トップへ戻る

いつ交換してる?車のバッテリーを交換する目安と交換費用の抑え方

いつ交換してる?車のバッテリーを交換する目安と交換費用の抑え方

バッテリーは車のシステムを動かすための電力供給源です。バッテリーは使うほどに消耗するため、定期的な交換が必要になります。バッテリーが使えなくなると、車を動かせなくなるので、その交換時期は見極められるようにしておきましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


車のバッテリーを交換する目安

《画像提供:Response 》バッテリー交換

車のバッテリーはエンジンをかける時や、ヘッドランプやウィンカーなどのライト類、カーナビなど、多くの電装品に電力供給をしており、車を動かすには必要不可欠です。

そのため、バッテリーは使えなくなってからの交換では遅く、交換時期を見極めて、事前に交換する必要があります。交換時期の見極めには目安があるので、この記事を読んで、ぜひ知っておいてください!

エンジンがかからない

バッテリーは車のエンジンをかける際にも使っていて、バッテリーが消耗していると、パワー不足でエンジンがかかりにくくなります。

エンジンがかかりにくい場合や、エンジンのかかる音がいつもと違うと感じた場合には、交換時期が迫っていると判断しましょう。

ライトが暗い

バッテリーは交換時期が迫るとパワーが弱くなるので、ヘッドランプにも十分な電力を送ることができなくなり、明るさが弱くなります。「ライトの寿命では?」と考える人もいると思いますが、バッテリーは車を走らせることで充電されるので、ライトの寿命でなければ走っているうちにヘッドランプの明るさは強くなっていきます。

走り始めでライトが暗いと感じた場合には、交換時期が迫っている可能性を考えましょう。

バッテリー液の変色

新しいバッテリー液は無色透明ですが、使うほどに濁って変色していくので、変色が酷いほど交換時期が近いサインです。

ただし、バッテリー液には硫酸が含まれていて、触れると炎症を起こす可能性もあり大変危険です。取り扱いには注意が必要なので、初心者は安易にバッテリー液の状態を確認したり補充したりせず、業者に依頼したほうが安心です。

アイドリングストップができない

アイドリングストップはエンジンの停止と始動をさせるので、バッテリーの電力が必要になります。そのため、バッテリーが消耗して、十分なパワーが出せない場合はアイドリングストップが作動しなくなります。

もし、するはずのタイミングでアイドリングストップをしなくなった場合には、交換時期が迫っている可能性があります。

バッテリー交換を早める車の乗り方とは?

バッテリー交換を早める車の乗り方とは?

バッテリー交換を早める車の乗り方とは?

バッテリーは、消耗してパワーが弱くなってくると、エンジンがかかりにくくなったり、ヘッドランプが暗くなったりなど、不都合が生じるようになります。

バッテリーの交換には費用もかかるので、できるだけ長持ちさせたいですよね。では、車をどのように使うと、バッテリーの寿命を早めてしまうのでしょうか。

車を動かさない

バッテリーを消耗させないようにするには、使わないようにすればいい、と考える人もいるでしょう。

しかし、バッテリーは車の走行中に充電されるので、車を動かさないと充電できず、逆に寿命を縮めてしまいます。車をあまり使わない方でも、1〜2週間を目安に車を走らせるようにしましょう。

ライトの消し忘れ

エンジンを停止した状態でライトを点灯し続けると、バッテリーを大きく消費することになります。ライトの消し忘れには十分注意しましょう。

アクセサリーが多い

バッテリーは使わないと寿命を縮めてしまいますが、使いすぎも寿命を縮めてしまう原因になります。車ではカーナビやドライブレコーダー、スマホの充電など、多くの場所で電力を使っています。また、車内をライトで装飾している人もいるでしょう。

これらのアクセサリーによって電力消費量が多くなるほど、バッテリーには負担がかかることになり、寿命を縮めてしまいます。

バッテリー交換の費用は?

バッテリー交換の費用は?

バッテリー交換の費用は?

バッテリー交換は素人には難しく危険なため、業者に依頼する人が多いです。その費用相場はいくらくらいなのでしょうか。

バッテリー交換の作業費用

バッテリーの交換を業者に依頼した場合、その作業費用の相場は1,000円〜3,500円ほど。基本的にガソリン車の方が作業費用が安く、ハイブリッド車や電気自動車は作業費用が高い傾向があります。

バッテリーの値段

バッテリーを交換する場合、作業費用だけでなく別途バッテリーも購入しなければなりません。車種ごとに適合するバッテリーは異なり、おおよそ8,000円〜40,000円とかなり差があります。

値段の範囲が広いため、業者に依頼する際には事前に値段の確認をしておくようにしましょう。

バッテリー交換の費用を抑える方法

バッテリー交換の費用を抑える方法は?

バッテリー交換の費用を抑える方法は?

バッテリーの交換には数万円かかります。車には他にもガソリン代や車検代、メンテナンス費用や税金など、維持費がそれなりに必要になります。

そのため、バッテリー交換の費用はなるべく抑えたいもの。その費用を抑える方法はいくつかあるので、確認しておきましょう。

自分で交換する

自分でバッテリー交換をすれば、業者に依頼したときの作業費用分を節約することができます。

ただし、バッテリー液には硫酸が含まれていたり、水素ガスの発生による引火や爆発の危険性など、注意事項がたくさん。また、バッテリーの取り外しや取り付け、端子の接続順など難しい部分もあります。

知識のない状態でのバッテリー交換は危険なので、無理はせずに業者に依頼する選択肢も持っておきましょう。

バッテリーを持ち込む

バッテリーを自分で購入し、交換だけ業者にしてもらう方法もあります。バッテリーを安く販売しているお店を見つけられれば、交換の際に合わせて購入するよりも値段を安く抑えられます。

自身で購入する場合には、購入前に適合するバッテリーかの確認が必須です。また、持ち込み不可の業者もあるので、バッテリーの持ち込みが可能かも確認しておきましょう。

バッテリーの交換時期を見極められるようにしておこう

バッテリーの交換時期は見極められるようにしておきましょう

バッテリーの交換時期は見極められるようにしておきましょう

バッテリーが使えなくなると車は動かせません。不測の事態を避けるためにも、バッテリーの交換時期は見極められるようにしておきましょう。また、バッテリーを長持ちさせるためにも、どのような車の使い方をすればよいのか、ぜひ覚えておいてくださいね。

関連するキーワード


バッテリー

関連する投稿


車用バッテリー充電器のおすすめを紹介!使用方法を知っておこう

車用バッテリー充電器のおすすめを紹介!使用方法を知っておこう

バッテリーは、クルマの中でも、トラブルが起こりやすい箇所のひとつです。それでも、普段からバッテリーを充電しておけば、かなりの程度、トラブルを防ぐことができます。そこで今回は、バッテリー充電器についてまとめました。


イエローハットのバッテリー交換工賃目安は?本当に怖いバッテリーの突然死!

イエローハットのバッテリー交換工賃目安は?本当に怖いバッテリーの突然死!

普段意識することなく使っている自動車のバッテリーは、突然上がってしまうと対処に困ってしまいますよね。ロードサービスを待つ間、そういえばバッテリーのメンテナンスはやってこなかったなあと後悔してしまうかも。そんな辛い体験をしなくて済むよう、性能が低下してきたバッテリーは予防的な交換を済ませておけば安心です。お近くのイエローハットにおまかせすれば、安心が簡単に手に入ることでしょう。


オートバックスのバッテリー交換費用や作業時間をまとめてチェック!

オートバックスのバッテリー交換費用や作業時間をまとめてチェック!

自動車で重要な部品といえば。エンジンやタイヤ、ハンドルなど、さまざまな要素が挙げられるとは思いますが、ないと困るのがバッテリーです。エンジンを始動するだけでなく、今や車両制御や多くの快適装備を支える重大な役目があるバッテリーですが、意外としっかりメンテナンスできている方は少ないのでは。突然のバッテリー上がりを避けるためにも、オートバックスでメンテナンスを依頼しておきましょう。


カーバッテリーの寿命と交換時期は?バッテリーにやさしい車の使い方

カーバッテリーの寿命と交換時期は?バッテリーにやさしい車の使い方

キーレス、パワーウィンドウ、パワーシート… 現代の車は、電気仕掛けの便利機能が盛り沢山。自動車のバッテリーが上がってしまうと、エンジンがかからないどころか車内に乗り込むことすら難しくなっています。重要なバッテリーですが、普段点検やメンテはできてない、という方も多いのでは。この記事では、バッテリーの寿命を判断する目安や、バッテリーにやさしい車の使い方をご紹介していきます。


おすすめのジャンプスターターをご紹介!バッテリー上がりの対処法は?

おすすめのジャンプスターターをご紹介!バッテリー上がりの対処法は?

ジャンプスターターは、バッテリーが上がってしまった際に簡単にエンジンを掛けることができる便利グッズです。普段頻繁に使うものではありませんが、いざという時に重宝するグッズです。今回はこのジャンプスターターについてご説明致します。


最新の投稿


駐車禁止標識(マーク)の意味や場所は?違反した場合の罰則について

駐車禁止標識(マーク)の意味や場所は?違反した場合の罰則について

駐車禁止標識(マーク)だけでなく、その詳しい意味や禁止場所の範囲を理解しておくことは交通ルールに沿った運転をするうえで重要です。今回は、駐車禁止標識の意味と違反した際の罰則についてまとめました。


車のディーラーとは?販売店との違いやメリット・デメリットをわかりやすく解説

車のディーラーとは?販売店との違いやメリット・デメリットをわかりやすく解説

ディーラーという言葉は聞いたことがあるけれど、実際にどんなことをするのか知らないという人も多いのではないでしょうか。ここでは、ディーラーの意味と種類、そして車を購入する時の販売店の選び方について解説します。


車のエンジンがかからないときの原因と対処方法をまとめて紹介

車のエンジンがかからないときの原因と対処方法をまとめて紹介

車のエンジンが突然かからなくなってしまっても、原因を確認して対処すれば解決できます。今回は、エンジンがかからないときに考えられる原因とチェックポイント、解決までの手順を紹介します。


どこに加入すべき?自動車保険を選ぶポイントとおすすめの自動車保険会社

どこに加入すべき?自動車保険を選ぶポイントとおすすめの自動車保険会社

自動車保険はいろいろな保険会社が取り扱っています。そのため、自動車保険を選ぶ際に、「どのようなものを選べばよいのか?」と悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。 そのため、自動車保険を選ぶ際には、どのようなポイントに注意すればよいのか、事前に把握しておきましょう。


【バイデン大統領来日!】アメリカ大統領 専用車「ビースト」がスゴイ!驚きの性能を紹介!

【バイデン大統領来日!】アメリカ大統領 専用車「ビースト」がスゴイ!驚きの性能を紹介!

アメリカ大統領の専用車である通称「キャデラック・ワン」。キャデラック・ワンはその性能、機能から「ビースト」とも呼ばれています。こちらの記事では、アメリカ大統領の専用車、キャデラック・ワン(ビースト)についての機能、性能等の情報を記載しています。