トップへ戻る

日産 新型「キックス」世界初公開!高級”スニーカー”デザインの「コンパクトSUV」

日産 新型「キックス」世界初公開!高級”スニーカー”デザインの「コンパクトSUV」

日産は、2024年3月22日、コンパクトSUVの新型「KICKS(キックス)」を世界初公開。2024年夏より北米市場に投入すると発表しました。現行モデルは、日本でも販売されている同車ですが、日本への導入はあるのでしょうか。

[PR]本ページはプロモーションが含まれています
⏳この記事は約3~4分で読めます。


新型「キックス」初公開!日本導入はある?

《画像提供:Response》〈photo by Nissan〉日産 キックス 新型

日産「KICKS(以下キックス)」は、2008年に三菱の軽SUV「パジェロミニ」のOEMモデルとして誕生。2012年に同モデルは販売を終了しましたが、その4年後の2016年にコンパクトSUVとして国外で復帰し、このモデルのマイナーチェンジモデルが2020年に日本でも販売が開始されています。

そして2024年3月22日、そんなキックスがフルモデルチェンジを遂げた3代目となる新型モデルが、北米で発表されました。

新型キックスは、ストリートで映える高級スニーカーのような洗練されたデザイン、優れた機能性、そして高い安心感をもたらす4WDシステムを備え、コンパクトクロスオーバーのレベルをさらに高めたモデルとなっているといいます。

エクステリアは、大胆かつ力強い印象。すっきりとしたボディ上部と、ワイドに張り出されたスクエアな形状のフェンダーの対比がキックスを特徴づけています。

《画像提供:Response》〈photo by Nissan〉日産 キックス 新型

リアはフルLEDのテールランプをフェンダーに沿って配置し、テールゲートが分割しているかのような特徴的なデザインを採用。また、ボディサイドのアクセントにも視覚的に目を引く、高級スニーカーのソールからインスパイアされた立体的な形状が施されました。

《画像提供:Response》〈photo by Nissan〉日産 キックス 新型

インテリアは、タフで力強いエクステリアのイメージとは異なり、モダンで繭に包まれるような感覚をもたらすもの。ダッシュボードにはメーターとナビにデュアルスクリーンが設定されました。

また、SRプレミアムパッケージには、Bose Personal Plus 10スピーカーオーディオシステムが搭載され、鮮明で臨場感あるサウンドを楽しむことができます。

《画像提供:Response》〈photo by Nissan〉日産 キックス 新型

さらに、キックスとしては初めて、全席にゼログラビティシートを採用することで、より快適なドライブを実現します。オプションとなる電動パノラミック・サンルーフは風切り音を低減する新世代の薄型デザインを採用し、明るさと開放感をもたらします。

室内空間は乗員の快適性と荷室の確保を両立しながらも、市街地でも運転しやすいコンパクトなボディサイズを維持。

荷室容量はクラストップで、ワンクラス上のクロスオーバーにも匹敵。開口部も40.3インチとクラストップで、ベビーカーやゴルフバッグなど長さのある荷物を容易に収納できます。

パワートレインには、最高出力141ps、最大トルク190N・mを発揮する2リッター直列4気筒エンジンを搭載。最新のエクストロニック・トランスミッションを組み合わせています。

このパワートレインはレスポンスに優れたトランスミッションと力強い低中速トルクを発生するエンジンにより、高速道路での追い越しなどの場面で余裕のある加速を実現しています。

また、北米向けのキックスとして初となる4WDを「S」「SV」「SR」の全てのグレードに設定。天候や路面状況を問わず高い安心感をもたらされます。

ドライビングモードに滑りやすい路面に特化した「SNOW」を設定し、4WDとビークルダイナミックコントロールシステムを緻密に制御することで、雪道でも安心した走りを実現しています。

また、最低地上高はセグメントトップとなる8.4インチに設定されており、悪路や雪道での走破性が高められています。

先進安全装備として、全方位運転支援システム(セーフティシールド360)を全モデルに標準装備。歩行者検知機能付きエマージェンシーブレーキ、BSW(後側方車両検知警報)、RCTA(後退時車両検知警報)、LDP(車線逸脱防止支援システム)、ハイビームアシストといった機能が搭載されます。

また、最上級グレードの「SR」には北米向けキックスとしては初となるプロパイロットを採用し、利便性も高めています。

北米での発売は2024年夏を予定しているといい、価格は発売日近くに発表予定だといいます。

前述の通り、日本でも販売されるキックスですが、今回発表された3代目となる新型モデルの日本導入については、リリースでは触れられていません。

進化したキックスだけに、その日本導入にも期待したいところですが、日本で展開されるキックスはハイブリッドモデル(e-Power)のみで、北米で展開されるものとも異なります。

2代目も2016年の国外登場から4年後の2020年に日本導入されているため、日本への導入は少し時間がかかるのかもしれません。

新車購入なら自動車ローンがおすすめ

新車購入なら自動車ローンがおすすめです。大きなメリットは、一括払いの重圧を感じず、お財布にやさしく車を手に入れられること。さらに、金利が低い場合、他の支払方法よりも賢い選択となることもあります。

自動車ローンを利用して車を購入する場合、まずはローン会社の比較が大切です。金利や手数料、審査のスピードなど、自分に合った会社を見つけましょう。

自動車ローン申込ランキング

こちらの記事もおすすめ

関連するキーワード


キックス

関連する投稿


室内広々最新コンパクトSUVをまとめてみた!おすすめ9選、燃費、価格まで解説!

室内広々最新コンパクトSUVをまとめてみた!おすすめ9選、燃費、価格まで解説!

SUVとはスポーツ・ユーティリティ・ビークルの略で、「スポーツ用多目的車」などと訳されます。つまり、名前としては、車高が高くて悪路でも安心な車というよりも、多目的に使えてこそSUVというわけですね。SUVラインアップの充実に伴って小型でお求めやすい車種も揃ってきていますが、その中でもユーティリティ性抜群の車種をまとめました。


【2023年版】人気のファミリーカーおすすめ20選!注目のコンパクトカーやミニバンまで紹介!

【2023年版】人気のファミリーカーおすすめ20選!注目のコンパクトカーやミニバンまで紹介!

3年間も続いた行動制限が緩和され、これまで控えていた家族や友人との外出を計画されている方も多いのではないでしょうか。ここ数年のアウトドアブームで、コンパクトカー、ミニバン、SUVの新型車は楽しい雰囲気をまとった車が増えてきました。多人数が乗れる車や軽量で燃費がいい軽自動車もあります。今回はこれからのレジャーシーズンを前に、おすすめのファミリーカー20台と選び方を紹介します。


【2024年】コンパクトSUVおすすめ15選!何を買うべき?人気の理由とその魅力とは

【2024年】コンパクトSUVおすすめ15選!何を買うべき?人気の理由とその魅力とは

コンパクトSUVの購入を検討しているけど、何を基準に選んだらいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。ここでは、コンパクトSUVが注目されている理由と選び方について紹介します。


青天井のオーナー満足度、ホンダ ヴェゼルに新型登場!現行中古相場も

青天井のオーナー満足度、ホンダ ヴェゼルに新型登場!現行中古相場も

初代モデルですでにコンパクトSUVの決定版として認められるほど魅力的なヴェゼルですが、2021年4月にはついに2代目モデルが登場します。ヴェゼルのいいところはそのままに、新しい価値観を盛り込んでデビューする新型ヴェゼルを見ずに、コンパクトSUVは選べませんよね。この記事では、公開されている新型ヴェゼルの情報と、初代モデルの中古車価格相場などもご紹介していきます。


日産キックスの特徴は?他車との比較を徹底解説

日産キックスの特徴は?他車との比較を徹底解説

今世界的にもっとも人気の高い自動車のカテゴリーのひとつがSUVです。車内空間や荷室などを広く確保できる実用性の高さと、スポーティな走りを楽しめるという趣味性の高さのバランスの良さが人気の秘密となっているようです。各社が次々とSUVを発売していますが、その中でも大きな話題となっているモデルのひとつが日産のキックスです。今回は日産 キックスとはどういった車なのかを紹介すると共に、ライバルとなるモデルとの比較などを行っていきます。


最新の投稿


日産 新型軽商用バン「クリッパーバン/リオ」を発表! 新色やCVT、新たな4WD追加

日産 新型軽商用バン「クリッパーバン/リオ」を発表! 新色やCVT、新たな4WD追加

日産自動車株式会社(日産)は3月26日、「NV100クリッパー」、「NV100クリッパー リオ」の一部改良モデルを発表。「クリッパー バン」、「クリッパー リオ」へと車名を変更し、同日より発売しました。


【軽自動車販売台数ランキング】やっぱり“日本一売れてる”のはホンダ「N-BOX」!? 肉薄したスズキの「スペーシア」どうなったのか

【軽自動車販売台数ランキング】やっぱり“日本一売れてる”のはホンダ「N-BOX」!? 肉薄したスズキの「スペーシア」どうなったのか

全軽自協(全国軽自動車協会連合会)が発表した2024年3月新車販売台数ランキングによると、1月にダイハツの不正問題による出荷停止の影響で「タント」「ミラ」「ムーブ」などダイハツ車が一気に順位を落としランキングに大きな影響を与えていましたが、出荷の再開により、ミラが少し順位を取り戻しました。しかし同車以外は未だランキングには戻っていません。また、これまでランキングに姿を見せなかったクルマもこの隙にランクインしています。


2024年GWの新幹線混雑日は後半の連休に!帰省ラッシュは5/3、Uターンラッシュは5/5・5/6がピーク

2024年GWの新幹線混雑日は後半の連休に!帰省ラッシュは5/3、Uターンラッシュは5/5・5/6がピーク

JR各社(東日本旅客鉄道株式会社、東海旅客鉄道株式会社、西日本旅客鉄道株式会社、九州旅客鉄道株式会社)より、2024年ゴールデンウィーク(GW)期間(2024年4月26日から5月6日の11日間)の4月11日時点の指定席予約状況が発表されました。2024年ゴールデンウィーク(GW)の新幹線はいつ混雑するのでしょうか。また昨年より利用者は増えるのでしょうか。


【新車販売台数ランキング】日本一売れてる“普通車”はトヨタ「カローラ」!? 日産「ノート」&ホンダ「フリード」も大健闘

【新車販売台数ランキング】日本一売れてる“普通車”はトヨタ「カローラ」!? 日産「ノート」&ホンダ「フリード」も大健闘

自販連(日本自動車販売協会連合会)が発表した2024年3月の新車販売台数ランキングによると、これまでは1月から首位をキープしているトヨタ「カローラ」が今回も1位となったほか、日産「ノート」が引き続き3位で好調な様子。また、ホンダ「フリード」や日産「セレナ」も上昇し2月に続き、トヨタ車の牙城を崩しています。


「オートモビルカウンシル2024」チケット購入方法から開催概要まで解説!

「オートモビルカウンシル2024」チケット購入方法から開催概要まで解説!

「オートモビルカウンシル」は、ヘリテージカーの魅力を楽しむ、大人なモーターショーです。今回は、オートモビルカウンシル2024の開催概要やチケット購入方法、前回の開催で注目された車たちをまとめました。


ブログ 始め方 新車情報 GW 渋滞予測 新型iphone 予約 iphone15 予約 楽天モバイル 評判 wimax au回線 副業 年賀状 安い