トップへ戻る

ガソリンスタンドの車検は格安車検の新定番!特典も多数、安心度は?

ガソリンスタンドの車検は格安車検の新定番!特典も多数、安心度は?

車を持っている方には数年に一度訪れる大出費、車検。車に乗り続けるためには車検を通すことが法律で決められた義務ですが、少しでも車検費用は低く抑えたいとお思いの方が多いことでしょう。近年のガソリンスタンドでは、リーズナブルな価格設定で車検を受け付けている店舗が増えています。安さは嬉しいけど心配なところはないのか?どうやって選べばいいのか?詳しく見ていきましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


費用がかさむ!マイカーオーナーの頭を悩ませる「車検」

《画像提供:Response 》車検費用 イメージ

日々の生活を楽にしてくれる自動車ですが、購入時に高いお金を払うだけでなく、維持にもお金がかかる点は悩みの種ですよね。

たとえ全く乗っていない車であっても、数年に一度の「車検」の際には整備士さんに車の状態をチェックしてもらう必要があり、状態によっては整備が必須で部品代や工賃がかかるだけでなく、税金などの支払いも一緒に行うことから、支払い総額がかさんでしまうことも。

かといって車検のたびに車を乗り換えるのも難しいし、仕方なく車検費用を負担するという方も多いことでしょう。

あまり車に詳しくない方だと、車検はカーディーラーで行い、車検見積もりの際に交換が必要な部品などを説明されてもよく分からないからまかせっきりということもあるのでは。

車の調子を長期的に維持するという意味ではお金をかけて予防的な整備も含めて行うことは良いことですが、少しでも車検費用を節約したいなら、車検をカーディーラー以外の場所で頼んでみることも検討してみるとよいでしょう。

車検はどうして必要なの?くらしの安全を守る大事な義務

A PIT AUTOBACS SHINONOME テスラサービスセンター

とっても面倒な車検ですが、もちろん一定期間ごとに車検を受けることはれっきとした「義務」。道路運送車両法という法律で定められていることなので、車検が切れた車を行動で運転することは違法行為になります。

また、近年の車は車検期間程度ならトラブルなく過ごせてしまうほどに信頼性が向上しているので、車検の必要性を身近に感じる機会はあまりないかもしれませんが、車の不調は目に見えたり音や振動で感じられる部分だけとは限らない点がポイントです。

車検によって、車の動きを支える重要部品の状態をしっかりとチェックすることで、予期せぬ故障を減らすことができ、ひいては交通事故の予防にもつながります。

お出かけ先で急に車が動かなくなった! そんなトラブルを避けるためにも、車検が役立っているというわけです。

【1年、2年、3年…】車検期間をおさらい!愛車は何年?

車検シール

車種や新車であるかによって細かく設定がされている車検期間。愛車の次の車検はいつか、はっきりと把握できていますか?

車検証を確認するのが一番確実ではありますが、大まかな分類では、以下の通りとなっています。

【車種ごとの車検期間まとめ】
車種車検期間(自動車検査証の有効期間)
自家用乗用自動車(乗車定員10人以下)初回3年、2回目以降は2年
自家用乗用自動車(乗車定員11人以上)1年
自家用乗用軽自動車初回3年、2回目以降は2年
自家用貨物自動車 車両総重量8t未満初回2年、2回目以降は1年
自家用貨物自動車 車両総重量8t以上1年
自家用貨物軽自動車2年
(2021年7月現在 国土交通省 中部運輸局 三重運輸支局「自動車検査証の有効期間」より)

車検はどんなお店に頼める?意外と豊富な選択肢

車検はお車を購入したカーディーラーにまかせっきりという方も多いことと思いますが、意外と車検を頼めるお店はバリエーションが豊富。

値段だけでなく、アクセスのしやすさという点でカーディーラーよりもお近くの店舗などを選ぶこともできそうですね。

それぞれの依頼先別に、特徴と価格感をまとめてみました。

主要な車検依頼先をまとめてみた

カーディーラー:信頼の技術力、お値段はお高め

カーディーラー イメージ

車検の依頼先としてポピュラーなのがカーディーラーでしょう。

自メーカーの車に対する深い整備ノウハウがあることはもちろん、近年ではメーカーごとに異なる電子機器が整備の際に必要になる場合もあり、それらの機器がしっかり揃っている点もカーディーラーの魅力です。

それらの機器を持っていない整備工場に車検を依頼しても、整備の状況によってはカーディーラーに密かに持ち込まれることもあり、車検にかかる時間も伸びがちです。

ただし、ポピュラーな選択肢というだけあって、車検の予約が取りにくいディーラーもあるようです。また、価格感としては最高クラスといった印象で、車種や車両の状態にもよるものの、支払い総額で10万円を超えてしまうケースも見られます。

安心感はピカイチですが、その分の価格上昇が納得できるかどうかが、カーディーラーへ車検を依頼するかどうかの判断材料になるでしょう。

車検専門店:速・安っ!どこまでチェックしてもらうかは吟味したい

車検専門店 イメージ

街中で看板を見かけたり、テレビCMで見かけたりすることも多いのが車検専門店。整備工場としてではなく、車検を通す専門として限定することで、スピーディな車検と安い費用が特徴です。

また、多くの車検専門店はチェーン店で、基本料金がはっきりしているところが多く、複数のお店を回ったりせずとも低価格に納得しやすいところもポイントでしょう。

その基本料金は、価格感としては最安クラスといった印象。車検を通すことのみに特化した整備項目に絞り込んだプランなら基本料金で1万円台となっている場合も多く、支払い総額でも5万円台からとかなり安く抑えることができます。

しかし、車検に合格できる状態というのは、安心して長く乗れる状態とは若干異なる場合も。カーディーラーなどでは、予防的に部品交換を済ませておくことも多いことが車検費用を引き上げる原因となっていますが、次の車検までトラブルなく乗れそうな安心感という点では、車検専門店よりも支持を受けることが多いでしょう。

もちろん、車検専門店でも細部までしっかりと確認してもらうことも可能ですが、その場合は車検費用が上昇してしまいます。また、車種や必要な整備の度合いによっては、車検専門店のみでは対応できず、別途整備工場での対応となる場合もあるようです。

カー用品店:侮れない安さと敷居の低さ

カー用品店 イメージ

カーライフを支えてくれる頼もしい味方のカー用品店。普段オイル交換などでカー用品店のピットを利用している方も多いことと思いますが、車検も受け付けるカー用品店も多いです。

価格感としては車検専門店とカーディーラーの中間といった印象で、比較的割安な設定が多いようです。また店舗によりますが、車検を受けると、カー用品店の他のサービスに利用できるクーポンがもらえたり、パンクなどの補償サービスが付いてくる場合もあるようです。

価格感としては、車検専門店ほどは安くないものの、カーディーラーと比べると安価に設定されている場合が多くなっているようです。また特徴的なのは、交換が必要な消耗品などは、カー用品店ならではの低価格で豊富な品揃えから、こだわり度や予算に合わせて選べるお店もあることでしょう。

カーディーラーよりも低価格に抑えられることの多い点はメリットではありますが、カー用品店の整備はひとつひとつのメーカーに特化したものではないので、お乗りの車に対する対応のきめ細やかさを不安に感じる方もいるかも。また、高い技術力をアピールしているカー用品店も多いものの、店舗ごとに技術レベルの差がありそうなことを不安視する方もいることでしょう。

予約が取りにくいことはカーディーラーでも同等であるものの、代車も店舗によってあるなしが分かれるなど、前もって確認しておくべき項目がやや多い印象もありますね。

ガソリンスタンドでの車検なら、いいとこ取りができるかも!

ガソリンスタンド イメージ

カー用品店や車検専門店よりも断然多い数のお店で車検を受け付けているのが、ガソリンスタンド。ガソリンを入れたり、洗車したりするだけの場所と思われがちですが、メンテナンスやタイヤ交換、さらに車検などまで依頼ができるガソリンスタンドも多く存在しています。

本格的なピットを備えたガソリンスタンドでは自社で整備点検を行うことでスピーディかつ信頼性の高い車検を実現しているほか、小規模なスタンドでも提携の整備工場に車検を委託するなどによって、お手軽に車検を頼めるようになっています。

価格感としては、車検専門店よりは高めとなるものの、カーディーラーよりも安く設定されていることが多く、カー用品店と同等程度といった印象です。

店舗によって差はあることに注意は必要ですが、車を預けたり受け取ったりする前後にゆったりと過ごせる休憩所が併設されていたり、車検を受けるとガソリンスタンドのサービスがクーポンで割安になったりと、安さ以外にも魅力がたくさん。

ガソリンスタンドはアクセスにも便利な立地となっていることも多く、普段の給油で利用しているガソリンスタンドで車検も頼めるとなると使い勝手が良いですよね。また、早朝から深夜まで営業時間が長めとなっている店舗も多いので、車検の申し込みもしやすいでしょう。

ガソリンスタンド車検のデメリットにも注意

無論、ガソリンスタンドでの車検にもデメリットがある点には注意が必要です。

メーカーごとにノウハウが豊富なカーディーラーと比べると、ガソリンスタンドでの整備はより一般的なアプローチに留まることが多く、安さと早さを特徴とするだけに、基本的には車検を通すことのみに直結した整備を行うプランが多いため、総合的な安心感という点で不安視される場合もあるようです。

当然、ガソリンスタンドの店舗によっても整備技術やサービス水準が異なるので、思った通りのサービスが受けられずにがっかりしてしまうこともありそう。店舗数が多いガソリンスタンドだけに、前もって希望のサービスを受けられるところを探すのもちょっぴり苦労してしまいそうですね。

サービスという点では、カーディーラーでは車をご自宅での引き取りから納車まで対応してくれる場合もあります。ガソリンスタンドでの車検では基本的にオーナーによる持ち込み・引き取りが必要となる場合がほとんどですので、手間が増えるともいえるかもしれません。

また、自社で整備を行える店舗ではスピーディさが魅力ですが、提携整備工場での整備となると、ガソリンスタンドと工場での車のやりとりなど時間がかかりがち。数十分〜数時間程度で車検が完了する車検専門店に比べると、スケジュールの確保にもやや気を遣いそうです。

ガソリンスタンド車検、相場はどのくらい?

ガソリンスタンド イメージ

ガソリンスタンドの車検は、店舗や車種にもよるものの、基本料金が10,000円から20,000円程度に設定されているところもあるので、支払い総額でも5万円台からと、リーズナブルな価格で車検を通せる店舗もあります。

より価格重視のプランと、しっかりと整備点検をしてもらえるプランが分けられている場合も多いですので、ニーズに合わせた車検が選びやすい点も魅力的ですね。

店舗によっては、事前見積もりで提示された金額から作業後の追加料金が一切発生しないことを保証するところもあり、費用負担が安いだけでなく安心感もあります。

ガソスタで車検を通すと、うれしい特典があるかも!

《画像提供:Response 》ガソリンスタンド用サイネージ

基本料金が安めに設定されているだけでなく、ガソリンスタンドで車検を通すと、うれしい特典が多数付いてくる場合もあります。

その店舗で給油する際に利用できるクーポンや、洗車などに利用できるクーポンなどが発行される場合もあるほか、ロードサービスや無料安全点検が付帯するなど、故障にも安心できそうなサービスを用意する店舗もあります。

普段利用しているガソリンスタンドでよりお得に給油ができるとなるとかなりうれしいですし、出費の節約にもつながりそうです。車検費用のみの安さだけでなく、これら特典にも注目していきたいですね。

まとめ

《画像提供:Response 》車検費用明細 イメージ

給油や洗車のみという印象もあるガソリンスタンドでの車検についてご紹介してきました。

店舗数が豊富でアクセスしやすいだけでなく、車検費用の節約にもつながる基本料金の安さが特徴的なガソリンスタンド車検。お近くのガソリンスタンドでも車検を受け付けているかどうか、一度確認してみてはいかがでしょうか。

よくある質問

ガソリンスタンドでも車検が受けられるの?

店舗により対応が異なりますが、車検をはじめとしたメンテナンスサービスも受け付けるガソリンスタンドも多数存在します。さらに、ガソリンスタンドでの車検費用はカーディーラーなどと比べても低く抑えられるケースが多いことが特徴です。

ガソリンスタンドでの車検はどのくらい安いの?

車検費用のうち、税金などの法定費用はどこのお店でも同一です。それ以外の点検費用などがまとまった基本料金では、カーディーラーと比べて数万円ほど安く設定されている場合が多く、車検費用総額でも10万円以内程度に収まるケースが多いようです。

車検って何年に一度受けるんだっけ?

自家用乗用四輪車なら、新車の場合は3年、それ以降は2年ごとに車検を受ける必要があります。車種によって自動車検査証の有効期間が異なるので、注意が必要です。詳しくは、お車の車検証で「有効期間の満了する日」という項目をチェックしてみると確実です。

関連する投稿


タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

自動車の動きを地面に伝えてくれるタイヤは非常に重要な存在ですが、愛車のタイヤのサイズを把握しているという方は意外と少ないかもしれませんね。どこか暗号のようなわかりにくさがあるタイヤサイズの中でも、乗り心地や操縦性に直結する隠れた注目ポイントが「偏平率」です。偏平率が変化するとどんな影響があるのか? どうやって計算するのか? 詳しくご紹介していきます。


タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

そろそろタイヤ交換かな、とお考えの方なら、どんなタイヤが愛車にぴったりサイズなのかを調べたりすることもあるでしょう。しかし、タイヤサイズの表記方法は、慣れていないとまるで暗号のようで、わかりにくさがありますよね。どこに何が書いてあるのか理解すれば意外と簡単なタイヤサイズの見方を知っておくことで、タイヤの検討や購入もスムーズに済ませられるようになれるでしょう。


ユーザー車検で車検費用はどれくらい節約できる?費用相場はどのぐらい?

ユーザー車検で車検費用はどれくらい節約できる?費用相場はどのぐらい?

車検費用を安く抑えられることから、近年では密かな広がりを見せている「ユーザー車検」。カーディーラーなどを介さない分安上がりになることは想像しやすいものの、実際どの程度車検費用が浮くことが想定されるのかはなかなか想像しにくい部分ですよね。この記事では、車検費用の不変部分と変動部分に分けて、ユーザー車検費用の一例に関してご紹介していきます。


【ユーザー車検とは】車検費用を抑えたい?自分で「持ち込む」ユーザー車検に注目

【ユーザー車検とは】車検費用を抑えたい?自分で「持ち込む」ユーザー車検に注目

新車で3年、それ以降では2年ごとにやってくる「車検」は、カーライフの中でも大きめの出費となる点が困りものですよね。車検を頼む店舗によっても車検料金は上下するので、複数のお店で見積もりを取って比較したりするのも面倒なもの。しかし、車検代をさらに節約したいなら、自分で検査場に持ち込んで車検を受ける「ユーザー車検」という手段もあります。注意点なども含めてご紹介していきます。


【車検費用の相場】車検代は諸費用以外をチェック!大きさ別の相場、おすすめ持ち込み先

【車検費用の相場】車検代は諸費用以外をチェック!大きさ別の相場、おすすめ持ち込み先

数年に一回やってきては、予想外の総額で悩まされることもある車検。面倒ではありますが、車を乗り続ける限りは車検を受けることが必要になります。そんな車検、費用の相場はどれくらいと見ておくのがよいのでしょうか。また、持ち込み先によって車検費用はどれくらい差があるものなのでしょうか。少しでも車関連の出費を節約できるよう、車検についてちょっぴり勉強していきましょう。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。