トップへ戻る

予算200万円の新車をタイプ別紹介!SUVやスポーツカーも

予算200万円の新車をタイプ別紹介!SUVやスポーツカーも

車選びにおけるひとつのスイートスポットな予算は「200万円」なのかもしれません。たとえ新車であっても、200万円以下ならあらゆるボディタイプの車から幅広く選べるバリエーションがうれしいところ。その中でも今回は、ちょっと人に自慢したくなるような高コスパのおすすめ車種をご紹介していきます。流行のSUVからミニバンまで、人気車種が目白押しです。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


グッと広がる選択肢!予算200万円で探す新車選び

トヨタ カローラ(海外仕様車)

トヨタ カローラ(海外仕様車)

日本の街中にぴったりな小型車において、一種のスイートスポットである価格帯は200万円周辺かもしれません。

より大型の車ではやや心許なく感じてしまいそうな予算とはいえ、軽自動車なら最上級グレードを狙えるほか、普通車でも上級グレードまでしっかり候補に入ってくるので、せっかく車を買うのなら満足したい!とお思いの方にはぴったりの選択肢が目白押しです。

そんな幅広い選択肢の中でも、ちょっと自慢したくなるような魅力を持ったコスパの良いおすすめ車種をご紹介していきます。

ボディタイプ別!新車価格200万円以下のおすすめ車はこれだ

【街乗り楽々コンパクト】ホンダ フィット

ホンダ フィット HOME(左)、CROSSTAR(右)

ホンダ フィット HOME(左)、CROSSTAR(右)

2020年2月にモデルチェンジして四代目となったフィット。もはやミニバンを思わせるユーティリティ性能とホンダらしい動力性能を備えるコンパクトハッチバックとして、初代から人気を維持し続けているだけに、現行モデルでもその魅力は実在です。

燃費性能や静粛性で優れるハイブリッド仕様も捨てがたいのですが、おすすめしたいのはガソリン車の上級グレード。

遊び心のあるツートーン仕様が選べるNESSや、クロスオーバーSUVの力強さを備えたCROSSTAR、さらには本革シートを備えるLUXEなど、お好みに合わせたグレード選択ができるバリエーションの豊富さは、人気の秘訣かもしれませんね。

【ホンダ フィット】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,995mm×1,695/1,725mm×1,515〜1,570mm
エンジン種類直列4気筒ガソリンハイブリッド 1.5L
直列4気筒ガソリン 1.3L
WLTCモード燃費帯23.2〜29.4km/L(ハイブリッド)
17.0〜20.4km/L(ガソリン)
新車価格帯(税抜き)約181〜230万円(ハイブリッド)
約141〜198万円(ガソリン)
(2020年12月現在 ホンダ公式サイトより)

ホンダ フィットの中古車価格まとめ(2020年12月調べ)

中古車平均価格: 201.0万円(現行モデル)
中古車本体価格帯: 2.5〜269.0万円

【カッコいいSUV】トヨタ ヤリスクロス

トヨタ ヤリスクロス

トヨタ ヤリスクロス

こちらも先ほどご紹介したフィットと同じく、今年デビューのトヨタ ヤリスクロス。流行のSUVスタイルということもあって、8月に発売されて以降大人気となっており、現在でも半年程度の納車待ちとなるほどのようです。

先行して発売されたヤリスが思い切った前席重視、走行性能重視のパッケージングに割り切ったのに対し、ヤリスクロスは存在感のあるボディが特徴的。サイズがやや大型化したこともあり、後席空間や荷室容量で、SUVらしい余裕がもたらされている点が嬉しいポイントです。

価格はうれしいのですが、実はおすすめしたいのはもうひとつ上位の「X」グレード。Bパッケージで装備されない予防安全と運転支援機能セット「トヨタセーフティセンス」が備わる点が大きな違いとなっています。

特にヤリスクロスに備わるのは、全車速追従機能付レーダークルーズコントロールなどを備えた高機能なタイプですので、やや値段が上がるとはいえ、Xをおすすめしたいところです。

【トヨタ ヤリスクロス】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,180mm×1,765mm×1,590mm
エンジン種類直列3気筒ガソリンハイブリッド 1.5L
直列3気筒ガソリン 1.5L
WLTCモード燃費帯26.0〜30.8km/L(ハイブリッド)
17.4〜20.2km/L(ガソリン)
新車価格帯(税抜き)約207〜255万円(ハイブリッド)
約163〜221万円(ガソリン)
(2020年12月現在 トヨタ公式サイトより)

トヨタ ヤリスクロスの中古車価格まとめ(2020年12月調べ)

中古車平均価格: 220.6万円
中古車本体価格帯: 159.8〜344.5万円

【ミニバンでドライブ】トヨタ シエンタ

トヨタ シエンタ

トヨタ シエンタ

たとえば予算150万円では実現できないのが、5人乗り以上の多人数乗車が可能な車選び。しかし200万円まで範囲が広がると、ミニバンも選べるようになってきます。

残念ながらX、ファンベースXともに、予防安全機能「トヨタセーフティセンス」が標準装備されないのですが、ガソリン車ではメーカーオプションとして用意されていますので、2WD仕様ならば装着しても予算内に収めることができます。

ご家族で乗る機会の多いミニバンだけに、ぜひ装着しておきたいオプションの一つですね。

【トヨタ シエンタ】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,260mm×1,695mm×1,675mm
エンジン種類直列4気筒ガソリンハイブリッド 1.5L
直列4気筒ガソリン 1.5L
WLTCモード燃費帯22.8km/L(ハイブリッド)
14.0〜17.0km/L(ガソリン)
新車価格帯(税抜き)約202〜約234万円(ハイブリッド)
約73〜約214万円(ガソリン)
(2020年12月現在 トヨタ公式サイトより)

トヨタ シエンタの中古車価格まとめ(2020年12月調べ)

中古車平均価格: 161.8万円(現行モデル)
中古車本体価格帯: 0.8〜307.1万円

【スポーツカーなら】スズキ スイフトスポーツ

スズキ スイフトスポーツ

スズキ スイフトスポーツ

ググッと選択肢が広がる200万円の予算なら、スポーツ走行にももってこいのカリカリホットハッチまで選ぶことができます。それがこちらのスイフトスポーツ。

現行モデルではこれまでのノンターボエンジンをやめ、新たにターボエンジンを搭載したことでパンチが向上。高剛性なプラットフォームの恩恵もあり、街中で曲がり角を通り抜けても感じられるその高性能は「スポーツ」の名に恥じない実力の持ち主です。


極まる高性能とスポーティなエクステリアに引けを取らない雰囲気抜群のインテリアを持ちつつ、5ドア5人乗りの実用車としての側面も持つスイフトスポーツなら、一台で何役もこなしてくれそうです。

【スズキ スイフトスポーツ】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,890mm×1,735mm×1,500mm
エンジン種類直列4気筒ガソリンターボ 1.4L
WLTCモード燃費帯16.6〜17.6km/L
新車価格帯(税抜き)約170〜194万円
(2020年12月現在 スズキ公式サイトより)

スズキ スイフトスポーツの中古車価格まとめ(2020年12月調べ)

中古車平均価格: 133.6万円(スイフト現行モデル)
中古車本体価格帯: 1.5〜469.0万円

【オープンカーも選べる!】ダイハツ コペン

ダイハツ コペン エクスプレイ

ダイハツ コペン エクスプレイ

こちらは軽自動車とはなってしまいますが、国産車の中でもはや絶滅危惧種といった印象もあるオープンカーでも、200万円の予算なら選ぶことができます。

2シーターオープンスポーツのダイハツ コペンは、2002年に登場した初代モデルが圧倒的支持を受けて人気モデルとなり、異例の長期間である12年にわたって生産を続行。2014年に登場した現行の二代目モデルも、ボディ外板を一部樹脂化して簡単な着せ替えを可能にするなどの新基軸で話題を呼びました。

軽規格の660ccエンジンとはいえしっかりターボエンジンですし、5速マニュアルトランスミッションも選択可能で、低い着座位置からキビキビとした走りを楽しめるコペン。

それだけでなく、コペンは歴としたオープンカー。開閉に手間がかかるオープンカーは操作が億劫になるものですが、コペンには高級車もビックリのリトラクタブルハードトップ「アクティブトップ」が装備されるので、ロック操作以外はスイッチひとつで開閉が可能となっています。毎日でもオープンにしたくなるコペンの魅力のひとつですね。

外装などの仕様別でグレード展開が多いのですが、シャープな印象の「ローブ」、SUVチックなアクティブさが異色の「エクスプレイ」、丸目がキュートな「セロ」の3バリエーションなら、200万円以下の新車価格が設定されています。

軽自動車として上級の車だけあって、LEDヘッドランプや本革巻スアテリングホイール、オートエアコンなど便利装備も充実。登場年度がやや古いこともあってか予防安全装備が用意されない点は痛い部分ですが、価格に見合った満足度が得られることでしょう。

それぞれに設定される上級グレード「S」では、MOMO製の本革巻ステアリングホイールや、高級感のあるスエード調表皮のレカロシート、ビルシュタイン製高性能ショックアブソーバーなど、主に走りに関する部分でのアップグレードを実施。

【ダイハツ コペン】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,280mm
エンジン種類直列3気筒ガソリンターボ 0.66L
WLTCモード燃費帯18.6〜19.2km/L
新車価格帯(税抜き)約171〜221万円
(2020年12月現在 ダイハツ公式サイトより)

ダイハツ コペンの中古車価格まとめ(2020年12月調べ)

中古車平均価格: 157.5万円(現行モデル)
中古車本体価格帯: 29.0〜382.0万円

まとめ

ホンダ フィット NESS

ホンダ フィット NESS

200万円の予算で探す、実力派の新車をご紹介してきました。小型車が中心になるとはいえ、装備内容は今や高級車と見まがうほどの豪華なものですし、制約を感じることなく車選びができそうなことがお分かりいただけたのではないでしょうか。

もちろん、新車に限らず中古車も候補に入れれば、可能性はもはや無限大と思えるほど。ご自分のスタイルにぴったり合った愛車探しの参考にしてみてくださいね。

関連する投稿


トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

とどまるところを知らないSUVブームの中でも、特に人気が高く各メーカーがしのぎを削っているのはコンパクトSUVクラス。コンパクトSUVだけで3車種も用意するトヨタのラインナップの中でも、登場が最も新しく人気を牽引しているのが「ヤリスクロス」です。国産車だけでなく輸入車とも比較されるような完成度の高さが話題のヤリスクロス、登場から1年が経つ今も「買い」なのか調査しました。


スズキ スイフトにはどんなグレードがあるの?おすすめのグレードについて紹介

スズキ スイフトにはどんなグレードがあるの?おすすめのグレードについて紹介

スズキ スイフトは種類が多く、人気の高い車種です。現在販売しているグレードの種類は豊富にあるのでどれを選べばいいかわからない方も多いでしょう。この記事では、スズキ スイフトのグレードの種類とおすすめグレードを比較しながらご紹介していきます。


スズキ スイフトRS、RStってどんな車?走行性能やコスパについて紹介!

スズキ スイフトRS、RStってどんな車?走行性能やコスパについて紹介!

スズキ スイフトRS、RStは人気の高い車です。コスパがよく、走行性能を重視している人であっても満足できる性能を有しています。この記事では、スズキ スイフトRS、RStの基本情報や走行性能、コスパについて詳しくご紹介します。


マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

欲しい車種が決まったら次はグレード選びです。そこで、まず車種のグレードの内容と特長を把握して自分に必要なグレードを判断することが重要になります。今回はマツダの人気SUVであるCX-5のグレードについて解説し、CX-5を検討する人のお役に立ちたいと思います。


【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

ホンダが発売するスーパーカーのNSXは、初代の生産が終了してから新型のNSXが待望されており、2017年に新型が発売されました。世界中でその魅力に惹かれる人が多いモデルですが、どのようなスペックなのでしょうか?


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。