トップへ戻る

クラシックな軽ならN-ONEがおすすめ!個性的な車の特徴や中古車情報!

クラシックな軽ならN-ONEがおすすめ!個性的な車の特徴や中古車情報!

軽自動車でも上質な走りを楽しみたい方、クラシックな軽自動車を探している方におすすめなのがN-ONE。流行しているスーパーハイトワゴンとは異なって、コンパクトでクラッシックなデザインになっているのが魅力です。2020年11月にフルモデルチェンジしたN-ONEの特徴などをご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


N-ONEとはどんな車?

《写真提供:response》ホンダ N-ONE プレミアムツアラー

N-ONEのエクステリアデザインは、1970年台に人気車種となったホンダの軽自動車のN360を継承しており、2012年から発売された初代モデルも、コンパクトでも乗員のスペースを確保しています。またタイムレスなデザインを採用して、モデルチェンジしても大きな形は変えていません。

N360でも広い車内と可愛らしいルックスが評判を集めました。N-ONEはスモールカーでもプレミアム感があるデザイン、そしてN360同様の丸目のヘッドライトが採用されています。

複数あるNシリーズの中で一番小さな車種として、さらに上質さを感じさせるモデルとしてN-ONEが展開されています。

N-ONEも含めたNシリーズは、N360の時代から変わらないM・M思想が全車で貫かれています。これは人のためのスペースを最大に、メカニズムのためのスペースを最小にというホンダの車作りの大きな特徴の一つです。

最新モデルのN-ONEでは、軽自動車初となるエマージェンシーストップシグナルの標準装備など、トップクラスの安全性能にも磨きをかけています

家族のための車としてだけではなく、自分のための車として、プレミアム性にこだわって設計されているモデルです。

エクステリアはキープコンセプト

2020年にフルモデルチェンジしましたが、エクステリアはキープコンセプトとなっています。N-ONEの特徴ともいえるエクステリアのデザインを見ていきます。

個性的な丸目ヘッドライト

《写真提供:response》ホンダ N-ONE プレミアムツアラー

基本的なエクステリアは「変わっていない」ことが特徴でもあり、魅力でもあります。ボディの外板は従来モデルからほとんど変更されておらず、LEDデイタイムランニングランプが採用されていますが、やはり丸目ヘッドライトになっているので見た目は変わりません。

ルーツとなっているN360のフロントマスクも継承されているので、先代モデルとの変更点はありません。

台形フォルムで安心感

《写真提供:response》ホンダ N-ONE プレミアムツアラー

N-ONEの懐かしさを感じさせるデザインは、N360のボディデザインがルーツとなっているからです。フロントビューで親しみやすさがあるだけでなく、台形フォルムが採用され、ボディの四隅にタイヤが配置されているので安心感があります。

モデルチェンジに際して、新たなデザインを採用する案もあったそうですが、最終的にはタイムレスな先代N-ONEのシルエットを継承することとなったそうです。

台形フォルムはそのままに、先代よりも引き締まったフロントグリルや、ヘッドライトが際立っています。ワイド感が強調されたデザインです。

上質感あるインテリア

インテリアはモデルチェンジしてから、改良が加えられた部分があるので、車としてブラッシュアップされています。

必要な部分を残しておき、ミニマルになるように削ぎ落すことを考えて設計されているインテリア。一体感があるインストルメントパネルや、運転しやすいシート、さらにくつろぎを感じられる助手席などと快適にドライブできる内装になっています。

シンプルながらも上質感

タイプごとに、シンプルでも上質感があるデザインになっているのが特徴。異なったインテリアで雰囲気の違いを楽しめます。好みの内装を選択できるのも嬉しいポイントです。

Original

《写真提供:response》ホンダ N-ONE

内装のカラーはブラックとプラチナホワイトの組み合わせ。運転席に入り込むと、メーターにはプラチナホワイトカラーが採用されています。インストルメントパネルとの統一感があるので、広さを感じるポイント。またステアリングホイールは握りやすいデザインで、ガーニッシュはプラチナホワイトになっています。

シートもプライムスムース&トリコットが採用されており、フロントシートはホワイトとブラックの組み合わせです。インストルメントパネルのホワイトと合わせて、広さを感じさせる配色が採用されています。

Premium・Premium Tourer

《写真提供:response》ホンダ N-ONE プレミアムツアラー

さらに上質になっているのがPremiumです。本革巻ステアリングホイールは、滑らかで手になじむもの。Premium Tourerになると、本革巻のセレクトレバーになっており、さらに上質感が増します。

インテリアのカラーは、ブラックとチャコールの組み合わせです。フロントシート素材は、プライムスムーズ&ダブルタッセルです。インストルメントパネルはブラックウッド調の素材になっているので、見た目もシックになります。

Premium TourerはPremiumと基本的には変わらないのですが、搭載されるエンジンがターボ仕様となることが大きな違いで、15インチアルミホイールやパドルシフトといった特別装備も加わります。

RS

《写真提供:response》ホンダ N-ONE RS

スポーティなインテリアなのがRS。アクセントカラーとして、オレンジが採用されています。RS専用のステアリングホイールが採用され、オレンジのガーニッシュがスポーティさを演出します。

さらにエアコンの吹き出し口やシフトノブの周囲、シートにもアクセントカラーが採用されているのが特徴。ブラックとオレンジの差し色がやる気を感じさせてくれますね。

モデルチェンジでの変更点

2020年11月にモデルチェンジした際にどのような点が変更されたのか見ていきましょう。

基本的にはキープコンセプトですが、各部が変更されています。

室内の質感が高まった

《写真提供:response》ホンダ N-ONE プレミアムツアラー

室内の質感が高まって、プレミアムな軽のイメージを向上させているのが特徴です。初代N-ONEはプラスチック素材が使われていた部分も、2代目になると柔らかい素材が活用されて、見た目も改善されています。

さらに先代ではベンチ式だったフロントシートは、新型ではセパレートタイプになりました。身体をホールドさせるのにセパレートタイプは有利ですので、ドライブに適した内装になったのも特徴です。

プラットフォームが新しくなり、高粘度接着剤の使用箇所を拡大することなどで、軽量化を実現しただけでなく高剛性化しました。

またエンジンマウントが改良されて、エンジンからの振動を和らげてくれる液封エンジンマウントが採用されました。室内の質感と共に走行時の騒音や振動が軽減されて上質な走り心地になっています。

Honda SENSINGが標準装備

《写真提供:response》ホンダ N-ONE オリジナル

グレードによって装備は異なりますが、安全機能のHonda SENSINGは全車に標準装備されます。電子制御パーキングブレーキやオートブレーキホールド機能、さらに後席ドアの開閉の記録から荷物の置忘れをメーター表示と音で知らせてくれるリアシートリマインダーも搭載。

RSのMT車には、クラッチ操作があるので前方/後方誤発進抑制機能や渋滞追従機能がついてません。しかしCVT仕様なら完全停止まで対応するアダプティブ・クルーズ・コントロールが搭載されています。

6MTモデルも設定

《写真提供:response》ホンダ N-ONE RS

6MT車も設定されているので、走りを楽しみたい方にもぴったりのモデル。MT軽自動車として初となる運転支援システムが採用されており、先行車との車間距離を維持しながら加減速を行うアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)と車線の中央付近を維持するように維持支援してくれる(LKAS)が採用されます。

RSはターボエンジンが搭載されるので、NAでも力強かった走りに余裕が加わります。アクセルを踏み込むとしっかり加速していくので、幹線道路で走行することが多いのであればおすすめです。

RSのCVT仕様では、RS専用のセッティングが行われているので、Sレンジに入れて走行したときのアクセル操作のレスポンスが向上しています。MT車とCVT車のどちらでもスポーツ走行が楽しめます。

N-ONEの価格やスペック

N-ONEの価格は以下の通りです。すべて税抜価格となっています。

・Original

FF:1,454,000円
4WD:1,575,000円

・Premium

FF:1,618,000円
4WD:1,739,000円

・Premium Tourer

FF:1,718,000円
4WD:1,839,000円

・RS

FF(CVT):1,818,000円
FF(6MT):1,818,000円

スペックは以下の通りです。

【ホンダ N-ONE】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,545~1,570mm
ホイールベース2,520mm
最大乗車定員4名
車両重量840~910kg
燃費WLTCモード:20.2~23.0km/L
エンジン種類直列3気筒 同ターボ
最高出力

43kW(58PS) /7,300 rpm

47kW(64PS) /6,000 rpm ターボ

最大トルク

65N・m (6.6kgf・m) /4,800 rpm

104N・m (10.6kgf・m) /2,600 rpm ターボ

駆動方式FF 4WD
トランスミッションCVT 6MT

2021年3月現在 ホンダ公式サイトより

N-ONEの中古情報

《写真提供:response》ホンダ N-ONE Modulo X 2015年モデル

N-ONEの中古相場を見てみましょう。

レスポンスの中古車情報では、最も安い車両で8万円~、最も高額なモデルで283万円となっています。

プレミアムな軽自動車というジャンルなので、走行距離が少ない車両は、スーパーハイトワゴン並の価格です。

しかし5年落ちほどになると、安い車両なら約40万円~の車体価格となり、比較的手に入れやすい価格帯になります。

新車では高くて諦めがちなグレードにも手が届く可能性もあるでしょう。

年式中古価格
現行モデル
103万円~199.8万円
2018年~2020年モデル
70万円~283万円
2015年~2017年モデル
27.8万円~163万円
2012年~2014年モデル
8万円~125万円

2021年3月現在 レスポンス中古車検索より

まとめ

広い室内の軽自動車が流行していますが、コンパクトでクラシックな軽自動車という魅力があるのがN-ONE。フルモデルチェンジをしてからも変わらないスタイルでありながら、中身は刷新しており、その魅力が高まっています。

流行のデザインよりも、長く飽きのこないタイムレスデザインの車を探している方におすすめのモデルです。

関連する投稿


ホンダ 新型N-WGN発表!軽ハイトワゴンで比較されるライバル車も紹介

ホンダ 新型N-WGN発表!軽ハイトワゴンで比較されるライバル車も紹介

ホンダ N-WGN(エヌ ワゴン)は、ホンダの軽乗用車の中で軽ハイトワゴンに属するモデルです。今回は、N-WGN(エヌ ワゴン)がどのような魅力を持ったモデルなのか解説するとともに、N-WGN(エヌ ワゴン)と同じ軽ハイトワゴンのライバル車も紹介します。


【スライドドアのコンパクトカー】おすすめ車9選!使い勝手良く家族も喜ぶスライドドア車、厳選しました

【スライドドアのコンパクトカー】おすすめ車9選!使い勝手良く家族も喜ぶスライドドア車、厳選しました

軽自動車~コンパクトカーに至るまで、スライドドアが搭載されている車種は幅広く存在していまう。値段も大抵は200万円以下、スライドドアでユーティリティが高くて…。今回はそんなオススメのコンパクトカーのスペック&価格を一挙ご紹介いたします。


【2022年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2022年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


【2022年上半期】ミニバン販売台数ランキング!今売れてるミニバンはこれだ!

【2022年上半期】ミニバン販売台数ランキング!今売れてるミニバンはこれだ!

クルマのボディタイプでも1、2を争う人気のミニバン。ファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、自販連が発表している月別統計データをもとに、ミニバン販売台数上位車種をご案内します。どのミニバンが人気で売れたのか?ランキング形式で見ていきましょう!


【2022年最新】軽自動車燃費ランキングTOP10!燃費がいい軽自動車はコレ

【2022年最新】軽自動車燃費ランキングTOP10!燃費がいい軽自動車はコレ

価格の安さや維持費の安さでお財布に優しい軽自動車ですが、近年の軽自動車は燃費性能も大幅に向上しており、上手に選べばガソリン代もしっかり節約することができます。いったいどの軽自動車が低燃費なのか、気になってきますよね。この記事では、最新のカタログ燃費をもとに、最も低燃費な軽自動車10車種を紹介します。最新軽自動車の驚きの燃費性能を、ぜひチェックしてみてくださいね。


最新の投稿


【2022年】女性におすすめのかっこいい車!国産車・外車10選

【2022年】女性におすすめのかっこいい車!国産車・外車10選

女性が運転していたらより一層かっこいい。そんな車を国内外の多様なジャンルの車から国産車5台、輸入車5台をピックアップしました。貴女に似合うピッタリの一台が見つけてください。


【2022年】セダンの人気車種10選!国産車・輸入車の販売台数ランキングから紹介

【2022年】セダンの人気車種10選!国産車・輸入車の販売台数ランキングから紹介

車には様々なボディタイプがありますが、多くの人が車と聞いて最初に思い浮かべる、最もオーソドックスな形状の車がセダンです。最近のセダンは流れるルーフラインでクーペのような美しいデザインも多く、セダンの定義やイメージも時代とともに少しずつ変わってきています。この記事では、現在販売されている新車のセダンで販売台数ランキングトップ5の国産車と輸入車をそれぞれ5台ずつ、計10台紹介します。


【2022年最新】アウトドアや車中泊におすすめの軽バン5選!

【2022年最新】アウトドアや車中泊におすすめの軽バン5選!

昨今アウトドアや車中泊の人気が高まっていますが、気軽に車中泊を始めるなら「軽バン」がおすすめです。もともとは「仕事用」のイメージが強い軽バンですが、実はいろいろな種類があります。この記事では車中泊におすすめの軽バンを5台紹介します。


【2022年最新】かっこいいSUVの国産車&外車おすすめ10選

【2022年最新】かっこいいSUVの国産車&外車おすすめ10選

昨今、各メーカーが最も力を入れてるジャンルの一つであるといっても過言ではないSUV。悪路走破性能に特化した本格クロカンSUVはもちろんのこと、都市型クロスオーバーSUVや高級感溢れるフラッグシップモデル、さらには一風変わったこだわりのデザインの車種まで、国産&輸入のかっこいいSUVを10車種紹介します。


【2022年】新車を買うならリセールバリューが高い車を選ぼう!おすすめの新車5選

【2022年】新車を買うならリセールバリューが高い車を選ぼう!おすすめの新車5選

市場には、リセールバリュー(再販価値)の高い車と低い車があります。購入時にリセールバリューの高い車を選べば、新車販売価格は高額であっても、所有期間中に目減りする資産価値、すなわち自分の持ち出し分は意外と少なくなる可能性も。この記事では、リセールバリューの高いおすすめの5車種を紹介します。