トップへ戻る

カワイイが詰まっている!ダイハツ ミラトコット

カワイイが詰まっている!ダイハツ ミラトコット

ミラトコットは、女性をターゲットにダイハツが開発した軽自動車です。その開発段階から女性プロジェクトチームが結成されるほど、力の入れようでした。今回はミラトコットの魅力について解説していきます。気になっている方必見です。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ダイハツミラトコットってどんな車?

ミラトコット「G SA Ⅲ」

ミラトコット「G SA Ⅲ」

2009年の発売開始から、ダイハツの女性向けの軽自動車として人気を博していたミラココアが、2018年に生産終了となりました。

あらゆる世代で流行に敏感な女性ユーザーに対し満足いくような、ミラココアに変わる次世代車両が求められました。ミラトコットはミラココアの後継として

To Character:自分らしさの表現
To Comfortableness:安全安心・運転のしやすさ
To Convenience:使いやすさ

のコンセプトで開発された平成最後のダイハツ車です。

女性を意識した車 ミラトコット

ダイハツ ミラトコット

ダイハツ ミラトコット

フォルムはコンパクトさだけでなく丸みを帯びた可愛らしさを強調し、従来の女性向けコンパクトカーとは一味違う、カフェにいるような落ち着いた印象のデザインとなっています。

インテリア・エクステリアをお好みに合ったデザインに変更できる「アナザースタイル」をオプションで選択でき、「スイートスタイル」「エレガントスタイル」「クールスタイル」の3種が様々なおしゃれのニーズにこたえます。

可愛さだけではない車 ミラトコット

ダイハツ ミラトコット G SA Ⅲ

ダイハツ ミラトコット G SA Ⅲ

商品企画を担当した西川枝里さんは「女性向け商品にありがちな可愛さや格好良さだけではなく、徹底して素の魅力にこだわった」とコンセプトについて語っており、車としての魅力を追求した、研ぎ澄まされたシンプルなデザインを実現しています。

操作感も扱いやすく乗り心地も良いため、長時間の運転でも疲れを感じず、高齢の方のお供や旅を楽しむ若年ユーザーの需要にもピンポイントで刺さる軽自動車です。

ダイハツ ミラトコットの動力性能

ダイハツ ミラトコット

ダイハツ ミラトコット

ミラトコットにはターボを使用しない自然吸気エンジンKF型が搭載されています。カタログスペックでの燃費はWLTCモードで最高22.6km/Lとなっていて、同価格帯のミライースやスズキアルトと比べると一歩譲ります。

しかし、コストパフォーマンスを重視して購入する方にも十分お勧めできる性能となっています。特にミラトコットの動力性能は街乗りの発進加速を重視したものであり、ミライース以外の新しい選択肢が生まれたといっても差し支えないでしょう。

ダイハツ ミラトコットインテリア

ミラトコットの車内はベージュとブラックの落ち着いた配色で、シートには高級感のあるファブリックが使用されています。

ドリンクホルダーの設置に関しても、運転席には掘り込み式のインパネドリンクホルダー、センターコンソールに2つカップホルダー、リアドアポケットのボトルホルダーと快適な長距離ドライブが満喫できるように配慮されています。

収納スペースも、グローブボックスとサンバイザーのチケットホルダーやフロントドアポケットと定番なスペースを確保しており、保険証や車検証など大事な書類を保管しておくことができます。

ダイハツ ミラトコットエクステリア

特徴的なレトロで丸みのあるスクエアボディは、レトロでクラシカルな雰囲気を演出しています。

ボディカラーは9種類から選択でき、セラミックグリーンメタリックが人気色です。追加で22,000円プラスすることで、シャイニングホワイトパールやプラムブラウンクリスタルマイカを選択できます。

ルーフやバンパーを違うカラーにできる「デザインフィルムトップ」オプションで、オリジナル性の高いデザインにすることも可能です。

ダイハツ ミラトコットのスペック

【ダイハツ ミラ トコット L】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,530mm
ホイールベース2,455mm
最大乗車定員4名
車両重量720kg
燃費WLTCモード:22.6km/L
エンジン種類水冷直列3気筒12バルブDOHC横置
最高出力38kW(52PS)/6,800rpm
最大トルク60N・m(6.1kg・m)/5,200rpm
駆動方式FF(前2輪駆動)
トランスミッションCVT
(2020年9月現在 ダイハツサイトより)

ダイハツ ミラトコットの新車価格

ダイハツ ミラトコット L SAⅢ インパネ

ダイハツ ミラトコット L SAⅢ インパネ

ダイハツのラインナップ中でもシンプルさが際立つミラトコットは、新車価格995,000円(税別)から購入することができます。各グレードの特徴を比較しながら紹介していきましょう。

L


2WD
995,000円
4WD
1,115,000円

ベースグレードに位置づけられる「L」グレードは、フロントウィンドウにIR&UVカットガラス&フロントドアのUVカットグラスが標準で搭載されています。

キーシステムにはキーレスエントリーが採用されており、ワンタッチで手早く発車できます。サイドエアバッグとカーテンシールドエアバッグといった基本的なセーフティシステムも備えているため、オプションなしでも安心して購入できます。

L SA“SA III”


2WD
1,055,000円
4WD
1,175,000円

基本は「L」と変わりませんが、「L SA“SA III”」にはダイハツ独自の衝突回避支援システムスマートアシストIIIが搭載されています。

スマートアシストIIIは検知システムにステレオカメラが使われており、従来の車線逸脱警報機能・誤発信抑制機能・先行車発進お知らせ機能に加え、夜間ドライブ中の前方の明るさを感知し、ハイビームとロービームの切り替えを自動で行うオートハイビーム機能を備えています。

X SA“SA III”


2WD
1,130,000円
4WD
1,250,000円

キーレスエントリーからスマートキーに、リヤドア・バックドアウィンドウがスモークガラスに変更され、シートリフターやUSBソケットといった便利機能も充実しています。

さらに、このグレードから選択できるボディカラーが追加され、+44,000円で「キャンバス地調」のセラミックグリーンメタリック・サニーデイブルーメタリックのツートーンカラー、+66,000円で「キャンバス地調」のシャイニングホワイトパールのツートーンカラーが選択できます。

G SA“SA III”


2WD
1,200,000円
4WD
1,320,000円

ミラトコットの最上位モデルである「G SA“SA III”」は、縦列駐車や車庫入れを複数の視点で行うことができる「パノラマモニター用純正ナビアップグレードパック」がついてきます。

フロントガラスが99%の紫外線をカットできるスーパーUV&IRカットグラスが装備され、夏場の肌荒れを防止する、女性の強い味方になります。エアコンもスーパークリーンフィルター付きのワンランク上のリッチな仕様になっています。

G リミテッドSA“SA III”


2WD
1,140,000円
4WD
1,260,000円

「G リミテッドSA“SA III”」は「G SA“SA III”」の装備を外す、またはダウングレードさせて価格を抑えた特別仕様車です。エアコンのフィルター・ホイール・装飾・フロントドアのガラスをダウングレードすることで、「X SA“SA III”」に近い価格で購入できます。

最上位グレードのみ搭載できるパノラマモニターを、リーズナブルな値段で買いたい方にはおすすめのグレードです。

ダイハツ ミラトコットの中古車価格

中古市場の平均価格は102万円と高めの価格となっていますが、2018年発売の新しい車種ですので、状態の良い新古車や未使用車が出回っていることが理由に挙げられます。(2020年10月現在 レスポンス中古車の情報)

値引き価格で、できるだけ出費を抑えつつ、きれいでリッチなミラトコットに乗りたい方は是非チェックしてみてください。

もちろん男性の方にもダイハツ ミラトコット

ダイハツ ミラトコット

ダイハツ ミラトコット

前述したようにデザインがシンプルで扱いやすい車両で、女性向けがターゲットというわけではなく、男性側の視点からも魅力的な「やさしい自然体な車」に仕上がっています。

ミラココアよりも落ち着いたデザインなので、老若男女すべての方の普段乗り用だけでなく、家族共用の車としてのチョイスもありではないでしょうか。

まとめ

ダイハツ ミラトコット

ダイハツ ミラトコット

近場の買い物や長旅といった使用目的にマッチした、体に負担をかけない構造がウリな「誰でもやさしく乗れる、エフォートレスなクルマ」のミラトコットでした。

低価格帯の他車とうまく用途わけができており、非常に高いコストパフォーマンスは女性だけでなく、初めて車を購入する新成人の方が選ぶ入門車として特におすすめのクルマとなっています。

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


軽自動車の大本命!ダイハツ タントは内装まで手抜きなし!

軽自動車の大本命!ダイハツ タントは内装まで手抜きなし!

近年のダイハツを牽引する人気軽自動車であるタントの紹介記事です。ライバルとなるホンダN-BOXなどとの比較を絡めながら、室内空間の広さや質感や使い勝手の良さなど、さまざまな角度からご紹介します。


ダイハツ ムーヴは6年目も販売絶好調!コスパで分析、ワゴンRと比較

ダイハツ ムーヴは6年目も販売絶好調!コスパで分析、ワゴンRと比較

ダイハツを代表するハイトワゴンタイプの軽自動車、ムーヴの紹介記事です。燃費やコスパ、そしてラインナップなどを紹介しながらムーヴの魅力について詳しくご紹介します。ムーヴのコスパについて気になっている方はぜひ参考にしてください。


ダイハツ キャストの内装、車内空間の使い勝手まで徹底解説!

ダイハツ キャストの内装、車内空間の使い勝手まで徹底解説!

おしゃれなデザインによって幅広い層の方から人気を集めているダイハツキャスト。今回は、コンパクトタイプの軽自動車であるダイハツキャストの内装や車内空間の使い勝手などについて詳しくご紹介します。


ダイハツ トールの実際の評価は?車内空間や走行性能について詳しく紹介!

ダイハツ トールの実際の評価は?車内空間や走行性能について詳しく紹介!

広い車内空間によってさまざまなユーザーからの人気を集めているのがダイハツのトールです。しかし実際の評価なども気になるところ。そこで今回は車内空間の広さや内装、口コミなどをご紹介します。


最新の投稿


トヨタ センチュリーとは?トヨタの誇る最高級車の魅力に迫る

トヨタ センチュリーとは?トヨタの誇る最高級車の魅力に迫る

トヨタの最高級車であるセンチュリーについて紹介します。圧倒的な高級感を誇る内外装の質感や、専用オプション、走行性能などについて解説します。また、高級モデルなので気になる価格などについても紹介します。


米国トヨタの新型シエナは日本にも上陸する?大型ミニバンの実態とは

米国トヨタの新型シエナは日本にも上陸する?大型ミニバンの実態とは

米国を中心とした海外で販売されている大型ミニバンのシエナについての紹介記事です。歴代モデルの紹介や、2020年に発売された新型モデルの日本上陸の可能性などについても紹介します。


【2021年最新版】車中泊におすすめの人気軽バン3選!

【2021年最新版】車中泊におすすめの人気軽バン3選!

軽バンは、宅配便や郵便局、そして様々な運送に使われているボックスタイプの軽貨物車です。その日常のあらゆる荷物を運んでくれる軽バンが、実は流行の車中泊には最適な車種なのです。そこで、なぜ軽バンが車中泊に最適なのかを含めて、車中泊におすすめの人気の軽バンをご紹介します。


トヨタ MIRAIとは?水素燃料電池自動車について徹底解説!

トヨタ MIRAIとは?水素燃料電池自動車について徹底解説!

化石燃料の使用を抑えるという世界的な動きの中、トヨタが提案した未来の自動車である水素燃料電池自動車、MIRAIについての紹介記事です。初代モデルと現行モデルの違いや、水素燃料電池自動車の仕組み、実用性などについて紹介します。


トヨタ エスクァイア|気になる新車・中古車価格、燃費は?

トヨタ エスクァイア|気になる新車・中古車価格、燃費は?

運転しやすいサイズ感と広い車内空間で人気のミニバンであるトヨタ エスクァイアについて紹介します。車としての特徴や魅力のみでなく兄弟車であるノアやヴォクシーなどとの比較なども行います。