トップへ戻る

中型バイク免許で運転できるバイクの種類。取得の方法や費用を徹底解説

中型バイク免許で運転できるバイクの種類。取得の方法や費用を徹底解説

バイク・自動二輪の免許にもいくつかの種類があります。中でも幅広い種類のバイクに乗ることができる中型バイク免許は、高い人気を誇っています。ここでは中型バイク免許で運転できるバイクの種類や取得の方法や費用などについてご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


中型バイク免許とは

《写真提供:response》ヤマハ トリシティ300

まだ免許を持っていない方の場合、中型バイクと言われてもあまりピンと来ないという方も多いかもしれません。そこで、まずは中型バイクとはどういったバイクなのかについてご紹介します。

正式名称は普通自動二輪運転免許

中型バイクというのは実は通称で、正式には普通自動二輪という区分になります。なので、中型バイク免許は普通自動二輪免許が正式名称です。

普通自動二輪免許には2種類があり、MTとAT限定です。単に普通自動二輪免許と言うとMTを指します。

AT限定免許の場合、運転することができるのはAT車に限定されてしまいますが、その分だけ取得が簡単であるというメリットがあります。ただし、AT車はかなり車種が限られてしまいますので、バイクが好きでさまざまなバイクに乗りたいと考えているのであればMTをおすすめします。逆に排気量の大きなスクーターを日常の足として使いたいといった目的であればAT限定でも問題ないでしょう。目的や乗りたいバイクに合わせて免許の種類を選びましょう。

中型バイク免許で運転できるバイク

中型バイク免許で運転することができるバイクは400cc以下のものとなります。日本ではかなり人気の高いカテゴリーですので、排気量が限定されているものの選択肢はかなり多いと言えます。

日常の足として便利なATのスクーターはもちろんのこと、本格的な走行を楽しめるスポーツタイプ、長距離ツーリングも快適なアメリカンタイプ、アウトドアなどでも楽しめるオフロードタイプなどさまざまな選択肢があります。

もちろん、大型免許ほどではありませんが、極端に選択肢が少ないというわけではありませんので、バイク好きな方でも十分に満足することができるでしょう。

バイクの区分

冒頭でもご紹介しました通り、バイクは区分によって細かく分けられており、それぞれ必要となる免許は異なっています。

バイクの免許は通称で小型・中型・大型と呼ばれていますので車体のサイズや重量によって分けられているというイメージが持たれがちです。しかし、実際には免許は総排気量によって区分は分けられています。

そこで、排気量が小さい順番に区分と運転するのに必要な免許をご紹介します。

総排気量は50cc以下のバイクは原動機付き自転車として区分されます。こちらは原付免許で運転可能となります。125cc以下のものは小型自動二輪に分類されます。こちらは小型限定普通二輪免許で運転できます。このサイズの特徴として2人乗りは可能となりますが、高速道路の走行はできないという点が挙げられます。

中型バイクと呼ばれているのが総排気量400cc以下のものです。正式には普通自動二輪という区分になります。このサイズからは高速道路の走行も可能となりますので、長距離の移動もかなり楽になります。

そして総排気量が400ccを超えるものが大型自動二輪です。そして、このバイクを運転するのに必要なのが大型自動二輪免許です。

中型バイク免許の取得方法

ホンダ CRF250ラリー ABS

ホンダ CRF250ラリー ABS

中型バイク、普通自動二輪免許を取得したいと考えてもどうすればいいのかわからないという方も多いかと思います。そこで、ここでは中型バイク免許を取得する方法をご紹介します。

中型バイク免許取得に必要な資格

普通自動二輪免許は16歳から取得することができます。また、資格として別の免許も必要ではありません。

小型から中型にステップアップするには

小型限定普通自動二輪免許をすでに取得している場合、そこからステップアップすることもできます。

自動車学校を利用する場合は一部の教習が免除になりますのでより短期間かつ低コストで免許を取得することが可能となります。

教習所で中型バイク免許を取得する方法

教習所でも普通自動二輪免許を取得することができます。二輪免許の中でも特に人気が高いこともあって多くの教習所で普通自動二輪免許のコースが用意されていますので選択肢はとても豊富です。

他の免許を所有していない場合、教習所では26時間の学科教習と19時間の技能教習を受け、検定に合格したら卒業となります。

すでに普通自動車免許を所有している場合は、学科教習は受講済みになるので学科教習は1時間のみになり、技能教習も17時間です。

また、前述の通り小型限定普通二輪免許を持っているのであれば限定解除としていくつかの教習を受け審査に合格したのち、申請手続きを行うことで中型免許を取得することができます。

所持している免許の種類によって中型免許取得へのハードルは異なりますので他の免許も取得することを考えているのであればどの順番で取得するのかを考えておきましょう。

また、教習所によっては普通自動車免許と普通自動二輪免許を同時に取得することができるプランなどが用意されているケースがありますので検討してみましょう。

一発試験で中型バイク免許を取得する方法

まったくバイクの運転経験がない状態からの場合、あまり現実的な方法ではありませんが、普通自動二輪免許は運転免許センターや運転免許試験場などで行われている一発試験で取得することも可能です。

一発試験のメリットは、数回程度で合格することができれば短期間かつ低コストで免許を取得することができるという点です。

しかし、前述の通りバイクの運転経験がない状態で合格するのも難しいので自分の経験と照らし合わせて検討するようにしましょう。

中型バイク免許取得に必要な期間・費用

普通自動二輪免許の取得にかかる期間は他の免許を持っているかどうかによって異なります。他の免許一切持っいない状態の場合は、すべての教習を受ける必要がありますので最短でも半月から1ヶ月程度かかります。スムーズに教習を受けることができなければ2ヶ月かかる可能性もあります。

普通自動車免許をすでに持っている場合は学科教習は1時間のみとなりますので最短2週間程度で卒業可能です。費用の目安は免許を一切所持していない場合は15万円程度で、普通自動車免許を所持しているのであれば8万円が相場です。

費用に関しては教習所によっても異なりますので、できるだけ安く免許を取得したいのであればいくつかの教習所のプランを比較してみましょう。

中型・小型のどちらを選ぶべき

《写真提供:response》ヤマハ MT-25

バイクの免許を取得する上で、小型と中型のどちらにすべきなのか迷ってしまうという方も多いでしょう。最後にそれぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

小型バイクのメリット・デメリット

小型限定普通免許の最大のメリットは免許の取得が簡単であるという点です。普通免許を所持している方であれば最短の場合2〜3日で免許の取得が可能です。とにかく早くバイクの免許が欲しいという方におすすめです。

また、原動機付き自転車と比較すると一般道を走行するには十分なパワーがありますので日常の移動手段として使いやすいという点もメリットとなります。

一方でデメリットは高速道路の走行ができないという点です。そのため、長距離の移動は制限されてしまいます。

また、中型と比較するとバイクの選択肢が少なくなってしまうという点もバイク好きな方にとってはデメリットでしょう。

中型バイクのメリット・デメリット

普通自動二輪免許のメリットはやはりバイクの選択肢がとても広いという点です。日本ではかなり人気の高いカテゴリーなので多くのメーカーが力を入れています。そのため、さまざまなバイクの中から自分の好みに合ったものを選べます。

また、このカテゴリーからは高速道路の走行も可能となりますので長距離の移動も快適になります。さらに、小型バイクと比較するとパワーにもかなり余裕があるので安定した走行が可能になるという点も大きなメリットです。

一方、デメリットは免許の取得に時間がかかる点です。普通自動車免許を所持していても最低2週間程度は教習所に通う必要があります。当然、それだけ費用もかかってしまいます。

また、このカテゴリーに含まれる250cc超のバイクからは車検も必要となりますのでバイクの維持費も効果になるという点もデメリットです。

小型と中型のどちらを選ぶべき?

このように小型バイクと中型バイクにはそれぞれメリットとデメリットがあります。これらをしっかりと頭に入れた上でどちらにすべきなのかを検討する必要があります。

目安としてはそれほど長距離の移動をする機会はないものの、原付では物足りないという方におすすめなのは小型で、高速道路などを使った長距離ツーリングなどを楽しみたい、また、いろんなバイクに乗りたいという方には中型がおすすめです。

後から限定解除をすることも可能なので、とにかくバイクに乗ってみたいという方はまずは小型限定普通自動二輪免許を取得して、乗ってみるというのもいいでしょう。その上でより大きなバイクに乗りたいと考えるようになった段階で限定解除を視野に入れてみるのもおすすめです。

まとめ

《写真提供:response》ヤマハ SR400

中型バイク免許を取得することによってさまざまなバイクに乗ることができます。しかし、バイクの免許にはさまざまなものがあり、取得のハードルも乗ることのできるバイクも異なっています。なので、自分の目的や乗りたいバイクなどに合わせて取得する免許を選ぶようにしましょう。

どの免許を取得すればいいのかわからないという方にとって、普通自動二輪免許は極端に取得のハードルが高いわけでもなく、乗れるバイクの幅も広いことからおすすめできます。より簡単に免許を取得したいと考えるのであればまずは小型限定普通自動二輪免許もおすすめです。

関連するキーワード


バイク

関連する投稿


話題の原付二種、ホンダ グロムの魅力!進化した装備を見逃すな

話題の原付二種、ホンダ グロムの魅力!進化した装備を見逃すな

50ccのような多すぎる制限に縛られずに街中をキビキビ走れる機動性の高さと、維持費の安さが特徴の125ccバイク「原付二種」は、近年人気急上昇中で車種ラインナップも増加中。そんな原付二種の中でもアグレッシブなスタイリングが目を惹くのが「ホンダ グロム」です。サイズはミニなのにカッコいい、元気よく走れるのに低燃費、ミラクル満載のグロムを余すところなくご紹介していきます。


ルックスだけで選んでOKなバイク?!ホンダ モンキー125の溢れる魅力

ルックスだけで選んでOKなバイク?!ホンダ モンキー125の溢れる魅力

バイクっぽい形をしているのに、どこかミニカーのようにデフォルメされた印象を与えるキュートなデザインを持つバイク、ホンダ モンキー。初代モデルは1967年発売と、その愛らしいデザインと侮れない走行性能は長年世界中で愛され続けてきた名車であるモンキーが、それまでの50ccエンジンを捨て、2018年にはついに125cc化してより使いやすくなりました。最新のモンキーの魅力を徹底解説していきます。


【2021年最新】初心者にもおすすめ 250ccバイク厳選5選!安さと性能の最適解かも?

【2021年最新】初心者にもおすすめ 250ccバイク厳選5選!安さと性能の最適解かも?

颯爽と走るライダーに憧れちゃうけど、なかなかバイクデビューはハードルが高くて…とお考えのあなた。もしくは、ライダーだけど大型バイクの扱いが億劫で…とお考えのあなた。最新250ccバイクなら、扱いやすさと十分以上の高性能で、楽しいバイクライフがより身近に実現できるかもしれませんよ。この記事では、初心者にもベテランにもおすすめしたい250ccバイクを5台ご紹介いたします。


【原付】おすすめ原付バイク最新15選!維持費激安で初心者も乗りやすい原付とは

【原付】おすすめ原付バイク最新15選!維持費激安で初心者も乗りやすい原付とは

学生さんの通学、会社員の方の通勤、普段のお買い物…、ちょっとした移動なら、自転車よりも楽々で、自動車よりも激安な、『原付バイク』を検討してみてはいかがですか? この記事では、主要メーカー毎におすすめの原付バイクをしっかりご紹介しつつ、そもそも原付って何?免許は何がいるの?といった基本情報も余さず解説していきます。あなたにぴったりの原付バイクが見つかるはずです。


ホンダ レブル|女性にも人気のベストセラーモデルを徹底解剖!

ホンダ レブル|女性にも人気のベストセラーモデルを徹底解剖!

2017年に発売されてから、近代的なボバースタイルが人気となっているのがホンダのレブル。2020年にはレブル250が軽二輪クラストップとなるの年間販売台数で1万台を超えるなど、圧倒的な人気を誇っています。女性でも乗りやすいバイクとして多くの人気を集めているホンダレブルの特徴やスペック、さらに口コミ情報をご紹介します。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。