トップへ戻る

新車で安いコンパクト4選! とにかく安いコンパクトカーはこれだ

新車で安いコンパクト4選! とにかく安いコンパクトカーはこれだ

軽自動車でも200万円越えが珍しくなくなってきた現代。でも、先行きの不安定なご時世ですし、車への出費はできるだけ抑えたいですよね。そこで、室内の余裕、動力性能の余裕、安全性を持ち合わせた普通車ながらも、新車価格が極めてお得な4台をまとめてみました。賢く節約したカーライフを送りたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


安心感のある普通車、コンパクトカーで安い車はこれだ!

インフィニティ エセレア(ジュネーブモーターショー2011 出展車両)

インフィニティ エセレア(ジュネーブモーターショー2011 出展車両)

やっぱり新車価格で安く、保険や税金といった維持費でも安い軽自動車は魅力的。しかし、近年では装備がどんどん豪華になっていく一方、軽自動車のお値段もどんどん高額化しており、200万円越えのモデルでも驚かれなくなってきた現状があります。

そこで、軽自動車枠にとらわれずにより大型のエンジンで動力性能に余裕、より大きなボディサイズに室内に余裕、安全性能にも余裕を感じられる、リーズナブルな普通車登録のコンパクトカーの魅力がどんどん際立ってきています。

現行モデルのコンパクトカーの中でも、新車価格がかなり廉価なモデルをご紹介していきます。

新車価格の安い現行コンパクトカー 4選!

ダイハツ ブーン/トヨタ パッソ

ダイハツ ブーン スタイル

ダイハツ ブーン スタイル

ダイハツとトヨタの普通車における最小コンパクトカーが、それぞれ「ブーン」と「パッソ」です。

オーソドックスなハッチバックボディで、かなりの低価格ながら、ディテールにこだわりを感じさせる内外装が特徴的なブーン/パッソ。現行モデルでは、パッソも含めて生産はダイハツが行なっており、開発段階からダイハツの小型車製造のノウハウが詰め込まれた仕上がりとなっています。

ダイハツ ブーン インテリア

ダイハツ ブーン インテリア


最安グレードは、もはや何も装備がついていないのでは?とお思いかもしれませんが、UVカット機能付きフロント・フロントドアガラスやキーフリーシステム、ワンタッチターンシグナル機能付のウインカーなど、上級車さながらの便利機能が標準装備されている点は驚きのコスパの良さ。

流石に室内長や室内高では流行の軽スーパーハイトワゴンには敵いませんが、逆に考えれば低めに抑えられた全高は普段の扱いやすさや燃費性能にも寄与しますので、使い方によってはバランスの取れたパッケージングと言えるでしょう。

トヨタ パッソ

トヨタ パッソ

【トヨタ パッソ】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,650/3,680mm×1,665mm×1,525mm
エンジン種類直列3気筒ガソリン 1.0L
WLTCモード燃費帯19.0〜21.0km/L
新車価格帯(消費税抜き)1,090,000〜1,730,000円
(2020年11月現在 トヨタ公式サイトより)

日産 マーチ

日産 マーチ

続いては、こちらも低価格が魅力的な日産「マーチ」。現行モデルはなんと2010年から発売が続けられている長寿モデルで、競争の激しいコンパクトカークラスにおける日産のコミットメントの強さを感じさせますね。

現行型は、先代モデルでかなりファニーデザインに振った反動からか、割とオーソドックスなデザインとなっていますが、それでも丸基調のヘッドライトや、可憐なピンクのボディカラーなど、コンパクトカーならではのデザインの魅力を感じさせる仕上がりです。

日産 マーチ インテリア

日産 マーチ インテリア

さすがに2010年デビューのモデルとあって、細やかな改良が続けられてはいますが、やや古さを感じさせるマーチの内外装。

しかし、インテリジェント エマージェンシーブレーキなどの4つの安全機能を新搭載した改良によって「サポカーS」認定を受けているなど、街乗りに扱いやすいコンパクトサイズもあって、今でも第一線級の性能を備えているとも言えそうです。

日産 マーチ NISMO S

日産 マーチ NISMO S

【日産 マーチ】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,825mm×1,665mm×1,515mm
エンジン種類直列3気筒ガソリン 1.2L
WLTCモード燃費帯17.6〜18.6km/L
新車価格帯(消費税抜き)1,172,000〜1,706,000円
(2020年11月現在 日産公式サイトより)

スズキ スイフト

スズキ スイフト

スズキ スイフト

欧州仕込みの優れたハンドリングで定評のある「スイフト」でも、低価格で購入することができます。

上級モデルではマイルドハイブリッドやハイブリッドも選択可能なのですが、最廉価グレードのXGはガソリンエンジン車。近年では設定自体が稀な5速MTが選択できる点もユニークなポイントですね。

スズキ スイフト インテリア

スズキ スイフト インテリア

廉価グレードでは省かれがちな2トーンカラーや有彩色などの設定がXGでも選べる点は嬉しいところですが、最安となるXG スズキセーフティサポート非装着車では、もはやどのクラスの車でも標準装備となった感もある予防安全装備群が丸ごと装備されないのは痛い点。

そのため、実質的な最安価格は、スズキセーフティサポートを標準装備するXGからと見ておいた方がいいかもしれません。

スズキ スイフト

スズキ スイフト

とはいえ、スイフトの優れた乗り味はどのグレードでも味わえますし、国産車離れした流れるようなラインとシャープなルーフラインなどのスタイリングももちろんそのまま。

価格は抑えても、趣味性や運転の楽しさを忘れたくない方には、またとないぴったりの車かもしれませんね。

【スズキ スイフト】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,845/3,855mm×1,695mm×1,500/1,525mm
エンジン種類直列4気筒ガソリン 1.2L/直列4気筒ガソリンハイブリッド 1.2L
WLTCモード燃費帯18.8〜23.0km/L
新車価格帯(消費税抜き)1,252,000〜1,946,000円
(2020年11月現在 スズキ公式サイトより)

トヨタ ヤリス

トヨタ ヤリス

トヨタ ヤリス

2020年の小型車クラスの台風の目となった感もある「ヤリス」。

こちらもスイフトと同じく、ダイナミックな低価格が設定されているX“Bパッケージ”は、価格は嬉しいですが予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」が丸ごと装備されない点は注意が必要。

現代の車としては必須の装備となりつつありますので、実質的にはXグレードスタート価格と言えるかもしれませんね。

トヨタ ヤリス インテリア

トヨタ ヤリス インテリア

ヤリスは、ここまでご紹介してきたライバル車とは異なり、パワートレーンの選択肢の豊富さが特徴的。最安ラインとなる1.0リッターガソリンエンジンのほか、1.5リッターガソリン、1.5リッターガソリンハイブリッドなど、求める性能と予算に応じた選択が可能なのは嬉しいところです。

廉価版となる1.0リッターエンジンでは、余裕の出力とまではさすがにいきませんが、900kg台に抑えられた車重とCVTによる適切な変速を組み合わせ、軽自動車よりも安定感のある走りを実現しています。

トヨタ ヤリス

トヨタ ヤリス

何より、個性がハジけたヤリスの独特なスタイルは、他では得られない独自の魅力となっていますよね。1.5リッターガソリン車では、スイフトと同じくマニュアルトランスミッション、しかもこちらは6速MTが選択できる点も、走行性能を重視している新型ヤリスならではの特徴でしょう。

ヤリスのハイブリッド車は、実燃費でもリッター30キロ台を叩き出す高効率性が話題となっていますが、1.0リッター車のWLTCモード燃費で20.2km/L、1.5リッター車でも最高21.6km/Lと、ガソリン車も十分に低燃費。

約200万円スタートとなるハイブリッド車を選ぶかどうかは、ヤリスのグレード選びの際の重要なポイントでしょう。

【トヨタ ヤリス】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,940mm×1,695mm×1,500/1,515mm
エンジン種類直列3気筒ガソリン 1.0L・1.5L/直列3気筒ガソリンハイブリッド 1.5L
WLTCモード燃費帯19.2〜36.0km/L
新車価格帯(消費税抜き)1,268,182〜2,266,364円
(2020年11月現在 トヨタ公式サイトより)

まとめ

フィアット コンセプト チェントヴェンティ

フィアット コンセプト チェントヴェンティ

小型車の魅力として最も大きな部分かもしれない、低価格性に注目して選んだコンパクトカーをご紹介してきました。

近年の日本車の性能・商品性向上は著しく、コンパクトカーでも我慢を強いられる場面はどんどん減ってきています。ちょっとした軽自動車よりもリーズナブルな普通車のコンパクトカーで、賢い節約生活を送られては。

関連する投稿


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

2020年2月発売のヤリスを皮切りに、GRヤリス、ヤリスクロスと、「ヤリスファミリー」が広がっています。3台それぞれが各セグメントで確固たる人気を獲得していることもあって、2021年に入ってからも登録者国内販売台数の首位を堅持し続けている「ヤリスファミリー」の魅力は一体どこなのか、ライバルと比べてどうなのか、詳しく探っていきましょう。


【最新情報】大ヒット継続中のヤリス、発売1年半で異例の進化!

【最新情報】大ヒット継続中のヤリス、発売1年半で異例の進化!

ヴィッツという長年親しまれてきた名前を捨て、新たな車名とともに2020年に再出発した「トヨタ ヤリス」。グッとスポーティになった印象のヤリスは、国内コンパクトカー市場で台風の目といえそうな高い人気を誇るなど一躍人気車種の仲間入りを果たしました。そんなヤリス、登場からまだ1年半にも関わらず、改良によって機能を向上させています。注目の最新型ヤリスの詳細を、余すところなくご紹介していきます。


国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

日本の入り組んだ道でも運転しやすく、人気の高いコンパクトカー。最近では、燃費性能の高い車種もたくさん販売されていて、メーカーがこぞって力を入れる車種となっています。今回はそんなコンパクトカーについて魅力を解説していきます。


スズキ スイフトにはどんなグレードがあるの?おすすめのグレードについて紹介

スズキ スイフトにはどんなグレードがあるの?おすすめのグレードについて紹介

スズキ スイフトは種類が多く、人気の高い車種です。現在販売しているグレードの種類は豊富にあるのでどれを選べばいいかわからない方も多いでしょう。この記事では、スズキ スイフトのグレードの種類とおすすめグレードを比較しながらご紹介していきます。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。