トップへ戻る

CMでも話題のKINTO!サービス内容や評判、他社との違いを徹底解説

CMでも話題のKINTO!サービス内容や評判、他社との違いを徹底解説

認知度が高まっている個人用カーリース。中でもCMなどで名前が知られている「KINTO」についてご紹介します。特徴やサービス内容、メリットやデメリットなど、他社との違いをまとめました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


「KINTO」とは?

《写真提供:response》《図版提供:トヨタ自動車》KINTO(ロゴ)

「KINTO」は、トヨタグループが展開するサブスクリプションのカーリースです。

カーリースは、購入でもカーシェアでもない新しい車の持ち方として注目を集めており、月々の支払い額を一定にできる、初期費用負担が少ない、月額料金だけで新車に乗れる、といった特徴があります。

KINTOもそうした特徴を有していますが、大きく違うのは一般的なカーリースと比べて月額料金に含まれる項目が多いこと。他のカーリースでも月額料金に含まれる自動車税や定期メンテナンスに加えて、任意保険やタイヤ交換費用などもすべて月額料金に含まれているので、毎月の支払い額をより一定にできます。

また、KINTOの申し込みはすべてインターネットで完結するので、販売店まで何度も足を運ぶ必要がありません。

この記事では、CMでも多く見かけるKINTOについて、契約プランの特徴やメリットやデメリット、他社との違い、口コミなどをまとめています。

KINTOの契約プランの特徴

サブスクリプション型カーリースKINTOの特徴やメリットやデメリットは?

サブスクリプション型カーリースKINTOの特徴やメリットやデメリットは?

KINTOには、「初期費用フリープラン」と「解約金フリープラン」の2種類があります。ではそれぞれの特徴を解説します。

初期費用フリープラン

初期費用フリープランは、頭金などの初期費用なしで、決まった月額費用で新車に乗れるプラン。契約期間は、一部の車種を除いて3年・5年・7年から選べるので、長期利用にも対応します。

後述する解約金フリープランにはない特徴として、一定の手数料を支払うことで、契約期間内に車を変更できる「のりかえGO」というサービスがあること。また、選べる車種の範囲が解約金フリープランよりも広く、トヨタ車・レクサス車・モリゾウセレクションから選択できます。レクサスとモリゾウセレクションは、初期費用フリープランに限定された車種なので、もしレクサスに興味があってKINTOを調べている方は初期費用フリープランでの契約が必須です。

まとめると、初期費用フリープランは手軽に新車を乗り始めたい、レクサスに乗りたいといったニーズに最適です。

解約金フリープラン

解約金フリープランは、必要な期間だけ車に乗る人やいろいろなライフイベントが控えている方に最適なプラン。

このプランの特徴は、申し込み時に月額5ヶ月相当の費用を支払う代わりに、中途解約でも解約金がかからないところ。つまり多くのカーリースのように、契約年数をじっくりと考慮する必要がありません。

選択できる契約期間は3年のみですが、初期費用フリープランにはなかった、契約満了時における同じ車の再契約が可能。ただしその際に選べる車種はトヨタ車のみです。

このように、解約金フリープランは初期費用が必要で選べる車もトヨタ車のみですが、利用期間を気にしなくてもいいため、契約期間中の柔軟性が高くなっています。

KINTOのサービス内容のメリット

《写真提供:response》《photo by Toyota》欧州向けトヨタ「KINTO」のイメージ

レクサスに乗れる!

KINTOの大きな特徴のひとつは、新車のレクサスオーナーになれること。

レクサスはトヨタ自動車が手掛けているブランドで、当初はアメリカのみで展開されていましたが、今では世界60カ国以上で展開されており、日本でも2005年8月から販売されています。

メルセデス・ベンツやBMWといった高級車に対抗するために構築されているだけあって高いブランドイメージを持っているほか、レクサス(LEXUS)の名称が「ラグジュアリー」と「最先端テクノロジー」の造語であることからもわかるように、トヨタの最先端機能を存分に味わえることもポイントです。

このように魅力がいっぱいのレクサスですが、高級車だけあって価格は一般的な自動車よりも高く、LCやRCFは新車で1,000万円越え。しかしKINTOを利用すれば、レクサスを購入するよりもずっと低額に、しかも新車で乗り始められます。

ちなみに2022年4月現在、KINTOで選べるレクサスは3種類で、RX、RXモデリスタ仕様、RCです。

車の乗り換えができる

一般的なカーリースは、一度契約したら車の乗り換えは不可能で、どうしても乗り換えたい場合は中途解約が必要になります。しかしKINTOの初期費用フリープランであれば、割安な手数料で気軽に新しいトヨタ車に乗り換えられます。

契約期間は最長7年ですが、7年の間には結婚・出産・転居などといったライフイベントが生じ、車に求めるニーズが変化するのはよくあること。そんな時にKINTOであれば、必要に応じて乗り換えできるので、さまざまなライフプランにも柔軟に対応できます。

メンテナンスが充実している

KINTOの月額料金には、最初からメンテナンス費用が含まれており、しかもその内容が一般的なカーリースのメンテナンスパックよりも充実しています。

例えば、法定12ヶ月点検や車検整備以外に、新車の1ヶ月点検と6ヶ月点検を実施。さらに、基本的な日常点検とリフトアップによるチェックをするプロケア10を、1年半、2年半、3年半のタイミングで実施するので、故障やトラブルのリスクをさらに減らせます。

また、冬タイヤのオプション契約もあり、タイヤの履き替えもサポートしてもらえます。

月額料金には消耗品まで含まれている

KINTOの月額料金には、消耗品の交換や補充費用も含まれており、普段使用する中で追加費用が必要になることは滅多にありません。代表的な消耗品には以下のようなものが含まれます。

・エンジンオイル
・エンジンオイルフィルター
・エアクリーナーエレメント
・タイヤ
・バッテリー
・ワイパーゴム
・ウィンド・ウォッシャー液
・エアコンフィルター
・ブレーキパッド
・ブレーキシュー
・ブレーキライニング
・ブレーキフルード
・各種電球
・各種電池(電子キー・カードキーなど)

このように各種電球や電池までが対象で、かなり広い範囲までカバーしていることがわかります。

故障・修理の際は代車も可能

KINTOの月額料金には、代車やロードサービス費用が含まれています。

法定点検、車検、故障や修理時に車両預かりの際に、原則として契約車両と同等クラスの代車を提供。

多くのカーリースは、こうした代車手配に対応していませんので、KINTOらしい手厚いサービスといえるでしょう。

クレジットカード払いに対応

カーリースの月額料金は、口座振替による支払いが一般的ですが、クレジットカード払いが可能なカーリース会社もあり、KINTOもそのひとつです。

クレジットカード払いのメリットは、携帯電話や光熱費などと支払いをまとめられるので家計管理がしやすい点。

さらに多くのクレジットカードでは、利用額や使用頻度に応じてポイントが貯まる仕組みがあるので、カーリースの支払いをクレジットカードにできれば、比較的大きなポイントの還元につながるでしょう。

KINTOのサービス内容のデメリット

《写真提供:response》《写真提供 KINTO》2つのプランで選びやすくなった

契約終了後の買取ができない

いくつかのカーリース会社では、契約満了時にこれまで乗ってきた車を買い取れたり、オプションをつけることでもらえたりしますが、KINTOには買取オプションがありません。

契約満了時には、初期費用フリープランなら必ず車を返却、解約金フリープランなら再契約ができますが、いずれも買取には対応していません。

全面禁煙・ペット禁止

KINTOの利用約款では、車内における電子タバコを含むすべての喫煙が禁止されています。

またペットの乗車も、ケージに入った状態であっても禁止されています。ペットを飼っておられる方にとっては、ドライブや動物病院に連れていけないのはデメリットでしょう。

選択できる車種が少ない

KINTOで選べる車種はトヨタ車とレクサス車のみ。しかも販売されている全グレードが対象ではなく、KINTOによってあらかじめ厳選されたグレードだけが対象です。多くのカーリース会社では、国内メーカーの車全種・全グレードから好きな車が選べることを考えると、選択肢が少ない印象です。

とはいえ、トヨタ車とレクサス車を合わせた2021年の新車販売台数は146万台あまりで、国内シェアが50%を超えています。つまり比率だけで考えれば、KINTOは新車販売台数の2台に1台をカバーしているので、そこまで極端なデメリットにならないという考え方もありそうです。

KINTOの他社との違い

《写真提供:response》《photo by Toyota》欧州向けトヨタ「KINTO」のイメージ

任意保険は期間中コミコミ

KINTOが他社と大きく違う点は、月額料金に自動車の任意保険料が含まれていること。しかも、年齢や等級が影響しない固定料金の自動車保険なので、誰でも同じ金額でカーライフを楽しめます。万が一、事故を起こして保険を使用しても、月額料金に変わりはありません。

一般的なカーリースは、任意保険が月額料金に含まれていないため、別途自分で加入します。もし事故を起こして保険を使用すれば、当然保険料は上がってしまうので、そうしたリスクを考えるとKINTOの自動車保険には魅力があります。

しかもKINTOに付帯されている保険は補償内容も充実しており、対人・対物賠償保険は無制限、自分自身や同乗者のケガを補償する人身傷害補償保険も1名につき5,000万円まで(レクサス車契約の場合は1億円まで)、自損事故や当て逃げでも補償になる車両保険(自己負担額5万円まで)も付帯されています。

さらに、弁護士費用特約やレンタカー費用補償特約など、特約関連も充実しています。

加えて、KINTOには「わりかんKINTO」というアプリが用意されています。これは契約中の車を家族や友人などでシェアするためのサポートツールアプリで、誰でも乗れる自動車保険が付帯されているKINTOだからこそ可能なサービスです。

車検整備や法定点検も正規ディーラーで受けられる

KINTOでは、メンテナンスや修理、故障などの対応を正規販売店で受けられます。

KINTOの申し込み時に、担当販売店としてトヨタ正規ディーラーを1店舗選び、その店舗が納車やその後のサービス・点検整備をサポートしてくれます。基本的に、いつも同じ店舗が対応してくれるのは安心ですね。

もし転居などでいつもの店舗が遠くなってしまう場合は、担当販売店の変更もできます。

メンテナンスパックを追加契約する必要がない

一般的なカーリースでは、メンテナンスが追加オプションになっていますが、KINTOは最初から月額料金にトヨタ正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ。

もちろん点検だけではなく、タイヤなどを含む消耗品の交換もカバーしているので、急な出費の心配もなく安心です。

トヨタ ヤリスの金額で比較

トヨタ ヤリスをもとに、KINTOを競合他社のカーリースと比較してみましょう。

比較条件(2022年4月1日現在)
・車種:トヨタ ヤリス
・グレード:X HEV 1.5L 2WD(5人)
・オプション:メンテナンスパック(同等レベル)/その他オプションなし
・月間走行距離制限1,500km
・契約期間:5年
・頭金/ボーナス払い0円

上記条件で見積りをすると、KINTOは月額44,770円(税込)となりました。これには、自動車保険(自賠責・任意)と、法定点検や車検、代車費用、ロードサービスなどのメンテナンスが含まれています。

定額カルモくんで見積りすると、月額45,000円(税込)となりました。定額カルモくんではメンテナンスパックがオプションで、プラチナ・ゴールド・シルバーのほか、メンテプランなしも選択できます。KINTOはメンテナンスが最初から含まれているので、条件を合わせるために定額カルモくんでもゴールドメンテプランを選択しています。両社を比べると、定額カルモくんのほうが月々230円ほど高くなります。

コスモMyカーリースでの見積りは、月額48,950円(税込)でした。コスモMyカーリースでもメンテナンスパックはオプションで、ゴールド・シルバー・メンテナンスなしから選択できます。KINTOの条件に合わせて、フルメンテナンスのゴールドパックを選んだ価格です。

3社の金額を比較すると、KINTOの月額料金がもっとも安くなります。しかも、KINTOの月額料金には任意保険料が含まれているので、それらを考えるとKINTOのプランの充実ぶりが分かります。

一方で、定額カルモくんやコスモMyカーリースはメンテナンスを外せるので、その場合は定額カルモくんが月額39,720円(税込)、コスモMyカーリースが月額42,130円(税込)となります。

これらの料金をKINTOと比べると、定額カルモくんが5,050円、コスモMyカーリースが2,640円安くなります。少しでも月額料金を安くしてカーリースを楽しみたい方は、KINTO以外の選択肢のほうが魅力的かもしれません。

KINTOの評判や口コミ

《写真提供:response》《photo by Toyota》欧州向けトヨタ「KINTO」のイメージ

KINTOはシンプルに提示されている金額を“払えるか払えないか”その判断だけですからね。旦那さんと一緒に「これで全部入ってるんだったらいいんじゃない?すぐクルマに乗りたいから早い方がいい」って決めました(笑)

普通のローンとKINTOで悩んだけど、どちらも月々の支払額があまり変わらなくて。ローンだとプラスして任意保険料や自動車税を支払わなきゃないから、ちょっとそれは無理かなって。スタッフの方に任意保険料の金額教えてもらったらすごく高くて、払いたくない一心でKINTOに。

KINTOのよくある質問

《写真提供:response》《画像:KINTO》新型ハリアーがKINTOのラインアップに登場

納車までの期間は?

納車までの期間は車種によって異なります。

トヨタ車をWEBで申し込んだ場合、納車までの期間は契約からおおよそ1ヶ月半~2ヶ月程度。レクサス車をWEBで申し込んだ場合、5ヶ月半~6ヶ月半程度です。(2022年3月31日時点)

いずれも納期までには変動があり、WEBページに「納車目処」の記載があるので、申し込み時点で参考にできます。

全損事故や盗難の場合は?

全損事故または盗難の場合、付帯されている任意保険のリースカー車両費用保険特約でカバーされます。また、車両費用保険特約も付帯されているので、リース規定損害金が発生せず自己負担はありません。

この場合KINTOの契約は中途解約になりますが、中途解約金は発生しません。また中途解約後であっても、事故または盗難により保険で手配されたレンタカー(代車)を、最長30日まで利用できます。

走行距離の制限

走行距離制限は、初期費用フリープラン・解約金フリープランいずれも、3年プランの場合で54,000km、5年プラン(再契約1回目含む)で90,000km、7年プラン(再契約2回目含む)で126,000kmです。

もし走行距離が超過していた場合、トヨタ車で1kmあたり税込11円、レクサス車で1kmあたり税込22円の追加料金が発生します。

車両返却時に負担金が発生するか?

契約満了で車両を返却するとき、車両に修理やクリーニングが必要と判断された場合は負担金が発生します。

ただし、通常使用の範囲(例:ドアパネルにおける1cm程度のキズや凹み)であれば、費用請求とはならないので、小さなキズまでは気にしなくても問題ないようです。

任意保険は外せるか?

KINTOでは任意保険を外せません。

もし現在、任意保険契約があるなら、中断制度を利用して保険等級をキープし、自身で車を購入した際に中断前の等級を引き継ぐ方法があります。

まとめ

《写真提供:response》《photo by Toyota》トヨタのサブスクリプションサービス「KINTO」のイメージ

今回は、KINTOのカーリースについてまとめました。

最大の特徴は、任意の自動車保険やメンテナンス費用が最初から月額料金に含まれていること。そのため選択肢の柔軟性は他のカーリースと比べると低いですが、そのぶん充実した内容になっています。

ぜひ今回の記事を参考に、カーリース会社を選んでみてください。

関連するキーワード


KINTO カーリース

関連する投稿


車のリースとは?メリット・デメリットや現金・ローン購入との違いを解説

車のリースとは?メリット・デメリットや現金・ローン購入との違いを解説

車を購入する時には、現金一括?それともマイカーローンを利用して分割で購入?もうひとつ!リースという方法もあります。最近耳にすることも増えた、車の「リース」という言葉。車のリースとは、一体どういう仕組みなのでしょうか。メリットとデメリットもあわせて紹介します。


ピタクルの評判や特徴は?ユーザー目線に立った優しいサービスを解説

ピタクルの評判や特徴は?ユーザー目線に立った優しいサービスを解説

ピタクルは、三菱オートリース株式会社が提供しているカーリース。国内大手のカーリースだけあり、安心のサポートが充実しています。今回は、そのサービス内容や特徴、他社との違いについてまとめました。


ホンダの新車サブスク「楽まる」はおすすめ?メリット・デメリットや他社との違いを徹底解説!

ホンダの新車サブスク「楽まる」はおすすめ?メリット・デメリットや他社との違いを徹底解説!

車のサブスクとして認知度があがってきたカーリース。女優の新川優愛さんがCM出演したことでも話題のホンダの新車カーリース「楽まる」をご検討の方向けに、契約におけるメリットやデメリット、契約プランや価格についての他社との違いをまとめました。


MOTAカーリースの評判は?サービス内容や他社との違いについて

MOTAカーリースの評判は?サービス内容や他社との違いについて

サブスクリプションサービスのひとつでもあるカーリース。CM提供しているカーリース会社もあり、認知度をさらに高めています。今回はカーリース会社「MOTAカーリース」を紹介。中古車の取り扱いもあるMOTAカーリースですが、今回は新車カテゴリでのリースに限定して特徴やサービス内容、契約におけるメリットやデメリットなど、他社との違いについてまとめました。


定額カルモくんの評判は?サービス内容とメリット・デメリットのまとめ

定額カルモくんの評判は?サービス内容とメリット・デメリットのまとめ

費用を抑えつつ、好きな車に乗ることができるカーリース。購入せずにカーライフを楽しめる手軽さもあって、人気の高まっているサブスクリプションサービスです。 今回紹介するのは、カーリースを展開している「おトクにマイカー 定額カルモくん」。サービス内容や、利用にあたってのメリット・デメリット、他社との違いなどをチェックしました。


最新の投稿


駐車禁止標識(マーク)の意味や場所は?違反した場合の罰則について

駐車禁止標識(マーク)の意味や場所は?違反した場合の罰則について

駐車禁止標識(マーク)だけでなく、その詳しい意味や禁止場所の範囲を理解しておくことは交通ルールに沿った運転をするうえで重要です。今回は、駐車禁止標識の意味と違反した際の罰則についてまとめました。


車のディーラーとは?販売店との違いやメリット・デメリットをわかりやすく解説

車のディーラーとは?販売店との違いやメリット・デメリットをわかりやすく解説

ディーラーという言葉は聞いたことがあるけれど、実際にどんなことをするのか知らないという人も多いのではないでしょうか。ここでは、ディーラーの意味と種類、そして車を購入する時の販売店の選び方について解説します。


車のエンジンがかからないときの原因と対処方法をまとめて紹介

車のエンジンがかからないときの原因と対処方法をまとめて紹介

車のエンジンが突然かからなくなってしまっても、原因を確認して対処すれば解決できます。今回は、エンジンがかからないときに考えられる原因とチェックポイント、解決までの手順を紹介します。


どこに加入すべき?自動車保険を選ぶポイントとおすすめの自動車保険会社

どこに加入すべき?自動車保険を選ぶポイントとおすすめの自動車保険会社

自動車保険はいろいろな保険会社が取り扱っています。そのため、自動車保険を選ぶ際に、「どのようなものを選べばよいのか?」と悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。 そのため、自動車保険を選ぶ際には、どのようなポイントに注意すればよいのか、事前に把握しておきましょう。


【バイデン大統領来日!】アメリカ大統領 専用車「ビースト」がスゴイ!驚きの性能を紹介!

【バイデン大統領来日!】アメリカ大統領 専用車「ビースト」がスゴイ!驚きの性能を紹介!

アメリカ大統領の専用車である通称「キャデラック・ワン」。キャデラック・ワンはその性能、機能から「ビースト」とも呼ばれています。こちらの記事では、アメリカ大統領の専用車、キャデラック・ワン(ビースト)についての機能、性能等の情報を記載しています。