トップへ戻る

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ヤリスシリーズは新車販売台数トップ独走中!国民車ヤリス

トヨタ ヤリス

2020年、それまで親しまれてきたヴィッツの名を捨て、新たな名前で登場した「ヤリス」は、瞬く間に人気車種となりました。

ここ数年ホンダ N-BOXが保持してきた年度別新車販売台数ランキングの1位を、ついに2020年度はヤリスシリーズとして奪取するなど、社会情勢が大きく変動した時期に登場しながら普通車として大ヒット継続中のヤリス。

扱いやすいコンパクトサイズとリーズナブルな価格という武器を備え、もはや国民車と思えるようなヤリスの人気の高さは、登場から1年以上が経った今も衰えることがありません。

ヴィッツとして販売されていた頃から人気車ではありましたが、ヤリスという車名に変わってから一気に知名度も人気も魅力もグッと増したような印象がありますよね。そんなヤリスの魅力をさらっとおさらいしつつ、絶対見逃したくないその優秀すぎる燃費性能について、ご紹介していきます。

ヤリス・ヤリスクロス・GRヤリスの3姉妹、どれがお好み?

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリスシリーズ

ヤリスと名前をつけられた車は現在3車種ラインナップされています。ベーシックなコンパクトハッチバックのヤリス、コンパクトSUVのヤリスクロス、スポーツハッチバックのGRヤリスと、それぞれ個性際立つ3車種は、選ぶ楽しさも与えてくれますね。

新車販売台数の計数時には、この3車種の販売台数を合わせて「ヤリス」の販売台数としています。とはいえ、ヤリス単体でも2020年度では13万台以上を売り切っているなど、それぞれを単独車種としてみても人気の高さは健在です。

トヨタ ヤリスクロス

流行のコンパクトSUVクラスに突如投入されたヤリスクロスは、ヤリス同様の洗練された内外装デザインを備えつつ、ひとまわり大きなボディサイズで余裕のある室内空間が魅力の一つ。それだけでなく、電子制御のアシストで悪路でも安心の四輪駆動システムや170mmと余裕のある最低地上高など、SUVらしくガンガン使える性能も確保されています。

また、コンパクトクラスとしては異例のハンズフリーパワーバックドアの設定や、運転席6ウェイパワーシートの設定など、上級意識の装備も多数。より大柄なSUVからのダウンサイズでも、きっと満足できることでしょう。

トヨタ GRヤリス

さらに、WRC(世界ラリー選手権)での活躍を目指した究極のラリーウェポン「GRヤリス」まで登場するのがヤリスファミリーのスゴイところでしょう。

欧州仕様も含めて全車5ドアとなり、国内仕様では全幅が5ナンバーサイズに抑えられたヤリスに対して、GRヤリスは3ドア3ナンバーの専用ボディを備え、一目で違いが分かる特別な仕上がり。専用仕立ての1.6リッター ターボエンジンからは272PSという高出力が絞り出され、こちらも専用となるスポーツ四輪駆動システム「GR-FOUR」によってその出力を余すことなく路面に伝え切ります。

さらに、カーボンルーフやアルミ製ボディパネルを備える専用ボディはそのままに、1.5リッター自然吸気エンジンを搭載して前輪駆動仕様とした「RS」グレードが設定されている点も注目ポイント。200万円台からという価格設定にハッチバックボディと使い勝手の良さで、普段使いにもぴったりなガチスポーツという稀有な存在となっています。

なぜヤリスは人気?魅力5点をおさらいだ

扱いやすいコンパクトサイズに作り込まれたデザイン

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリス

全長4m以内、全幅1.7m以内と、狭い路地や駐車場でも扱いやすいコンパクトサイズに凝縮された洗練のデザインは、ヤリスの大きな魅力のひとつでしょう。

先代となるヴィッツよりも格段にシャープでアグレッシブな表情と、滑らかでふくよかな曲面が組み合わされたヤリスのデザインは、ベーシックな位置付けのハッチバック車でありながら、オーナーの所有欲を満たす上質な雰囲気をたたえています。

工夫満載で使い勝手バツグンのインテリア

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリス ターンチルトシート

どちらもトヨタ初の装備となる「ターンチルトシート」や「運転席イージーリターン機能」など、毎日使う相棒だからこそうれしい工夫が満載のヤリスのインテリアは、驚きがいっぱいです。

スマホとつなげられるディスプレイオーディオが全車標準装備されるなど、コンパクトクラスながら奢った装備も多数。使い勝手のよさだけでなく、ファーストカーとしても充分通用する上質感も備わっています。

最新プラットフォームで乗り心地も操縦性能もアップ

トヨタ ヤリス

コンパクトクラス向けの新プラットフォーム「GA-B」を初採用したことで、ヤリスの動力性能や乗り心地、静粛性などは格段の進化を遂げています。より大柄な車種で好評なTNGA思想に基づくプラットフォーム群で最後発となるGA-Bプラットフォームだけに、その仕上がりの良さは運転すればすぐに分かるはずです。

小さく軽量なボディながら、どっしりと落ち着いた走行感覚が印象的なヤリスは、街中で小回り性能を活かして活躍するだけでなく、高速道路でのロングドライブだってドンと来い!と思えるような疲れにくさにも定評があります。

小さくてもコネクティッドカー!スマホと繋がるヤリス

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリス インテリア

先進装備があらゆるクラスで選べる近年のトヨタ車らしく、コンパクトハッチバックのヤリスでもDCM(専用通信機)が全車で標準装備されており、立派なコネクティッドカーである点がうれしいところです。

T-Connectのプランを契約することで、万が一のトラブル時にオペレーターに通報できる「ヘルプネット」や離れた場所から車の状態が確認できる「マイカーサーチ」機能、オプションにはなりますがオペレーターサービスやリモートスタートなど、車が通信できることを活かした便利機能が多数利用できるようになります。

トヨタ初採用機能も!安全性能もピカイチです

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリス アドバンストパーク機能 イメージ

室内装備でもトヨタ初装備が多数あることをご紹介しましたが、近年の自動車では標準装備化が進んで久しい予防安全装備や運転支援機能においても、トヨタ初となるような新機能までを満載しているのがヤリスです。

交差点を右折する際の対向直進車や、右左折時に対向方向から来る横断歩行者などを検知することができるプリクラッシュセーフティによって、自動ブレーキの作動範囲が広がっており安心ですね。

また、ハンドル・アクセル・ブレーキ操作を全て車任せにできる駐車アシスト機能「トヨタ チームメイト(アドバンストパーク)」機能には、ご自宅のガレージなど区画線のない場所でも事前登録しておけば駐車をアシストしてくれるというメモリ機能も備わっており、なんとこれは世界初という先進装備。苦手な駐車もスイスイと完了できそうですね。

トヨタ ヤリスのスペック

【トヨタ ヤリス ハイブリッドG 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,940mm×1,695mm×1,500mm
ホイールベース2,550mm
最大乗車定員5名
車両重量1,060kg
燃費WLTCモード:35.8km/L
エンジン種類直列3気筒ガソリンハイブリッド 1,490cc
エンジン最高出力67kW(91PS)/5,500rpm
エンジン最大トルク120N・m(12.2kgf・m)/3,800-4,800rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力59kW(80PS)
モーター最大トルク141N・m(14.4kgf・m)
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション電気式無段変速機
新車価格1,936,364円(消費税抜)
(2021年8月現在 トヨタ公式サイトより)

ピカイチなヤリスのカタログ燃費、パワートレイン別に徹底解剖

あえてここまでご紹介してこなかったヤリスの大きな魅力のひとつが、その低燃費性能です。1.0リッターガソリン、1.5リッターガソリン、1.5リッターハイブリッドとパワートレインの選択肢が豊富なヤリスですが、そのどれもが低燃費とパンチのある走りを両立している優れものなのです。

まずは、カタログ燃費を詳しくご紹介していきましょう。きっと驚いてしまうこと間違いなしですよ。

ハイブリッド:ガソリン車世界トップレベルの低燃費!

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリス ハイブリッド仕様 エンジンルーム

トヨタ車や国産車といった枠組みではなく、ガソリン乗用車コンパクトクラスでなんと世界トップレベルという低燃費が実現されているヤリスのハイブリッド仕様。WLTCモード燃費では、最も低燃費なグレードで36.0km/Lと、もはや驚異的な数値となっています。

これはハイブリッド専用車であるプリウスや、先日フルモデルチェンジしたばかりのアクアよりも低燃費な数値となっており、いかにヤリスが高効率な車であるかが分かりますね。

トヨタのコンパクトカーとして初設定となる電気式四輪駆動のE-Four仕様でも、WLTCモードで30.2km/Lという燃費が確保されており、日々のガソリン代がグンと節約できそうです。

ガソリン 1.5リッター:先進技術で超高効率!軽快な走行感覚

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリス 1.5リッターガソリンエンジン&Direct Shift-CVT

ハイブリッドほど飛び抜けた燃費性能ではないものの、ガソリン 1.5リッター仕様も効率の高さが自慢。最大熱効率は40%以上と、一滴一滴のガソリンを効率よく出力に変換することで、低燃費とパワフルさ、さらに伸びの良い加速感までを併せ持っています。

WLTCモード燃費では、最も低燃費なグレードで21.6km/Lと、現代のガソリンエンジンとして充分な燃費性能を確保しています。4WD仕様でも19.2km/Lと、落ち込みが少ない印象です。

ガソリン 1.5リッター仕様は、4WD仕様のほかに2WDと6速MTを組み合わせたグレードも用意されるなど、選択肢の広さも魅力的です。特にMT車は、近年スポーツカーまで含めても稀少な存在となっていますので、ヤリスを選びたくなる理由のひとつといえるでしょう。

ガソリン 1.0リッター:お求めやすさと低燃費で高い経済性能

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリス 1.0リッターガソリンエンジン&Super CVT-i

価格の低廉さだけがフィーチャーされがちなガソリン 1.0リッター仕様ですが、排気量が少なくより軽快な印象も自慢のひとつ。新開発されたCVTのワイドな変速比と合わせ、街中でキビキビ走れる力強さも備わっています。

こちらはWLTCモードで20.2km/Lと、1.5リッターと比べてもやや燃費値は落ちている結果に。

また、ハイブリッドや1.5リッターとは異なって4WDの設定がないなど、選択肢の豊富さもやや劣ります。とはいえ、廉価な価格設定や軽快な走行感覚は大きな特徴ですので、ぜひチェックしておきたいところですね。

ヤリスのカタログ燃費 比較一覧表

ヤリスのパワートレイン 2WDのWLTCモード燃費 4WDのWLTCモード燃費
1.5リッターハイブリッド 35.4〜36.0km/L 30.2km/L
1.5リッターガソリン 19.6〜21.6km/L 19.2km/L
1.0リッターガソリン 20.2km/L -


実燃費はどうよ?ヤリスオーナーたちの実燃費記録を大調査

トヨタ ヤリス

カタログ燃費がいいのは特にハイブリッドでは当たり前だけど、実燃費となると20キロ台後半くらいでしょ、とお思いの方も多いかもしれません。

燃費値は、運転時の状況によっても大きく変わるため、カタログ燃費と実燃費とでは少なからぬ差があり、実燃費はカタログ燃費の7掛けなんて言われることもあります。しかしヤリスは、実燃費でカタログ燃費超えも狙えるほどの高効率性でオーナーを驚かせているようです。

ユーザーが投稿した燃費実績や自動車レビューなどをまとめている情報サイト「e燃費」の2021年8月現在のデータによれば、ヤリスのハイブリッド 2WD仕様の実燃費平均は30.14km/Lとリッター30キロ台を超えているほか、個別の投稿情報を見るとリッター40キロ台の実績を報告している例も見られます。

これはWLTCモード燃費と比較しても達成率が83.71〜92.44%と非常に高い数値となっており、良好なカタログ燃費が普段の運転でも活きていることがわかります。

ガソリン車でも1.0リッター仕様は実燃費平均が20.17km/L、1.5リッター 2WD仕様でも17.79km/Lと健闘しており、ヤリスの軽量ボディによる効率向上効果が見て取れますね。

まとめ

トヨタ ヤリス

トヨタ ヤリスの魅力と、その中でも特に燃費性能の良さについてご紹介してきました。

コンパクトカーだから低燃費は当たり前、と思っていても、ヤリスハイブリッドの圧倒的な燃費性能には驚くばかりです。愛車として維持する費用も節約できつつ、運転の楽しさも忘れない欲張りなカーライフが、ヤリスなら実現できそうですね。

よくある質問

ヤリスの燃費が世界トップレベルって本当?

本当です。トヨタ ヤリスのハイブリッド仕様は、2021年5月現在 トヨタ自動車調べでガソリン乗用車コンパクトクラスではトップクラスとなる、WLTCモードで最高36.0km/Lを記録しています。

ヤリスのエンジンにはどんな種類があるの?

トヨタ ヤリスには、1.5リッター ガソリンハイブリッド仕様、1.5リッター ガソリンエンジン仕様、1.0リッター ガソリンエンジン仕様の3種類が用意されています。1.5リッター ガソリンハイブリッド仕様と1.5リッター ガソリンエンジン仕様には4WDも用意されるほか、1.5リッター ガソリンエンジン仕様ではなんと6速MTが選択できる点も注目ポイントです。

関連する投稿


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

2020年2月発売のヤリスを皮切りに、GRヤリス、ヤリスクロスと、「ヤリスファミリー」が広がっています。3台それぞれが各セグメントで確固たる人気を獲得していることもあって、2021年に入ってからも登録者国内販売台数の首位を堅持し続けている「ヤリスファミリー」の魅力は一体どこなのか、ライバルと比べてどうなのか、詳しく探っていきましょう。


トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

とどまるところを知らないSUVブームの中でも、特に人気が高く各メーカーがしのぎを削っているのはコンパクトSUVクラス。コンパクトSUVだけで3車種も用意するトヨタのラインナップの中でも、登場が最も新しく人気を牽引しているのが「ヤリスクロス」です。国産車だけでなく輸入車とも比較されるような完成度の高さが話題のヤリスクロス、登場から1年が経つ今も「買い」なのか調査しました。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。