トップへ戻る

オートバックスのタイヤ交換は高い?持ち込みや輸入車対応と保証に注目

オートバックスのタイヤ交換は高い?持ち込みや輸入車対応と保証に注目

自動車が走行するのに欠かせない部品のひとつであるタイヤは、だんだんとすり減ったり、あまり乗っていなくても劣化が進んだりしてしまいます。タイヤのコンディションが悪化すると危険ですので、車と長く付き合うならタイヤ交換は必須です。豊富な店舗数で日本中のドライバーを支えるオートバックスなら、初心者からベテランまで愛車にぴったりのタイヤ交換サービスが用意されていますので、ご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


車のタイヤはゴム製、走っているとすり減るものです

《画像提供:Response 》溝のあるタイヤ(左)と溝のないタイヤ(右)

重い荷物でも軽々と運べるようになった「車輪」の発明は紀元前とされるのに対し、ゴム製の「タイヤ」が自動車に広まったのは19世紀末とされます。

自動車が走行していない間もその重さを支え、走行中は路面からの衝撃をいなしながら加減速やステアリング操作を路面に伝えるという、非常に重要な役目を持つ部品がタイヤ。しかし、タイヤのメンテナンスについて、あまり気を遣えていないという方も実は多いのではないでしょうか。

エンジンオイルやワイパーブレードのように、比較的交換サイクルが短期間な部品とは異なり、タイヤは状況によっては数年・数万キロでも問題なく使える耐久性があるため、あまり点検しないまま乗り続けてしまい、トラブルに発展するおそれもありそうです。

タイヤの交換目安はどのような基準があるのでしょうか? 詳しく見ていきましょう。お乗りの車のタイヤもぜひ確認してみてください。

走行距離が伸びたら、溝の深さをチェック!何mm以下でアウト?

《画像提供:Response 》溝深さ1.6mmのタイヤ

わかりやすいタイヤ交換時期の確認方法としては、タイヤの溝の深さの確認をすることができます。乗用車の場合、タイヤの溝は深さが1.6mm以上なくては使用してはならず、車検にも合格しなくなります。

車に詳しい方ならご存知かもしれませんが、タイヤには「スリップサイン」といって、残り溝の深さが一目で分かるような目安が設けられています。タイヤのサイドウォール(側面)をじっくり観察すると、△マークが描かれていることに気づくはず。その三角形の延長線上を確認すると、太めの溝の中に出っ張りがありますが、これがスリップサインです。

スリップサインの高さは1.6mmとなっているので、スリップサインがタイヤ表面と同じ高さになってしまっていたら交換が必要ということになります。

もちろん、スリップサインが表面に出るまで使い続けなければならない義務はないので、状況に応じて早めに交換をすることも可能です。

残り溝だけでなく、製造年数やひび割れも要チェック

《画像提供:Response 》ひび割れのあるタイヤの一部分

ゴム製品であるタイヤは、日光や湿気などの影響で、たとえ車に装着されていなくても段々とゴムが硬くなってくるなど劣化していきます。

タイヤのサイドウォールには、製造年が分かるような製造番号が刻印されています。製造番号のうち、下4桁の先頭2桁が製造週、後半2桁が製造年を示しているので、たとえば『2421』と刻印されたタイヤなら、2021年の24週目に製造されたものであることがわかります。

全く使用していないタイヤでも10年、車に装着しているなら使用頻度が少なくても4〜5年程度が経過していたら交換が必要になるような劣化状態になっていることが多いようです。

もちろん、製造年が比較的新しくても、タイヤ表面がひび割れてしまっていたり、波打ってしまっていたりといった変形が見られたりする場合は、こちらも交換が必要でしょう。

【事故になったら大損害…】劣化したタイヤだと何が困るの?

ブリヂストン プルービンググラウンドにおけるハイドロプレーニング現象実験の様子

たとえば、残り溝が浅くなってしまったタイヤだと、雨天時にしっかりグリップすることができずスリップしてしまったり、ハンドル操作もブレーキ操作も効かなくなるハイドロプレーニング現象を誘発しやすかったりと、事故につながりかねない危険な状況になります。

これは、タイヤが溝を使って接地面から排水をすることで路面をしっかり掴んでいるからで、溝が浅くなってしまったり、より摩耗が進んで溝がなくなってしまったりしていると、きちんと排水ができなくなってしまいます。

また、ゴムの硬化などが原因で発生したひび割れを放置していると、最悪の場合ではパンクやバーストにつながることもあり、こちらも事故につながりかねません。

タイヤ交換ってめんどくさそう。どこでできるの?

《画像提供:Response 》タイヤ交換作業の様子

カーディーラーや販売店

カーディーラーや自動車販売店なら、ほとんどの店舗でタイヤ交換に対応してくれるでしょう。

これら店舗は工賃が高くなりがちなのと、標準装着タイヤでないお好みのブランドのものを選びにくかったりする場合もあるようで、これらの点はネックといえそう。

もちろんディーラーならメーカー専属のメカニックによる作業のため、安心感としては絶大なものがありますので、多少高くてもディーラーを利用する方も多いことでしょう。

ガソリンスタンド

近くて便利のいい立地に多数存在するガソリンスタンドでも、多くの店舗でタイヤ交換に対応します。

しかし、店舗によって技術レベルがまちまちと評されることもあり、タイヤは重要な部品だけにちょっと躊躇してしまう…という方もいらっしゃるかも。

アクセスしやすいガソリンスタンドなら、急にタイヤ交換が必要になった場合にも対応してもらいやすいというメリットはありそうです。

タイヤ専門店

タイヤやホイールを専門的に扱うタイヤ専門店なら、購入から交換までスムーズに対応してもらえます。

工賃やタイヤ価格を見ても、かなり安上がりになる傾向も見られるようですし、タイヤを専門にしているだけに技術レベルも高いとされます。

しかし、地域によってはお近くにタイヤ専門店がない場合もあるかもしれませんね。

カー用品店

幅広いカー用品の品揃えと、全国多数の出店数で、ドライバーの味方となっているカー用品店でも、タイヤ交換に対応してもらえます。

こちらもタイヤ専門店同様、多数の在庫タイヤからぴったりのものを選びやすくなっていますし、タイヤだけでなくついでに車の点検もお願いできたりと、よりワンストップでいろんな課題が解決できそうな印象です。

工賃やタイヤ価格としては、タイヤ専門店よりはやや高め、ディーラーでの作業よりはリーズナブルな場合が多いようです。

タイヤ交換に「オートバックス」をおススメする3つの理由!

オートバックス 店舗

スキルが確立されていて、幅広い車種に対応

カー用品店として歴史が深く、知名度も高いオートバックスなら、全国3,700名以上というメカニックさんたちの技術水準もハイレベルで、安心してタイヤ交換を任せられることでしょう。

さらに、専用の機材が必要になるなどして一部店舗ではタイヤ交換を断られてしまうような輸入車やスポーツカーなどでも、幅広く対応してもらえるという点もポイントです。

豊富な在庫だけでなくネットショップでもタイヤ購入できる

オートバックス店頭で在庫タイヤを選ぶだけではなく、ネットショッピングサイト「オートバックスドットコム」でこだわりのタイヤを選んで、お近くの店舗まで送ってもらうことも可能という柔軟さも嬉しいところです。

重たいタイヤを持ち運んで手や車を汚したりすることなく、スムーズにタイヤ交換ができますね。

オートバックスドットコムでは、お乗りの車種やタイヤサイズ、タイヤメーカーなど様々な検索が可能で、愛車にぴったりのタイヤがすぐ見つけられそうです。

保管サービスやパンク補償など、サポートが手厚い!

いつやってくるか分からないパンクは、避けようがないとはいえ嫌な体験。走行距離が嵩んでしまったタイヤだと、パンクした1輪だけ交換するわけにもいかず、突然タイヤ4本交換で思わぬ出費を迫られることもあります。

しかし、オートバックスの「あんしんタイヤ補償」に加入しておけば、30ヶ月以内にパンクなどのタイヤトラブルが発生した場合、4本とも作業工賃不要で新しいタイヤに交換してもらえるほか、メンテナンス会員に加入していればパンク修理が無料になるなどの特典があり、安心です。

そのほかにも、夏タイヤと冬タイヤをシーズンごとに履き替える方ならうれしい「タイヤ保管サービス」なども用意されているので、タイヤに関する悩みがスッキリ解消できそうですね。

【4年連続】選ばれてタイヤ販売店No.1!連続1位獲得の実績

オートバックス 店舗

オートバックスは、株式会社日本能率協会総合研究所が実施した「タイヤに関する調査」において、なんと2020年まで4年連続でタイヤ購入先販売店ナンバーワンを獲得しています。

店舗数が多いオートバックスとはいえ、顧客からの信頼があってこそリピート利用もされるというもの。利用した方がオートバックスでのタイヤ交換に大いに満足しているということの表れともいえそうですね。

近年では自社プライベートブランドのお買い得タイヤもラインナップを拡大しているなど、選びやすさの面でも進化しているオートバックス。まだまだナンバーワンの勢いは止まらなさそうです。

【工賃・作業時間】オートバックスでタイヤ交換!詳細まとめ

《画像提供:Response 》A PIT AUTOBACS SHINONOME ピット

オートバックスでタイヤを交換してもらう際の工賃目安や作業時間目安が、オートバックス公式ホームページに記載されていますので、ご紹介します。

タイヤ交換の工賃目安は、軽自動車・普通車なら1本税抜1,000円から、タイヤサイズが大きくなりがちなワンボックス車・RV車では1本税抜1,500円からとされています。

この工賃には、タイヤがスムーズに回転できるように調整するバランス作業は含まれていますが、交換前のタイヤを処分する料金等、別途かかる料金もありますので、お近くの店舗に電話などで問い合わせてみるとよいでしょう。

作業時間の目安としては、タイヤ4本の交換で30分程度が目安だそう。快適な店舗内でコーヒーを飲みながらゆっくりしていれば、いつの間にかタイヤ交換が終了していそうですね。

まとめ

トヨタ シエンタ

普段あまり気にすることのないタイヤだけに、いざ交換が必要となった際に、焦らないで対応できるように前もって準備しておきたいもの。

普段からお近くのオートバックスにオイル交換などでお世話になっている方なら、「タイヤの調子を見てもらってもいいですか?」と聞いてみれば、交換時期などについても詳しく聞けて安心できそうですね。

便利の良さと安心感を兼ね備えたオートバックスでのタイヤ交換を、ぜひ検討してみてください。

よくある質問

タイヤってどのくらいで交換するのがいいの?

車の走行状況・使用状況によっても変化するものの、タイヤの製造から4〜5年程度経っていたり、溝の深さが1.6mm以下になっていたり、顕著なひび割れが見られたりしたら、交換のサイン。車に詳しくないからチェックの仕方がよく分からない!という方なら、一度オートバックスなどで点検してもらうこともおすすめです。

オートバックスでタイヤ交換できるの?

オートバックスではタイヤ交換に対応してくれます。店頭在庫のタイヤを選んでパパッと交換を済ませることもできますし、ネットショップ「オートバックスドットコム」でこだわりのタイヤを選ぶこともできます。店舗によっては、他店購入の持ち込みタイヤの交換にも対応してくれるようです。

オートバックスのタイヤ交換は高いって聞くけど?

車種にもよりますが、オートバックスでは一般的な軽自動車・普通車なら1本1,000円程度からと、激安の工賃を売りにするショップと比べるとお高めの工賃設定です。しかしタイヤは命を預かる大事な部品。メカニックの技術水準が高く、同時に車の点検も頼めるオートバックスなら、やや安心感のあるサービスが受けられることでしょう。

こちらの記事もおすすめ!

関連するキーワード


タイヤ

関連する投稿


イエローハットのタイヤ交換でかかる費用や作業時間をチェック!

イエローハットのタイヤ交換でかかる費用や作業時間をチェック!

オイルやワイパーなどとともに、車を使っても使わなくても定期的な交換が必要となる「タイヤ」。しかし、いざタイヤ交換が必要と言われても、どうすればいいのか分からなくて困ってしまう方も多いことでしょう。そこでオススメなのが、カー用品店「イエローハット」でのタイヤ交換。この記事では、タイヤ交換の目安とともに、イエローハットの大満足なタイヤ関連サービスをくまなくご紹介していきます。


タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

自動車の動きを地面に伝えてくれるタイヤは非常に重要な存在ですが、愛車のタイヤのサイズを把握しているという方は意外と少ないかもしれませんね。どこか暗号のようなわかりにくさがあるタイヤサイズの中でも、乗り心地や操縦性に直結する隠れた注目ポイントが「偏平率」です。偏平率が変化するとどんな影響があるのか? どうやって計算するのか? 詳しくご紹介していきます。


タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

そろそろタイヤ交換かな、とお考えの方なら、どんなタイヤが愛車にぴったりサイズなのかを調べたりすることもあるでしょう。しかし、タイヤサイズの表記方法は、慣れていないとまるで暗号のようで、わかりにくさがありますよね。どこに何が書いてあるのか理解すれば意外と簡単なタイヤサイズの見方を知っておくことで、タイヤの検討や購入もスムーズに済ませられるようになれるでしょう。


タイヤの適正な空気圧はどうすればわかる?点検方法や点検頻度まとめ

タイヤの適正な空気圧はどうすればわかる?点検方法や点検頻度まとめ

車という重量物をたった4本で支えているのがタイヤ。車のあらゆる動きはタイヤを介して行われることもあり、快適な走行のためにも安全運転のためにも非常に重要なタイヤですが、意外とタイヤの空気圧は放置しがちな方も多いのではないでしょうか。メーカー指定の空気圧に調整していないと、効率が下がってもったいないだけでなく、最悪は事故の危険性も?!詳しく見ていきましょう。


走行距離や状態で分かるタイヤ交換時期の判断基準!寿命タイヤは怖い

走行距離や状態で分かるタイヤ交換時期の判断基準!寿命タイヤは怖い

自動車が安全に走行するのに欠かせないのが正常な状態のタイヤ。タイヤは使用に伴ってすり減っていくなど劣化が進みますので、交換が必須の部品です。とは言っても、どの状態が正常で、どの状態が寿命なのかがちょっぴり分かりにくい気がしていませんか? 実はタイヤは、パッと見でも状態が分かるように作られているので、車に詳しくない方でも寿命の判断が可能です。詳しく見ていきましょう。


最新の投稿


2019年の「ながら運転」厳罰化|その効果と取り締まり基準を解説!

2019年の「ながら運転」厳罰化|その効果と取り締まり基準を解説!

2019年に罰則が強化された「ながら運転」。この改正で、罰則はどのように変わったのでしょうか?また、その効果はありましたか?今回は、どんな行為が「ながら運転」に該当するのか、具体例を取り上げながら、まとめました。


トヨタ ルーミーの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ ルーミーの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

近年大人気の「トールワゴン」タイプであるトヨタ ルーミーは、2021年上半期の販売台数ランキングで単独車種として普通車トップクラスの販売台数を記録するなど、国民車的な人気を誇るモデル。毎日使える実用性が特徴的なルーミーだけに、燃費情報は気にしておきたいところですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費、ライバルとの比較など、ルーミーに関する燃費情報をくまなくご紹介していきます。


トヨタ ハイエースの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ ハイエースの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

商用バンながら、ビジネス用途だけでなくアウトドア系マルチギアとしても活用されるなど、長年様々なユーザーに愛され続けてきたトヨタ ハイエース。近年ではキャンプブームなどもあって人気が高まっています。そんなハイエース、存在は知っていても、燃費性能がどの程度なのか気になっている方も少なくないはず。この記事で、カタログ燃費や実燃費、ライバル車種との比較を通して、ハイエースの燃費情報に詳しくなりましょう。


スズキ アルトラパンの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

スズキ アルトラパンの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

まんまるなヘッドライトがキュートなアルトラパンといえば、かわいい軽自動車の筆頭格として長期間にわたって人気を維持しているモデルです。デザインばかりが取り上げられがちなラパンですが、日々使う車だからこそ気にしておきたいのは燃費性能。この記事では、カタログ燃費や実燃費、ライバル車種との比較まで、ラパンに関する燃費情報をくまなく網羅していますので、ぜひチェックしてみてください。


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。