トップへ戻る

【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

ホンダが発売するスーパーカーのNSXは、初代の生産が終了してから新型のNSXが待望されており、2017年に新型が発売されました。世界中でその魅力に惹かれる人が多いモデルですが、どのようなスペックなのでしょうか?

⏳この記事は約3~4分で読めます。


NSXの特徴

《写真提供:response》ホンダ NSX (2020年モデル)

新時代のスーパースポーツ体験(New Sports eXperience)の文字から来ている車名を持つNSX。F1エンジンビルダーとしても名を馳せたコスワースが共同開発パートナーとなって開発した3.5L V型6気筒エンジンをミッドシップに搭載し、ハイブリッドシステムも搭載しているのが特徴です。

現行モデルは、税抜価格で2,200万円と日本で販売しているホンダ車の中で最高価格となっています。

NSXの特徴をさらに見ていきましょう。

最高峰のスポーツカー

ホンダが製造する最高峰のスポーツカーといえるでしょう。初代モデルも発売当時は市販自動車としては類を見ない世界初の「オールアルミモノコック・ボディー」を採用したモデルでした。エンジンだけでなく、車両の生産はすべて手作業で行っていたので、日本車トップクラスのスポーツカーとして知られていました。

2代目でも最高峰のスポーツカーであることは変わらず、ホンダ車として最高の車体価格になっているだけでなく、数々の先進技術が搭載されておりスポーティな走りを実現しています。

ハイブリッド搭載で進化した走り

3.5Lの力強いエンジンだけでなくハイブリッドシステムが搭載されているので、モーターによるアシストも加わったさらに高度なパフォーマンスを実現しています。パワートレインには、エンジンの他にモーターが3つ搭載されています。

フロントには出力37PSのモーターが2つ搭載されており、リアには48PSのダイレクトドライブモーターがエンジンのクランクシャフトに直結される構造で組み込まれているので、合計のシステム最高出力は581PSです。

ハイパワーを絞り出すエンジンは、75度のバンク角でコンパクトに設計されており、低重心化に役立っています。また後輪の駆動をアシストするモーターは、エンジンのターボラグを解消するようになっており、素早い加速を実現しました。

電子制御で安定した走り

独創のメカニズム「SPORT HYBRID SH-AWD」で、どんな時でもオン・ザ・レール感覚のコーナリングができるようにドライバーをサポートします。

前輪のトルクベクタリングでアンダーステアを抑制。コーナリング中の挙動が乱れたときに安定化を図ります。ドライバーがイメージした通りにライントレースできるので、ドライビングが楽しくなるのです。

前輪のトルクをコントロールするツインモーターユニットは、アクセルオン時だけでなく、アクセルオフ時も左右独立して制御します。

4つの走行モードを選択することができ、シーンに合わせて最適な制御を行ってくれるのです。

NSXのエクステリア

《写真提供:response》ホンダ NSX (2020年モデル)

NSXのエクステリアはワイドなボディが強調されて、まさにスポーツカーというデザイン。四隅には大きなタイヤが配置され、軽さを感じさせる羽根のような造形がボディーのイメージに採用されています。

軽さを際立たせるフローティングピラーは、サイドに空気を流す役割も持っています。ボディーカラーは、初代NSXの人気カラーに現代的アレンジを加えたインディイエロー・パールⅡをはじめ、計9色用意されているのが特徴です。

低いボンネットには、ワイドな印象を与える横長のLEDヘッドライトが装備。大きなエアインテークも力強さを感じさせるデザインです。

リア周りは比較的シンプルな形状となっており、左右のテールランプをつないでいる横一文字のレッドガーニッシュがワイド感とスポーティな雰囲気を演出。

専用鍛造のフロント19インチとリア20インチのアルミホイールからは、アルミモノブロック製大型キャリパーとカスタムオーダーのカーボンセラミック製ディスクが覗けます。

NSXのインテリア

《写真提供:response》ホンダ NSX (2019年モデル)

NSXのインテリアには、骨格を思わせるガーニッシュデザインが採用されており、強固なコックピットがイメージされたスタイルと羽根のような軽さを感じさせる形状です。

インストルメントパネル内部には、アルミ押し出し材のビームが配置。見た目だけでなく、コックピット強度も高められており、軽量化とデザインの両立が図られているのが特徴です。

カスタムオーダーでは、メーターバイザーやステアリングガーニッシュがカーボン製になったり、ルーフの内張りがアルカンターラ製にできるなど、特別なインテリアにカスタムもできます。

《写真提供:response》ホンダ NSX (2019年モデル)

フロントピラーは断面を小さくして、ドライバーの視界を確保しています。ドアミラーが外側にオフセットして配置されていることや、ステアリングホイールの上部が平になっているのでコーナリング中の視界を確保。

手になじむような革が使用されているステアリングホイールや体幹を支えるスポーツシートで自由な肩の動きを確保しながらも、身体をしっかりと支えてくれます。

NSXの歴史

《写真提供:response》ホンダ NSX(2020年モデル)

ホンダのフラッグシップスポーツカーとして、1990年から2005年に初代が発売され、2016年から2代目NSXが発売されています。どのような歴史があったのか、見ていきましょう。

【先代】国産初のスーパースポーツ

《写真提供:response》ホンダ NSX 初代(1990年)

1990年4月にホンダNSXが登場しました。新世代ミッドシップスポーツカーであるNSXは、運動性能を高めるためにオールアルミモノコックボディが採用されました。

V型6気筒エンジンが搭載され、高級スポーツカーに匹敵する性能を備えた車となります。吸排気特性に優れたショートストロークタイプのエンジンで、ホンダご自慢のVTECやチャンバー容量切り替えインテークマニホールドシステムが採用されます。

組み合わされるトランスミッションは4速ATと、当初は5速、後に6速に置き換えられたMTの3種類でした。

タイプRも登場

1992年11月にタイプRが登場します。エンジンはV型6気筒エンジンで同じですが、クランクシャフトやピストン、コネクティングロッドの精度が高められており、エンジンレスポンスが向上しています。

バンパービームやドアビームがアルミ化されていることや、レカロ社との共同開発で超軽量フルバケットシートが採用されたことで、標準モデルよりも約120kg軽量化されており、サーキット走行も視野に入っているモデルです。

2001年にビッグマイナーチェンジ

《写真提供:response》ホンダNSX(2002年マイナーチェンジ)

2001年12月に外観を中心にビッグマイナーチェンジが行われました。空力や重量軽減を目的にヘッドライトが固定式に変更されます。

フロント周りやサイドスカート、リア周りが改良されます。また排ガス規制に適合したエンジンになりました。

2002年NSX-Rが登場

ホンダ NSX-R

ホンダ NSX-R

2002年5月にNSXタイプRからNSX-Rに変更されます。

フロントボンネットやフロア下の空力性能を向上させることで、市販車初となるマイナスリフトを実現しました。またボンネットやリア・スポイラーがCFRPとなり軽量化されているのも特徴です。

現行NSXのスペック・価格

【2代目 ホンダ NSX】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,490mm×1,940mm×1,215mm
ホイールベース2,630mm
最大乗車定員2名
車両重量1,800kg
燃費WLTCモード:10.6km/L
エンジン種類水冷V型6気筒縦置
最高出力373kW(507PS) /6,500~7,500rpm
最大トルク550N・m (56.1kgf・m) /2,000~6,000rpm
モーター種類交流同期電動機
最高出力(前)27kW(37PS) /4,000rpm(1基あたり)
最高出力(後)35kW(48PS) /3,000rpm
最大トルク(前)73N・m (7.4kgf・m) /0~2,000rpm(1基あたり)
最大トルク(後)148N・m (15.1kgf・m) /500~2,000rpm
駆動方式4WD(SPORT HYBRID SH-AWD)
トランスミッション9速オートマチック+パドルシフト
車両価格 22,000,000円(税抜)
2021年4月現在 ホンダ公式サイトより

NSXの口コミは?

レスポンスの試乗記から、NSXのドライバーフィールを見てみましょう。

「安定するリアの動きと舵角に鋭く入るフロントのバランスが最高。安楽な走りも可能だが、VSA-OFFは操る楽しみ。『できるドライバー』に向けたスーパースポーツAWDだ」

とくに乗り心地は、一般公道の試乗であれば、どこかの駐車場から一般道へとクルマを進めることになるが、1本目のタイヤが路肩の段差から走行車線の路面の上にストン!と降りた瞬間から「なんて上等な乗り味のスポーツカーに手直しされたのだろう」と驚かされた。

2018年の改良後のモデルでは、一般道での快適性もこれまで以上に磨きがかかったようです。モーターを組み合わせたSPORT HYBRID SH-AWDで安定してスポーティな走行が楽しめるモデルです。

まとめ

NSXは国産のスポーツカーとして、高性能な走りを見せてくれます。先代モデルはMRのスーパーカー、現行モデルはハイブリッドを搭載した新技術が満載のスーパーカーです。気軽に購入できる金額ではありませんが、魅力が詰まった1台です。

こちらの記事もおすすめ!

関連する投稿


ホンダ ライフ|Nシリーズ登場前の、ホンダの人気軽自動車!

ホンダ ライフ|Nシリーズ登場前の、ホンダの人気軽自動車!

現在、軽自動車で人気抜群のN-BOXやN-WGNを販売するホンダが、「Nシリーズ」前に生産していたのが、ホンダ ライフです。すでに、新車販売は終えていますが、中古車市場には豊富。そこで、歴代のライフと、おすすめポイントをまとめました。


ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-Vは、とくに北米・欧州でその実力を評価され、2019年の世界販売台数では、第4位になりました。5代目となった現行モデルでは、7人乗りが新たに登場しています。今回は、CR-Vの歴史と、現行モデルの実力をまとめています。


【レジェンド】ホンダの最新技術が詰め込まれたフラッグシップセダン

【レジェンド】ホンダの最新技術が詰め込まれたフラッグシップセダン

レジェンドは、ホンダの最新技術が投入されたフラッグシップセダンです。ホンダが、創業以来初めて手がけた2リッターを超える高級車であり、「伝説」となることを願って名付けられました。今回は、レジェンドの詳細情報をまとめています。


歴史に名を残す名車 アコード|その歴代モデルから最新モデルまで

歴史に名を残す名車 アコード|その歴代モデルから最新モデルまで

ホンダを代表するセダンであるアコードは、世界120以上の国や地域で販売され、累計2,000万台以上を販売してきた名車です。時代のニーズをとらえながら、支持を集めてきました。今回は、その歴代モデルから、最新モデルまで紹介します。


ホンダ シャトル|5ナンバーサイズのステーションワゴンの魅力は?!

ホンダ シャトル|5ナンバーサイズのステーションワゴンの魅力は?!

5ナンバーサイズの使いやすさと、ステーションワゴンとしてのユーティリティの高さを合わせ持つ、ホンダ シャトル。エクステリアやインテリア、ラゲッジスペースやグレードなどの情報を詳しく解説します。


最新の投稿


【カーリースと中古車、どっちがおトク?】支払い額近し!メリット・デメリットで見極めよう

【カーリースと中古車、どっちがおトク?】支払い額近し!メリット・デメリットで見極めよう

近年人気上昇中のカーリースですが、メリットばかり宣伝で見るけど何か裏があるんじゃないの?と気になっている方も多いのでは。新車は手が届かないけど、カーリースならなんとかなるかも!とお思いの方でも、中古車もきっと一度は検討してみたはず。カーリースと中古車、どちらがどんなカーライフにぴったりなのか、メリットとデメリットを分析することでしっかり見極めていきましょう。


【カーリース会社を比較】おトクなのはどのカーリース?人気会社を調査

【カーリース会社を比較】おトクなのはどのカーリース?人気会社を調査

近年急速に広がりを見せている車の持ち方が「カーリース」です。あらゆる分野で所有しない使用というスタイルが人気を得る中、車に対する出費を月々定額の支払いでまとめることのできるカーリースもお手軽感が人気の様子。そこで、人気のカーリース会社の特徴をまとめて比較してみました。ご自分に合ったカーリース会社はどれなのか、きっとぴったりのサービスが見つかるはずです。


世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

マツダの世界戦略車として開発され、国内のみでなく欧米諸国でも高い人気を誇るマツダのアクセラ(現マツダ3)の特徴や魅力をご紹介します。セダンやハッチバックなどモデルラインナップも多いので、それぞれの特徴、そして新車価格・中古車価格などについても解説していきます。


広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

スズキのエブリイワゴンは広々としたインテリアが特徴で、車中泊もできるアウトドアにぴったりの一台です。価格も比較的安価に購入できるので、高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。そこで今回は、エブリイワゴンの魅力を詳しく紹介します。


国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

日本の入り組んだ道でも運転しやすく、人気の高いコンパクトカー。最近では、燃費性能の高い車種もたくさん販売されていて、メーカーがこぞって力を入れる車種となっています。今回はそんなコンパクトカーについて魅力を解説していきます。