トップへ戻る

【新車販売台数ランキング】やっぱりトヨタ「ヤリス」が超人気! 一方で「ノア/ヴォクシー」がヤバイ? 今後は「ホンダ」に期待大

【新車販売台数ランキング】やっぱりトヨタ「ヤリス」が超人気! 一方で「ノア/ヴォクシー」がヤバイ? 今後は「ホンダ」に期待大

自販連(日本自動車販売協会連合会)が発表した2023年12月の新車販売台数ランキングによると、今回はホンダ「ヴェゼル」が順位は落としたものの好調なほか、ホンダ「フリード」が急上昇。ホンダ勢の好調が続いています。一方人気のミニバン「ノア」、「ヴォクシー」の下落が顕著なようです。

[PR]本ページはプロモーションが含まれています
⏳この記事は約3~4分で読めます。


2024年1月の新車販売台数ランキングはこちら

2023年12月はどんなクルマが売れた?

《画像提供:Response》〈写真提供:ホンダ〉ホンダ WR-V

2023年12月は、ホンダのコンパクトSUV新型「WR-V」が正式発表されたほか、5代目となる新型「スイフト」の発売、マイナーチェンジを果たした新型「ノート」の発表など、数多くの新型車が登場しています。いずれも販売台数ランキングに影響を及ぼすのは先の話になりそうですが、期待の新型車たちです。一方内部告発により、ダイハツの不正が発覚、全ての車種が出荷停止となるなど大きなニュースになりました。こちらもランキングに影響を与えるのは2024年1月以降となりそうですが、12月はどのような順位変動があったのでしょうか。

トヨタ勢がランクを落とし、ホンダ&日産が好調に

《画像提供:Response》ホンダ フリード クロスター ブラックアクセント

1位から5位までは、不動のトヨタ「ヤリス(ヤリスやヤリス クロスといったヤリスシリーズの合算値)」、「カローラ(カローラもヤリス同様カローラシリーズ)」、「シエンタ」、「ルーミー」、「プリウス」とトヨタ車が続いており、圧倒的人気ぶりを見せています。

しかし、ルーミーそして10位につけているコンパクトSUVの「ライズ」は、ダイハツのOEM車。当然出荷停止となるので、今後はその順位を落とすことでしょう。

10月で14位から8位になり、11月では5位につけるなど、しばらく好調が続くホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」ですが、12月は6位に下落。それでも前年比は139.8%と相変わらず好調。今後もトヨタ勢を打ち崩していく一台として、その躍進に期待がかかります。

さらに、コンパクトミニバンの「フリード」が14位から7位に一気に上昇。モデルチェンジサイクル的に「そろそろフルモデルチェンジが行われるのではないか」と噂の同車ですが、その人気ぶりを見せつけています。2024年にフルモデルチェンジが行われ、商品力が強化されれば更に上位に食い込んでいくかもしれません。

この他、「フィット」や「ステップワゴン」も順調に順位を上げており、ホンダ勢の好調ぶりが伺えます。

そして、先月は順位を上げてきた「ノート」、「セレナ」ですが、セレナは8位をキープ、ノートは9位に下落しています。ノートに至っては前年比69.9%と厳しい状態で、1月に発売されるマイナーチェンジモデルが、どのような展開を見せるのか注目です。

先月22位から18位にランクを上げたトヨタ「クラウン」や高級ミニバン「アルファード」といったトヨタの高級勢が堅調な伸びを見せており、クラウンは17位で前年比119.4%、アルファードは12位で前年比113.5%となりました。

トヨタ・ホンダ・日産といった国内自動車メーカービッグ3というべきメーカー以外で唯一ランクインしている「インプレッサ」ですがこちらも先月同様堅調、19位にランクダウンしているものの前年比も176.2%とその販売台数を確実に伸ばしています。

人気のミニバントヨタ「ノア」&「ヴォクシー」 が下落中

《画像提供:Response》〈写真撮影:宮崎壮人〉トヨタ ノア 新型(左)とヴォクシー 新型(右)

先月同様、今回下落が目立ったのが「ノア」&「ヴォクシー」といったトヨタのミドルサイズミニバン。ノアは9位から14位。ヴォクシーは11位から18位まで下落。10月には6位、7位につけていましたが、納車が思ったように進まないのか不調な様子です。

前年比も、ノアが83.8%、ヴォクシーが75.8%とかなり厳しい状態。一時期は合わせれば“日本一売れている車”のホンダ「N-BOX」よりも台数が多かったのですが、ここに来て厳しい状況に立たされています。

このほか、前述のノートやフィットも前年比は90%をともに切っている厳しい状態。トヨタ「アクア」も今月は11位と少しずつ下落しており、エコなコンパクトカー勢は、SUVやミニバンでも十分な省燃費性を発揮しており、人気がこちらに移ったか、価格の安い軽スーパーハイトワゴンに市場を取られいるのかもしれません。

2024年はどうなる?

《画像提供:Response》〈APOLLO NEWS SERVICE〉ホンダ フリード 次期型 予想CG

12月のランキングでは、ノアとヴォクシーの不調が目立つほか、ホンダ勢の好調が見られました。ホンダでは前述の通りWR-Vや新型「アコード」がまもなく登場したり、12月には、アルファードの対抗馬となるホンダ新型「オデッセイ」が発売となっていました。

また日産は、主力のノートのマイナーチェンジモデルが2024年1月に登場予定です。

さらに、フリードの新型モデルの登場も噂されています。2024年はトヨタ一強の現状に一矢報いる車種が登場するかもしれません。今後の展開が期待されます。

2023年12月 乗用車ブランド通称名別順位

順位 前月順位 ブランド通称名 メーカー 台数 前年比
1(ー) 1 ヤリス トヨタ 14,255 127.4
2(ー) 2 カローラ トヨタ 11,411 101.9
3(ー) 3 シエンタ トヨタ 9,390 100.4
4(ー) 4 ルーミー トヨタ 8,917 121.7
5(↑) 6 プリウス トヨタ 7,222 482.1
6(↓) 5 ヴェゼル ホンダ 6,928 139.8
7(↑) 14 フリード ホンダ 6,684 106.1
8(ー) 8 セレナ 日産 6,009 148.8
9(↓) 7 ノート 日産 5,994 69.9
10(↑) 12 ライズ トヨタ 5,046 152.4
11(↓) 10 アクア トヨタ 4,885 84.7
12(↑) 15 アルファード トヨタ 4,668 113.5
13(ー) 13 ハリアー トヨタ 4,656 271.8
14(↓) 9 ノア トヨタ 4,411 83.8
15(↑) 17 ステップワゴン ホンダ 4,308 106.7
16(↑) 19 フィット ホンダ 4,275 87.5
17(↑) 18 クラウン トヨタ 3,920 119.4
18(↓) 11 ヴォクシー トヨタ 3,894 75.8
19(↓) 16 インプレッサ SUBARU 3,592 176.2
20(ー) 20 ZR-V ホンダ 3,103 580
出典:http://www.jada.or.jp/data/month/m-brand-ranking/

※軽自動車および海外ブランドの車種を除きます
※車種名は国産メーカーの同一車名を合算したものであり、海外生産車を含みます

2024年~2025年 新車情報はこちら

2023年11月のランキングはこちら

【無料】ガリバーに中古車探しを依頼する

新車購入なら自動車ローンがおすすめ

新車購入なら自動車ローンがおすすめです。大きなメリットは、一括払いの重圧を感じず、お財布にやさしく車を手に入れられること。さらに、金利が低い場合、他の支払方法よりも賢い選択となることもあります。

自動車ローンを利用して車を購入する場合、まずはローン会社の比較が大切です。金利や手数料、審査のスピードなど、自分に合った会社を見つけましょう。

自動車ローン申込ランキング

関連するキーワード


新車販売台数ランキング

関連する投稿


【軽自動車販売台数ランキング】ダイハツ不正問題で一気に“番狂わせ”!軽のランキングはどう変わった?

【軽自動車販売台数ランキング】ダイハツ不正問題で一気に“番狂わせ”!軽のランキングはどう変わった?

全軽自協(全国軽自動車協会連合会)が発表した2024年1月新車販売台数ランキングによると、様々な車が順位を上げている一方、「タント」「ミラ」「ムーブ」などダイハツ車が一気に下落しました。ダイハツの不正問題による出荷停止の影響が出てきたようです。


【新車販売台数ランキング】圧倒的人気の「ヤリス」が降格!ランキングはどう変わった?

【新車販売台数ランキング】圧倒的人気の「ヤリス」が降格!ランキングはどう変わった?

自販連(日本自動車販売協会連合会)が発表した2024年1月の新車販売台数ランキングによると、今回はトヨタ「ヤリス」がついに1位でなくなったほか、ダイハツのOEM車であったトヨタの「ルーミー」「ライズ」がランキングから姿を消したようです。


【軽自動車販売台数ランキング】ホンダ新型「N-BOX」はやっぱり”日本一売れてる”! 新型「スペーシア」好調も届かず! 来月は「ダイハツ不正問題」で大番狂わせなるか

【軽自動車販売台数ランキング】ホンダ新型「N-BOX」はやっぱり”日本一売れてる”! 新型「スペーシア」好調も届かず! 来月は「ダイハツ不正問題」で大番狂わせなるか

全軽自協(全国軽自動車協会連合会)が発表した2023年12月新車販売台数ランキングによると、1位から4位には変化が見られませんでしたが、日産「ルークス」が急上昇したほか、「タント」、「スペーシア」「サクラ」などが堅調な伸びを見せています。


【軽自動車販売台数ランキング】新型「スペーシア」は「タント」&「N-BOX」の牙城を崩せるか!?デリカミニが順調

【軽自動車販売台数ランキング】新型「スペーシア」は「タント」&「N-BOX」の牙城を崩せるか!?デリカミニが順調

全軽自協(全国軽自動車協会連合会)が発表した2023年11月新車販売台数ランキングによると、1位から6位の上位陣に全く変化が見られませんでしたが、日産「デイズ」がランキング圏内に、「タント」「デリカミニ」「サクラ」の販売台数が好調なようです。


【新車販売台数ランキング】トヨタ車の“牙城”が崩れた!?ホンダ・日産が好調!コンパクトSUV「ヴェゼル」が奮戦!

【新車販売台数ランキング】トヨタ車の“牙城”が崩れた!?ホンダ・日産が好調!コンパクトSUV「ヴェゼル」が奮戦!

自販連(日本自動車販売協会連合会)が発表した2023年11月の新車販売台数ランキングによると、今回はホンダ「ヴェゼル」が先月に引き続き好調なほか、トヨタ「クラウン」がランク20位内に入りました。一方、トヨタ「ノア」、「ヴォクシー」が順位を落としており、調子が悪そうです。


最新の投稿


光岡新型「M55 CONCEPT」が2025年内に発売!?ホンダ「シビック」ベースのレトロデザイン車

光岡新型「M55 CONCEPT」が2025年内に発売!?ホンダ「シビック」ベースのレトロデザイン車

光岡自動車は、2024年2月29日、創業55周年記念モデル「M55 CONCEPT」の市販化を決定したと発表しました。同車は昨年末にも公開されていたモデルで、往年の名車を思い出すレトロなデザインを持つ車です。


スズキ新型「エブリイ/エブリイワゴン」発表!ターボやCVT搭載車、お洒落な新色を追加設定

スズキ新型「エブリイ/エブリイワゴン」発表!ターボやCVT搭載車、お洒落な新色を追加設定

スズキは、2024年2月27日、軽商用車「エブリイ」、軽乗用車「エブリイワゴン」、福祉車両ウィズシリーズ「エブリイ 車いす移動車」、「エブリイワゴン 車いす移動車」の一部改良モデルを発表しました。エブリイ、エブリイワゴンは発表同日より、エブリイ 車いす移動車、エブリイワゴン 車いす移動車は3月21日より発売されます。


「走行距離」と検索する人は車のどんなことが気になる?人物像や関心を調査

「走行距離」と検索する人は車のどんなことが気になる?人物像や関心を調査

車の走行距離は、車を購入する上でも売却する上でも重要なポイントです。近年はEVの需要も高まってきており、EVでどれくらいの距離を走行できるのかも気になる観点ではないでしょうか。 今回は車の「走行距離」の検索キーワードから「走行距離」を気にする人の人物像やどのような物事に関心があるのかを調査していきます。


バイク買取「KATIX(カチエックス)」の評判は?特徴やメリットなど解説

バイク買取「KATIX(カチエックス)」の評判は?特徴やメリットなど解説

バイクを高く売りたいなら、一度の申し込みで複数の買取業者の査定が受けられる一括査定サービスが一般的です。しかし、業者の数だけ査定を受けることになるので、時間が取れない忙しい人には不向きでしょう。そこでオススメなのが「KATIX(カチエックス)」。専任担当が代行して複数の業者と買取価格の交渉を行ってくれるので、時間のない人でも利用しやすいのはもちろん、バイクに詳しくない人も安く買いたたかれる心配がありません。本記事では、KATIXを実際に利用した人の口コミや評判をはじめ、特徴やメリット・デメリットなどを解説します。バイクを高く売りたい人は、最後まで読んで参考にしてくださいね。


【2024年】ミニバン人気おすすめ5選!広々とした室内空間とスライドドアが魅力

【2024年】ミニバン人気おすすめ5選!広々とした室内空間とスライドドアが魅力

一般的には、3列シートで6名乗り以上の1.5BOX、2BOXなどといわれる形状のボディをもつミニバンですが、日本ではファミリーカーとして数多くのユーザーに愛用されています。人気ジャンルが故に、数多くのモデルが存在するミニバン。今回はそんなミニバンの中から、おすすめの車を5台紹介します。


セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
ブログ 始め方 新車情報 新型iphone 予約 iphone15 予約 楽天モバイル 評判 wimax au回線 年賀状 安い