トップへ戻る

N-BOXの実燃費は?乗り心地やパワーユニットごとの走行性能も解説

N-BOXの実燃費は?乗り心地やパワーユニットごとの走行性能も解説

軽自動車の販売台数を伸ばしているN-BOXは、広い室内だけでなく低燃費なことも魅力です。ハイブリッドなどが搭載されているわけではありませんが、現行モデルなら低燃費が期待できます。そこで実燃費がどれほどなのか、ライバル車種との比較までご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


N-BOXの燃費

《写真提供:response》N-BOX N-BOXカスタム

ホンダのスーパーハイトワゴンのN-BOXは、2011年に初代が登場すると一気に人気車種へとなりました。2017年にフルモデルチェンジをして、2代目になってからも人気が衰えることなく、2020年の軽自動車の年間販売台数でもトップになっています。

先代モデルと現行モデル共に、マイルドハイブリッドなどは搭載していませんが、特に現行モデルはエンジンが燃費性能が高いものが搭載されており、走りと燃費のバランスが優れています。

N-BOXのカタログ燃費や実燃費を見ていきましょう。

N-BOXのカタログ燃費

N-BOXのWLTCモードのカタログ燃費は以下の通りとなっています。


NAエンジン:FF
21.2km/L
NAエンジン:4WD
19.8km/L
ターボエンジン:FF
20.2km/L
ターボエンジン:4WD
19.0km/L

ホンダ公式サイトより

カタログ燃費を表すのに使用されているWLTCモードは、従来主に使用されていたJC08モードよりもカタログ燃費と実燃費の差が少なくなりました。それもWLTCモードの測定試験は、車種ごとに「市街地モード」、「郊外モード」、「高速道路モード」が設定されおり、従来の計測方法よりも実際の走行シーンに近い方法で測定されているからです。

N-BOXのカタログ燃費はそれほど良くないと感じるかもしれませんが、このWLTCモードで測定されているので、カタログ燃費と実燃費の差が少なくなるのです。

N-BOXの実燃費

N-BOXの実燃費を見ていきましょう。

2021年4月時点でのe燃費のデータでは、以下の通りとなっています。


NAエンジン:FF
17.08km/L
NAエンジン:4WD
13.97km/L
ターボエンジン:FF
16.1km/L
ターボエンジン:4WD
14.19km/L

e燃費より

カタログ燃費と大きな差が出ているモデルもありますが、N-BOXに限った話ではないので軽自動車としては平均的といえるでしょう。軽自動車の規格内では大きなスーパーハイトワゴンですので、ミライースなどのような燃費にはなっていません。

しかしFF車ならNAエンジンとターボエンジン共に低燃費を実現しています。特にターボエンジンはNA車よりも大きく燃費を落とす傾向がありますが、4WDでもそれほど燃費が落ちていないのは注目に値します。

N-BOXのパワーユニット

《写真提供:response》N-BOX エンジン(2017年)

N-BOXのパワーユニットを見てみましょう。

搭載されているのは、S07Bというエンジン。先代のエンジンと比較して、ロングストロークになり、燃焼効率が高められています。ロングストロークにすることで、冷却損失が少なくなり、熱効率を高められるというメリットがあります。

NAエンジンはi-VTECエンジンになっているので、低速での力強さと高速での伸びが両立されています。NAエンジンでは軽自動車は力不足を感じることがありましたが、スムーズでトルクがあるエンジンなので市街地では十分なパワーを絞り出してくれるエンジンです。

果たして前を行くNA車がどの程度一生懸命だったかは定かではないが、まあ普通の道を普通に走る分には正直なところ、NAもターボもそれほど大きな差はないなぁ…と感じた。しかし、いざ首都高速に乗ってみると、その差は歴然。やはりターボの威力は大きかった。

ターボエンジンは、街中でならアクセルを踏み込む量が少なくても十分に加速するだけのスペックがあります。高速道路や幹線道路の合流などのNAエンジンで力不足を感じるシーンでも、エンジン回転数を上げることなく加速できます。

ターボが効き始めるのも低回転なので、街中でも力強く走ることができます。

「ターボ付き」であれば高速道路に乗り入れても動力性能的に全く不足はない。僕が矢田部のテストコースで「ターボ付き」と「NA」と両方試したが、ターボ付きは140km/hで巡航しても音が静かでまだ余裕を感じられるほどだった。

N-BOXの乗り心地は?

《写真提供:response》N-BOX

N-BOXの乗り心地を見ていきましょう。

NAエンジンとターボエンジンの両方で、安定した走行性能を見せてくれるので、普通自動車からダウンサイジングさせたい方にもおすすめです。

通常普通自動車から軽自動車に乗り換えると、質感を含めてどうしても物足りなさを感じてしまうものですが、N-BOXなら普通自動車から乗り換えた方でも満足できる仕上がりになっています。

これ、ホントに軽か?という疑問符が頭の中にパッパッと点灯するほどで、過去に試乗したどの軽よりも快適でスムーズな乗り心地を持っていることは疑いもない。

快適でスムーズに乗りたい方におすすめのモデルですね。

N-BOXとライバル車種との比較

N-BOXのライバル車種の比較を見てみましょう。軽自動車のスーパーハイトワゴンでは、スペーシア、タント、さらにルークスが直接的なライバルとなるでしょう。

N-BOXと比較した実燃費の違いを見ていきます。

スズキ スペーシア

スペーシア

スペーシア

スペーシアはマイルドハイブリッドを搭載しているので、実燃費もよいものになっています。FFモデルのe燃費のデータでは、ハイブリッドのNAエンジンで実燃費は18.79km/Lとなっていました。ターボモデルで14.94km/Lです。

平均燃費ですので、郊外を中心として走行する場合には、さらに低燃費な場合も報告されています。走行シーンによって異なるものの、マイルドハイブリッドを搭載している分、N-BOXよりも低燃費といえるでしょう。

e燃費より

ダイハツ タント

タント

タント

タントのe燃費による実燃費はFFのNAモデルで16.95km/Lとなっています。ターボモデルの場合には15.78km/Lです。

タントはマイルドハイブリッドなどを搭載しておらず、一部グレードに装備されるエコドライブアシスト照明付のドライブアシストイルミネーションによって、エコ運転をサポートします。

e燃費より


日産 ルークス

ルークス

ルークス

日産のルークスは、スマートシンプルハイブリッドが搭載されており、モーターによるアシストがあるので低燃費を実現しています。

e燃費のデータによる実燃費は、FFのNAモデルで17.04km/L、ターボモデルになると16.06km/Lになります。ルークスも郊外を走行するシーンが多いなら、さらに低燃費になる可能性もあるでしょう。優劣が付けづらいほど低燃費ですね。

e燃費より

まとめ

N-BOXの燃費情報を見てきましたが、現行モデルはNAエンジン、ターボエンジン共に低燃費になっています。走り方によって左右されるものですが、どちらのパワーユニットでも力強く走ることができますし、カタログ燃費に近い数値が出ています。郊外の道や高速道路の走行シーンが多いのであればターボ、市街地がメインならNAエンジンを選択するとよいでしょう。

こちらの記事もおすすめ!

関連するキーワード


ホンダ 車種情報 N-BOX 燃費

関連する投稿


軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

日本の道路は狭いため軽自動車がとても人気です。しかし、軽自動車の魅力は小さくて小回りがきくだけではありません。今回は、国内で軽自動車が人気の理由と燃費性能や維持費についても解説していきます。


ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

国内でもファミリー層に人気なミニバンですが、家族が乗れるほど大きいのに何故ミニが付くのでしょうか。よく聞くバンとの違いはあるのか気になる方も多いと思います。そこで今回はミニバンの大きさに関してから人気車種まで徹底解説します。


【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

ホンダが発売するスーパーカーのNSXは、初代の生産が終了してから新型のNSXが待望されており、2017年に新型が発売されました。世界中でその魅力に惹かれる人が多いモデルですが、どのようなスペックなのでしょうか?


ホンダ ライフ|Nシリーズ登場前の、ホンダの人気軽自動車!

ホンダ ライフ|Nシリーズ登場前の、ホンダの人気軽自動車!

現在、軽自動車で人気抜群のN-BOXやN-WGNを販売するホンダが、「Nシリーズ」前に生産していたのが、ホンダ ライフです。すでに、新車販売は終えていますが、中古車市場には豊富。そこで、歴代のライフと、おすすめポイントをまとめました。


ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-Vは、とくに北米・欧州でその実力を評価され、2019年の世界販売台数では、第4位になりました。5代目となった現行モデルでは、7人乗りが新たに登場しています。今回は、CR-Vの歴史と、現行モデルの実力をまとめています。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。