目次へ戻る

【てんとう虫でおなじみ】機械遺産にも認定された名車スバル360の魅力

【てんとう虫でおなじみ】機械遺産にも認定された名車スバル360の魅力

スバル(富士重工)の名車と言えば?と聞かれて浮かんでくる車の1つがこのスバル360なのではないでしょうか。スバル360は、可愛らしい愛嬌のあるルックスから「てんとう虫」と呼ばれ親しまれていました。2016年には機械遺産にも認定されたスバル360。本記事ではあらためてその魅力に迫ります。


【てんとう虫でおなじみ】機械遺産にも認定された名車スバル360とは

スバル(富士重工)の名車と言えば?と聞かれて浮かんでくる車の1つがこのスバル360なのではないでしょうか。

スバル360は、可愛らしい愛嬌のあるルックスから「てんとう虫」と呼ばれ親しまれていました。2016年には機械遺産にも認定されたスバル360。

本記事ではあらためてその魅力に迫ります。

スバルの名車!スバル360とは

スバル360とは、スバルが1958年~1970年の間に発売した軽自動車です。

スバルの航空機技術を応用した超軽量構造を採用、また限られたスペースで必要な居住性を確保するための様々なアイデアが数多く導入されました。

その結果、量産型の軽自動車としては、史上初となる大人4人の乗車を可能とするとともに、当時の水準を超える走行性能を実現しました。

模範としていたフォルクスワーゲンのタイプ1のあだ名であった、ビートル(カブトムシ)との対比から「てんとう虫」と親しみを込めて呼ばれていました。

日本の自動車史のみならず、戦後日本の歴史を語る上で欠かせない「名車」という高い評価がなされています。

スバル 360 スペック(昭和33年5月発売当時)

 
【スバル360(昭和33年5月発売当時) 】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)2,990×1,300×1,380mm
最大乗車定員4名
車両重量385kg
エンジン種類EK31型空冷直列2気筒2ストローク
最高出力(kW(PS)/rpm)16ps/4500rpm
最大トルク(kg・m/rpm)3.0kg-m/3000rpm

スバル360は機械遺産にも認定されている

スバル(富士重工)の名車のひとつ、スバル『360』。実は、2016年度の日本の「機械遺産」に認定されています。

スバル360が、日本機械学会から機械遺産として指定された経緯としては、日本国内において、機械技術面で歴史的意義のある機械遺産を認定することで、文化遺産として大切に保存し、次世代に伝承するのが狙い。

ちなみに、自動車関連で機械遺産の認定を受けたのは、他にも2010年の「たま電気自動車」、2007年のマツダ「10A型ロータリーエンジン」、ホンダ「CVCCエンジン」。

と、いずれも自動車の歴史を語る上で外せないラインナップになっています。

知ってる?スバル360の後継車種

1970年式 スバル R-2

キャッチコピー「ハードミニ」で知られる、スバルのR-2。このR-2が名車スバル360の後継車になります。

特徴としては、360より120mm延長されたホイールベース、トランクスペースの創設、そしてアルミ合金製シリンダーブロックなどが挙げられます。

しかしながら、強力な競合車種などから発売後一年で販売台数が落ちこむという結果になりました。後継はスバルレックスになります。

1973年式スバルレックスGSR

スバル360が欲しい!中古車価格はいくら?

やっぱりこの愛らしいスバル360が欲しい!と思ってしまった方。気になるのはその値段ですよね。

調べてみたところ、状態にもよりますが中古価格の相場は約80万円~200万円でした。

駐車場に置いておくだけで思わず笑顔になってしまうスバル360。

欲しい方はぜひ検討してみてください。

最後に

本記事では、名車と名高いスバル360についてご紹介いたしました。

スバル360は当時としては優秀だった性能や乗車定員数ももちろんですが、今なお人を魅了する理由はその愛らしいフォルムにあるともいえます。

EVや、自動運転、ハイブリッドなど、車はどんどん進化し、バリエーションも豊富になっています。

そんな時代だからこそ、改めてスバル360の持つシンプルな魅力に惹かれるのかもしれませんね。

関連するキーワード


スバル 車種情報 スバル360

関連する投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


【スクープ】スバルの新型ミッドシップスポーツ。あのMR2と同時開発か

【スクープ】スバルの新型ミッドシップスポーツ。あのMR2と同時開発か

噂されている、スバルの新型ミッドシップスポーツに関する情報を欧州エージェントから入手しました。そして、気になるのがあのトヨタのMR2と同時開発されている!?という情報です。


【カワイイがすぎる】丸くてキュート!コロンとした形の可愛い車たち

【カワイイがすぎる】丸くてキュート!コロンとした形の可愛い車たち

巷じゃSUVとかが流行っているけど、やっぱり僕は私は丸くて形のカワイイ車が好きだ!そんな人はいませんか?本記事ではそんな貴方のために、丸いフォルムが印象的な車をまとめてみました。思わず欲しくなってしまうこと間違いなし!


【今こそ乗りたい】日本の現行クーペをメーカー別にまとめてみた

【今こそ乗りたい】日本の現行クーペをメーカー別にまとめてみた

クーペ。それは心をときめかせる車。スタイリッシュで、走りそうで、とってもカッコイイ!とはいえ、大人数を乗せるにはミニバンが便利だし、イマドキのトレンドはSUV、金銭的に軽ワゴンかなあ…。待って!!それはもったいない。今こそいろんな人に日本のクーペを知っていただきたい!本記事はそんな気持ちを込めて国産クーペをご紹介!


【2018年版】スバルが発売している現行SUV一覧 XVにフォレスター

【2018年版】スバルが発売している現行SUV一覧 XVにフォレスター

日本には数多くのSUV車がありますね。どんなSUV車があるのかわからない!そんな方のために、本記事ではスバルのSUV車についてまとめています!貴方の気になる一台はありますか。


最新の投稿


今でも惜しまれる事故死「音速の貴公子」アイルトン・セナを振返る

今でも惜しまれる事故死「音速の貴公子」アイルトン・セナを振返る

生涯をレースに捧げ「音速の貴公子」と呼ばれた天才レーサー「アイルトン・セナ」。1994年 レース中の事故によって亡くなり、今でもファンからの悲しむ声が絶えません。そんなアイルトン・セナの幼少期からレーサー時代の経歴、そして、悲劇の事故について。また、彼の残した逸話や名言の数々を紹介いたします。


タントの特別仕様車が登場!タントの新車価格・スペックほか

タントの特別仕様車が登場!タントの新車価格・スペックほか

ダイハツは、軽乗用車『タント』に特別仕様車「VSシリーズ」を設定し、 12月3日から発売しています。今回のタント特別仕様車「VSシリーズ」は、「X “VS SAIII”」、「カスタムX “トップエディション VS SAIII”」、「カスタムRS “トップエディションVS SAIII”」の3種類から選べます。


トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

C-HRが気になっていたものの購入を迷っている方、もう少しC-HRを知りたい、そんな方々向けに、改めてC-HRの情報(中古車価格・燃費・グレード別価格他)魅力をまとめてみました。【12月12日更新】


【3年ぶりの復活】ランドローバー ディフェンダー 2019年以降登場か

【3年ぶりの復活】ランドローバー ディフェンダー 2019年以降登場か

復活が噂されていた、ランドローバーディフェンダー。ついにその次期型プロトタイプを激写しました。復活すれば約3年ぶりのこととなります。次世代プラットフォーム「MLA」を採用した他、EVの設定も噂されています。


BMWの1シリーズ次期型プロトタイプ激写 1シリーズってどんな車?

BMWの1シリーズ次期型プロトタイプ激写 1シリーズってどんな車?

BMWの1シリーズ次期型のプロトタイプを激写しました。今回の次期型で、最大の特長と言えば「UKL」プラットフォームに別れを告げ、同ブランド初となるフロントホイール・ドライブ用「FAAR」を採用することです。ワールドプレミアは2019年初頭なのではと言われている1シリーズ新型について追いました。