トップへ戻る

スズキ エブリイ|商用車のベストセラーカーを徹底解剖!中古車相場も!

スズキ エブリイ|商用車のベストセラーカーを徹底解剖!中古車相場も!

毎日必ず見かける車といえば軽バンです。そしてその中でも最も多く見るのがスズキのエブリイではないでしょうか。そこで、安くて小回りがきく働く人の強い味方「エブリイ」を徹底解剖します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スズキ エブリイとは?

スズキ エブリイ PC ⦅画像提供:Response⦆

エブリイは、スズが製造・販売するバンタイプの軽貨物車で、そして2015年2月にフルモデルチェンジされた6代目が現行モデルとなります。

エブリイは、軽規格のコンパクトなボディサイズにより小回りが効き、女性にも運転しやすいことから小売店や配送業、そして建設・設備業といった様々な業種で広く使われています。

また、エブリイはマツダに「スクラムバン」、日産に「NV100クリッパー」、そして三菱自動車に「ミニキャブバン」としてOEM供給しています。

現行モデルのエブリイ

スズキ・エブリイ 運転席⦅画像提供:Response⦆

現行モデルのエブリイは、クラストップの荷室スペースとなっており、様々な荷物の積載を可能にしています。すべてのグレードに2WDと4WDが用意されています。

さらに、2019年6月の一部仕様変更において安全装備も強化され、衝突被害軽減ブレーキがステレオカメラ方式の「デュアルカメラブレーキサポート」に変更され、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシストを追加されました。

また、誤発進抑制機能は前方に加え後方にも対応する軽キャブバン/ワゴン初採用の後退時用衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」も追加されています。

エブリイの荷室スペース

スズキ エブリイ PCの荷室⦅画像提供:Response⦆

エブリイの荷室は、2名乗車時には荷室床面長が1,955mmあり、荷室幅と荷室高(ハイルーフ車)も余裕のサイズで軽キャブバンNo.1(2021年3月現在、スズキ調べ。他社にも同数値の車があります)の広さを実現しています。さらに、助手席を前に倒すと床面長は2,640mmとなり、長尺物の積載も可能になるなど、多様な荷物に適応します。

また、軽キャブバンNo.1(2021年3月現在、スズキ調べ。他社にも同数値の車があります)の大きな開口部と低い床面地上高のバックドアで、荷物の積み降ろしがスムーズに行なえ、開口部の広い後席スライドドアによって、荷物の出し入れも楽にも対応できます。

エブリイのグレードと価格

スズキ エブリイ JOINターボ インパネ⦅画像提供:Response⦆

エブリイには、各グレードに標準ルーフと荷室高が100mm高いハイルーフが設定されており、使用目的に合わせたタイプが選べます。

また、商用バンであるエブリイですが、乗用車と兼用とするユーザーも少なくありません。そのため、エブリイには乗用車としての快適装備を備えたグレードのJOINとJOINターボが設定されています。

JOINとJOINターボには、CDプレーヤー、電動格納式リモコンドアミラー、ヒーテッドドアミラー(4WD車)、リヤセンターアームレスト、パワーウインドー(フロント/リヤ)、そしてリヤヒーターなどが装備されており、商用バンとしての機能そのままに、快適な室内を実現しています。

スズキ エブリイ車両本体価格(消費税抜き)

グレード2WD4WD
JOINターボ(ハイルーフ)5MT
1,111,000円
1,231,000円
JOINターボ(ハイルーフ)4AT
1,271,000円
1,391,000円
JOIN(ハイルーフ)5MT
1,018,000円
1,138,000円
JOIN(ハイルーフ)5AGS
1,163,000円
1,283,000円
JOIN(ハイルーフ)4AT
1,178,000円
1,298,000円
PCリミテッド(ハイルーフ)5MT
983,000円
1,073,000円
PCリミテッド(ハイルーフ)4AT
1,103,000円
1,173,000円
PC(ハイルーフ)5MT
963,000円
1,083,000円
PC(ハイルーフ)4AT
1,0990,000円
PAリミテッド(ハイルーフ)5MT
90,000円
990,000円
PAリミテッド(ハイルーフ)5AGS
975,000円
1,095,000円
PAリミテッド(ハイルーフ)4AT
990,000円
1,110,000円
PA(ハイルーフ)5MT
880,000円
990,000円
PA(ハイルーフ)5AGS
955,000円
1,075,000円
PA(ハイルーフ)4AT
970,000円
1,090,000円
GA(標準ルーフ)5MT
880,000円
1,000,000円
GA(標準ルーフ)4AT
970,000円

(2021年4月現在 スズキ公式サイトより)


【スズキ エブリイ】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)
4,600mm×1,855mm×1,690~1,695mm
荷室サイズ(長さ×幅×高さ)

・ハイルーフ2名乗車
1,820~1,910mm×1,280~1,320mm×1,240mm
・ハイルーフ4名乗車930~975mm×1,385mm×1,240mm
・標準ルーフ2名乗車1,905mm×1,315mm×1,140mm
・標準ルーフ4名乗車975mm×1,385mm×1,140mm
ホイールベース2,430mm
最大乗車定員2名 4名
エンジン種類直列3気筒658cc 658ccターボ
最高出力

36kW(49PS)/5,700rpm

47kW(64PS)/6,000rpm ターボ車

最大トルク

62N・m (6.3kg・m)/3,500rpm

95N・m (9.7kg・m)/3,000rpm ターボ車 

JC08モード燃費15.4~19.6.km/L
トランスミッション
5MT 4AT 5AGS
駆動方式
2WD 4WD●
最大積載量350kg
(2021年4月現在 スズキ公式サイトより)

エブリイの車いす移動車

スズキ エブリイ 車いす移動車⦅画像提供:Response⦆

エブリイは荷物を運ぶだけではなく、福祉車両としても活躍しています。

福祉車両「ウィズシリーズ」のエブリイの車いす移動車は、大きく広いバックドア開口部と広い荷室スペースのエブリイをベースとした福祉車両であり、頭上や足もとにもゆとりがあるので、さまざまなサイズの車いすに対応します。

車両後部のテールゲート一体型スロープにより、車いすでのスムーズな乗り降りを実現。ベルトをすばやく引き出せるフリーモードを追加し、リモコン操作可能な電動ウインチを採用して介助者の負担を軽減しています。

また、車いす乗員用の3点式シートベルトとオレンジ色の手すりを標準装備し、固定ベルトは4点式となり、補助シートが助手席側リアシートとして標準化されています。

スズキ エブリイ車両本体価格(消費税免税)

グレード2WD4WD
助手席側リヤシート付車 4AT
1,665,000円
1,785,000円
(2021年4月現在 スズキ公式サイトより)

スズキ エブリイ ワゴン

スズキ エブリイワゴン⦅画像提供:Response⦆

エブリイには、1ボックスタイプの広い荷室を居住スペースとして活かした派生車種、エブリイワゴンがあります。

エブリイワゴンは、エンジンを全席シート下に配置するキャブオーバータイプのボディは、フロントエンジンのトールワゴンより広大な居住空間とともに、必要十分な荷室を確保できるのが特徴です。

スズキ エブリイワゴン後部座席⦅画像提供:Response⦆

エブリイの乗用車バージョンであるエブリイワゴンは、エブリイとは異なるシャープなデザインのフロントマスクや、スマートな印象のリヤビューにより上質感のあるエクステリアとなっています。


エブリイワゴンは、エブリイの広い荷室を活かした軽キャブワゴンNo.1の室内空間(2021年3月現在、スズキ調べ。他社にも同数値の車があります)が特徴で、エブリイ同様にハイルーフと標準ルーフの2つのボディタイプを用意しています。

2,240mmの室内長をはじめ、1,420mmの室内高(ハイルーフ)、そして1,355mmの室内幅に、フロントシートはベンチシートを採用し、ロングホイールベースとリヤシートスライド量の拡大により、クラストップの1,080mmの前後乗員間距離をも実現しています。

また、左右分割可倒式リヤシートや助手席前倒し機構といった多彩なシートアレンジ。スイッチひとつで解錠と開閉が可能なワンアクションパワースライドドア、左側スライドドアの乗り降りに便利な電動オートステップ等の快適装備と機能も採用されています。

エンジンにはNAエンジンと、力強いトルクと伸びやかな走りのターボエンジンを搭載し、4ATのみの設定となっています。

さらに、、2019年6月の一部仕様変更で、衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」に加え、軽キャブワゴン初となる「後退時ブレーキサポート」などを採用した「スズキ セーフティ サポート」をエブリイワゴンに標準装備しました。

スズキ エブリイワゴンの価格

スズキ エブリイワゴン車両本体価格(消費税抜き)

グレード2WD4WD
PZターボスペシャル(標準ルーフ)4AT
1,570,000円
1,690,000円
PZターボスペシャル(ハイルーフ)4AT
1,580,000円
1,700,000円
PZターボ(標準ルーフ)4AT
1,500,000円
1,620,000円
PZターボ(ハイルーフ)4AT
1,510,000円
1,630,000円
JPターボ(標準ルーフ)4AT
1,370,000円
1,490,000円
JPターボ(ハイルーフ)4AT
1,380,000円
1,500,000円
(2021年4月現在 スズキ公式サイトより)

スズキ エブリイの中古車相場

2005年式 スズキ エブリイ⦅画像提供:Response⦆

強固なボディを持つエブリイは、先代、先々代モデルであっても十分仕様に耐えることから、人気のある車種となっています。

商用バンであるエブリイの中古車は、年式が古くても走行距離が少ない車の評価が高くなる傾向があります。そのため、現行モデルより先代モデルの方が高い価格になることもあります。

【スズキ エブリイ】中古車相場

生産期間中古車平均価格(消費税込み)
2019年10月~生産中(5代目 現行モデル)
109.4万円
2019年6月~2019年9月生産モデル(4代目モデル)
119.2万円
2016年3月~2019年5月生産モデル(4代目モデル)
88.5万円
2015年12月~2016年2月生産モデル(4代目モデル)
69.9万円
2015年2月~2015年11月生産モデル(4代目モデル)
78.1万円
2005年8月~2015年1月生産モデル(3代目モデル)
43.9万円
1999年1月~2005年7月生産モデル(2代目モデル)
21.5万円

(2021年4月現在 レスポンス中古車検索より)

まとめ

低価格で経費も抑えられる軽商用バンのエブリイは、狭い路地でも小回りが利いてどんな地域でも宅配や小売店の配達、そして職人さんの相棒として活躍しています。

そしてエブリイなら、これからビジネスを始める人にとっても大きな力になるでしょう。

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


スズキのエスクードはなぜ売れない?メリットや新型車情報を解説

スズキのエスクードはなぜ売れない?メリットや新型車情報を解説

スズキのエスクードは売り上げがそれほど振るわないモデルではありますが、数多くの魅力を備えています。秋口には新型車が出るという情報もあり、今後に期待が持てるでしょう。そこで今回は、スズキのエスクードの魅力をご紹介します。


ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

欧州でのSUVブームから、日本でも大型のSUVが人気となり街中でも見かけるようになりました。少し大きすぎるという方にはコンパクトSUVがおすすめです。今回紹介するスズキ クロスビーはちょうどいいサイズのコンパクトSUVで、その魅力を他のメーカーと比較しながらご紹介します。


スズキ ラパンが乗りづらいって本当?グレードや人気色について解説!

スズキ ラパンが乗りづらいって本当?グレードや人気色について解説!

スズキ ラパンは非常にかわいい軽自動車です。しかし、一部ではラパンは乗りづらいという声もあります。そこで今回は、スズキ ラパンのグレードや人気色、乗りづらいと言われている理由についてご紹介します。


新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


最新の投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

スターレットとは、トヨタが1973年から生産・販売し、1999年に5代目まで継続した車です。燃費が良く小回りの利く車として人気のあった車です。本記事ではそんなスターレットについてご紹介しています。