トップへ戻る

【軽自動車販売台数ランキング】ホンダ新型「N-BOX」はやっぱり”日本一売れてる”! 新型「スペーシア」好調も届かず! 来月は「ダイハツ不正問題」で大番狂わせなるか

【軽自動車販売台数ランキング】ホンダ新型「N-BOX」はやっぱり”日本一売れてる”! 新型「スペーシア」好調も届かず! 来月は「ダイハツ不正問題」で大番狂わせなるか

全軽自協(全国軽自動車協会連合会)が発表した2023年12月新車販売台数ランキングによると、1位から4位には変化が見られませんでしたが、日産「ルークス」が急上昇したほか、「タント」、「スペーシア」「サクラ」などが堅調な伸びを見せています。

[PR]本ページはプロモーションが含まれています
⏳この記事は約3~4分で読めます。


2024年1月のランキングはこちら

2023年12月はどんな軽自動車が売れた?

《画像提供:Response》〈写真撮影:中村孝仁〉スズキ スペーシア 新型

2023年12月は、ミツビシ「ミニキャブ・ミーブ」の大幅改良や、「アルト」、「スペーシアベース」などの一部改良がありましたが、どれも今後に影響しそうなものはありませんでした。

しかし、11月に発売となった販売台数ランキング上位をキープし続けるスズキ「スペーシア」の3代目となる新型モデルが11月にも発売となっていたほか、10月にはいつも1位にランクインするホンダ「N-BOX」も3代目が発売してされていたため、そろそろランキングに影響があるのでは無いかというタイミングです。

また、軽自動車を主に扱うダイハツの不正問題が発覚。全車種が出荷停止となったため、今後のランキングには大きな変動が見られるでしょう。

日産「ルークス」が突然のランクアップ

《画像提供:Response》〈写真提供:日産自動車〉日産 ルークス ハイウェイスター

1位はいつも通りホンダ「N-BOX」、3代目となる新型が登場して少し時間が経ちますが、前年比は114.4%と相変わらず堅調な伸びを見せており、もはや街中で見ない日はない“国民車”のような存在になっています。

以下順に「タント」、「スペーシア」と続いています。スペーシアは前述の通り11月に新型モデルが発売となっていますが、前年比は147.8%と好調なものの、タントも前年比147.8%とN-BOXと併せて好調なためか順位に変動がありません。

これに「ハスラー」が続いていますが、ハスラーも前年比117.5%堅調です。

5位につけたのは日産「ルークス」、新型登場以来伸び悩んでいましたが、ここに来て上位に入りました。一方前年比は97.2%と100%を超えない状態で、今後の伸びに期待したいところです。

6位から8位まで「ミラ」、「タフト」、「ムーブ」と順に続きますが、2位のタントと併せてすべて“ダイハツ車”。出荷停止となったため、今後はランキングに大きな影響があるものと見られます。

この他、“デリ丸。”でおなじみの「デリカミニ(eKシリーズ含む)」が前年比も149.5%、EVの日産「サクラ」が前年比は169.7%と、堅実に登録台数を伸ばし続けており、今後のランキングへの影響が期待されます。

ムーブが下落…今後はもっと厳しい状況に?

《画像提供:Response》〈写真撮影:井元康一郎〉ダイハツ ムーブカスタム RS ハイパーSAIIIのフロントビュー

12月でも大きなランキング変動はあまりありませんでしたが、ダイハツ「ムーブ」や、スズキ「ジムニー」が順位を落としました。

ムーブは、前述の通り出荷停止となるので、今後もかなり厳しい状況となるでしょう。不正問題発覚前、新型の登場が間近に迫っていたという噂が数多くあり、販売用のパンフレットまで流出していた同車ですが、この新型車は世の中にでないまま、幻と消えてしまうかもしれません。

また日産のトールワゴン「デイズ」ですが、11月に引き続き、前年比は88.2%と苦しい状態です。順位を5位まで上げたルークスも前年比は100%を超えられず、日産の軽自動車販売が苦しい状況にあります。

この他、ホンダ「N-WGN」も前年比を割っており、トールワゴンから “軽SUV”や“スーパーハイトワゴン”へ人気がシフトして行っている様子が見られます。

新型スペーシア登場もライバルが強すぎる…が今後は変動ありか

《画像提供:Response》〈写真撮影:豊崎淳〉ダイハツ ビジョン コペン(ジャパンモビリティショー2023)

新型スペーシアが登場したしましたが、あまりランキングの変動は見られませんでした。直接のライバルである、N-BOX、タントが相変わらずの堅調ぶりを見せたためでしょう。

しかし、前述の不正問題があったため、今後はダイハツ車が順位を落としておくことが予想されます。軽自動車およびトヨタの小型車(OEM車)をメインに扱っていた同車だけに、軽自動車のランキングには大きな影響を与えることでしょう。

2023年12月 軽自動車 車種名別順位

順位 前月順位 ブランド通称名 メーカー 台数 前年比
1(ー) 1 N-BOX ホンダ 19,681 114.4
2(ー) 2 タント ダイハツ 11,792 147.8
3(ー) 3 スペーシア スズキ 11,089 122.0
4(ー) 4 ハスラー スズキ 6,411 117.5
5(↑) 9 ルークス 日産 5,989 97.2
6(↑) 7 ミラ ダイハツ 5,494 98.1
7(↓) 6 タフト ダイハツ 5,221 104.3
8(↓) 5 ムーヴ ダイハツ 4,988 110.2
9(↓) 8 ワゴンR スズキ 4,785 87.9
10(ー) 10 デリカミニ/eK 三菱 4,582 149.5
11(ー) 11 アルト スズキ 3,687 100.8
12(↑) 13 デイズ 日産 2,925 88.2
13(↓) 12 ジムニー スズキ 2,815 96.4
14(ー) 14 N-WGN ホンダ 2,458 96.4
15(ー) 15 サクラ 日産 2,442 169.7
出典:https://www.zenkeijikyo.or.jp/statistics/tushosoku

2024年~2025年 新車情報はこちら

2023年11月のランキングはこちら

【無料】ガリバーに中古車探しを依頼する

新車購入なら自動車ローンがおすすめ

新車購入なら自動車ローンがおすすめです。大きなメリットは、一括払いの重圧を感じず、お財布にやさしく車を手に入れられること。さらに、金利が低い場合、他の支払方法よりも賢い選択となることもあります。

自動車ローンを利用して車を購入する場合、まずはローン会社の比較が大切です。金利や手数料、審査のスピードなど、自分に合った会社を見つけましょう。

自動車ローン申込ランキング

関連する投稿


【軽自動車販売台数ランキング】ダイハツ不正問題で一気に“番狂わせ”!軽のランキングはどう変わった?

【軽自動車販売台数ランキング】ダイハツ不正問題で一気に“番狂わせ”!軽のランキングはどう変わった?

全軽自協(全国軽自動車協会連合会)が発表した2024年1月新車販売台数ランキングによると、様々な車が順位を上げている一方、「タント」「ミラ」「ムーブ」などダイハツ車が一気に下落しました。ダイハツの不正問題による出荷停止の影響が出てきたようです。


【新車販売台数ランキング】圧倒的人気の「ヤリス」が降格!ランキングはどう変わった?

【新車販売台数ランキング】圧倒的人気の「ヤリス」が降格!ランキングはどう変わった?

自販連(日本自動車販売協会連合会)が発表した2024年1月の新車販売台数ランキングによると、今回はトヨタ「ヤリス」がついに1位でなくなったほか、ダイハツのOEM車であったトヨタの「ルーミー」「ライズ」がランキングから姿を消したようです。


【新車販売台数ランキング】やっぱりトヨタ「ヤリス」が超人気! 一方で「ノア/ヴォクシー」がヤバイ? 今後は「ホンダ」に期待大

【新車販売台数ランキング】やっぱりトヨタ「ヤリス」が超人気! 一方で「ノア/ヴォクシー」がヤバイ? 今後は「ホンダ」に期待大

自販連(日本自動車販売協会連合会)が発表した2023年12月の新車販売台数ランキングによると、今回はホンダ「ヴェゼル」が順位は落としたものの好調なほか、ホンダ「フリード」が急上昇。ホンダ勢の好調が続いています。一方人気のミニバン「ノア」、「ヴォクシー」の下落が顕著なようです。


【2024年】軽自動車人気おすすめ車種5選!今おすすめの軽はどれ?

【2024年】軽自動車人気おすすめ車種5選!今おすすめの軽はどれ?

ボディサイズがコンパクトで扱いやすく、税金などの維持費も比較的安価な「軽自動車」。日本独自の規格で設計された軽は、まさに“日本特化”ともいえる高い利便性も兼ね備えており、人気のジャンルです。今回は、そんな軽自動車の2024年最新のおすすめ車種を紹介します。


マツダ新型「フレアワゴン」発表!マツダの「軽」が5年ぶりフルモデルチェンジ

マツダ新型「フレアワゴン」発表!マツダの「軽」が5年ぶりフルモデルチェンジ

マツダは、2023年12月25日、軽スーパーハイトワゴンの「フレアワゴンシリーズ」のフルモデルチェンジを実施しました。フレアワゴン、フレアワゴン カスタムスタイルの2台からなる同シリーズ4代目の新型モデルは、発表と同日に発売されました。


最新の投稿


「走行距離」と検索する人は車のどんなことが気になる?人物像や関心を調査

「走行距離」と検索する人は車のどんなことが気になる?人物像や関心を調査

車の走行距離は、車を購入する上でも売却する上でも重要なポイントです。近年はEVの需要も高まってきており、EVでどれくらいの距離を走行できるのかも気になる観点ではないでしょうか。 今回は車の「走行距離」の検索キーワードから「走行距離」を気にする人の人物像やどのような物事に関心があるのかを調査していきます。


バイク買取「KATIX(カチエックス)」の評判は?特徴やメリットなど解説

バイク買取「KATIX(カチエックス)」の評判は?特徴やメリットなど解説

バイクを高く売りたいなら、一度の申し込みで複数の買取業者の査定が受けられる一括査定サービスが一般的です。しかし、業者の数だけ査定を受けることになるので、時間が取れない忙しい人には不向きでしょう。そこでオススメなのが「KATIX(カチエックス)」。専任担当が代行して複数の業者と買取価格の交渉を行ってくれるので、時間のない人でも利用しやすいのはもちろん、バイクに詳しくない人も安く買いたたかれる心配がありません。本記事では、KATIXを実際に利用した人の口コミや評判をはじめ、特徴やメリット・デメリットなどを解説します。バイクを高く売りたい人は、最後まで読んで参考にしてくださいね。


【2024年】ミニバン人気おすすめ5選!広々とした室内空間とスライドドアが魅力

【2024年】ミニバン人気おすすめ5選!広々とした室内空間とスライドドアが魅力

一般的には、3列シートで6名乗り以上の1.5BOX、2BOXなどといわれる形状のボディをもつミニバンですが、日本ではファミリーカーとして数多くのユーザーに愛用されています。人気ジャンルが故に、数多くのモデルが存在するミニバン。今回はそんなミニバンの中から、おすすめの車を5台紹介します。


電動キックボードのシェアリングサービス、認知度は7割以上も現在の利用率は1割未満【LINEリサーチ調査】

電動キックボードのシェアリングサービス、認知度は7割以上も現在の利用率は1割未満【LINEリサーチ調査】

LINEリサーチは、「電動キックボードのシェアリングサービス」について、サービスの展開エリアが多い一都三県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)在住の18~59歳男女を対象に、普及度やこれからの流行がどのようになるのかについての調査を実施し、結果を公開しました。


【2024年】コンパクトSUV 人気おすすめ5選!街乗りからアウトドアまで多様なシーンで活躍

【2024年】コンパクトSUV 人気おすすめ5選!街乗りからアウトドアまで多様なシーンで活躍

ボディサイズが小さく扱いやすい「コンパクトSUV」。5ドアハッチバックに代わるモデルとして、現在その市場を伸ばしているジャンルですが、それだけに各メーカーから多くの車種が展開されています。今回はそんなコンパクトSUVの中から、おすすめの車種を5台紹介します。


セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
ブログ 始め方 新車情報 新型iphone 予約 iphone15 予約 楽天モバイル 評判 wimax au回線 年賀状 安い