トップへ戻る

新型フェアレディZの価格、スペック、内装、発売日、予約状況の最新情報!

新型フェアレディZの価格、スペック、内装、発売日、予約状況の最新情報!

1969年の初代S30誕生以来、長く愛されているスポーツカー「フェアレディZ」に新型が登場しました。その人気ぶりは、先行受付開始1ヶ月で受注停止となったことが物語っています。新型フェアレディZのグレードは6種類(ProtoSpecを除く)。ここでは、新型フェアレディZの価格、スペック、内装、発売日、予約状況といった最新情報をお届けします。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


新型フェアレディZのグレード別スペックと価格

《画像提供:Response》〈写真提供:日産自動車〉日産 フェアレディZ 新型

新型フェアレディZは、大きくMTかATに二分され、MT車の3ペダル式はスポーツカー好きからしたら気になるグレードでしょう。

AT車は9ATで、405psものパワーを受け止めるためにしっかりとチューニングしています。そのため、MTが苦手なユーザーも含めさまざまな人が楽しめるスポーツカーです。

それぞれのグレード区別としては、車両名の後ろに何もつかないものが「標準モデル」、レイズ製19インチホイールに加え4輪アルミキャリパーピストンブレーキ+LSD装着が「S」となっています。「T」は本革・スエード調ファブリックコンビシート+運転席・助手席パワーシートで、ラグジュアリー仕様と捉えるといいでしょう。

最上位には「ST」があり、全部載せモデルとなっています。

フェアレディZグレード別スペックとメーカー希望小売価格(消費税抜き)
フェアレディZ フェアレディZ
Version S
フェアレディZ
Version ST
フェアレディZ フェアレディZ
Version T
フェアレディZ
Version ST
駆動方式 2WD(後輪駆動)
車名型式 ニッサン 3BA-RZ34 ニッサン 5BA-RZ34
トランスミッション 6速マニュアル マニュアルモード付フルレンジ電子制御9速オートマチック(9M-ATx)
エンジン DOHC・筒内直接燃料噴射V型6気筒
総排気量 2,997cc
最大出力 298kW(405ps)/6,400rpm
最大トルク> 475N・m(48.4kgf・m)/1,600-5,600rpm
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4,380mm×1,845mm×1,315mm
ホイールベース 2,550mm
車両重量 1,570kg 1,580kg 1,590kg 1,600kg 1,620kg 1,620kg
最小回転半径 5.2m
燃費(WLTCモード) 9.5km/L 10.2km/L
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
タンク容量 62L
メーカー希望小売価格(消費税抜) 4,765,000円 5,512,000円 5,875,000円 4,765,000円 5,170,000円 5,875,000円

新型フェアレディZのNISMO(ニスモ)モデルの販売はあるのか?

《画像提供:Response》〈写真撮影:内田俊一〉日産 フェアレディZカスタマイズドプロト(東京オートサロン2022)

期待されるフェアレディZ NISMOについては、現段階でメーカーから正式発表されていませんが、2022年7月頃よりカモフラージュされた新型フェアレディZが海外で目撃されていることから、「NISMO」モデルではないかとささやかれています。

このカモフラージュされた車両は、フロントバンパーグリルの幅が大きいように見え、冷却効率や空力性能の向上を考えていることから、ハイパフォーマンスモデルの開発、つまり「フェアレディZ NISUMO」であると予想されました。

また、東京オートサロン2022等で展示された「フェアレディZ カスタマイズプロト」をベースにした開発車両と似ていることから、ひょっとするとNISMOモデルではなく、カスタマイズプロトをベースにしたカスタマイズパーツを日産は発売するかもしれません。

海外メディアが報じた日産幹部のインタビューによると「新型フェアレディZはさらに高い出力を備えることができる」との発言があったそうで、未だ全貌は明らかになっていないものの、テストカーの目撃情報も複数あり、NISMOモデルがラインアップに加わる期待感は高まりそうです。今後の発表に注目していきたいですね。

新型フェアレディZの内外装

エクステリア

《画像提供:Response》〈写真提供:日産自動車〉日産 フェアレディZ 新型

新型フェアレディZのテーマは「伝統と最新技術の融合」を掲げ、そのスタイリングはZらしい伝統的な後輪駆動スポーツカーです。外観は初代フェアレディZを継承するロングノーズ&ショートデッキ、低重心のリヤスタンスといったシルエットで、美しいデザインに仕上がっています。

LEDポジションランプも、初代Zのレンズカバーの反射で浮かび上がるアイラインをモチーフに、最新技術を用いたシグネチャーLEDポジションランプを採用。

新型フェアレディZのアイデンティティともいえる、上下に分けて光るこのポジションランプは、上がデイタイムランニングランプ/ポジションランプ/ターンランプ、下がデイタイムランニングランプ/ポジションランプの機能を持っています。

LEDリヤコンビネーションランプは、Z32型をイメージした縦積みの2重リングテールランプを採用し、インナーレンズ手前側と奥側で発光させ、奥行き感のあるテールランプです。

ルーフフィニッシャーは、反射の強いメタルフレークで粒子感を低減。極めて滑らかな表面とすることでハイライトを強調することで陰影がはっきりとした特別な塗装により、「刀」のもつ鋭いハイライトと半光沢の強い輝きを表現しています。

また、フェアレディZの伝統である“ファストバックスタイル”をより美しく見せるために薄型のバックドアを開発。美しく流れるようなルーフライン、FRスポーツらしいブリスターフェンダーなど歴代のフェアレディZのデザインを継承。

さらに、遊び心としてナンバープレート台座、リヤサイドの反射板、9M-ATxトランスミッションケースへZロゴが刻印されており、デザイナーや開発チームの新型フェアレディZへの愛情が感じられます。

カラーは以下の全9色で、内6色は2トーンカラーです。

2トーンカラー ・イカズチイエロー/スーパーブラック
・セイランブルー/スーパーブラック
・カーマインレッド/スーパーブラック
・ステルスグレー/スーパーブラック
・ブリリアントシルバー/スーパーブラック
・プリズムホワイト/スーパーブラック
単一カラー ・バーガンディー
・ダークメタルグレー
・ミッドナイトブラック

内装

《画像提供:Response》〈写真提供:日産自動車〉日産 フェアレディZ 新型

室内は、フェアレディZのデザインを継承したモダンで機能的なインテリアデザインとなっています。

初代フェアレディZを踏襲した、3連サブメーター、薄型エアコン吹き出し口、9インチワイドディスプレイ、エアコンスイッチを縦積みした先進のコックピットに仕立てつつ、操作性に優れスポーツカーにとって最適なデザインレイアウトに仕上がっています。

シートはNISUMOで培ったノウハウにより、身体の接触面積を広くとり、高い横Gがかかる場面でもしっかりと姿勢を維持し、優れたホールド性とフィット感、さらにロングドライブでも疲れにくい快適性を実現したシートを装備。

グレード別にシート地のバリエーションがあり、フェアレディZとフェアレディZ VersionSはファブリックシート、フェアレディZ VersionTとフェアレディZ Version STはスエード調ファブリックコンビシートとなっています。

内装色は、フェアレディZ VersionTとフェアレディZ VersionSTは、ブラックとレッドから選択可能です。

新型フェアレディZの予約状況と発売日

《画像提供:Response》〈写真撮影:安藤貴史〉日産 フェアレディZ プロトスペック(東京オートサロン2022)

昨今、新型コロナウイルスや部品供給不足でメーカー各社が車両の注文一時停止、納期の長期化が続いております。新型フェアレディZの納期はどうなのか?気になるフェアレディZの予約状況や発売日、現段階の情報をまとめました。

発売日

新型フェアレディZは、240台限定モデルとなる「Proto Spec」モデルを2022年1月に発表、2月より予約申込みを開始し、すでに受付は終了しています。

カタログモデルは2022年4月25日に価格や装備、スペックをメーカーが発表しています。2022年6月下旬に正式発表を予定していましたが、部品供給の影響などを理由に同年夏、さらに秋頃への変更となっています。以降、最新の情報がメーカーから出ていないのが現状となっています。

予約状況

新型フェアレディZは、2022年9月現在注文を一時停止しており、注文再開時期も未定とのお知らせが日産の公式HPに掲載されています。そのため、納期は1〜2年以上かかると予想されます。

新型フェアレディZに限らず、今はどのメーカーも同様な状況ではあるため仕方がないかもしれません。受注再開については、公式HPをこまめにチェックしてみましょう。

まとめ

《画像提供:Response》〈写真提供:日産自動車〉日産 フェアレディZ 新型

満を持して登場した新型フェアレディZは、内外装、車両スペック、どれを見ても日産開発陣の意気込みを感じさせてくれる仕上がりとなっています。

購入を検討している方は、早めにディーラーへ相談してみるのがおすすめです。

関連する投稿


2022年のおすすめ最新クーペ5台!今年は国産車も外車もクーペが豊作

2022年のおすすめ最新クーペ5台!今年は国産車も外車もクーペが豊作

精悍なスタイリングや優れた走行性能で人気のクーペは、自動車業界における花形の車種です。近年ではクーペのラインアップ数は少なくなってきていますが、それでも新型モデルも複数登場するなど、根強い人気も感じられます。SUVやミニバンなど背が高い実用性重視の車が人気な現代でこそ、クーペの特別感も際立つというもの。この記事では、2022年に注目しておきたい、おすすめの最新クーペ5台を紹介します。


クーペとセダンの違いは?特徴やいま人気のクーペ4選を紹介!

クーペとセダンの違いは?特徴やいま人気のクーペ4選を紹介!

車の形状を語源とする「クーペ」は、セダンと似ているようで異なる車です。とはいえ、実際には両者がどのように異なっているのかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。クーペとセダンの違いは、ドアの数や運転性能、デザインの方向性などによって見分けられます。そこで今回は、クーペとセダンの違いや特徴、国内で販売されているおすすめのクーペ4選について解説します。


この感動を伝えたい!とにかくカッコいいクルマ12選!

この感動を伝えたい!とにかくカッコいいクルマ12選!

クルマの魅力はいろいろありますが、なんと言っても、カッコいいクルマに勝るものはありません。ひと目見たら忘れられない、思わず誰かに教えたくなってしまうようなカッコいいクルマを見ていきましょう!


何台知ってる?昭和の名車20選!

何台知ってる?昭和の名車20選!

自動ブレーキ、自動運転、そして電気自動車。そのようなものがなかった昭和には、いったいどんな車があったのでしょう。そして名車という割れる車とは?大変革期が訪れている中、あえて立ち止まって昭和の名車を20台ご紹介しましょう。


日産 フェアレディZ新型、颯爽と現れたプロトタイプの中身をチェック!

日産 フェアレディZ新型、颯爽と現れたプロトタイプの中身をチェック!

長年の沈黙を破り、ついに新型の開発が正式に発表されたフェアレディZ。既にプロトタイプも発表され、話題になっています。現時点では市販仕様の詳細はまだ発表されていませんが、プロトタイプを発表するくらいですから大枠で車の構成は定まっている様子。現在分かっている新型フェアレディZの内容を、一緒に振り返っていきましょう。


最新の投稿


【2022年最新版】アウディの現行SUV一覧

【2022年最新版】アウディの現行SUV一覧

輸入車の定番と言われるメルセデスやBMWほどには敷居が高くなく、しかし品質イメージはドイツ車であることを主張してくるアウディ。そのアウディから販売されているSUVは7車種もあり、アウディでSUVを購入したいという方は迷ってしまうことでしょう。こちらでは、それぞれのスペックを紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。


車の個人売買ってどうやるの?やり方や流れ、トラブルを避けるポイントを解説

車の個人売買ってどうやるの?やり方や流れ、トラブルを避けるポイントを解説

車の購入を考えている方の中には、車を安く買う方法として「個人売買」に興味を持っている方が多いのではないでしょうか。普通に買うより安く買えるらしいけれど、いつもの買い方とどう違うのか、どんなトラブルやリスクがあるのか、どんな流れで自分の車になるのか、など分からない事や不安がたくさんあってなかなか踏み切れない方もいると思います。この記事では、実際に個人売買で車を購入・売却した実体験も踏まえて、個人売買の具体的な手順やメリット・デメリット、注意点などを紹介します。


自動車の衝突事故を検出する新機能がiPhone 14シリーズ全モデルに搭載!

自動車の衝突事故を検出する新機能がiPhone 14シリーズ全モデルに搭載!

2022年9月に発売されたiPhone 14シリーズ全モデルには、自動車の重大な衝突事故を検出して、緊急通報サービスに自動で連絡してくれる新機能の「衝突事故検出」機能を搭載。今回は「衝突事故検出」機能の検出する仕組みや特徴、なぜ自動車事故の想定した機能を搭載したのかを解説していきます。


スバル ソルテラのスペック、価格、内外装、補助金、bZ4Xとの違いまで徹底解説!

スバル ソルテラのスペック、価格、内外装、補助金、bZ4Xとの違いまで徹底解説!

スバルのソルテラは、スバル社では初となる新型EVクロスオーバーSUVです。2022年5月12日に発売開始されましたが、トヨタ自動車とBEV(バッテリー式電気自動車)を共同開発したことから注目が集まっています。ここでは、発売されてまだ間もないソルテラについて、スペックと価格、納期ついてまとめて解説します。


ランクル超え!米国トヨタ フルサイズSUV「セコイア」2022年晩夏発売!

ランクル超え!米国トヨタ フルサイズSUV「セコイア」2022年晩夏発売!

大型SUVセグメントとして人気の高いトヨタのセコイア2023年モデルが、2022年夏に、米国トヨタで発売が決まりました。日本での正規販売は予定されていませんが、走行性能の高さにハイクオリティな安全装備が搭載されるので、逆輸入ユーザーが続出するのではないかと期待があります。今回の記事ではフルサイズSUV「セコイア」について、装備やグレードなどをさまざまな観点から紹介します。