目次へ戻る

VWと言えば!可愛くてオシャレなザ・ビートル!基本情報まとめ

VWと言えば!可愛くてオシャレなザ・ビートル!基本情報まとめ

フォルクスワーゲンと聞けば迷わずこの丸くてかわいらしいフォルムを思い出す…という方も多いのではないでしょうか。しかしそれだけではもったいない!ザ・ビートルはカワイイだけじゃないんですよ。今回はザ・ビートルの情報をまとめています。


フォルクスワーゲンのカワイイ車 ザ・ビートル

ザ・ビートル

ドイツのフォルクスワーゲンから発売されている、ザ・ビートル。

名称も、ニュー・ビートルから改名、ザ・ビートルになりました。

クーペタイプと、コンバーチブルタイプがあります。

ニュー・ビートル(2009年モデル)

余談ですが、一番クラシックなビートル(type1)も可愛くてオススメです。

映画や音楽のミュージックビデオなどでよく見かけますよね。

初代ビートル

ザ・ビートル 基本情報完全網羅

2016年にマイナーチェンジしたVW。

『ザ・ビートル』は、フロントとリアバンパーデザインを刷新。

ボディカラーが過去最多の8色展開となりました。

また、ザ・ビートルデザインでは、エクステリアカラーと同色のダッシュパネル、ドアトリム、ステアリングトリムと、専用の格子調ファブリックシートからブラック、またはベージュが選択可能で、レザーシートオプションを合わせると、最大で32通りのカラーコンビネーションからユーザーの好みにあった1台を選ぶことが出来ます。

自分の好みに合わせて細かくカスタマイズできることも魅力ですね。

ザ・ビートル スペック

■全長×全幅×全高(mm):4,285×1,815×1,495
■ホイールベース(mm):2,535
■乗車定員:4名
■JC08モード燃費:17.6km/L
■最高出力[ネット値] kW (PS)/rpm:77(105)/5,000
■最大トルク[ネット値] Nm (kgm)/rpm:175(17.8)/1,500-4,100


※The Beetle Baseを参考

ザ・ビートル グレード別価格


■The Beetle Base 2,399,000円
■The Beetle Design 2,749,000円
■The Beetle R-Line 2,999,000円
■The Beetle 2.0 R-Line 3,499,000円

The Beetle Baseは、ベースという名前の通り、エントリーモデルとなっています。

MINIや、フィアットの500あたりと同じ程度の金額感ですね。

オススメはやはりRラインか

ザ・ビートルは、進化し続けているとはいえ、まだまだパイクカーのイメージが強いのが現実ですよね。

しかしRラインは、エンジンにシリーズモデルとしては初めての、ブルーモーションユニットを搭載。これによってラインナップでは唯一アイドリングストップ機能を持つ車へと進化しました。

さらに、アップコネクトのインフォテイメントが、Rラインのみならず全モデルで標準装備となり近代化を果たした上に、安全面でもブラインドスポットディテクションや、リアトラフィックアラートなどを標準装備しています。

おまけにアイドリングストップするためか、ベースモデルよりもJC08モード燃費はRラインの方が低燃費になります。

シャシーは少しばかり古いものが使われてはいるものの、全体的なブラッシュアップがされ、性能と機能が最新モデルに追いついてきたと感慨深くなる、そんなモデルになっています。

なので、長く使うのであれば、The Beetle R-Lineがおすすめです。

バギースタイルのクロスオーバーモデル「デューン」が限定発売


そして!限定300台で、『ザ・ビートル』のクロスオーバーコンセプトモデル「ザ・ビートル デューン」が6月より発売されました。

ザ・ビートル デューンは、1960年代のアメリカ西海岸で流行した空冷ビートルのカスタムカー「デューンバギー」をオマージュしたクロスオーバーコンセプトモデルです。

昨年、日本でも500台が限定発売され、好評でした。


「ザ・ビートル R-ライン」をベースに、スポーティーなアンダーガード付フロント&リヤバンパーや大型リヤスポイラーを装着、さらに専用サスペンションで全高を15mmアップし、クロスコンセプトモデルらしさを強調。ディープブラックパールエフェクトのボディカラーと、サンドストームイエローメタリックの専用18インチアルミホイールのコントラストがひと際目を引く外観となっている。

またインテリアは、ホイールカラ―と同色のサンドストームイエローメタリックをダッシュボードとドアトリムに採用。アクセントとして専用ファブリックシートやステアリングホイール、シフトノブなどにイエローステッチを施し、ブラック&イエローのコントラストがスタイリッシュな室内空間を演出している。

ザ・ビートル 試乗した感想は?

それでは、実際のザ・ビートルはどうなのでしょうか。
Responseの試乗記を見てみましょう。

走らせると、1.4リットルターボの威勢のよさを実感。加速させるとターボの効きが明快でグッと前に出て、そのままモリモリとスピードを乗せる。少なくとも動力性能に不満を覚えないし、もちろんスムースな走らせ方にも応えてくれる。100km/hは7速で2000rpmほど。当然、余裕代は十分に残す。

それとヒタッとした心地いい乗り味も気に入った。

しかしこのRライン、さすがにプラットフォームを変えることはできないが、それでもエンジンはシリーズモデルとしては初めての、ブルーモーションユニットを搭載した。これによってラインナップでは唯一アイドリングストップ機能を持つクルマになった。さらに、アップコネクトのインフォテイメントが、Rラインのみならず全モデルで標準装備となり近代化を果たしたうえ、安全面でもブラインドスポットディテクションや、リアトラフィックアラートなどを標準装備する。

おまけにアイドリングストップすることからか、ベースモデルよりもJC08モード燃費はこちらの方が上というおまけまで付く。だから、シャシーはいささか古いものが使われているが、全体的なブラッシュアップによって、性能と機能が最新モデルに追いついてきたことを実感させてくれるモデルになったというわけである。

いかがでしたか。
VWのロングセラー、ビートルはただカワイイ車…だけじゃありません!
旧型の良さを守りつつ、近代化している車だと言えますね。

一方で、type1と呼ばれるクラシックなビートルを大切にしている方も多いですよね。
機能もデザインも一新されたザ・ビートルを選ぶか、type1を選ぶか…。
貴方はどちらのビートルがお好きですか?

VWから満を持して発売!コンパクトSUV、T-Rocとは???

http://matome.response.jp/articles/778

フォルクスワーゲンから、コンパクトSUVが発売されます。まだあまり実態が明らかにされていないコンパクトSUV、T-Rocについてまとめてみました。

関連するキーワード


VW

関連する投稿


VW SUVティグアン新型 フルモデルチェンジで燃費・価格・評価は

VW SUVティグアン新型 フルモデルチェンジで燃費・価格・評価は

VWのティグアンが約8年ぶりにフルモデルチェンジを行い、2017年1月より販売開始しています。日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベストカーにも選出されているティグアン、改めて燃費・評価・口コミ・価格・中古価格などについてまとめています。


【ボディタイプ別】新車価格200万円で買えるオススメ車種10選!

【ボディタイプ別】新車価格200万円で買えるオススメ車種10選!

車が欲しくて新車はどれも高く、軽自動車もしくは中古車ならなんとかなるかもとお考えの方は多いと思います。しかし、調べると新車でも意外と買える新車はあるものです。そこで今回は車が欲しいけどお金が無いという方にオススメの200万円以下で買える新車をご紹介していきます。


VWから発表される新型コンパクトSUV「T-Roc」スペックや内外装は?

VWから発表される新型コンパクトSUV「T-Roc」スペックや内外装は?

フォルクスワーゲンから、コンパクトSUV「T-Roc」が2017年8月24日に発表されます。まだあまり実態が明らかにされていないコンパクトSUV、T-Rocについて最新情報を随時更新し、お届けします。


レクサス×BMW=最小モデル!他、発売が待ち遠しい新車まとめ

レクサス×BMW=最小モデル!他、発売が待ち遠しい新車まとめ

レクサス最小モデルとなる、初のプレミアムコンパクトの最新情報を元に、Spyder7では予想CGを作成しました。一体どんなデザインになるのでしょうか。他、スープラ、VW、アウディの時期型を紹介しています。


絶賛発売中!!!VW、up!新型 価格 カラー グレード 情報まとめ

絶賛発売中!!!VW、up!新型 価格 カラー グレード 情報まとめ

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は4月27日、新型『up!』の発売に合わせ、ウェブサイト「Pack up! Powered by Volkswagen up!(Pack up!)」を開設しました。 発売が気になるVW、up!をまとめてみました。


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。