トップへ戻る

スバルの360中古車価格・中古情報まとめ

スバルの360中古車価格・中古情報まとめ

「てんとう虫」の愛称で親しまれるスバル360。誕生から半世紀以上経っても乗り継がれています。ふつうの中古車とは違って所有して維持し続けることそのものに色々なノウハウが必要な車です。そこで今回は中古スバル360の選び方、中古車相場などについて紹介してみたいと思います!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スバル360とは?

スバル360

スバル360

スバル・360は、今でも愛好家たちは丁寧なメンテナンスを重ね乗り継いでいます。

スバルの軽自動車360は1958年に発売されました。そのころの日本では、一般市民にとっては車は高嶺の花でした。1954年、政府が車を普及させるために施行した新・道路交通取締法で軽自動車の全長×全幅×全高などの規格が決まります。その排気量は360cc、牛乳瓶にして2本分、バイク並みのエンジン。

しかし、軽自動車は普通自動車より安く販売できます。世間に普及するほど成功した国産軽自動車はまだなく、その中スバルはいち早く開発に着手。360の目的はより多くの人々に車を届けるためでした。

結果、360は大ヒットし、スバルは技術的にも商業的にも大きな成功と高い評価を受けます。

360に使用された技術は数多く、たとえば軽量化を実現させるために日本で初めて採用されたモノコックボディがあります。

基本のフレームにエンジン、トランスミッション、タイヤなどの駆動系を取り付けるラダーフレーム構造に対し、モノコック構造ではフレームと駆動系を一体化しています。

丸みを帯びた卵型のボディは強度があり、フロアパネル以外を0.6mmの鋼板にし、当時の新素材GFRP(ガラス繊維強化プラスチック)をルーフ部分に使用しました。

さらに空間を4人乗りでありながら小型にするためには、今までのサスペンションが配置できなかったためまっすぐで細い形状の「ねじり棒バネ(トーションバースプリング)」を新開発。

後輪駆動式、空冷直列2気筒2ストロークのエンジンは軽量で製造コストが安く、高出力を得られ当時の運輸省のテストでは最高速度83㎞/h、そのときの燃費は26㎞/Lという驚異的な数字を叩き出します。これが実現できたのは徹底的な軽量ボディでありながら強度や剛性が十分あったことでした。

スバル360

360のマイナーチェンジは何度か行われたものの、フルモデルチェンジは最後まで行われませんでした。

360画像

スバル360

スバル360を維持し続けるには?

360画像

スバル360

スバル360のような旧車を所有・維持していくにあたってどうしても必要になってくるのが「レストア」です。

レストア(restore)という言葉には「戻す」とか「復元する」という意味があります。つまり、(場合によっては代替品も使いながら)部品を交換したりして、旧車を今でも運転できる状態にするということですね。

360のような昔の車は、今の車のような耐久性は備えていません。それに、製造されてからもかなりの年月が経過しています。ですから、レストア済みでいくつかの部品が新しくなっていたとしても、乗っているとそのうち色んな所がへたってくるのがふつうです。

そのため、維持し続けるにはレストアとメンテナンスを欠かすことができないのです。なにせ古い車ですから、自分でレストアやメンテナンスをするにしようと思っても、部品がすぐに見つかるとは限らないのです。

また、業者に頼んでやってもらうとしても、どこの業者でも引き受けてくれるわけでもありません。

360画像

スバル360

そこで大事になってくるのが愛好家同士の情報網です。具体的に言うと、「スバル360マニア」同士のコミュニティに参加して知り合いを作っておくことです。

そのつながりから、部品の調達先や業者情報をはじめ、維持するための様々なノウハウを入手することができるわけですね。ちなみに、そのようなコミュニティの例としては「全日本てんとう虫の会」なんていうスバル360のオーナーズクラブもあったりします。

なお、メンテナンスはできるだけ自分の手でやるのがおすすめです。
そのほうが車に対する愛着が高まるのももちろんのことですが、色々な事態への対応力も身に付いてきます。

もちろんはじめのうちは簡単ではないかもしれませんが、360のオーナーとしてはチャレンジのしどころなのです。

スバル360オーナークラブ 全日本てんとう虫の会 1977年創設スバル360オーナーズクラブです

http://subaru-360.info/top.html

全日本てんとう虫の会は、1977年11月発足のスバル360オーナーズクラブです。

スバル360中古車の選び方と中古車相場

360画像

スバル360

スバル360の中古車選びのポイントとしては、まず車体全体の見た目のチェックから入りましょう。
傷やへこみの有無はもちろんですが、外装の状態にも注意が必要です。スバル360の知識や経験が未熟な業者が塗装をしていると、劣化が進みやすいのです。

特に注意したいのはフェンダーのつなぎ目の部分で、知識や経験のない業者はこの部分をパテ盛りして塗装してしまいがちなのです。そうなると、内側に湿気がこもりやすくなって、結果的に中から錆が進行しやすくなります。

それに、内部のチェックも欠かせません。オイルの漏れや錆をはじめ気になる点ががないかどうかしっかりと確認しましょう。特に、マスターシリンダーやバッテリーの下部は錆が出やすい部分です。塗装でわかりにくくなっていることもありますので、入念にチェックするようにしましょう。

また、実際にエンジンを始動して異常な音や振動、煙などが出ないかどうかも確認するようにして下さい。

スバル 360の中古車情報
平均価格約119万円
中古価格帯約65万~247.4万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年9月現在)

360 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/SB/S029/

360の中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

360画像

スバル360

ボンネット内にスペアタイヤを収納

まとめ

360画像

スバル360

デビューから60年以上が経過していますが、状態さえよければ街中でも十分に乗ることが可能なスバル360。それを実現"できる"ことが高い評価への現れとなっています。
ぜひスバル360を手に入れて「昭和の乗用車」を体験してみて下さい!

関連する投稿


スバル レガシィ アウトバックの魅力をご紹介!性能と価格、中古車相場も!

スバル レガシィ アウトバックの魅力をご紹介!性能と価格、中古車相場も!

ついに生産終了となったスバルが誇るクロスオーバーSUV「レガシィ アウトバック」。SUVブームの中で異彩を放った名車を改めて見直すとともに、新型情報と中古車相場もご紹介します。急げばまだ購入するチャンスがあるかもしれませんよ!


新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


【ちょうどいい軽】ダイハツ ムーヴの全方位的魅力で高コスパな車選び

【ちょうどいい軽】ダイハツ ムーヴの全方位的魅力で高コスパな車選び

販売台数ではスーパーハイトワゴンが躍進を続けているからといって、全ての軽自動車ユーザーにあれほどのゆとりが必要とは限りません。ハイトワゴンやトールワゴンと呼ばれるジャンルに属するムーヴは、ゆったりくつろげる室内空間を持ちながらも、低重心・軽量で俊敏な走りや低燃費も備えた魅力的な軽自動車です。流行に流されないあなたにこそぜひ知ってほしい、ムーヴの魅力をご紹介していきます。


【2021年最新版】軽自動車燃費ベスト10! 燃費で選ぶならやっぱり軽!

【2021年最新版】軽自動車燃費ベスト10! 燃費で選ぶならやっぱり軽!

ハイブリッドが普通になり、電動化の波が近づいている今でも、やはり低燃費といえば軽自動車です。何よりも元の価格も安いので、お財布へのやさしさはハイブリッドをしのぎます。今回はそんな庶民の味方軽自動車の、燃費に注目してご紹介します。


ダイハツ タフトでクールな軽SUV生活!広さ、性能、評価はどうなの?

ダイハツ タフトでクールな軽SUV生活!広さ、性能、評価はどうなの?

通勤やお買い物に定番の軽自動車においても、SUVの選択肢がどんどん広がっています。実用性重視で味気ないスタイルになりがちな軽の中でも、SUVのアクティブ感があれば毎日のドライブを楽しくしてくれそうですよね。そんな軽SUVの中でも注目したいのがダイハツ タフト。ライバル多数の中で一際輝くタフトの魅力を知れば、タフトを愛車にしてみたくなってしまうかも。詳しくご紹介していきます。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。