トップへ戻る

ムーヴキャンバス、かわいさだけじゃない実力派!おすすめグレードも

ムーヴキャンバス、かわいさだけじゃない実力派!おすすめグレードも

ダイハツの、ちょっと背が高くて実用的なスライドドアの軽、と言われると、タントが思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。タントももちろん軽自動車らしからぬ実力の持ち主ではありますが、ぱっちり丸目で2トーンカラーも愛らしいムーヴキャンバスも、普段の生活で役立つこと間違いなしの実力派なのです。かわいさ重視の車と侮るなかれ、ムーヴキャンバスの深〜い魅力をご紹介していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ほんわかした表情のムーヴキャンバス、使い勝手も抜群なんです!

《画像提供:Response 》ダイハツ ムーヴキャンバス

テレビCMや広告でもよく見かけるし、街中でもトコトコ走っていく場面をよく目にするムーヴキャンバス。

前も後ろもパッチリとした丸目基調のデザインや、角が落とされて丸みを帯びたフォルムがかわいらしいですし、2トーンボディカラーの仕様ではちょっとレトロな印象も感じますよね。

しっかり観察しないとわかりにくい部分かもしれませんが、ムーヴキャンバスは、そんなに背が高くないのにスライドドアを備えている異色の軽。

現在軽自動車市場の人気はタントやN-BOXに代表されるスーパーハイトワゴン系に集中していますが、ムーヴキャンバスはそれらよりも少し低めに抑えられた全高が特徴的です。

ムーヴキャンバスをよく見かける人気の理由は果たしてどんなところにあるのか? かわいさだけかと思いきや、実は使い勝手がよく練られた実用性も人気の秘訣なのです。

詳しくご紹介していきましょう。

タントより背は低くても、室内はまるでミニバン?!

《画像提供:Response 》ダイハツ ムーヴキャンバス インテリア

おおよそ1,700〜1,800mm以上の全高を持つスーパーハイトワゴン系と違い、ムーヴキャンバスは全高を1,655mmに抑えています。見るからに背高のっぽという印象はなく、ちょっと背伸びしているくらいの感覚でしょうか。

しかしムーヴキャンバスは、全高を抑えているとはいえ室内高で1,285mmを確保するなど、その室内のゆとりはもはや軽とは思えないほど。スライドとリクライニングができる後席の足元のゆとりは、大型のミニバンをも超えるほどの広さがあります。

ニクい収納が満載な室内で、片付け上手になれそう!

《画像提供:Response 》ダイハツ ムーヴキャンバス 置きラクボックス

広々とした車内に荷物が散在してしまわないよう、細やかな配慮の利いた収納が多数用意されている点もムーヴキャンバスの魅力のひとつ。前席周辺のポケットやトレイなどは定番ですが、ムーヴキャンバスで特徴的なのは、リヤシート座面下に隠れている引き出し収納「置きラクボックス」です。

ハンドバッグやお買い物袋など、シートに荷物を置くと運転中に崩れてしまうのが心配だけど、足元に直接置くのはちょっとイヤ。そんなシーンで役立つ置きラクボックスは、運転席に座っていても使いやすく、日常で役立つこと間違いなしでしょう。

両側パワースライドドアとパノラマモニターで駐車場も安心

《画像提供:Response 》ダイハツ ムーヴキャンバス スマートアシストIII イメージ

クラス初となる両側スライドドアの採用によって、狭い駐車場での乗り降りも安心です。お子様やご高齢の方の乗り降りが楽なだけでなく、予約ロック機能付きの両側パワースライドドアを採用しているので、ちょっとした荷物の出し入れも楽々。

さらに、オプションではありますが、ダイハツ初となる「パノラマモニター」が用意されているので、狭い道でのすれ違いや駐車だってなんのその。最小回転半径も4.4mと小回りが利くので、どんな場面でも安心してドライブができそうです。

安全性能も低燃費も忘れてません!

《画像提供:Response 》ダイハツ ムーヴキャンバス スマートアシストIII イメージ

近年の車らしく、予防安全装備も大充実。車両や歩行者を検知して自動ブレーキをかけてくれるなどのサポート機能がまとめられた「スマートアシストIII」は、全グレードで標準装備されています。

さらに上位グレードにはハンドルを切った方向を明るく照らしてくれるかしこいヘッドライト、「AFS」が装備されているなど、軽自動車の枠を超えた充実装備がムーヴキャンバスの自慢です。

広々室内の大柄なボディながら燃費性能もしっかり考慮されており、より実燃費に近いとされるWLTCモード燃費で20.6km/Lを2WD車が記録しているなど、どんどんドライブに出かけても節約できそうです。

ムーヴキャンバスのラインナップをまとめてみた

そんな魅力的なムーヴキャンバス、カタログを開いてみると、グレード数がとんでもなく豊富なことに気付かれることでしょう。

ちょっと圧倒されてしまいそうなほどに揃えられたそれぞれのグレードの特徴を、わかりやすく解説していきます。

まずは基本の標準グレード!「X“SA III”」と「G“SA III”」

ダイハツ ムーヴキャンバス X”SA III”

ダイハツ ムーヴキャンバス X”SA III”

ムーヴキャンバスの中で最も基本となるのが、最廉価グレードであるX“SA III”と、上級グレードであるG“SA III”です。

最廉価グレードとなるX“SA III”ですが、グレード名の「SA III」が示すようにスマートアシストIIIは標準装備されますし、廉価仕様では省かれがちな運転席シートリフターやチルトステアリング、オートエアコンやキーフリーシステムなどの豪華装備まで備わるので、これで充分!という方もいらっしゃることでしょう。ただし、X“SA III”には、先ほどご紹介した「置きラクボックス」が備わらない点は注意が必要です。

上級グレードとなるG“SA III”になると、UVカットのみだったフロントドアガラスがスーパーUV&IRカットガラスに進化したり、AFS機能付きのLEDヘッドランプなどの上級装備も揃います。XとGの税抜価格差はたったの8万円。それならちょっと贅沢しちゃおうかな、という気にさせてくれますね。

ひとつ上行くキュートさ「メイクアップ リミテッド」「メイクアップVS」

《画像提供:Response 》ダイハツ ムーヴキャンバス G”メイクアップVS SA III”

2021年3月現在、「X“メイクアップ リミテッド SA III”」、「G“メイクアップ リミテッド SA III”」、特別仕様車「G“メイクアップVS SA III”」の3種類が設定されている「メイクアップ」系は、ムーヴキャンバスの中でも人気の仕様。

前後バンパーやボディサイドに華やかなメッキモールが備わるなどエクステリアに専用意匠が加わるほか、ボディカラーとマッチしたインテリアアクセントカラーが内装に加わることで、より高度なトータルコーディネートを感じさせる仕上がりになっています。

特別仕様車となる「G“メイクアップVS” SA III」では、人気の2トーン仕様ボディカラー「ストライプスカラー(ホワイトルーフ)」、運転席シートヒーターなどの快適装備をまとめた「ウォームパック」が標準装備化されており、よりスキのない豪華仕様となっています。

細かな部分では、標準仕様の「メイクアップ リミテッド」では助手席側カップホルダーのみにあしらわれていたアクセントカラーが、「メイクアップVS」では運転席側カップホルダーにも備わるなどマニアックな違いも。オーナーだけが気付く優越感ポイントですね。

クールな黒も映える!「ブラックインテリア リミテッド」「ブラックインテリアVS」

《画像提供:Response 》ダイハツ ムーヴキャンバス G”ブラックインテリア リミテッド SA III” インテリア

こちらも2021年3月現在、「X“ブラックインテリア リミテッド SA III”」、「G“ブラックインテリア リミテッド SA III”」、特別仕様車「G“ブラックインテリアVS SA III”」の3種類が設定されている「ブラックインテリア」系は、文字通り黒基調のインテリアカラーが特徴的な仕様です。

標準仕様ではベージュ色となるシート、ドアライナー、オーディオパネル、ハンドルなどが黒基調に切り替えられることで、一気にシックでクールな印象のインテリアに早変わり。色調の違いだけでなくハンドルは革巻になるなど手触り面での違いもあり、乗り込むたびに特別な黒を実感できることでしょう。

特別仕様車となる「G“ブラックインテリアVS SA III”」では、インテリアともマッチする「ストライプスカラー(グレールーフ)」、運転席シートヒーターなどの快適装備をまとめた「ウォームパック」が標準装備化されており、お買い得感があります。

細かな部分では、「ブラックインテリアVS」ではシフトノブが本革仕様となる点も見逃せません。運転する際には必ず触れる部分だけに、他のグレードのオーナーが羨む部分かもしれません。

ライバルに差をつける差し色!「ホワイトアクセント」「ブラックアクセント」

《画像提供:Response 》ダイハツ ムーヴキャンバス G”ホワイトアクセントVS SA III”

ご紹介してきた「メイクアップ リミテッド」仕様と「ブラックインテリア」仕様をベースにして設定される特別仕様車が「G“ホワイトアクセントVS SA III”」と「G“ブラックアクセントVS SA III”」です。

グレード名の示す通り、ホワイトとブラックのアクセントカラーをエクステリアにあしらった両車は、これまでご紹介してきたムーヴキャンバスとはガラッと異なる印象が持ち味。

ホワイトアクセントは、ベース車のメッキ部分がパールホワイトで塗装される点が大きな特徴で、よりキュートな印象が強められています。ボディカラーはモノトーン仕様のみの設定となっていますが、フロントグリルがパールホワイトで塗り分けされ、ホワイトのピンストライプが加わることで、一目で違いが分かる特別感が嬉しいですね。

《画像提供:Response 》ダイハツ ムーヴキャンバス G”ホワイトアクセントVS SA III”

反対にブラックアクセントは、一気に精悍な印象が増した仕上がりに。ブラック塗装仕上げとなるフロントグリルやホイールキャップによって、軽自動車で流行しているカスタム系のイカツさとは違う、落ち着いたクールさが持ち味ですね。

どちらもウォームパックが標準装備されるほか、ホワイトアクセントでは運転席側カップホルダーのアクセント色追加、ブラックアクセントでは本革シフトノブの追加がされるなど、装備も充実していて選びやすくなっています。

ダイハツ ムーヴキャンバスのスペック

【ダイハツ ムーヴキャンバス G“SA III”】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,655mm
ホイールベース2,455mm
最大乗車定員4名
車両重量920kg
燃費WLTCモード:20.6km/L
エンジン種類直列3気筒ガソリン 658cc
エンジン最高出力38kW(52PS)/6,800rpm
エンジン最大トルク60N・m(6.1kg・m)/5,200rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッションCVT
新車価格1,380,000円(消費税抜)
(2021年3月現在 ダイハツ公式サイトより)

結局どのムーヴキャンバスを選ぶ?おすすめグレードはこれだ

ご予算が許すなら、ぜひおすすめしたいのは特別仕様車の「VS」シリーズ。運転席シートヒーターなどの快適装備は人気のオプションですし、元から備わっているVSシリーズを選んでおけば間違いはありません。

その中でも、甘さが際立つ他のグレードに比べてクールな印象の「G“ブラックアクセントVS SA III”」は、ムーヴキャンバスの中でも異色の存在ですので、よそのムーヴキャンバスと被りにくくて愛着が増すかもしれませんね。

メッキパーツの煌めきやアクセント色は必要ないという方なら、標準グレードのX“SA III”がおすすめ。この使い勝手の良さにしてリーズナブルすぎる価格なので、お好みのアルミホイールに履き替えるなど、カスタムする資金も残しておけそうです。

【2021年最新】ムーヴキャンバス 新車・中古車価格まとめ

《画像提供:Response 》ダイハツ ムーヴキャンバス

ムーヴキャンバスの新車価格は、グレード展開が豊富なのでちょっと身構えてしまいますが、実は価格帯としては大きな変動がありません。

2021年3月現在の税抜新車価格では、エントリーグレードとなるX“SA III” 2WDが130.0万円、トップグレードとなるG“メイクアップVS SA III” 2WDとG“ブラックインテリアVS SA III” 2WDで148.0万円となっており、上位グレードの豊富な特別装備を選んでもまだまだリーズナブルさが感じられます。

4WDが11.5万円高で全グレードに設定されている点も嬉しいポイント。積雪地方にお住まいの方なら、積極的に選んでおきたいところですね。

人気のスーパーハイトワゴンが、上位グレードでは税抜価格でも200万円に届こうかという高価格帯に移行していることを考えれば、ムーヴキャンバスの使い勝手の良さと充実の標準装備で約150万円という価格はかなりお手頃感がありますよね。

ブラックインテリアやツートンのボディカラーなどは標準グレードでもオプション選択できるので、他の装備はいらないけどここだけは外せない!というワガママにも幅広く対応。選ぶ悩みがますます深まってしまいそうですね。

《画像提供:Response 》ダイハツ ムーヴキャンバス G”メイクアップ リミテッド SA III” インテリア

人気のムーヴキャンバスは、中古車市場での在庫数もズバ抜けて多いので、欲しい仕様が探しやすくなっている点もポイント。2021年3月現在、なんと2,500台あまりの中古車在庫を確認することができます。

税込中古車本体価格平均では140.5万円と、大幅に新車時から値下がりしている印象はないものの、デビューが2016年とやや古いこともあって、2016年式のものでは50万円台から探すことも可能となっています。

新車と違って、お好みのオプションや仕様などを自由に選びにくいところは中古車のネックではありますが、節約したお金で豊富に用意されているアクセサリーなどを利用して、自分仕様のキャンバスに仕立てあげるのも楽しそう。

ムーヴキャンバスは外観がデビュー当時から変わっていないので、中古車であっても古びた印象を受けない点は隠れたポイントでしょう。

まとめ

《画像提供:Response 》ダイハツ ムーヴキャンバス

ダイハツの隠れた実力派、ムーヴキャンバスについてご紹介してきました。

扱いやすさ、実用性、安全性、その上かわいさまで兼ね備えたムーヴキャンバスは、ライバル不在の独特のキャラクター。見た目買いしてもよし、スライドドアの使い勝手で選んでもよし、ムーヴキャンバスを選べば、きっと後悔しないカーライフが遅れることでしょう。

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


【ちょうどいい軽】ダイハツ ムーヴの全方位的魅力で高コスパな車選び

【ちょうどいい軽】ダイハツ ムーヴの全方位的魅力で高コスパな車選び

販売台数ではスーパーハイトワゴンが躍進を続けているからといって、全ての軽自動車ユーザーにあれほどのゆとりが必要とは限りません。ハイトワゴンやトールワゴンと呼ばれるジャンルに属するムーヴは、ゆったりくつろげる室内空間を持ちながらも、低重心・軽量で俊敏な走りや低燃費も備えた魅力的な軽自動車です。流行に流されないあなたにこそぜひ知ってほしい、ムーヴの魅力をご紹介していきます。


時代を拓いたダイハツ タント!なぜ販売不調? 格安中古相場にも注目

時代を拓いたダイハツ タント!なぜ販売不調? 格安中古相場にも注目

軽自動車らしからぬ広々さが人気のスーパーハイトワゴンは、ダイハツ タントがブームの火付け役でした。現在では軽自動車の中でもド定番にまで成長した同ジャンルですが、パイオニアであるタントの人気は、強大なライバルに比べるとやや下降気味の様子。どんな背景がそうさせるのか、タントの魅力は薄れていないのかを詳しくご紹介していきます。お買い得な中古車相場も大注目です。


売れまくりダイハツ ロッキー、人気の理由は?!性能や装備を大解剖

売れまくりダイハツ ロッキー、人気の理由は?!性能や装備を大解剖

20年以上の空白期間を経て2019年に復活したダイハツ ロッキーですが、発売されるやいなや即座に大ヒットモデルに成長しています。SUV人気の真っ只中という自動車市場で、小型で扱いやすいサイズというヒット要因はあるものの、ここまで売れるからには、他にもロッキーならではの魅力がたくさんあるはず。ロッキーを徹底分析したこの記事を読めば、あなたもが欲しくなってしまうかもしれません。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。