トップへ戻る

オイルフィルターの交換頻度は?快調エンジンに欠かせない重要部品の仕組みと役割

オイルフィルターの交換頻度は?快調エンジンに欠かせない重要部品の仕組みと役割

車にとっての血液に例えられることも多いエンジンオイル。エンジンオイルの役割はエンジン内部の潤滑だけでなく冷却や防錆などだけでなく、エンジン内部の汚れを回収してくれる役割も担っています。そんなオイルが回収した汚れをろ過して綺麗に保ってくれるオイルフィルターは、人間の臓器に例えるならさながら腎臓のような大事な役割を担う部品。どの程度の頻度で交換するのがよいのか、復習しておきましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


車の血液エンジンオイルを支える「オイルフィルター」に注目

《画像提供:Response 》HKS オイルフィルター

自動車でよくあるたとえに、エンジンが心臓ならエンジンオイルが血液だ、というものがあります。動力を生み出すエンジンは、エンジンオイルがなくては正常に動くことができません。

またエンジンオイルは、車が使われる状況に応じて劣化が進んだり、全然乗っていなくても時間が経つと劣化が進みます。そのため、オイルは定期的な交換が必要ということは広く知られていることでしょう。

そんなエンジンオイルだけをきれいにする専用のフィルターが、車に装着されていることは知っていましたか?

エンジンオイルを交換してもらう際に、フィルターも交換しますか?などと聞かれても、よく分からないけど「はい!」と答えている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、フィルターはオイル内の汚れを濾しとってくれるため、こちらも定期的に交換をしないと目詰まりしてしまい、放置しておくとエンジンのトラブルを招きかねません。

血液たるエンジンオイルをきれいにする、さながら腎臓のような重要な部品、「オイルフィルター」についてご紹介していきます。

そもそもエンジンオイルはなぜ必要?大事な役割が5点

トヨタ純正キャッスルモーターオイル

消耗品が数多くある車の中でも、頻繁に交換が必要になるのがエンジンオイルです。

エンジンオイルはヌルッとしていて、エンジン内の潤滑を助けていることはなんとなく想像がつきますが、使用期間が長くなるとだんだん汚れて真っ黒になってしまうのはどうしてなのか、疑問に思ったことはありませんか。

その理由は、エンジンオイルが担う大事な役割5点を見ていくと納得できそうです。

エンジンオイルの役割:金属同士の摩擦を低減

エンジンオイルの役割として最もわかりやすいのが、金属部品同士の摩擦を低減するはたらきです。

エンジン内部は非常に高速で動く上に高温になる金属部品が多数あります。もしもエンジンオイルなどの潤滑がない状態でエンジンを動かしてしまうと、すぐに金属部品同士が傷つけ合い、動かなくなってしまうでしょう。

スムーズなエンジンの回転を、エンジンオイルが支えています。

エンジンオイルの役割:気密・密閉の維持

やや想像しにくいエンジンオイルの役割として、ガソリンと空気が混ざった混合気を爆発させた力をピストンにしっかりと伝えるために、気密性を保つというものもあります。

爆発によって上下するピストンとシリンダー内の壁面とは、ピストンが動く必要があるほか、素材の熱膨張にも対応する必要があるため、直接接していません。

エンジンオイルによる油膜がその隙間にあることで、吸入された混合気が漏れることなく圧縮され、爆発した後も膨張したガスが漏れることなくピストンを押し下げるので、きちんとエンジンがパワーを生み出せるというわけです。

エンジンオイルの役割:熱を拡散することで冷却

こちらもあまりイメージが湧きにくい部分かもしれませんが、エンジンオイルはエンジンの冷却にも一役買っています。

近年のエンジンは水冷エンジンがほとんどで、冷却水がエンジンの内部を循環してエンジンを冷やしていますが、エンジンオイルの冷却作用も重要です。冷却水の配管が設置しにくい部分などもどうしても出てくるので、エンジンオイルによる冷却なくしてはオーバーヒートしてしまうことでしょう。

エンジンオイルがオイルパンに戻ることでも熱が拡散されて冷却作用を生み出しますが、よりパフォーマンス重視で冷却性能の要求がシビアな車などでは、エンジンオイルを冷却するオイルクーラーなども装備される場合があります。

エンジンオイルの役割:金属部品の防錆

エンジン内部が錆びるということはあまり想像しにくい部分ではありますが、エンジンオイルは防錆という役割も担っています。

燃料に含まれる水分や、温度差による結露などでエンジン内部でも水分は発生するものです。エンジンが動いている間は大きな問題にはなりませんが、停止後には錆や腐食の原因ともなりえます。そこでエンジンオイルが油の膜を表面に張ることで、錆や腐食の発生を予防しているのです。

エンジンオイルの役割:エンジン内部の汚れを洗浄

意外と知られていないかもしれないエンジンオイルの役割に、エンジン内部の汚れを洗浄するというものもあります。使用期間が伸びてくるとエンジンオイルが真っ黒になってくるのはこのためで、エンジン内部の汚れがだんだんと蓄積されていった結果ということですね。

燃料を燃やして動力を生み出しているエンジンですが、その燃焼の際にはススが発生する場合や、燃えカスがスラッジとなる場合があります。これらの汚れは、蓄積されていくとエンジンの正常な動きを阻害しかねません。

そんな汚れを、エンジンオイルが内部に取り込んでしまうことで、エンジン内部の洗浄を行なっているというわけです。

汚れを包み込んだエンジンオイルをろ過するのが「オイルフィルター」

ゼロスポーツ スバル車向け「スポーツオイルフィルターII」

先ほどご紹介したエンジンオイルの役割の中でも、洗浄作用に注目しましょう。エンジンオイルは汚れを取り込むことができますが、エンジンには定まった量のエンジンオイルが貯められているだけなので、そのままではじきにオイルは汚れまみれになってしまい、潤滑などエンジンオイルの他の作用にも影響が出かねません。

また、汚れが蓄積してしまうとエンジンオイルの劣化も早まることが予想され、そうなってしまうとより短期間でエンジンオイルの交換が必要になり、メンテナンスもより頻繁に必要になってしまうかもしれません。

そうなる前に、エンジンオイルが取り込んだ汚れを適宜濾しとって、エンジンオイルの性能をより長期的に維持したり、交換サイクルを長くしたりするのに、オイルフィルターが役立っているというわけです。

オイルフィルターはどうやって汚れをろ過するの?

《画像提供:Response 》オートエグゼ マツダ車向け「スポーツオイルフィルター」

オイルフィルターは、見た目では円柱状の金属ケースで、内部がどのようになっているのかは見えませんが、フィルターの効果を発揮するのは、ケース内部に折り畳まれて収納された「ろ紙」部分です。このろ紙部分は「フィルターエレメント」とも呼ばれ、オイルフィルター交換のことを「エレメント交換」などと表現したりするもととなっています。

ろ紙が折り畳まれていることで、オイルの汚れを濾しとるためのろ過面積が広く取られており、フィルターを通り抜けるオイルの流量が確保されています。

オイルの流れとしては、オイルポンプによって吸い上げられたオイルは、オイルフィルターのところまでパイプで送り込まれてオイルフィルターに到達すると、ケース壁面を沿ってオイルがろ紙に到達し、ろ紙を通ってフィルターされたオイルが中央部に染み出して、そのままエンジン側に戻っていきます。

現在主流は「カートリッジ式」、フィルターだけ交換するタイプも

TRD スポーツオイルフィルター

現在では、乗用車のほとんどにはカートリッジ式(またはスピンオン式)のオイルフィルターが使用されています。これは、先ほどご紹介したように、円柱状のフィルターケースの内部にろ紙などのフィルターが収納されていて、全体をカートリッジとして交換するタイプです。

このカートリッジ式オイルフィルターには、ケース自体に雌ネジが切られていてオイルフィルター交換にかかる時間が短いことや、より交換がしやすい位置にオイルフィルターを配置することが可能になるなどのメリットがあります。

それらに対し、エンジン内部やオイルパン内部に直接フィルターを取り付ける「内蔵式」のオイルフィルターもありますが、交換作業に手間がかかることなどから稀になってきています。

とはいえろ紙のみを交換できることから安価に交換が可能というメリットもあり、カートリッジ式の構造を踏襲しながら内部のフィルターのみを交換できるようにしたものも近年登場しており、国産車ではトヨタ車やダイハツ車などで採用が見られます。

マグネット付きや耐久性重視など、用途別の専用品も!

NISMO VERUSPEED オイルフィルター

オイルフィルターは、エンジンオイルの質を守るという大事な役目があるので、一般的な使用用途のものではなく、こだわりのパフォーマンス重視オイルフィルターを使用する方もいます。

パフォーマンス重視のオイルフィルターでよく見られるのが、フィルター内部などへの磁石の装着です。流れ込んでくるオイルの中の細かな鉄粉を、ろ紙に到達する前にとらえる狙いがあり、フィルターライフの向上や、エンジン保護性能の向上が謳われます。

また、サーキット走行などより過酷なコンディションで使われる車では、オイルフィルターに送り込まれるオイルの圧力や温度などの条件がかなりシビアになります。そんな状態でもフィルターとしての役割をしっかり果たせるよう、パフォーマンス重視のオイルフィルターではろ紙が潰れにくいように強度がしっかり確保されていたり、ろ過効率が向上されていたりといった違いがある場合があります。

オイルフィルターの交換目安はどれくらいがいいの?

エンジンオイル交換2回に1回はオイルフィルターも交換しよう

オイル交換 イメージ

オイルは交換のたびに真っ黒になっているし、オイルフィルターも毎回交換した方がいいんじゃないの?とお思いかもしれませんが、実際はオイル交換2回に対しオイルフィルターを1回交換することが広く推奨されています。

一般的な使用状況においては、1回のオイル交換の間にオイルフィルターが目詰まりしてしまうことはまずないとされ、2回に1回のペースでもオイルフィルターの性能は十分に発揮できるとされているからです。

車種や搭載しているエンジンによって異なりますが、近年ではオイル交換サイクルを10,000kmや15,000kmに1回と設定している車も見られます。その場合、オイルフィルターは20,000kmや30,000kmに1回交換することになります。意外と長持ちするものですね。

使用状況が「シビアコンディション」に分類されるような場合は、オイルとオイルフィルターの交換サイクルをより短期間にすることが推奨される場合もありますので、注意が必要です。

もっと短期間で交換することもできるが、効果は…?

オイルフィルターを交換する際にはオイルを抜く必要があるので、オイル交換よりも高頻度でのフィルター交換というのは現実的ではないものの、オイル交換のたびにオイルフィルターを交換することもできます。

しかし、先ほどご紹介した通り、一般的な使用状況のエンジンなら、そこまで汚れが蓄積しておらず、性能に大きな変化は見られないことがほとんどでしょう。

もちろん、よりオイルフィルターへの負荷が大きくなるサーキット走行などをしている車や、エンジン内部のコンディションを最優先したい旧車などでは、頻繁なオイルフィルター交換もおすすめされる場合もありますが、通常の使用においては、ちょっぴりもったいないと言えそうです。

オイルフィルターの交換、部品代や工賃の目安はどれくらい?

オイル交換 イメージ

オイルフィルターは、カートリッジ式のものなら純正品でおおよそ1,000〜2,000円程度、社外品でおおよそ300〜800円程度が一つの目安です。社外品の中でもより高機能なパフォーマンス重視のものでは数千円するものもあります。

オイルフィルターの交換を整備工場などで依頼すると、工賃としては500〜1,000円程度が目安となるでしょう。

両方合わせて、高くても3,000円程度が目安です。オイル交換2回に1回の作業で、エンジンの調子を維持するための大切な交換作業であることを考えれば、意外と安上がりに思えてくるのではないでしょうか。

DIYでも交換できる!大まかな手順はこうだ

オイルフィルターはカー用品店やネット通販などで購入が可能ですし、DIYでも交換が可能です。ただし、同時にオイル交換をする必要があるため、廃油の処理など面倒なこともあるので、普段からオイル交換をDIYでしているような方でないとハードルは高めでしょう。

① 
オイルフィルターはエンジン下部に設置されることが多いので、ジャッキアップが必要となる車がほとんどです。車を安定した路面でジャッキアップし、リジットラック(ウマ)をかけます。
ドレンボルトを外してオイルを抜きます。地面にこぼさないように注意しましょう。
オイルフィルター用のレンチを使用し、オイルフィルターを緩めて取り外します。フィルター内やオイル流路内に残っているオイルが漏れることもあるので注意しましょう。
オイルフィルター取り付け面を、パーツクリーナーなどを使用してきれいにしておきます。
新しく取り付けるオイルフィルターのOリングにオイルを少量塗り込んでから、規定の締め付けトルクで取り付けます。
ドレンボルトを新しいワッシャーと共に規定の締め付けトルクで取り付けます。
規定量のオイルをエンジン上部のオイルキャップから入れ、一度アイドリングをしてからオイルレベルゲージで確認をします。

まとめ

ポルシェ 空冷エンジン向け「クラシックモーターオイル」

車にとっての血液であるエンジンオイルをきれいにする、さながら腎臓のような大事な存在、オイルフィルターについてご紹介してきました。

普段目にしない部分だけに、交換もおろそかにしてしまいそうになりますが、オイルフィルターは目詰まりなどの不具合があっても直接警告を発してくれませんし、エンジンの監視システムでも検知できないこともあります。

エンジンの調子が崩れてからでは遅いので、早め早めの交換を心がけておくと、気持ちよく運転できそうです。

よくある質問

オイルフィルターって、どこに付いてて何をするもの?

オイルフィルターは、自動車の場合はエンジンの下部に取り付けられていることが多い部品で、エンジンオイルの汚れを取り除くことで、オイルの寿命を伸ばし、エンジンのオイル流路に汚れが蓄積するのを防ぐはたらきがあります。

オイルフィルターもオイルと一緒で交換が必要なの?

はい。オイルフィルターの汚れをろ過するフィルターもだんだんと汚れで目詰まりしていきフィルターとしてのはたらきが悪くなるため、定期的な交換が必要です。オイルフィルターが目詰まりしてしまうと、オイル内の汚れがどんどん蓄積していき、エンジンにダメージを与えることになります。

オイルフィルターは自分で交換できるの?

ジャッキアップなどをする必要がある車種がほとんどではありますが、DIYでもオイルフィルターを交換することは可能です。オイルフィルターの交換時には、オイルを排出する必要がありますので、オイル交換時に合わせてオイルフィルターも交換することが一般的でしょう。

関連するキーワード


エンジンオイル 交換

関連する投稿


スタッドレスタイヤの交換時期がいつがベスト?寿命年数は?安心安全のために注目

スタッドレスタイヤの交換時期がいつがベスト?寿命年数は?安心安全のために注目

愛車のタイヤをサマータイヤとスタッドレスタイヤで季節ごとに履き替えている方も多いです。しかし、多くの人に馴染みのあるサマータイヤと「冬専用」のスタッドレスタイヤとでは、寿命の判断基準が異なることは知っていましたか。また、普段はしまってあるスタッドレス、保管方法によっては劣化を加速させてしまっているかも。この記事で、スタッドレスについて詳しくなってしまいましょう。


イエローハットのバッテリー交換工賃目安は?本当に怖いバッテリーの突然死!

イエローハットのバッテリー交換工賃目安は?本当に怖いバッテリーの突然死!

普段意識することなく使っている自動車のバッテリーは、突然上がってしまうと対処に困ってしまいますよね。ロードサービスを待つ間、そういえばバッテリーのメンテナンスはやってこなかったなあと後悔してしまうかも。そんな辛い体験をしなくて済むよう、性能が低下してきたバッテリーは予防的な交換を済ませておけば安心です。お近くのイエローハットにおまかせすれば、安心が簡単に手に入ることでしょう。


オートバックスのバッテリー交換費用や作業時間をまとめてチェック!

オートバックスのバッテリー交換費用や作業時間をまとめてチェック!

自動車で重要な部品といえば。エンジンやタイヤ、ハンドルなど、さまざまな要素が挙げられるとは思いますが、ないと困るのがバッテリーです。エンジンを始動するだけでなく、今や車両制御や多くの快適装備を支える重大な役目があるバッテリーですが、意外としっかりメンテナンスできている方は少ないのでは。突然のバッテリー上がりを避けるためにも、オートバックスでメンテナンスを依頼しておきましょう。


カーバッテリーの寿命と交換時期は?バッテリーにやさしい車の使い方

カーバッテリーの寿命と交換時期は?バッテリーにやさしい車の使い方

キーレス、パワーウィンドウ、パワーシート… 現代の車は、電気仕掛けの便利機能が盛り沢山。自動車のバッテリーが上がってしまうと、エンジンがかからないどころか車内に乗り込むことすら難しくなっています。重要なバッテリーですが、普段点検やメンテはできてない、という方も多いのでは。この記事では、バッテリーの寿命を判断する目安や、バッテリーにやさしい車の使い方をご紹介していきます。


走行距離や状態で分かるタイヤ交換時期の判断基準!寿命タイヤは怖い

走行距離や状態で分かるタイヤ交換時期の判断基準!寿命タイヤは怖い

自動車が安全に走行するのに欠かせないのが正常な状態のタイヤ。タイヤは使用に伴ってすり減っていくなど劣化が進みますので、交換が必須の部品です。とは言っても、どの状態が正常で、どの状態が寿命なのかがちょっぴり分かりにくい気がしていませんか? 実はタイヤは、パッと見でも状態が分かるように作られているので、車に詳しくない方でも寿命の判断が可能です。詳しく見ていきましょう。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。