トップへ戻る

【ホイールナット】おすすめ5選を紹介!材質・形状の違いも要チェック

【ホイールナット】おすすめ5選を紹介!材質・形状の違いも要チェック

タイヤの交換やローテーションは自分でおこなう、という方は少なくないでしょう。そんなとき、必ず扱うのがホイールナットです。実は、ホイールナットにはさまざまな種類や形状があり、適切なものを使用しないと、緩んでしまうことさえあります。今回は、ホイールナットについてまとめました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ホイールナットってなに?

《写真提供:response》鍛造アルミホイール「MDCF」とホイールナット

ホイールナットとは、車体にホイールを取り付け、固定するための部品です。ボルトと組み合わせて、締め付けや固定するもので、ナットは「めねじ」となっています。ホイールナットは、サイズや必要な数がクルマによって違うため、適正なものを選び、使用することが重要です。

本格的なクルマのメンテナンスは、ディーラーや修理工場に任せている方でも、夏タイヤとスタッドレスタイヤの交換、夏タイヤのローテーション、といった作業は自分でおこなうという方も少なくないでしょう。そういうわけで、ホイールナットは比較的扱う可能性の高いクルマの部品です。

今回は、ホイールナットのタイプ、形状、素材の違い、そしておすすめのホイールナットをご紹介します。

ホイールナットのタイプ

袋タイプ

《写真提供:AC》袋タイプのナット

袋タイプとは、ナットの片面を閉じられており、ねじ穴が貫通していないナットのことです。キャップナット、化粧ナットと呼ばれることもあります。

このタイプのナットは、締め付けたボルトやビスの先端が露出しないため、安全性が高いという特徴があります。また、ホイール穴をふさぐため、雨による錆を防止でき、汚れも防いでくれます。そして、装飾性が高いので、愛車の足回りのドレスアップを図りたいときに役立ちます。

貫通タイプ

《写真提供:AC》貫通タイプのホイールナット

貫通タイプのホイールナットは、文字通り、穴が貫通しているタイプのナットです。

メリットは、袋タイプと比べて、価格がややリーズナブルなところ。さらに、袋タイプがボルトの長さに合わせてナットを選ばなければならないのに対して、ボルトの長さに関係なくきちんと閉められることです。

ただ、装飾性は袋タイプのほうが断然高いため、貫通タイプは主に、スチールホイールの装着、ホイールキャップと組み合わせる、といったケースで使用されることが多いようです。

ホイールナットの代表的な形状

《写真提供:response》originalニスモのロゴ入り『ホイールナットセット』『エアバルブキャップセット』

ホイールナットは、「座面」に合わせた形状を選ぶ必要があります。

座面とは、ナットとホイールが接触する面のこと。その違いに合わせて、ホイールナットには大きく分けて、「60°テーパー座」、「平面座」、「球面座」の3種類があります。

60°テーパー座

「60°テーパー座」は、日本では最もポピュラーなタイプのホイールナットで、日本国内で流通しているホイールとナットの多くに採用されています。とくに、トヨタやホンダの純正ホイールなどを除く多くのアルミホイール、とくに社外アルミホイールでは、そのほとんどが60°テーパー座と言われています。

形状は名前の通り、ホイールとナットの接触面が斜めにカットされています。この接地する座面が60°なので、「60°テーパー座」という名前になっています。

平面座

「平面座」は、取り付け座面が平面になっている規格のホイールナットです。平面座のメリットは、ホイールとナットの接する部分が、線ではなく面になるため、摩擦に強く、ホイールをしっかり固定できるところ。

この平面座ホイールナットを採用しているのは、国内メーカーだとトヨタ自動車です。一部例外もありますが、多くのトヨタ製純正アルミホイールで平面座が使用されています。

球面座

「球面座」は、テーパーナットのテーパー部分が、球状になっているものです。この球面座ナットは、ホンダ車の純正アルミホイールに多く使用されています。メリットは、テーパーナットよりもホイールとの摩擦力が生まれやすいため、ナットが緩みにくいこと。

見た目は60°テーパー座と似ていますが、基本的には互換性がありません。ですから、購入や取り付けに際しては、注意が必要です。もし60°テーパー座ナットと間違えて使用してしまうと、接触面が少なくなってしまい、ナットに緩みが出やすくなります。

ホイールナットにはどんな素材が使われているの?

《写真提供:AC》タイヤ交換

スチール

スチールは、多くのホイールナットに使用されており、これから取り上げるジュラルミン、クロモリ、チタンと比べても、流通量が多い素材です。

メリットは何といっても、他の素材に比べて価格が手頃なところ。それでいて耐久性が高く、頑丈で壊れにくいため、人気となっています。一方、塗装の表面処理具合によっては、経年劣化を起こして錆びやすい素材でもあります。

とはいえ、安全性とコストパフォーマンスを求めるのであれば、バランスの良いスチール製がおすすめです。

ジュラルミン

ジュラルミンは、アルミニウム合金の一種で、アルミの強度を高めたものです。環境にもよりますが、その強度は鉄鋼材料に匹敵するといわれています。加えて、ジュラルミン素材は「軽い」という特徴をもっています。そのためジュラルミンケースは、重要な書類を入れたり、現金輸送に使用されたりしています。

ジュラルミン素材のホイールナットはカラーが豊富で、シルバー色以外のホイールナットをお探しの方には、必見の素材。軽量なので、長い目で見れば燃費向上も期待できます。ただし、軽量がゆえにナットが緩みやすいという弱点も持っており、定期的なメンテナンスが必要です。

クロモリ

クロモリとは、クロームモリブデン鋼の略称で、クロムとモリブデンを配合した炭素鋼合金のことです。

クロモリは、通常の鉄よりも錆びにくく、丈夫な素材です。実際、相当な荷重のかかるロードバイクのフレームやレーシングナットに数多く使用されており、耐熱性や強度にも優れています。スチールと比べると、価格が高くなりがちなので、ホイールナットにこだわりたい方が選ぶ素材となってくるでしょう。

チタン

チタンは、錆びにくく、強度があり、しかも軽量、という高品質な金属です。

当然、チタンで作られたホイールナットは高い性能を発揮します。ただし、性能が高いぶん、チタン製のホイールナットは、価格もかなり高め。それでも品質の高いホイールナットをお探しであれば、チェックしたほうがいい素材です。レーシング用途でも使用されており、品質は折り紙つきです。

ホイールナットおすすめ5選!

Bull Lock (0651B-19)協永産業

KYO-EI [ 協永産業 ] Bull Lock [ 袋タイプ 19HEX ] M12 x P1.5 5H車用 [ 個数:20P ] [ 品番 ] 0651B-19

一般自動車からレーシング用の高性能なホイールナットにいたるまで、さまざまな種類のホイールナットを提供している国内メーカーの協永産業。「KYO-EI」ブランドとしても広く知られており、高度な鍛造技術と実績で、確かな信頼を確立してきました。

この「ブルロック(0651B-19)」は、通常のホイールナット16個に加え、盗難防止用ロック4個がセットになっており、アルミホイール盗難の防犯対策となっています。もちろん、この盗難防止で絶対に大丈夫とは言い切れませんが、せっかくホイールナットを交換するのであれば、防犯対策がなされたこちらの商品は、おすすめです。

価格も、2021年4月現在、実売価格が3,000円台で、お求めになりやすいものとなっています。

17HEXロック&ナットセット(74082000000CP)RAYS

【RAYS(レイズ)】 17HEXロック&ナットセット(5ホール用) M12×1.5 CP(メッキ) 74082000000CP

日産 GT-Rなどの純正ホイールも製作しているレイズ。「17HEXロック&ナットセット」は、しっかりとした作りで、高級感さえ漂わせます。

よく見ると、レイズのロゴがさりげなく入っており、RAYSホイールを装着しているクルマにも、少しのドレスアップを図りたい方にも、おすすめの商品です。

マックガード ロックナット(MCG-34212)マックガード

McGard マックガード MCG-34212 ロックナット M12X1.25 21H (ブラック) MCG-34212

マックガードは、ホイールおよびタイヤの盗難防止用品で有名なブランドです。特徴は、ナットの頂部に彫りこまれた花柄のパターン。

コンピューターにより作図・管理されており、専用キーなしに緩めることは困難とされています。ですから、市販の工具を使って無理やり取り外すことが難しく、高価なホイールを履いている愛車には、おすすめの選択肢です。

レデューラレーシングシェルタイプナット(ロック&ナットセット)KYO-EI

KYO-EI(協永産業) LEGGDURA RACING Shell Type Lock & Nut Set(CL35) レデューラレーシングシェルタイプナット(ロック&ナットセット) M12×P1.25ブルー CL35-13U

スチール製コアナットに、鮮やかなカラーアルマイト表面処理を施したアルミシェルを取り付ける構造のホイールナットです。

鮮やかなブルーは、シルバーやブラックのホイールにも映え、ドレスアップはバッチリ。アルミシェルのおかげで、コアナットに傷がついても見た目には分からないので、タイヤ交換などの際にも安心でしょう。

ハイセキュリティロックナット M12X1.5 21H ストレート (MCG-31256)マックガード

ハイセキュリティロックナット McGard マックガード MCG-31256 ロックナット M12X1.5 21H ストレート MCG-31256

トヨタでは、ディラーオプションにも採用されているマックガード。

「まさかホイールが盗まれることなんて…」と思いたいところですが、万が一のことを考えると、安心のためにはこれくらい本格的なほうがおすすめです。

落ち着いたデザインと色合いで、メーカー純正ホイールにも、こだわりの社外アルミホイールにも、よく似合うことでしょう。

まとめ

《写真提供:AC》ホイールナットをよく選ぼう

今回は、ホイールナットについてまとめました。タイプ、形状、素材によって、さまざまな種類のホイールナットがあります。ぜひ愛車にピッタリのホイールナットを探してみてくださいね。

関連する投稿


エアクリーナーのメンテナンス忘れてない?おすすめ商品もご紹介!

エアクリーナーのメンテナンス忘れてない?おすすめ商品もご紹介!

車のエンジンはガソリン・軽油などと空気を混合して動力となります。この時、取り入れる空気をクリーンな物にするためには、エアクリーナーと呼ばれる装置を使用します。本記事ではエアクリーナーやその選び方やおすすめ商品を紹介します。


高級サスペンションメーカー オーリンズって何がすごいの?

高級サスペンションメーカー オーリンズって何がすごいの?

車やバイク好きの方なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?オーリンズと言えば最高峰のサスペンションメーカーであり、レースなどでも活躍が著しいメーカーです。今回はこの「オーリンズ」について見ていきましょう。


愛車に長く乗り続けたい方必見!おすすめカーケア用品をご紹介!

愛車に長く乗り続けたい方必見!おすすめカーケア用品をご紹介!

車を快適に過ごすためのグッズは数多く存在します。また車のお手入れのための用品も多いです。カーシャンプーやワックス・水垢取りなどは身近なカーケア用品と言えるでしょう。今回はこれらのカーケア用品についてご紹介していきます。ご自身で出来るカーケアの知識を増やし快適なカーライフをお過ごし下さい。


おすすめカーワックスをご紹介!効果や選び方も

おすすめカーワックスをご紹介!効果や選び方も

愛車のお手入れの第一歩はカーワックスではないでしょうか。新車の輝きを長持ちさせ、汚れ対策にもなるカーワックスの選び方や正しいかけ方についてご説明していきます。正しいカーワックスのかけ方は知っているようで知らない方も多いのではないでしょうか。カーワックスの選び方は車により違うことも説明していきます。


【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

あまり聞き慣れない「ジャンプスターター」。ジャンプスターターとは車のバッテリーが上がってしまった時に直せるアイテムです。本記事では使い方や選び方、おすすめ商品まで紹介いたします!バッテリートラブルの解消に役立つこと請け合いです!


最新の投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

スターレットとは、トヨタが1973年から生産・販売し、1999年に5代目まで継続した車です。燃費が良く小回りの利く車として人気のあった車です。本記事ではそんなスターレットについてご紹介しています。