場完全マニュアル|何が必要?マナーは?

コイン洗車場完全マニュアル|何が必要?マナーは?

車好きな方であれば、いつでも愛車をキレイな状態に保ちたいと考えるものです。しかし、周囲の環境などによっては思うように自宅で洗車することができません。そこで便利なのがコイン洗車場です。今回はコイン洗車場の使い方やマナーなどについて詳しくご紹介します。


人気キーケース5選!ベストなキーケースの選び方をご紹介

人気キーケース5選!ベストなキーケースの選び方をご紹介

車好きな方であれば、細かいところにもこだわりたいものです。車体のカスタマイズはもちろんのこと、ちょっとしたアクセサリーでもこだわりを主張したいという方も多いのではないでしょうか?大切な車のキーを収納し、しっかり守ってくれるキーケースもそんなアイテムのひとつです。そこで今回はキーケースの種類や選び方、人気のアイテムまでをご紹介していきます。


最新の投稿


【激レア車】トヨタ・マークX GRMN|再販はある?中古車情報も

【激レア車】トヨタ・マークX GRMN|再販はある?中古車情報も

2019年に惜しまれつつ生産終了を迎えたセダンのトヨタ・マークXですが、その中で特に目を引くモデルがあります。総生産台数450台のトヨタ・マークX GRMNです。今回はこの特別なマークXについて紹介します。


スバル 新型BRZはどこが進化した?その性能を徹底解説

スバル 新型BRZはどこが進化した?その性能を徹底解説

スバルとトヨタが共同開発した、いまや日本では貴重な本格的なスポーツカー、スバルBRZ。発売から8年が経過し、現行型の生産は既に終了しています。しかし、先日、新型BRZの情報がワールドプレミアされました!新型BRZ、現行型と何が変わったのかを確認していきましょう。


室内広々コンパクトカー3選!荷物満載でも余裕なコンパクトはどれ?

室内広々コンパクトカー3選!荷物満載でも余裕なコンパクトはどれ?

たまにしかないものの、荷物をたくさん運びたい時は3列シートのミニバンなどの大きな車だと便利がいいですよね。しかし、普段の取り回しやすさでは2列シートのコンパクトカーが光ります。そこで、2列シートのコンパクトカーながら室内の余裕がたっぷりという、欲張りな普通車を3台ピックアップしてみました。車選びの参考にしてみてくださいね。


平成の隠れた名車17選!中古車情報も!

平成の隠れた名車17選!中古車情報も!

自動車業界が100年に一度の大変革期を迎えようとしている令和ですが、平成には多くの名車が誕生しました。そこで、平成に誕生し令和を迎えることなく姿を消した個性ある名車を思い出してもらうことにしました。あなたの知らない車があるかもしれないし、中古車で買える車種もありますよ!


【スバル XV大幅改良】新デザイン登場!価格や口コミ・評価も!

【スバル XV大幅改良】新デザイン登場!価格や口コミ・評価も!

スバル XVが2020年10月8日にマイナーチェンジし発売されました。デザインも刷新されましたが、どの部分が変わっているのでしょうか。 大幅改良されたXVの最新情報をまとめて解説していきます。