トップへ戻る

ホンダ N-BOX|内装の特徴は?使い勝手や室内空間の良さを徹底解説

ホンダ N-BOX|内装の特徴は?使い勝手や室内空間の良さを徹底解説

ホンダのN-BOXは軽自動車の販売台数で上位に入っているモデルです。軽スーパーハイトワゴンで広い室内空間を持っているだけでなく、ファミリー層に使いやすい収納が魅力です。この記事では、N-BOXの内装の特徴を徹底的に解説します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


N-BOXの内装の特徴

《写真提供:response》N-BOX インパネ

2011年に初代が発売されたときから、優れた室内空間を備えているモデルとして人気を集めていました。2017年にフルモデルチェンジされた2代目でも広い室内空間やデザインが受け継がれており、高い人気を誇っています。

特に子どもがいるファミリー層でも使いやすいモデルとして人気がありますが、その理由は多彩なシートアレンジです。内装の特徴をさらに見ていきましょう。

インテリアのデザイン

インテリアのデザインは、水平基調なものとなっており、モダンな空間です。ダークブラウンやベージュ、グレーの落ち着いたカラーが採用されているので心地よく過ごせます。

ベーシックなグレード、コーディネートスタイル、さらにカスタムとグレードがありますが、いずれもインテリアは同じデザインとなっています。

N-BOX

《写真提供:response》N-BOX インテリア

ダークブラウンをベースになったインパネ周りです。ステアリングホイールにホワイト塗装の加飾、ドアノブの周囲、さらにダッシュボードにホワイトマットの加飾がされています。

シートのカラーとマッチする落ち着いたデザインとカラーが採用されています。

N-BOX コーディネートスタイル

《写真提供:response》N-BOX コーディネートスタイル

コーディネートスタイルになると、ダークブラウンのインテリアカラーは同じですが、ステアリングホイールやドアの内張、またダッシュボードにダークタン塗装の加飾が加えられています。

ピラーなどはベージュになっていますが、ドアの内張がブラックも加えられているなど、さらに落ち着いた雰囲気です。

N-BOX カスタム

《写真提供:response》N-BOX カスタム

カスタムになると、ガンメタリックとブラックのツートンでクールなデザインです。加飾されているのも奥行き感のあるマルチブラック偏光塗装で特別感があります。

ピラー部分などもグレーになっており、ベーシックなグレードやコーディネートスタイルとは違ったイメージを感じさせます。

N-BOX カスタム コーディネートスタイル

《写真提供:response》N-BOX カスタム コーディネートスタイル

カスタムのコーディネートスタイルになると、インパネやスタアリングにボルドー塗装が加えられています。ステアリングやシフトノブのステッチも差し色があるので、カスタムとは違ったデザインです。

シートのカラー

シートのカラーは、グレードによって異なっています。グレードごとにどのようなカラーが採用されているのか見てみましょう。

N-BOX

《写真提供:response》N-BOX シート

ベーシックなグレードに装備されているのは、ベージュとグレージュのシートです。トリコットシートとなっており、落ち着いたカラーにマッチしたものです。

N-BOX コーディネートスタイル

《写真提供:response》N-BOX コーディネートスタイル

ダークタンとブラウンのカラーが採用されたトリコットシートが装備されています。インパネ周りのカラーと合っている落ち着いたカラーです。

N-BOX カスタム

《写真提供:response》N-BOX カスタム 

カスタムのシートは、ブラックとガンメタのトリコットシートです。ターボにはプライムスムース&トリコットコンビシートが装備されています。

N-BOX カスタム コーディネートスタイル

《写真提供:response》N-BOX カスタム コーディネートスタイル

フルプライムスムースシートが採用されており、ブラックとボルドーの色彩になっています。中央のボルドーの差し色が映えるシートカラーです。

シートアレンジ

《写真提供:response》N-BOX シートアレンジ

N-BOXのシートアレンジを見ていきましょう。生活スタイルに合わせて、3つのシート仕様から選択できます。

・ベンチシート仕様
・スーパースライドシート仕様
・スロープ仕様

ベンチシート仕様は組み合わせが多彩になります。後席をスライドさせることで、前席との距離や荷室長を調整できます。

後席をスライドさせる機能は、スーパースライドシート仕様も同様です。ベンチシート仕様とスーパースライドシート仕様の両方とも、チップアップ&ダイブダウン機能付スライドリアシートが装備されるので、左右別に調整できます。スライド幅は19cmです。

またスーパースライドシート仕様の助手席シートは、スライド量が57cmもあり、リアシートと組み合わせて多彩なシートアレンジができます。助手席の操作は、前後の両方からレバーの操作が可能です。

スロープ仕様になると、リアシートはリクライニングができ、4人乗車したときでも広い荷室に積載できます。4人乗車モードから車いす乗車モードすぐに変更できます。

介護で車いすを積載したいときには、専用装備があるので使いやすいです。装備されているのは以下の装備です。

・電動ウインチ
・電動ウインチ用リモコン&カバー
・車いす乗員用手すり
・車いす乗員用3点式ELRシートベルト
・車いす固定ベルト

家族の介護で車を使用する方でも、簡単に操作できる装備があります。

N-BOXの収納スペース

《写真提供:response》N-BOX インパネ

N-BOXに装備される収納スペースを見ていきます。

ドリンクホルダー

運転席とリア左右席(一部グレード)が搭載されています。リア左右席に装備されないグレードにも、リアルーム左側にドリンクホルダーが装備されます。また標準装備なのは、助手席側の収納式ドリンクホルダーです。

運転席アッパーボックス

メーター下に設置されたアッパーボックスはティッシュボックスが収納できるほどの大きさです。車に乗っているときに、不意にティッシュが必要になったときにすぐに取り出せるので便利です。

ドライバーズロアポケット

サングラスなどを収納できる部分です。ドライバーが小物を一時的に収納しておきたいときにぴったりです。

インパネトレイ

大型のインパネトレイには、スマホはもちろんですが、大き目のものでも置いておけます。ボックスティッシュも置けるサイズです。インパネトレイの横には、USBソケットもあるので、スマホを充電しながら置いておくことも可能です。

グローブボックス

グローブボックスは、それほど広くありません。車検証などを収納して置けるサイズですね。

センターロアボックス(一部グレード)

助手席にスーパースライド機能が装備されない、ベンチシートモデルのみに装備されます。ゴミ箱としても使用できるので便利です。

フロントドア

フロントドアアッパーポケットとフロントドアミドルポケットが装備されます。また運転席側には、フロントドアフロアポケットがあります。

シートバック

シートバックアッパーポケットとシートバックアンダーポケットがあります。上部にあるアッパーポケットはメッシュ状のポケットで、収納しているものが一目で確認できます。

コンビニフック(一部グレード)

ベンチシート仕様とスロープ仕様のモデルには、コンビニフックが用意されています。

N-BOXの荷室

《写真提供:response》N-BOX 荷室

N-BOXの荷室はシートアレンジの豊富さによって、荷物に合わせて調整できるものです。リアシートが19cmスライドさせられるので、荷物の大きさや多さに合わせて調整できます。

さらにリアシートはダイブダウンさせて収納させることや座面を跳ね上げるチップアップの機能があります。

《写真提供:response》N-BOX リアシート(2017年)

ダイブダウンさせるときには、ヘッドレストはそのままで背もたれを前に倒すだけのワンアクションで収納が可能です。荷室幅は112cmあるので、大きな荷物も余裕をもって収納できます。27インチの自転車も車輪を外すことなく積載可能です。

低床でFF車の場合には荷室の高さは47cm。後席下に燃料タンクがないので、自転車を積むときも楽々です。

背丈の高い荷物を積載したいときは、リアシートをチップアップさせます。室内高が140cmもあるので、子育て中のママがベビーカーなどを積載するのにも便利ですね。

まとめ

N-BOXの内装は、室内の随所に多くの収納が装備されていることや多彩なシートアレンジが魅力となっています。簡単に収納できるリアシートは、跳ね上げて高さのある荷物を積載することも可能です。子どもがいる家庭のファミリーカーとしても使いやすい装備がたくさんあるので、普段の買い物に非常に便利に使えるモデルです。

こちらの記事もおすすめ!

関連する投稿


広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

スズキのエブリイワゴンは広々としたインテリアが特徴で、車中泊もできるアウトドアにぴったりの一台です。価格も比較的安価に購入できるので、高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。そこで今回は、エブリイワゴンの魅力を詳しく紹介します。


国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

日本の入り組んだ道でも運転しやすく、人気の高いコンパクトカー。最近では、燃費性能の高い車種もたくさん販売されていて、メーカーがこぞって力を入れる車種となっています。今回はそんなコンパクトカーについて魅力を解説していきます。


軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

日本の道路は狭いため軽自動車がとても人気です。しかし、軽自動車の魅力は小さくて小回りがきくだけではありません。今回は、国内で軽自動車が人気の理由と燃費性能や維持費についても解説していきます。


マツダ CX-8の室内空間とインテリア、そして荷室はどうなの?

マツダ CX-8の室内空間とインテリア、そして荷室はどうなの?

2017年12月に発売されたマツダのCX-8は、3列シートのSUVということで注目を集めています。そこで、マツダの看板車種になったCX-8の特長である3列シートを備えたインテリアと荷室の特徴を、グレードごとにご紹介します。


【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

ホンダが発売するスーパーカーのNSXは、初代の生産が終了してから新型のNSXが待望されており、2017年に新型が発売されました。世界中でその魅力に惹かれる人が多いモデルですが、どのようなスペックなのでしょうか?


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。