トップへ戻る

ホンダ シャトル 燃費 車内空間 安全性 詳細情報!

ホンダ シャトル 燃費 車内空間 安全性 詳細情報!

シャトルは本田技研工業が製造し販売している5ナンバーサイズのステーションワゴンです。アウトドアなどのレジャーを楽しむために開発された車です。洗練されたスタイリッシュなデザインのシャトルは走行性能も抜群。パワフルでスポーティでありながらも低燃費な走行により、快適性と経済性をバランス良く実現しています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


シャトル 概要・走行性能

概要・特徴

流線型のエレガントなルーフラインと、堅実な走りを予感させるロアボディ。ホンダ シャトルはこの2つのデザインを融合させることで、スタイリッシュな軽やかさと、力強いダイナミックさを表現しています。そして、効率のよい燃焼で低燃費に貢献する先進のエンジンやシステムを備え、外観デザインを裏打ちする高い走行性能を誇ります。

また、ホンダ シャトルはこのクラス最大の荷室スペースを実現。デザインや走行性だけにとどまらず、実用性までも兼ね備えた理想のマシーンに仕上がっています。

デザイン・ボディーカラー

スタイリッシュで新しいスタイリングを提案する、ホンダ シャトルのボディカラーは全部で7色。

上品で清潔感のあるホワイト・オーキッドパールをはじめ、月のような静けさと高級感を醸し出すルナシルバー・メタリック。
紫がかった艶やかな美しさを放つルーセブラック・メタリックや、黒い正統派の存在感を示すクリスタルパール・ブラック。
瑞々しい知的な味わいを湛えるミッドナイトブルービーム・メタリックや、深い大人の香りを感じさせるミスティックガーネット・パール、そして最後に、アグレッシブな躍動感に包まれたプレミアムクリスタルレッド・メタリックなど。飽きの来ない豊富なカラーをそろえ、ユーザーのニーズをしっかりと捉えます。

エンジンシステム

ホンダ シャトルにはパワフルな走りと優れた低燃費化を実現した、理想的な4WD車をラインアップしています。クルマの心臓部ともいえるエンジンには、ハイブリッドタイプにSPORT HYBRID i-DCDを搭載。

また、ガソリンタイプには1.5L 直噴 DOHC i-VTECエンジンを搭載しており、ハイクオリティでパワフルな走りと、効率的でスマートな燃費性能を誇っています。

さらに独自のハイブリットシステムにより、停車時には自動的にエンジンをOFFにして燃料消費を抑え、排出ガスも軽減する環境に優しい機能を備えています。

燃費

ホンダ シャトルはデザイン性や走行性に加え、環境性能にもとても優れています。34.0km/lのハイブリッドシステムでパワフルな走行性と、スマートな低燃費化を両立。EVドライブモードでは、発進加速の際に高出力モーターとバッテリーで静かにスタート。

そして低中速状況になれば、エンジンを切り離してモーターだけで走行し、消費燃料はゼロという優れもの。さらに減速時には回生エネルギーで、バッテリーに充電までします。また独自のエコアシスト機能では、メーターパネルによって走行中のエコ指数をドライバーに知らせ、環境に優しいドライビングを促します。

シャトル 車内空間・収納

ラゲッジスペース

従来の自家用車は、ガソリンタンクが後部に搭載され、ラゲッジスペースが犠牲になることが多かったですが、シャトルでは本田独自の技術によりセンタータンクレイアウトが採用されています。

そのため、ラゲッジスペースは、5ナンバーのステーションワゴンにてクラス最大の570Lの容量が確保されています。ラゲッジスペースはフラットに設計されていますので、隅々まで効率よく荷物を積むことができます。

ラゲッジスペースには柔らかいカーペット生地を採用していますので、大切な荷物を傷つけてしまうこともありません。

荷物の積み下ろし

シャトルのリアハッチは、大きく開口し地上から荷室開口部までの高さは、わずか54cmとなっていますので、重い荷物も楽々と搭載可能です。

リヤシートをフロントに倒せば、奥行き約184cmのフラットなスペースを確保できますので、大きな荷物の搭載も可能で、一人暮らしの引越し程度であればこの車で対応可能かもしれません。

リヤシートのシートバックには、マルチユースバスケットがありますので、大切な荷物を簡単に収納できます。ラゲッジスペースの床下には水や汚れに強いワイパブル仕様の収納スペースがあるため、汚れた荷物なども搭載可能です。

搭乗人数・シート

シャトルは、5ナンバーサイズであるにもかかわらず、5人乗ってもゆとりの車内空間が確保されています。

フロントシートは、運転席と助手席を独立した空間に仕切るハイデッキセンターコンソールを採用しているためドライバーは運転に集中できます。

リアシートについても、ゆとりの足元で、頭上空間も広く快適にドライブが楽しめます。

どのシートにもリクライニング機構が搭載されていますので、好きな角度に背もたれを調整でき、リラックスしたスタイルにてくつろげます。

また、プラズマクラスターが装備されていますので、車内空間の空気も常に綺麗に保てます。

シートアレンジ

シャトルでは、積載する荷物に合わせて多彩なシートアレンジが可能です。

大きな荷物を搭載するのであれば、リヤシートをフロントに倒せば、約144cmの奥行きのある空間が作り出せますので、家具なども収納ができます。また、この状態では700ccのスペースとなりますので、自転車なども搭載できるでしょう。

リアシートを倒すと同時に助手席をフルリクライニングすれば、スキーやサーフボードなどの長い荷物も搭載可能となります。

背の高い荷物を搭載する場合には、リアシートの座部を上に跳ね上げれば高さ約110cmのスペースを確保できます。

シャトル 装備・安全性

運転支援

シャトルには、高い運転支援性能があり、予防安全性能評価において最高ランクのASV+を獲得しました。

特にVSAが注目です。
車両共同安定化制御システムであるVSAには、事故の要因となるブレーキ時の車輪ロック、カーブを曲がる旋回時の横すべり、加速時の車輪空転を抑える機能を搭載しており、走行時の姿勢を安定させます。

ヒルスタートアシスト機能は、坂道発進が苦手なドライバーに嬉しい機能です。ブレーキからアクセルへ、ペダルを踏み変える瞬間に生じる車の後退を1秒間遅らせることで、エンストしたりガクンとなることを抑止します。

安全装備

シャトルは、低速走行時に前方車両との衝突回避・軽減を図るシティブレーキアクティブシステムを搭載しています。また前方に車以外の障害物を検知すると、アクセルを踏み込んでも急発進を防止するため、不注意による事故を減少させます。

急ブレーキをかけたとき、後続車にいち早く警告を発するのがエマージェンシーストップシグナルです。走行中に急ブレーキするとブレーキランプを点滅、同時にハザードランプを高速点滅させ、後続車両に危険を知らせます。

通常エアバッグに加えサイドエアバッグ、サイドカーテンエアバッグを搭載、ホンダ独自の早く・優しく・長く膨らむ連続容量変化タイプを採用し、衝突状況に応じて身体を守ります。

バリエーション・価格

シャトルのグレードに3バリエーションがあり、それぞれで価格や装備が違います。

ベーシックモデルとなるのがハイブリッド、ミドルモデルがハイブリッドX、フラッグシップモデルがハイブリッドZです。

全てのグレードでホンダスマートキーシステム、プラズマクラスター技術搭載フルオート・エアコンなどが共通装備されています。

ハイブリッドXには、さらにLEDヘッドライトやフォグライトなどが装備され、ハイブリッドZには、運転席・助手席ヒーターなどの装備が追加されました。

カラーバリエショーンには、ハイブリッドがホワイトオーキッドバールなど全6カラー、ハイブリッドXとハイブリッドZは全7カラーから選べます。

試乗記

シャトルは、足回りのセッティング、シャシー専用ダンパーが採用されているため、しなやかでマイルドな乗り味があり、長時間走行でも負担になりにくいですが、大きなうねりがあると微妙な揺れを感じられると指摘されています。

ハイブリッドXやZに搭載されているコンビシートは、かけ心地がよく長時間ドライブでも体に負担がかかりにくいため、上質な快適性があると評価されています。

2列め座席はリクライニング機構が採用されており、ひざ周りに余裕があるためゆったりできます。また2列めシートを前方に倒すとフラットな床面になり、2人の大人が足を伸ばして寝そべられるほど、室内空間を広くとれます。

関連する投稿


国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

日本の入り組んだ道でも運転しやすく、人気の高いコンパクトカー。最近では、燃費性能の高い車種もたくさん販売されていて、メーカーがこぞって力を入れる車種となっています。今回はそんなコンパクトカーについて魅力を解説していきます。


【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

ホンダが発売するスーパーカーのNSXは、初代の生産が終了してから新型のNSXが待望されており、2017年に新型が発売されました。世界中でその魅力に惹かれる人が多いモデルですが、どのようなスペックなのでしょうか?


ホンダ ライフ|Nシリーズ登場前の、ホンダの人気軽自動車!

ホンダ ライフ|Nシリーズ登場前の、ホンダの人気軽自動車!

現在、軽自動車で人気抜群のN-BOXやN-WGNを販売するホンダが、「Nシリーズ」前に生産していたのが、ホンダ ライフです。すでに、新車販売は終えていますが、中古車市場には豊富。そこで、歴代のライフと、おすすめポイントをまとめました。


ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-Vは、とくに北米・欧州でその実力を評価され、2019年の世界販売台数では、第4位になりました。5代目となった現行モデルでは、7人乗りが新たに登場しています。今回は、CR-Vの歴史と、現行モデルの実力をまとめています。


【レジェンド】ホンダの最新技術が詰め込まれたフラッグシップセダン

【レジェンド】ホンダの最新技術が詰め込まれたフラッグシップセダン

レジェンドは、ホンダの最新技術が投入されたフラッグシップセダンです。ホンダが、創業以来初めて手がけた2リッターを超える高級車であり、「伝説」となることを願って名付けられました。今回は、レジェンドの詳細情報をまとめています。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。