トップへ戻る

クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

世界中で大流行中のSUVに、「クロスオーバーSUV」と呼ばれるジャンル分けがあることはご存知ですか。SUV系のラインナップがとても幅広くなってくるにしたがって、クロスオーバーという呼び方も度々聞かれるようになってきました。自動車業界以外でも使われるクロスオーバーという言葉は、分かっているようで詳しく意味を知らないという方もいらっしゃるかも。詳しくご説明していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


SUV、まだまだ大流行中!どんどん増えるそのラインナップ

トヨタ カローラクロス(海外仕様車)

トヨタ カローラクロス(海外仕様車)

SUVの快進撃は留まるところを知りません。もはや世界中でSUVをラインナップしていない自動車メーカーは存在しないのではと思うほどに、低価格帯から高級車まで、様々なSUVが市場に溢れていますよね。

スーパーカーメーカーであるランボルギーニやハイエンド高級車で有名なロールスロイスなど、一昔前では考えられなかったようなメーカーからもSUVが続々登場しており、需要のさらなる高まりを感じさせます。

国内でも、トヨタのフラッグシップセダンとして長年の歴史を持つクラウンが、次期型ではSUVに変貌するのではと報道されて大反響を呼ぶなど、ニューモデルの登場だけでなく、今存在する車種のSUV転換すらも噂されるようになるほどに人気のSUV。

2020年の年間普通車販売台数では2位にトヨタ ライズが食い込むなど、乗用車のジャンルのひとつとして既に定番になっていることも当然といえるでしょう。

SUVの起源とは?日本でSUVが流行るのは2回目?!

《画像提供:Response》ジープ チェロキー

SUVとは「スポーツユーティリティビークル」の略で、スポーツ用多目的車などと訳されます。この場合のスポーツとはアクティビティとしてのスポーツのことで、スポーツ用の荷物を満載できる余裕の荷室を持った車、といった意味合いになります。

その呼び方は1980年代のアメリカで定着したもので、以前より存在していたステーションワゴン風のボディを持ちつつトラック系の走破性の高いシャシーを備える、今でいうジープ系の車種に対するジャンル名として、1974年のSJ型ジープ チェロキーのカタログで登場しました。

SJ型チェロキーがSUVという言葉を広めたのに対し、1983年のXJ型チェロキーのルックスは、現代的なSUVの流れを決定づけたといわれています。四輪駆動車っぽさがあるやや背が高いロングルーフフォルムとなっており、現代まで続くSUVのスタイルは既に確立されていたことがわかりますね。

SUVの名前が示す通り、ボディ形状や駆動方式に明確な定義がなく、このチェロキーのイメージがそのまま広まり、走破性が高くやや背の高いステーションワゴン、といったようなフォルムがSUVの定番というイメージが付いているようです。

《画像提供:Response》三菱 パジェロ

日本においては、それまではややニッチな商品群として扱われてきたクロスカントリー車が、1990年代のRVブームによって一躍人気車種に躍り出たことは、現代に先んじたSUVの流行とも言えるでしょう。

SUVの語源ともやや似ている「レクリエーショナル ビークル」の略となるRVがブームとなった背景には、ウィンタースポーツなどのレジャーが大流行したことが大きく関係しています。

ゲレンデへ向かう途中の雪や、ビーチの砂などもなんのそので走れるSUVはこの時点で一気に人気が爆発。三菱 パジェロやいすゞ ビッグホーンなど、現在では車名が消えてしまった人気車の数々が生み出されました。

その後はレジャーブームが下火になったことや国内景気の低迷、ガソリン価格の高騰などの様々な要因からSUVは一度鳴かず飛ばずの時期を迎えますが、2010年代以降からは大いに復活し、現在のような幅広い層からの人気につながっているわけです。

「クロスオーバーSUV」その真実に迫る!

先ほどご紹介したように、SUVという用語自体にははっきりとした定義がなく、ややアバウトなジャンル分けでもあります。それだけに、SUVというジャンルの中でもさらに分類分けが進んでおり、その中のひとつが今回テーマになっている「クロスオーバーSUV」です。

いったいどんな車種のことをクロスオーバーSUVと呼んでいるのか? クロスオーバー以外にSUVはあるのか? 詳しく見ていきましょう。

クロスオーバーという言葉の意味は?

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリスクロス

クロスオーバーという言葉は、「立体交差点」や「異なる要素が混じり合ったもの」といった意味があり、自動車のジャンル分けとして使う際には、「複数の車種の要素を取り合わせた車」といった意味合いで使われます。

そのほかにも、異なるジャンルが垣根を越えて融合した新しい音楽スタイルのことや、アメコミのヒーローが別作品に登場するなど、複数の作品世界を一時的に合流させた漫画や小説なども「クロスオーバー」と呼ばれたりするなど、自動車以外でも異なる要素を取り合わせたものに対して広く使われる言葉になります。

クロスオーバーSUVはどんな車のことを指すの?

ダイハツ タフト

ダイハツ タフト

先ほどご紹介した定義に沿うならば、異なる性格づけの車の特徴を組み合わせた車であれば「クロスオーバー車」と呼べることにはなりますが、現代で特によくクロスオーバーと呼ばれるのは「クロスオーバーSUV」でしょう。

クロスオーバーSUVとは、その名の通りSUVに他のタイプの車の特徴を備えさせたもの。具体的には、乗用車的な舗装路上でのより優れた乗り心地を持つものや、スポーツカーのような運動性能を持つものなど、走破性や室内のユーティリティ性といった本来のSUVの特徴だけではない魅力を備えたもののことを呼ぶ場合が多いようです。

また、乗用車の足回りや外装に手を入れるなどして、SUV風のルックスや性能を備えさせた場合にもクロスオーバーSUVと呼ばれます。トヨタ アクア クロスオーバーのように、その場合グレード名にクロスオーバーと付く場合もしばしば見られますね。

クロスオーバーSUVはその多面的な魅力によって普段使いから扱いやすいことで人気が高く、今やSUVの売れ筋はクロスオーバー系が多数を占めていることもあり、SUVと言われるとクロスオーバーSUVしか思い浮かばない方もいらっしゃるかもしれませんね。

クロスオーバーSUV以外にSUVってあるの?

メルセデスベンツ Gクラス(海外仕様車)

メルセデスベンツ Gクラス(海外仕様車)

多面的な魅力を備えるクロスオーバーSUVに対して、シビアなコンディションや悪路を走破することに主目的をおいているのがクロスカントリー車。

クロカン車などとも呼ばれるこのジャンルの車は、具体的には四輪駆動はもちろんのこと、より剛性に優れたラダーフレーム式で、地上高がしっかり確保されている、などの条件を満たすものとなっており、SUVというジャンルの中でも独特の存在感があります。

大型のモデルも多く、本格的な走破性能を持つ迫力のクロカン車に比べると、クロスオーバーSUVにはやや軟弱な印象を受けることも確か。特にクロスオーバーSUVの中には、クロカン車のようなアクティブな印象の外観なのに最低地上高が低かったり、二輪駆動しかラインナップがないなど、「見た目重視」な車種もあることから、SUVならクロカン車に限る!というコアなユーザーもいます。

しかし反面、オフロードで本領を発揮するクロカン車は、舗装路上では乗り心地や安定性に劣ったり、燃費性能が低かったりと、普段使いで我慢を強いられる場面が多いことも確かでしょう。

その点、クロスオーバーSUVは、アクティブな雰囲気はそのままに扱いやすさをプラスして、より普段の生活に馴染める車と言えるかもしれませんね。

最新おすすめクロスオーバーSUVはこれだ!

トヨタ ハリアー:傑出したエレガンス、都市型クロスオーバーの先駆

トヨタ ハリアー

トヨタ ハリアー

2020年に登場した新型モデルの人気も引き続き高騰中のエレガントSUV、トヨタ ハリアーは、クロスオーバーSUVの中でも特に舗装路に特化した高級感の高さと動力性能の高さが魅力的です。

初代モデルは1997年に登場していますが、当時からFFセダンであるカムリとプラットフォームを共有。現行モデルでは意外としっかりと最低地上高は確保されているのですが、それでも岩場の荒地や砂浜というシーンよりも、ビル群を颯爽と駆け抜ける方が似合いそうなエレガントさは、ハリアーが人気となっている理由のひとつでしょう。

ボディサイズが大きめなこともあり、室内のゆとりも相当なもの。まるで高級セダンを思わせる妖艶なインテリアは、ドライバーだけでなくパッセンジャーの方にも満足してもらえること間違いなし。パワーバックドアまで用意されるなど、荷室を活用する際の所作も美しく保てそうです。

セダンやステーションワゴンよりもSUVらしいアクティブ感を持ちつつ、それでいてフォーマルな場面でも浮かないエレガントさをもしっかり備えるハリアーは、クロスオーバーSUVの「いいところどり」をこれ以上なく突き詰めた結果と言えるかもしれませんね。

トヨタ ハリアーのスペック

【トヨタ ハリアー G ハイブリッド】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,740mm×1,855mm×1,660mm
ホイールベース2,690mm
最低地上高190mm
最大乗車定員5名
車両重量1,650kg
燃費WLTCモード:22.3km/L
エンジン種類直列4気筒ガソリンハイブリッド 2,487cc
エンジン最高出力131kW(178PS)/5,700rpm
エンジン最大トルク221N・m(22.5kgf・m)/3,600-5,200rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力88kW(120PS)
モーター最大トルク202N・m(20.6kgf・m)
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション電気式無段変速機
新車価格3,636,364円(消費税抜)
(2021年2月現在 トヨタ公式サイトより)

スズキ ハスラー:ライトに付き合える気楽さと優れた環境性能を両立

スズキ ハスラー

スズキ ハスラー

兄貴分にジムニーという伝説的クロカン四駆を持つハスラーは、ハリアーのようなエレガントさはないものの、普段使いから楽しくなってしまうようなウキウキ感がデザインから感じられる快活さが人気です。

サイズの制限がある分どうしても形が似てしまう軽自動車の中で、これまでのハイトワゴン系とは異なるSUV風味のアクティブさを備えて登場したハスラーは、瞬く間に人気車種へと成長しました。丸目で愛らしいフロントフェイスですが、現行モデルではしっかり角張らさせた外装に進化しており、もっと大型のクロカン車をも彷彿とさせますね。

四輪駆動の用意もあるほか、地上高も高めでアプローチ/デパーチャーアングルも優秀と悪路にも挑戦したくなるポテンシャルを持つハスラーですが、真髄はその高効率性。全車マイルドハイブリッド仕様となるハスラーは、WLTCモード燃費では最高25.0km/Lの好成績で、実燃費ではリッター30kmに届く場合すらあるようです。

大人4人がゆったり乗れる室内に低燃費のエコ性能も持ち合わせ、それでいて外装は趣味感たっぷり。制約の多い軽自動車において、かなり高度なクロスオーバーSUVとなっています。

スズキ ハスラーのスペック

【スズキ ハスラー ハイブリッドX 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,680mm
ホイールベース2,460mm
最低地上高180mm
最大乗車定員4名
車両重量820kg
燃費WLTCモード:25.0km/L
エンジン種類直列3気筒ガソリンハイブリッド 657cc
エンジン最高出力36kW(49PS)/6,500rpm
エンジン最大トルク58N・m(5.9kg・m)/5,000rpm
モーター種類直流同期電動機
モーター最高出力1.9kW(2.6PS)/1,500rpm
モーター最大トルク40N・m(4.1kg・m)/100rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッションCVT
新車価格1,380,000円(消費税抜)
(2021年2月現在 スズキ公式サイトより)

まとめ

BMW X4

BMW X4

クロスオーバーSUVの意味やおすすめ車をご紹介してきました。

高級×ミニバンやセダン×スポーツカーなど、現代の自動車は意外と多くの場合で複数の車種の魅力を追求しているので、クロスオーバー全盛期とも言えそうですね。その中でもクロスオーバーSUVは、その魅力でSUVをここまで世界的な人気者に押し上げた張本人かもしれません。

1台の車で2度、3度とおいしい、魅力たっぷりのクロスオーバーSUVに、これからも要注目です。

関連する投稿


トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

とどまるところを知らないSUVブームの中でも、特に人気が高く各メーカーがしのぎを削っているのはコンパクトSUVクラス。コンパクトSUVだけで3車種も用意するトヨタのラインナップの中でも、登場が最も新しく人気を牽引しているのが「ヤリスクロス」です。国産車だけでなく輸入車とも比較されるような完成度の高さが話題のヤリスクロス、登場から1年が経つ今も「買い」なのか調査しました。


トヨタのハイブリッドカーのおすすめは?使用シーン別のおすすめモデルをご紹介!

トヨタのハイブリッドカーのおすすめは?使用シーン別のおすすめモデルをご紹介!

トヨタのハイブリッド車といえば、有名なプリウスがありますが、多くの車種でハイブリッドモデルが設定されています。ハイブリッドがたくさんの車に設定されているトヨタなら、ハイブリッド車に乗りたい方の選択肢が豊富です。この記事では、トヨタのハイブリッド車を考えている方におすすめモデルをご紹介します。


マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

欲しい車種が決まったら次はグレード選びです。そこで、まず車種のグレードの内容と特長を把握して自分に必要なグレードを判断することが重要になります。今回はマツダの人気SUVであるCX-5のグレードについて解説し、CX-5を検討する人のお役に立ちたいと思います。


ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-Vは、とくに北米・欧州でその実力を評価され、2019年の世界販売台数では、第4位になりました。5代目となった現行モデルでは、7人乗りが新たに登場しています。今回は、CR-Vの歴史と、現行モデルの実力をまとめています。


2020年の軽自動車販売台数ランキングを紹介!

2020年の軽自動車販売台数ランキングを紹介!

国内で販売された新車の3台に1台は、軽自動車の時代。どんなクルマが、売れているのでしょうか?今回は、2020年の軽自動車新車販売台数をもとに、トップテン形式でまとめました。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。