トップへ戻る

【おすすめ4選】150万円で買える新車で大満足カーライフ!

【おすすめ4選】150万円で買える新車で大満足カーライフ!

自動車というかなり大きな買い物において、150万円で買える新車はかなりベーシックになってしまうのでしょうか。ありがたいことに、150万円以下という予算でも、さまざまな種類の車が選べる選択肢がしっかり用意されているのが現在の日本車メーカーの底力。そこで、おすすめしたい150万円以下のお買い得車を、ジャンルごとにまとめてみました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


意外と選択肢が広い!予算150万円で選ぶ新車選び

マツダ2

マツダ2

普段の生活で150万円の買い物をする機会はなかなか無い方がほとんどと思いますが、人生でも大きな買い物のひとつ「自動車」に関して、特に新車を買うとなると、150万円という予算はやや心許なく感じられる方も多いかもしれません。

しかし意外や意外、150万円以下で探す新車はもはやベーシックなだけでなく、趣味性まで備えたような魅力的な新車の選択肢が広がっているのです。

今回は、予算150万円で探す新車の中でもおすすめの車種をご紹介します。

150万円以下から選ぶ普通車をジャンル別紹介

【コンパクトカー】マツダ2(145.92万円〜)

マツダ2

マツダ2

流れるような躍動感を持つフォルム、キリッとした目つき、品よく配されたメッキパーツの煌めき… えっ こんな上級車が買えるの?!と驚いてしまいそうなプレミアムコンパクト「マツダ2」ですが、最廉価グレード「15C 2WD」ならば150万円を下回る価格が設定されています。

前述のエレガントなエクステリアはたとえ廉価グレードでも同じですし、マツダ車らしい「人馬一体」を味わえる優れたドライビングダイナミクスはもちろん備わっているのが「15C 2WD」。145.915万円という価格で、伸びやかな1.5リッターエンジンと6速ATを堪能することができます。

さらに、安全装備や先進装備でも抜かりがないのが近年のマツダ車。明るいLEDヘッドランプやオートライト&レインセンサーワイパーといった豪華装備が標準装備されているほか、夜間の歩行者検知にも対応した自動ブレーキ「アドバンストスマートシティブレーキサポート(アドバンスドSCBS)」も備わるので、見た目のプレミアムさに違わない現代的な装備内容がうれしいところですね。

マツダ車でお馴染みのクリーンディーゼルエンジン「スカイアクティブD」を搭載したモデルとなると、最安でも190.3万円の「XD」からとやや価格がジャンプアップしてしまう点は残念ではありますが、こちらも予算200万円ならぜひ選びたくなる魅力的な仕上がりです。

【マツダ2】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,065mm×1,695mm×1,500/1,525/1,550mm
エンジン種類直列4気筒ガソリン 1.5L
直列4気筒ディーゼルターボ 1.5L
WLTCモード燃費帯17.2〜20.2km/L(ガソリン)
19.2〜25.2km/L(ディーゼル)
新車価格帯(税込)145.915〜251.9万円(ガソリン)
190.3〜277.75万円(ディーゼル)
税込150万円以下のグレード2WD:15C
4WD:なし
(2020年12月現在 マツダ公式サイトより)

マツダ2 中古車価格まとめ(2020年12月調べ)

マツダ2 中古車平均価格: 198.2万円(2020年4月〜生産中モデル)
マツダ2 中古車本体価格帯: 105.0〜235.0万円

マツダ デミオ 中古車平均価格: 138.6万円(2018年8月〜2019年9月生産モデル)
マツダ デミオ 中古車本体価格帯: 0.8〜199.9万円

【SUV】スズキ イグニス(142.34万円〜)

スズキ イグニス

スズキ イグニス

軽自動車のSUVモデルならば予算150万円でも選べるのですが、隠れた名車としておすすめしたいのが、ハッチバックとコンパクトSUVのクロスオーバーモデル、スズキ イグニスです。

あからさまなSUVアピールはされていないものの、180mmが確保された最低地上高や、力強いオーバーフェンダーなど、サイズの小ささを跳ね返すようなマッチョさもキュートなイグニス。

残念ながら予算150万円以下となると、自動ブレーキなどの安全装備パッケージ「スズキセーフティサポート」のレスオプションを選択しなければならないのですが、「ハイブリッドMG スズキセーフティサポート非装着車 2WD」なら、軽自動車もびっくりの142.34万円が新車価格となっています。

スズキセーフティサポートが標準装備される「ハイブリッドMG」グレードは152.24万円と、今回の予算は僅かにオーバーしますが、ほんの少しですのでできればそちらを選択したいところではありますね。

イグニスをおすすめする理由のひとつはそのスタイリング。欧州でも人気を得ている国際派のイグニスは、スズキの過去の偉大な車たちをオマージュしたデザインディテールが目白押し。昔の車なんて興味がなくても、愛嬌のあるスタイルは非常に魅力的ですよね。

また、軽自動車枠から解き放たれた1.2リッターエンジンは、全車標準装備のマイルドハイブリッドの助けもあって、コンパクトなボディをグングン加速させる実力があります。室内空間も広々としており、後席の余裕などは、やはり普通車の風格を感じさせる部分です。

【スズキ イグニス】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,700mm×1,660/1,690mm×1,605mm
エンジン種類直列4気筒ガソリン 1.2L
WLTCモード燃費帯19.0〜19.8km/L
新車価格帯(税込)142.34〜203.06万円
税込150万円以下の仕様2WD:ハイブリッドMG(スズキセーフティサポート非装着車)
4WD:なし
(2020年12月現在 スズキ公式サイトより)

スズキ イグニス 中古車価格まとめ(2020年12月調べ)

中古車平均価格: 152.8万円(2020年2月〜生産中モデル)
中古車本体価格帯: 57.9〜197.0万円

【ワゴン・バン】トヨタ プロボックス(139.92万円〜)

トヨタ サクシード

トヨタ サクシード

比較的コンパクトなハッチバック車をご紹介してきていますが、もっとガンガン荷物を運びたい方には「プロボックス」がぴったり。

過去には販売系列違いの兄弟車「サクシード」もラインナップされていたほか、5ナンバー仕様も用意されていたのですが、現在では商用4ナンバー登録のプロボックスのみとなっています。

日本のビジネスシーンで見かけない日があるだろうかと思うほど街中でもよく見かけるプロボックスだけに、その実力は本物。過走行もなんのそのという耐久性を備えるだけでなく、荷室の使い勝手などは、コンパクトなボディサイズを感じさせない実力の持ち主です。

そんなプロボックス、最廉価グレード「DX」とひとつ上位の「DXコンフォート」で1.3リッターガソリンエンジン搭載モデルなら、予算150万円を十分に下回る価格を実現。中でもおすすめしたいのは、143.66万円のDXコンフォートグレードです。

商用車ということもあって豪華な装備はあまり見当たりませんが、DXコンフォートなら運転席パワーウィンドウやキーレスなど最低限の便利装備が備わるのが見逃せません。さらに重要なポイントは、定評のある予防安全装備パッケージ「トヨタセーフティセンス」が全車で標準装備されていることでしょう。

コストにシビアなプロ仕様ということもあってか、標準装備のレスオプションも用意されていますので、さらに上位のGLグレードや、どうしても1.5リッターエンジンが欲しい場合は、価格の微調整が効きそう。しかし、荷室の使い勝手の良さや小回りの利く動力性能は廉価グレードでも共通ですので、ベーシック仕様をオシャレに乗ってみるのも楽しそうです。

【トヨタ プロボックス】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,245mm×1,690mm×1,525/1,530mm
エンジン種類直列4気筒ガソリンハイブリッド 1.5L
直列4気筒ガソリン 1.5L
直列4気筒ガソリン 1.3L
WLTCモード燃費帯22.6km/L(1.5Lハイブリッド)
14.6〜17.2km/L(1.5Lガソリン)
16.6km/L(1.3Lガソリン)
新車価格帯(税込)185.35〜200.2万円(1.5Lハイブリッド)
157.85〜188.87万円(1.5Lガソリン)
139.92〜150.92万円(1.3Lガソリン)
税込150万円以下のグレード2WD:DX 1.3L、DXコンフォート 1.3L
4WD:なし
(2020年12月現在 トヨタ公式サイトより)

トヨタ プロボックス 中古車価格まとめ(2020年12月調べ)

トヨタ プロボックスバン 中古車平均価格: 156.1万円(2019年10月〜生産中モデル)
トヨタ プロボックスバン 中古車本体価格帯: 9.9〜239.8万円

トヨタ プロボックス 中古車平均価格: 107.2万円(2012年4月〜2013年10月生産モデル)
トヨタ プロボックス 中古車本体価格帯: 19.0〜182.9万円

選択肢広がる!150万円以下から選べる軽自動車のおすすめ紹介

ホンダ N-WGN、三菱 eKクロス、ダイハツ タント、日産 デイズ

ホンダ N-WGN、三菱 eKクロス、ダイハツ タント、日産 デイズ

日本独自の車両規格である軽自動車なら、150万円の予算でも様々な個性派モデルが選べる点はうれしい部分。人気のSUVやスーパーハイトワゴンも、150万円以下のグレードでも装備が充実しているので、普段使いで不便を感じることはもはやなさそうですね。

そんな数多ある軽自動車の中でも特におすすめしたい車をご紹介します。

【おすすめ軽自動車】ホンダ N-WGN(129.8万円〜)

ホンダ N-WGN(右)、N-WGN カスタム(左)

ホンダ N-WGN(右)、N-WGN カスタム(左)

魅力満点の最新の軽自動車たちの中でも、特におすすめしたい車がホンダ N-WGN。N-BOXほど全高が高くない「ハイトワゴン」系の車種となっており、2019年にモデルチェンジを受けたばかりの二代目モデルが販売されています。

N-WGNのポイントは予算150万円でも非常に充実した標準装備が揃っていること。定評のある予防安全装備パッケージ「ホンダセンシング」が全車標準装備となるだけでなく、夜間の歩行者や横断中の自転車の検知にも対応するなど細やかな進化が続けられています。

また、もはや高級車レベルの装備となる電子制御パーキングブレーキが全車に備わる点もポイント。指先ひとつでパーキングブレーキのオンオフが可能なほか、前走車についていくアダプティブクルーズコントロールが停車にまで対応するなど、軽自動車の枠を超えた装備を獲得。最廉価グレードでも標準装備されているのですから、ホンダの安全へのこだわりにもはや頭が上がりません。

廉価グレードでは非装備となりがちなスマートキー、フルオートエアコンなどの便利装備ももれなくついてくるG・Honda SENSINGなら、2WD車で129.8万円、4WD車でも143.11万円と、150万円の予算にまだお釣りがくるほど。

内装の質感向上などが図られたL・Honda SENSINGでもそれぞれ136.4万円、149.71万円とまだ予算内に収まるのは、流行のスーパーハイトワゴンよりもかなりお手頃感があります。

それでいて、より割安な軽セダン系よりも余裕の室内空間は大きな魅力。高さのある荷室は、備え付けのボードで上下2段に分けて使えるなど、使い勝手も上々です。

ターボ仕様やカスタム仕様も、150万円をほんの少しオーバーした良心的価格で用意されていますので、お好みに合わせて選択ができそうですね。

【ホンダ N-BOX】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,675〜1,725mm
エンジン種類直列3気筒ガソリンターボ 0.66L
直列3気筒ガソリン 0.66L
WLTCモード燃費帯20.0〜22.0km/L(ガソリンターボ)
21.2〜23.2km/L(ガソリン)
新車価格帯(税込)152.9〜182.71万円(ガソリンターボ)
129.8〜175.01万円(ガソリン)
税込150万円以下の仕様2WD:G・Honda SENSING、L・Honda SENSING
4WD:G・Honda SENSING、L・Honda SENSING
(2020年12月現在 ホンダ公式サイトより)

ホンダ N-WGNの中古車価格まとめ(2020年12月調べ)

中古車平均価格: 147.1万円(2019年10月〜生産中モデル)
中古車本体価格帯: 21.8〜218.9万円

まとめ

日産 ルークス(右)、ルークス ハイウェイスター(左)

日産 ルークス(右)、ルークス ハイウェイスター(左)

予算150万円で探すことのできる、充実した装備の新車をご紹介してきました。

だんだんと車の価格が上昇していっている印象も強い中、まだまだ150万円以下でも魅力的な車がたくさん選べることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

普通車をメインにご紹介してきましたが、軽自動車を含めれば選択肢はさらに大きく広がります。お車の利用シーンに合わせて、賢く節約したカーライフをぜひ送ってみては。

関連する投稿


2021年最新新車情報!どんな車が登場するのかをチェックしよう!

2021年最新新車情報!どんな車が登場するのかをチェックしよう!

毎年のようにさまざまな自動車メーカーからニューモデルが発売されています。2020年にもたくさんの車が発売されて話題を呼びました。車の購入を考える際には、現在販売されているモデルだけでなくこれから発売される予定の車が気になるという方も多いでしょう。そこで、ここでは2021年に発売されることが予想される車についてご紹介します。2020年から2021年にかけて新車の購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。


新社会人におすすめ!運転しやすくオシャレな最新車をタイプ別で紹介

新社会人におすすめ!運転しやすくオシャレな最新車をタイプ別で紹介

大変だった2020年が終わり、遂にやってきた2021年。今年から新たに社会人となられる方は、これまでとは異なったさまざまな困難にも遭遇するかもしれません。せめて車選びだけでもお手伝いさせていただきたく、新社会人の方にもぴったりなおすすめ車をタイプ別にまとめてみました。お値段は控えめでも充実したカーライフが送れること必至ですので、ご参考にしてみてください。


【おすすめ5選】人気のコンパクトカーはどれだ?!

【おすすめ5選】人気のコンパクトカーはどれだ?!

普通乗用車の中でも小型なコンパクトカーは本体価格が手頃で燃費性能が良く、自動車税も安く抑えられるなどメリットが大きいことから人気があります。各メーカーからさまざまなコンパクトカーが発売されているため、最近人気の車種を知りたいという方もいるのではないでしょうか。コンパクトカーを選ぶ際は、ラゲッジスペースや乗り心地の快適さなども加味して自分のドライブスタイルに合った車種を選ぶことが大切です。そこで今回は、国内メーカー各社の人気コンパクトカーについておすすめ5選をご紹介します。


【今が買い!】最新の軽 おすすめ3選!個性際立つ実力派揃い

【今が買い!】最新の軽 おすすめ3選!個性際立つ実力派揃い

定番のスーパーハイトワゴンたちがチヤホヤされ続ける軽の世界ですので、非常に魅力的な他の選択肢を見逃してしまっているかもしれません。そこで、今こそ選びたい、魅力極まる個性派3台のおすすめ車をご紹介します。存在意義を究極まで突き詰めたようなそれぞれの実力は、もはや軽自動車の枠に収まらないほどかも。流れにまかせて定番車を買ってしまう前に、ぜひチェックしてみてくださいね。


「スズキ イグニス」がマイチェン!気になるその内容は?!

「スズキ イグニス」がマイチェン!気になるその内容は?!

スズキの発売しているコンパクトSUV、イグニスが2020年2月にマイナーチェンジを行いました。今回のマイナーチェンジで新グレードの「HYBRID MF」も追加されています。今回は、そんなさらに進化したスズキ イグニスについてご紹介します。


最新の投稿


ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーならば、免許を持っているけれど日ごろは運転しないことが多いでしょう。しかし仕事の都合上、もしくは転勤などによって急に運転しなければいけないこともあります。今の状況からすぐに運転しても問題ないでしょうか?今回はペーパードライバーが気を付けたいポイントや講習を受けるべきか判断の参考になる情報をご紹介します。


ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は、運転免許証を所持していてもあまり運転しない人のためのもの。日ごろから運転しない人や久しぶりに運転する人が活用できるサービスです。今回はペーパードライバー講習について、また講習を受けるべきか確認するのに必要な情報をご紹介します。


縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

運転初心者だけでなく、慣れている人でも縦列駐車は気を付けて運転する必要があります。前の車との距離や後ろのスペース、さらに縁石との距離も確認しなければいけません。切り返しをすると時間もかかるので、焦ってしまいがちです。しかし縦列駐車もコツをつかんでしまえばスムーズにできます。今回は縦列駐車のコツをご紹介します。


【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

何気なく乗っている車ですが、車はバッテリーなしでは動きません。そんなバッテリー、みなさんは正しい充電方法をご存知ですか?今回はこのバッテリーの仕組みについて説明していきます。


シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型「C4」はCセグメントのSUVクーペとして登場しました。Cセグメントハッチバックの中でも、大胆かつユニークなデザインが採用されたシトロエンの最新デザインの車となります。今回はシトロエン新型C4の紹介をします。