トップへ戻る

 大型バイク免許が必要なのはどんなバイク?取得の方法や費用などを徹底解説

大型バイク免許が必要なのはどんなバイク?取得の方法や費用などを徹底解説

バイク・自動二輪の免許にもいくつかの種類があります。その中でももっとも大きなバイクを乗るのに必要で、国内で販売されているすべての自動二輪の運転が可能となるのが大型バイク免許(大型自動二輪運転免許)です。ここでは大型バイク免許が必要なバイクや取得の方法、費用などを解説します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


大型バイク免許とは

《写真提供:response》ホンダ新型ゴールドウイング・テキサス試乗会

バイクの免許にはいくつかの種類がありますが、その違いがよくわからないという方も多いようです。大型バイク免許はその名の通り、もっとも大きなバイクの運転が可能となる免許にあたります。とはいえ、バイクの場合は小型・中型・大型で極端に車体のサイズが変わるわけではありませんので違いがわからないという方もいらっしゃるでしょう。

そこで、まずは大型バイク免許で乗ることのできるバイクや、バイクの区分などについてもご紹介します。

正式名称は大型自動二輪運転免許

大型バイク免許という呼び名は実は通称で、正式名称は大型自動二輪免許です。この免許には自動車と同様にMTとAT限定の2種類があります。

いずれの種類であっても排気量無制限でさまざまなバイクに乗ることが可能となります。かつて、AT限定免許でのみ最大650ccまでという制限がありましたが、2019年12月1日に法改正が行われて排気量は無制限となっています。

バイクのAT車と言うと、スクーターなどの小型のものをイメージする方が多いかもしれません。ですが、最近では技術が進歩したことによってAT車の性能も向上して大排気量のモデルも登場しています。

とはいえ、MT免許の方が当然選べるバイクの選択肢も多いので自分が乗りたいバイクはどういったものなのかを考えた上でどちらの免許を取得するのか考えることが大切です。

大型バイク免許が必要なのはどんなバイク?

では、大型バイク免許が必要となるのはどんなバイクなのでしょうか。前述の通り、大型自動二輪免許を取得すると排気量が無制限になりますので、基本的にすべての自動二輪車を運転できることになります。

大型免許がなければ運転することができないバイクは総排気量が400ccを超えるものとなります。もちろん、海外メーカーなどで多く見られる1000ccを超えるバイクも運転可能となります。

バイクの区分

バイクの区分によって免許も細かく分かれています。自動車の場合は総重量などによって免許の種類が分けられていますが、バイクの場合は総排気量によって区分され、免許も分けられています。

排気量がもっとも小さいのが原動機付き自転車で総排気量は50cc以下となっています。こちらは原付免許で運転可能となります。

続いて小型自動二輪は総排気量が125cc以下のものにあたります。こちらは小型限定普通二輪免許で運転できます。このサイズから2人乗りは可能となりますが、高速道路の走行はできません。とはいえ、原付と違ってある程度のスピードも出ますので日常の足として使いやすいこともあって人気が高まっています。

総排気量400cc以下のものが普通自動二輪に分類されます。こちらは普通二輪免許に分類されます。こちらの区分からは2人乗りも可能で高速道路も走行できます。そして総排気量が400ccを超えるものが大型自動二輪に分類されます。こちらのバイクを運転するために必要となるのが大型自動二輪免許です。

大型自動二輪免許を取得すればすべての区分のバイクの運転が可能となりますが、それだけ取得のハードルが少し難しくなります。なので、バイクの用途や自分が乗りたいバイクの排気量などをチェックした上でどの免許を取得すべきなのかを検討してみましょう。

自分の免許では運転できない排気量のバイクを運転すると無免許運転となり、罰則もありますので注意が必要です。バイクに乗る前に必ず自分の免許で運転することができる排気量なのかを確認してください。

大型バイク免許の取得方法

BMW M 1000 RR

BMW M 1000 RR

大型バイク免許を取得したいものの、具体的にどうすればいいのかわからないという方も多いでしょう。そこで、ここからは大型バイク免許を取得する方法について詳しくご紹介します。

大型バイク免許取得に必要な資格

大型自動二輪免許が取得可能なのは18歳からとなっています。普通自動二輪までは16歳から取得可能となっていますので、2年ほど遅く、普通自動車などと同じになっています。

自動車の場合、大型免許を取得するためにはまず普通自動車免許などを取得した上で免許経歴も必要となりますが、自動二輪の場合は特に条件はありません。

中型から大型にステップアップするには

中型(普通自動二輪)の免許を所持しているものの、大型へとステップアップしたいと考えている方も多いでしょう。

中型から大型へのステップアップも可能です。教習所などを利用する場合もすでに普通自動二輪免許を所持している場合は一部の教習が免除になりますので、教習時間も費用も安くなります。

いきなり大型バイク免許を取得するのが不安なのであれば、まずは普通自動二輪免許を取得して、あるていど運転経験を積んでから大型にステップアップするのもおすすめです。

教習所で大型バイク免許を取得する方法

教習所を利用することによって大型バイク免許を取得することができます。基本的な流れは普通自動車免許などと同様ですが、大型バイクの場合はより高い運動能力が求められますので、教習所によっては適性検査が厳しいケースもあります。

適性検査をクリアすれば技能・学科教習を受け、検定に合格すれば卒業し、最後に学科試験に合格することによって免許を取得することができます。


教習所を利用する場合は入稿してから9ヶ月以内に卒業する必要があります。仕事などが忙しく、なかなか教習所に通えないという方はしっかりとしたスケジュール管理が重要となります。

一発試験で大型バイク免許を取得する方法

大型バイク免許は運転免許センターや運転免許試験場などの一発免許で取得するというケースも少なくありません。ですが、普通自動二輪免許などをすでに保有しており、ある程度の運転経験がある方でなければ一発で合格するのは難しいのが現実です。

ただし、一発試験であれば試験料などだけで大型免許の取得が可能ですので教習所を利用する場合と比較すると短期間かつ低コストになります。

とはいえ、何度も試験に落ちて再チャレンジを繰り返しているといつの間にか教習所を利用した場合と同じくらいの費用や期間がかかってしまうというケースも少なくありませんので注意しましょう。

大型バイク免許取得に必要な期間・費用

教習所を利用して大型バイク免許を取得するのにかかる期間は一般的に半月から1ヶ月程度と言われています。より短期間で免許を取得したいのであれば合宿免許などを利用するのがおすすめです。

費用はすでに普通自動二輪免許を保有している場合は学科教習などが免除となりますので費用の相場は12万円前後、そして免許を保有していない場合は23万円前後が相場となります。

ただ、費用に関しては教習所によって異なりますのでできるだけ安く大型バイク免許を取得したいと考えているのであればいくつかの教習所のプランを比較してみましょう。

大型バイク免許取得のメリット

ホンダ レブル1100DCT

ホンダ レブル1100DCT

大型バイクの免許を取得すべきかどうかを検討する上で重要となるのはやはりメリットです。そこで、最後に大型バイク免許を取得することのメリットをご紹介します。

選べるバイクの選択肢が増える

バイク好きな方にとって最大のメリットとなるのはバイクの選択肢が増えるという点です。普通自動二輪免許の場合、400cc以下のバイクまでしか乗ることができませんが、大型免許であれば排気量に制限がありません。そのため、気に入ったバイクを見つけても排気量が大きすぎて自分の免許では乗ることができない、といった事態は起こりません。

いろんなバイクに乗りたいと考えている方にとって、大型免許の取得はかなり魅力的な選択肢であると言えます。

高い運転技術が身につく

大型バイクは中型以下のバイクと比較するとパワーも強く、車体も重くなる傾向にありますので取り回しが難しくなります。そのため、大型バイクに乗ることによって自然と高い技術が身につくのです。

もっとうまくバイクを操れるようになりたいと考えている方は大型免許へのステップアップを検討してみるのもいいでしょう。

大型バイクならではの魅力

最後に、大型バイクならではの魅力を楽しめるという点が挙げられます。排気量の大きなバイクはそれだけパワーにも余裕がありますので、中型や小型バイクにはない余裕のある走行を楽しめます。長距離のツーリングの場合、特にパワーと安定感は重要となりますので、これまで以上にロングツーリングを楽しみやすくなるでしょう。

近年では中型以下のバイクの性能も高くなり、パワーも上がっていますがやはり大排気量ならではのアドバンテージは健在です。この魅力から大型バイクに乗り続けているという方も少なくありません。

最後に、大型バイクならではの魅力を楽しめるという点が挙げられます。排気量の大きなバイクはそれだけパワーにも余裕がありますので、中型や小型バイクにはない余裕のある走行を楽しめます。長距離のツーリングの場合、特にパワーと安定感は重要となりますので、これまで以上にロングツーリングを楽しみやすくなるでしょう。

近年では中型以下のバイクの性能も高くなり、パワーも上がっていますがやはり大排気量ならではのアドバンテージは健在です。この魅力から大型バイクに乗り続けているという方も少なくありません。

まとめ

ドゥカティ・スーパースポーツ 950

ドゥカティ・スーパースポーツ 950

大型バイク免許を取得することによって、排気量無制限でさまざまなバイクに乗ることができるようになります。つまり、大型バイク免許は自動二輪免許の最高峰であると言えるでしょう。

そこで、ここでは大型バイク免許で乗れるバイクの種類や、免許取得の方法などについてご紹介しました。大型バイク免許の取得を考えている方の参考になれば幸いです。

関連するキーワード


免許 バイク

関連する投稿


話題の原付二種、ホンダ グロムの魅力!進化した装備を見逃すな

話題の原付二種、ホンダ グロムの魅力!進化した装備を見逃すな

50ccのような多すぎる制限に縛られずに街中をキビキビ走れる機動性の高さと、維持費の安さが特徴の125ccバイク「原付二種」は、近年人気急上昇中で車種ラインナップも増加中。そんな原付二種の中でもアグレッシブなスタイリングが目を惹くのが「ホンダ グロム」です。サイズはミニなのにカッコいい、元気よく走れるのに低燃費、ミラクル満載のグロムを余すところなくご紹介していきます。


ルックスだけで選んでOKなバイク?!ホンダ モンキー125の溢れる魅力

ルックスだけで選んでOKなバイク?!ホンダ モンキー125の溢れる魅力

バイクっぽい形をしているのに、どこかミニカーのようにデフォルメされた印象を与えるキュートなデザインを持つバイク、ホンダ モンキー。初代モデルは1967年発売と、その愛らしいデザインと侮れない走行性能は長年世界中で愛され続けてきた名車であるモンキーが、それまでの50ccエンジンを捨て、2018年にはついに125cc化してより使いやすくなりました。最新のモンキーの魅力を徹底解説していきます。


【2021年最新】初心者にもおすすめ 250ccバイク厳選5選!安さと性能の最適解かも?

【2021年最新】初心者にもおすすめ 250ccバイク厳選5選!安さと性能の最適解かも?

颯爽と走るライダーに憧れちゃうけど、なかなかバイクデビューはハードルが高くて…とお考えのあなた。もしくは、ライダーだけど大型バイクの扱いが億劫で…とお考えのあなた。最新250ccバイクなら、扱いやすさと十分以上の高性能で、楽しいバイクライフがより身近に実現できるかもしれませんよ。この記事では、初心者にもベテランにもおすすめしたい250ccバイクを5台ご紹介いたします。


【原付】おすすめ原付バイク最新15選!維持費激安で初心者も乗りやすい原付とは

【原付】おすすめ原付バイク最新15選!維持費激安で初心者も乗りやすい原付とは

学生さんの通学、会社員の方の通勤、普段のお買い物…、ちょっとした移動なら、自転車よりも楽々で、自動車よりも激安な、『原付バイク』を検討してみてはいかがですか? この記事では、主要メーカー毎におすすめの原付バイクをしっかりご紹介しつつ、そもそも原付って何?免許は何がいるの?といった基本情報も余さず解説していきます。あなたにぴったりの原付バイクが見つかるはずです。


ホンダ レブル|女性にも人気のベストセラーモデルを徹底解剖!

ホンダ レブル|女性にも人気のベストセラーモデルを徹底解剖!

2017年に発売されてから、近代的なボバースタイルが人気となっているのがホンダのレブル。2020年にはレブル250が軽二輪クラストップとなるの年間販売台数で1万台を超えるなど、圧倒的な人気を誇っています。女性でも乗りやすいバイクとして多くの人気を集めているホンダレブルの特徴やスペック、さらに口コミ情報をご紹介します。


最新の投稿


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。


ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

車を運転するのは晴れの日だけではなく、むしろ雨や雪といった天候の悪い時こそ車は大活躍しますよね。視界が悪くなりがちな悪天候時にきちんと前や後ろを見て運転するためにも、ワイパーの状態を適切に管理しておくのは、安全運転の要で非常に大事なことです。この記事ではワイパーの交換目安や交換方法をご紹介していきます。簡単なのに効果が絶大なワイパー交換にぜひチャレンジしてみてください。


人気で選ぶ!2021年におすすめの中古車厳選10選、価格から魅力まで

人気で選ぶ!2021年におすすめの中古車厳選10選、価格から魅力まで

愛車選びは悩ましいもの。たくさんある車種の中からどれを選んだらいいのかななんて分からない、とお感じのあなたなら、人気ランキングで上位の車を選んでみてはいかがでしょう。多くの人から支持を受ける人気の車なら、失敗知らずの車選びができそうですよね。この記事では、中古車として人気の10台の魅力や中古車情報を詳しくご紹介していきますので、参考にしてみてください。


室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

ボディサイズに制限があり、全長と全幅が横並びとなっている軽自動車。しかし、軽なら室内が狭くても仕方ない、と諦めるのは早い! 数多ラインナップされている軽自動車の中には驚きの室内空間のゆとりを持つものも存在しており、かしこく選べば普通車顔負けの実用性をリーズナブルな価格で手に入れることも可能です。この記事では、室内が広くておすすめの軽自動車を5台ご紹介していきます。


乗り心地抜群の軽自動車はどれ?おすすめ厳選4台をタイプ別にご紹介

乗り心地抜群の軽自動車はどれ?おすすめ厳選4台をタイプ別にご紹介

サイズが小さく車重も軽い軽自動車には、経済性が第一で乗り心地は二の次というイメージをお持ちの方も多いかもしれません。しかし最新の軽なら優れた乗り心地を実現しているモデルも多数揃っており、毎日使うことも多い軽自動車だけに、快適な乗り心地をしっかり重視した車選びをしたいところです。この記事では、乗り心地のいいおすすめ軽自動車を、タイプ別に4台ご紹介していきます。