トップへ戻る

【カワイイがすぎる】丸くてキュート!コロンとした形の可愛い車たち

【カワイイがすぎる】丸くてキュート!コロンとした形の可愛い車たち

巷じゃSUVとかが流行っているけど、やっぱり僕は私は丸くて形のカワイイ車が好きだ!そんな人はいませんか?本記事ではそんな貴方のために、丸いフォルムが印象的な車をまとめてみました。思わず欲しくなってしまうこと間違いなし!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


【カワイイがすぎる】丸くてキュート!コロンとした形の可愛い車たち

巷じゃSUVとかが流行っているけど、やっぱり僕は私は丸くて形のカワイイ車が好きだ!そんな人はいませんか?

本記事ではそんな貴方のために、丸いフォルムが印象的な車をまとめてみました。思わず欲しくなってしまうこと間違いなし!

僕は私はカクカクした車が好きだという方はこちら

フォルクスワーゲン ザ・ビートル

ザ・ビートル

「丸くてコロンとしててカワイイ」の3点すべてを兼ね備えていると言っても過言ではない、フォルクスワーゲンのザ・ビートル。

車に興味がない人でも、一度はこのデザインを見たことがあるのではないでしょうか。

ビートルという名前は、VWの伝説的大衆車とも言われるタイプ1の愛称、「ビートル(カブトムシ)」からとられています。

タイプ1、ニュービートル、そしてザ・ビートル。どの時代のビートルも丸い形が特徴的ですね。

現行モデルのザ・ビートルですが、2019年7月をもって生産終了が決まっており残念でなりません。

ニュービートル

フィアット 500

フィアットから発売されているフィアット500。

イタリア語では、数字の500を「チンクエチェント」と言い表すことから、チンクエチェントと呼ばれていますが、日本ではチンクエチェントの他、そのまま「ごひゃく」と呼ばれることもあります。

丸みをおびた愛らしいデザインは、昔も今も多くのオーナーに愛されています。

スバル 360

スバル(富士重工)の名車と言えば?と聞かれて浮かんでくる車の1つがこのスバル360なのではないでしょうか。

スバル360は、可愛らしい愛嬌のあるルックスから「てんとう虫」と呼ばれ親しまれていました。

2016年には、なんと機械遺産にも認定されました。

ダイハツ コペン セロ

ダイハツが手掛ける、軽オープンカー、それがコペンです。

現行モデルは2代目で、現在は、ローブ、セロ、そしてエクスプレイというスタイルがあります。

コペンの中でも、特に丸みを帯びた形をしているのがコペンのセロ。(そもそも「セロ」とは丸みのある造形と「DRESS-FORMATION」の始まりを表現するため、「Circle」と「ZERO」を組み合わせた造語です!)

セロの丸型ヘッドライトは、どこかレトロな雰囲気もあっていいですね。

最後に

本記事では、思わず抱きしめたくなっちゃう?!丸くてキュート!コロンとした形の可愛い車たちをご紹介しました。

スペックや乗り心地、価格やブランドなど、車の購入時の選び方は人それぞれだと思いますが、こんな可愛らしい車たちなら「第一印象から決めてました!!」なんてオーナーさんも多いのでは?

関連するキーワード


ビートル コペン スバル360

関連する投稿


手が届くオープンスポーツ、ダイハツ コペン!グレード差、中古相場も

手が届くオープンスポーツ、ダイハツ コペン!グレード差、中古相場も

気候が暖かくなってくると街中で見かけはじめる、屋根を開けて優雅に走るオープンカーたち。近年ではオープンカーは稀少なボディタイプで、趣味性が強いだけに輸入高級車などの高価格帯のモデルばかりが目立つ印象もありますよね。しかしダイハツ コペンは、軽自動車でオープンカーを実現してくれています。コペンなら、リーズナブルなお値段で、羨望の眼差しを受ける側になれるかもしれません。


ダイハツ コペン|性能や評判、中古車情報をご紹介!

ダイハツ コペン|性能や評判、中古車情報をご紹介!

軽自動車でありながら2シーターのオープンカー、そしてスポーツカーとしても大満足のダイハツ コペンは、車に乗る事の楽しさを教えてくれる一台です。セカンドカーの位置にとどまらずメインの一台になりえるこのコペンのご紹介です。


新社会人におすすめ!運転しやすくオシャレな最新車をタイプ別で紹介

新社会人におすすめ!運転しやすくオシャレな最新車をタイプ別で紹介

大変だった2020年が終わり、遂にやってきた2021年。今年から新たに社会人となられる方は、これまでとは異なったさまざまな困難にも遭遇するかもしれません。せめて車選びだけでもお手伝いさせていただきたく、新社会人の方にもぴったりなおすすめ車をタイプ別にまとめてみました。お値段は控えめでも充実したカーライフが送れること必至ですので、ご参考にしてみてください。


【予算200万円の新車探し】タイプ別紹介!SUVやスポーツカーも

【予算200万円の新車探し】タイプ別紹介!SUVやスポーツカーも

車選びにおけるひとつのスイートスポットな予算は「200万円」なのかもしれません。たとえ新車であっても、200万円以下ならあらゆるボディタイプの車から幅広く選べるバリエーションがうれしいところ。その中でも今回は、ちょっと人に自慢したくなるような高コスパのおすすめ車種をご紹介していきます。流行のSUVからミニバンまで、人気車種が目白押しです。


【ザ・おしゃれ】VW ザ・ビートル、なぜ生産終了?中古車情報も

【ザ・おしゃれ】VW ザ・ビートル、なぜ生産終了?中古車情報も

ぱっちり丸目がかわいらしい、フォルクスワーゲンのビートル。戦前まで遡るほどの長い歴史を誇り、継続的な人気があったように思われたのですが、2019年に生産終了してしまい、初代から通算して約80年も続いた歴史が途絶えてしまいました。なぜフォルクスワーゲンは生産を終えてしまったのか? 歴代ビートルの特徴と中古車にも迫りつつ、詳しくご紹介していきます。


最新の投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

スターレットとは、トヨタが1973年から生産・販売し、1999年に5代目まで継続した車です。燃費が良く小回りの利く車として人気のあった車です。本記事ではそんなスターレットについてご紹介しています。