トップへ戻る

【てんとう虫でおなじみ】機械遺産にも認定された名車スバル360の魅力

【てんとう虫でおなじみ】機械遺産にも認定された名車スバル360の魅力

スバル(富士重工)の名車と言えば?と聞かれて浮かんでくる車の1つがこのスバル360なのではないでしょうか。スバル360は、可愛らしい愛嬌のあるルックスから「てんとう虫」と呼ばれ親しまれていました。2016年には機械遺産にも認定されたスバル360。本記事ではあらためてその魅力に迫ります。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


【てんとう虫でおなじみ】機械遺産にも認定された名車スバル360とは

スバル(富士重工)の名車と言えば?と聞かれて浮かんでくる車の1つがこのスバル360なのではないでしょうか。

スバル360は、可愛らしい愛嬌のあるルックスから「てんとう虫」と呼ばれ親しまれていました。2016年には機械遺産にも認定されたスバル360。

本記事ではあらためてその魅力に迫ります。

スバルの名車!スバル360とは

スバル360とは、スバルが1958年~1970年の間に発売した軽自動車です。

スバルの航空機技術を応用した超軽量構造を採用、また限られたスペースで必要な居住性を確保するための様々なアイデアが数多く導入されました。

その結果、量産型の軽自動車としては、史上初となる大人4人の乗車を可能とするとともに、当時の水準を超える走行性能を実現しました。

模範としていたフォルクスワーゲンのタイプ1のあだ名であった、ビートル(カブトムシ)との対比から「てんとう虫」と親しみを込めて呼ばれていました。

日本の自動車史のみならず、戦後日本の歴史を語る上で欠かせない「名車」という高い評価がなされています。

スバル 360 スペック(昭和33年5月発売当時)

 
【スバル360(昭和33年5月発売当時) 】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)2,990×1,300×1,380mm
最大乗車定員4名
車両重量385kg
エンジン種類EK31型空冷直列2気筒2ストローク
最高出力(kW(PS)/rpm)16ps/4500rpm
最大トルク(kg・m/rpm)3.0kg-m/3000rpm

スバル360は機械遺産にも認定されている

スバル(富士重工)の名車のひとつ、スバル『360』。実は、2016年度の日本の「機械遺産」に認定されています。

スバル360が、日本機械学会から機械遺産として指定された経緯としては、日本国内において、機械技術面で歴史的意義のある機械遺産を認定することで、文化遺産として大切に保存し、次世代に伝承するのが狙い。

ちなみに、自動車関連で機械遺産の認定を受けたのは、他にも2010年の「たま電気自動車」、2007年のマツダ「10A型ロータリーエンジン」、ホンダ「CVCCエンジン」。

と、いずれも自動車の歴史を語る上で外せないラインナップになっています。

知ってる?スバル360の後継車種

1970年式 スバル R-2

キャッチコピー「ハードミニ」で知られる、スバルのR-2。このR-2が名車スバル360の後継車になります。

特徴としては、360より120mm延長されたホイールベース、トランクスペースの創設、そしてアルミ合金製シリンダーブロックなどが挙げられます。

しかしながら、強力な競合車種などから発売後一年で販売台数が落ちこむという結果になりました。後継はスバルレックスになります。

1973年式スバルレックスGSR

スバル360が欲しい!中古車価格はいくら?

やっぱりこの愛らしいスバル360が欲しい!と思ってしまった方。気になるのはその値段ですよね。

調べてみたところ、状態にもよりますが中古価格の相場は約80万円~200万円でした。

駐車場に置いておくだけで思わず笑顔になってしまうスバル360。

欲しい方はぜひ検討してみてください。

最後に

本記事では、名車と名高いスバル360についてご紹介いたしました。

スバル360は当時としては優秀だった性能や乗車定員数ももちろんですが、今なお人を魅了する理由はその愛らしいフォルムにあるともいえます。

EVや、自動運転、ハイブリッドなど、車はどんどん進化し、バリエーションも豊富になっています。

そんな時代だからこそ、改めてスバル360の持つシンプルな魅力に惹かれるのかもしれませんね。

関連するキーワード


スバル 車種情報 スバル360

関連する投稿


スバル 新型レヴォーグ!おすすめグレードは?燃費は悪い?

スバル 新型レヴォーグ!おすすめグレードは?燃費は悪い?

自動車ニッポンイチを決めるカー・オブ・ザ・イヤーをゲットしたスバルの新型レヴォーグ。日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞出来た理由は何なのか、レヴォーグの何がスゴイのか、一緒に見ていきましょう!


スバル レガシィ アウトバックの魅力をご紹介!性能と価格、中古車相場も!

スバル レガシィ アウトバックの魅力をご紹介!性能と価格、中古車相場も!

ついに生産終了となったスバルが誇るクロスオーバーSUV「レガシィ アウトバック」。SUVブームの中で異彩を放った名車を改めて見直すとともに、新型情報と中古車相場もご紹介します。急げばまだ購入するチャンスがあるかもしれませんよ!


新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


日本カー・オブ・ザ・イヤーから選ぶ、2020年「買い」の車 5選!

日本カー・オブ・ザ・イヤーから選ぶ、2020年「買い」の車 5選!

今年も様々な車が発売されましたが、一体、どの車を買えばいいのでしょう? 先ごろ発表された、2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤーの結果を振り返りながら考えてみましょう。


新車を買う前に必ず読んで!2021年発売が予想される新車たち

新車を買う前に必ず読んで!2021年発売が予想される新車たち

クルマって、いつ買えばいいんでしょうね。次々に新しいモデルが出て、迷ってしまいますね。そんなに頻繁に買い換える事ができないのがクルマ。出来るだけ後悔しないクルマ選びをしたいですよね。2021年に発売されるかもしれないクルマの情報を片っ端から集めてみました!


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。