トップへ戻る

いすゞ 117クーペ|中古車価格や口コミは?

いすゞ 117クーペ|中古車価格や口コミは?

今でも十分通用するデザインでマニアに根強い人気の117クーペは、イタリアのカロッツェリア・ギア社のジウジアーロが担当した事でも有名です。初期モデルでは一台一台殆どのボディパーツをハンドメイドで職人が作ったことも、この車の価値を高めた一因であると思います。今回はいすゞ117クーペについて説明していきましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


いすゞ117クーペとは

いすゞ 117クーペXE

いすゞ 117クーペXE

2018年に生誕50周年を迎え、いすゞのフラッグシップモデルとして看板を守り続けた車です。117は4ドアセダン「フローリアン」のコードネーム、イタリア車と日本車の融合したようなデザインは、国産自動車の中でも珍しく最も美しいデザインと評価されていました。

いすゞは日本国内の自動車部門から完全撤退し、商用車の開発に専念することになりましたが、117クーペは今でも車好きの中で長く愛され続けています。

手にした人は手放さない車

117クーペには使えば使うほど味の出る、エイジングの進んだ革製品のような魅力があります。レストアを行うたびに愛着が沸くような、オーナーによって独自のカスタマイズが施されています。

殆どが手作り117クーペ

いすゞ 117クーペ

いすゞ 117クーペ

発売当初の117クーペは、ほとんどの工程がハンドメイドで一台一台こだわりをもって作られています。しかし、117クーペの美しい曲線を実現するには、当時のプレス技術では不可能だったという事情が背景にありました。

そのため初期は月50台という少ない生産数で、172万円(現代に換算すると約1,000万円)という高根の花の超高級車でした。

117クーペのモデル・グレード

過去3度にわたるマイナーチェンジが行われており、前期型・中期型・後期型と呼ばれています。モデルごとに大きな特徴があり、それぞれ熱狂的なファンがついています。

初期型(1968~1973)
1966年ジュネーブショーで初お披露目が行われ、68年12月に初期型は発売されました。HM(ハンドメイド)シリーズとも呼ばれており、シャーシとホイールは中級セダンの「フローリアン」から流用しました。

サスペンションはフロントがダブルウィッシュボーン/コイル式、リアがリジットアクスル/リーフ式と見た目より武骨な構成でした。

しかし、最高出力120ps/6,400rpm、最大トルク14.4kgm/5,000rpmという当時トップレベルの馬力を誇っており、2ドア使用でしたが後席の居住性も高く最大4人乗りが可能です。

1970年には国産車初になる電子制御燃料噴射DOHCを採用した、G161WE型エンジンを搭載した「EC」グレードが追加され、排気量は据え置きで最高出力は130ps/6,400rpm、最大トルクは14.4kgm/5,000rpmまでグレードアップしています。

同時期に廉価グレード「1800」も発売されており、軽量化することで価格を抑えつつ中低速のトルクエンジンで操作性も向上させることで独自の立ち位置を得ていました。

中期型(1973~1977)
1973年3月に大量生産を視野に入れ、生産工程を大幅に見直してプレス加工などオートメーション工程を増やすことでさらなる低価格化を実現しました。価格を抑えたことでインテリア・エクステリアにコストを割くことが可能になり、さらなるユーザー獲得へ繋がります。

PA90型が廃止され全グレード1,817ccのエンジンを搭載したPA95型に統一され、中期型のグレードは最上位の「XE」、ツインキャブDOHCの「XG」、ツインキャブSOHCの「XC」、シングルキャブSOHCの「XT」の4種類がラインナップされました。

「XE」159.4万円「XG」144.9万円「XC」108.6万円「XT」96.4万円というように、初期型と比べると価格がだいぶ手の届きやすい価格へと落ち着きました。

後期型(1977~1981)
1978年以降のモデルは「スターシリーズ」と呼ばれており、自動車排気ガス規制によるエンジン出力低下対策のためエンジン排気量を2.0Lに拡大したPA96型が採用されました。

ハイエンドモデルの「XE」、DOCHエンジン+5速MTのスポーツモデル「XG」、インテリアを「XE」レベルに充実させたXT-L等のモデルが人気を博しました。

年間17,000台という好調なセールスを達成し、後継モデル1985年5月に「ピアッツァ」登場前(1981年)に生産終了となりました。

117クーペの動力性能

いすゞ 117クーペ

いすゞ 117クーペ

高級モデルだったこともあり、117クーペに搭載されたエンジンは旧車とは思えない走りを見せてくれます。前述したように、国産車初の試みである電子制御の燃料噴射装置を搭載したエンジンは最高速度時速190~200kmをたたき出します。

117クーペのエクステリア

天才デザイナーとして名高い「ジョルジェット・ジウジアーロ」によってデザインされた117クーペの原型となる117スポルトは、1966年のジュネーブモーターショーにてコーンクール・デレガンス賞を獲得しています。

曲線美を極めたフォルム以外にも特徴的なヘッドライトやパワーウインドウと、見た目と実用性を兼ね備えたデザインになっています。

117クーペのインテリア

117クーペの人気の理由は外装だけでなくインテリアにも力を入れていることが挙げられます。木目調のインパネにはスポーツカー定番の7連メーターが搭載されています。後部座席の居住性も高く、ファミリーカーとしてアピールしているモデルもありました。

117クーペの中古車価格

発売当時の物価と希少価値により新車価格より高額になっています。表示価格は車両本体価格になります。


117 クーペ 初期型 : 480万円台〜応談

117 クーペ 中期型:140万円台〜応談

117 クーペ 後期型:110万円台~応談


117クーペの中古車はビンテージカーというカテゴライズのため、状態により価格に大きな差があります。購入前は販売店に必ず詳細と試乗の可否について連絡を取っておきましょう。

117クーペの中古車の探し方

サイト検索

サイト検索

すでに販売が終了しているモデルであり、中古市場には中々出回らないため普段から検索サイトでのコマメなチェックをおすすめします。

特にハンドメイドの初期型はプレミア価格で取引されていますので、コンディションとカスタマイズされた内容と相場をよく照らし合わせて検討しましょう。

テリー伊藤も憧れた117クーペ

テリー伊藤さんは登場時からいすゞ117クーペの美しさに注目しており、丸目の初期型を一押ししています。一世を風靡した名車に負けない大人の色気を持った方に選んでほしいと語っています。

117クーペのドレスアップ

1973年式 いすゞ 117クーペXE

1973年式 いすゞ 117クーペXE

クラシックカーということもあり、中古車市場に出ている車両の内装はオーナー独自の改造が施されていることが多いです。

レトロ調の雰囲気はそのままに上品な革製のシートや内張りにカスタマイズ、さらにカーナビを取り付けるといったハイテク仕様に仕上げるなど、オーナーによるこだわりが感じられる車でもあります。

117クーペの口コミ・評判

乗り心地は現在のスポーツカーと比べ、後部座席がゆったりとして座りやすく広々としています。高燃費は仕方ないが、普段のドライビングに関しては街乗り・高速での乗り回しは共に問題なくクラシックカーとしては大健闘している評価と言えます。

まとめ

いすゞ 117クーペ

いすゞ 117クーペ

117クーペはいすゞの高級乗用車の金字塔を作り上げた伝説的な車です。ハンドメイドから生み出されたボディフォルムは、中・後期型のプレス加工に移行してからも失われることはなく、当時の最先端の技術がふんだんに盛り込まれていました。

117クーペの工業製品と芸術品としての評価は世界的にも高く、ジウジアーロが1969年に設立した「イタル・デザイン社」でもその美学や走りに関するノウハウが色濃く語り継がれています。

販売を終了し生誕50周年を迎えたいすゞ117クーペですが、これからも乗り手を魅了し続ける伝説として君臨し続けることでしょう。

関連するキーワード


いすゞ 車種情報 クーペ

関連する投稿


【デザインが美しいクーペ 5選】クーペ、それは華やかなライフスタイル!

【デザインが美しいクーペ 5選】クーペ、それは華やかなライフスタイル!

SUV全盛の世の中ですが、やはり、美しいデザインを持つクルマと言えば、クーペです。クーペには、クーペにしか持ち得ない華やかさがあります。世界中の美しいクーペを、一緒に見ていきましょう!


クーペとセダンの違いは?特徴やいま人気のクーペ4選を紹介!

クーペとセダンの違いは?特徴やいま人気のクーペ4選を紹介!

車の形状を語源とする「クーペ」は、セダンと似ているようで異なる車です。とはいえ、実際には両者がどのように異なっているのかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。クーペとセダンの違いは、ドアの数や運転性能、デザインの方向性などによって見分けられます。そこで今回は、クーペとセダンの違いや特徴、国内で販売されているおすすめのクーペ4選について解説します。


【今こそ買いたい】最新クーペ3選!妖艶な世界を体験するなら今だ

【今こそ買いたい】最新クーペ3選!妖艶な世界を体験するなら今だ

悪路を毎日通らないのにSUVを買ったり、毎日7人を乗せるわけではないのにミニバンを買ったりするより、たくさん種類のある自動車の中でもグラマラスな外観が持ち味のクーペを愛車にしてみれば、新たな世界が開けるかもしれませんよ。この記事では、今おすすめしたい最新のクーペを3台ご紹介していきます。使い勝手をちょっぴり我慢する見返りに、最高のクーペライフが待っているはずです。


BMW X2の最新情報!グレード、走行性能、PHVの日本導入はあるか?!

BMW X2の最新情報!グレード、走行性能、PHVの日本導入はあるか?!

見るからに挑戦的なスタイルが特徴的なBMWのクーペSUV「X2」は、もはや街中で見ない日はないSUVの中にあっても独特の存在感がありますよね。グッと低く抑えられたルーフラインに、大胆に傾けられたリアウィンドウなど、BMWが得意としてきたスポーツクーペと共通するようなディテールが散りばめられたX2の魅力を、最新情報とともにご紹介していきます。


何台知ってる?昭和の名車20選!

何台知ってる?昭和の名車20選!

自動ブレーキ、自動運転、そして電気自動車。そのようなものがなかった昭和には、いったいどんな車があったのでしょう。そして名車という割れる車とは?大変革期が訪れている中、あえて立ち止まって昭和の名車を20台ご紹介しましょう。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。