目次へ戻る

【アメ車応援団】日本人にオススメのアメ車を紹介(キャデラック編)

【アメ車応援団】日本人にオススメのアメ車を紹介(キャデラック編)

クライスラーは、フィアット傘下に入っているため純粋なアメ車としては除外すると、純粋なアメ車として日本に正規輸入されているのはGMのキャデラック、シボレーの2ブランドだけといえます。 前回の【アメ車応援団】ではそのシボレー車を取り上げましたので、今回はGMのもうひとつのブランドであるキャデラック編です。


キャデラック XT5 クロスオーバー 気分はVIP 最高級クロスオーバー

10月28日から販売を開始される「XT5 クロスオーバー」は、ラグジュアリークロスオーバーという世界の高級車市場の中でも、今最も人気の高いクラスです。

イメージとしては、VIPが群がる記者やカメラマンの前に降り立つ、黒塗りのデカイクルマといったところでしょうか。デカイといても「エスカレード」ほどではなく、ドライバーズカーとして十分に成り立つ大きさです。

とにかく威風堂々としていて、実際の寸法も車幅1,915mmと半端なくデカイ。それでいてグローバルでは、キャデラックの中で販売台数が最も多く、約40%を占めており、「キャデラックは高級セダン」という観念はもはや過去のものになっているようです。

クラスの基準を塗り替える室内空間は、モダンなデザインと熟練のクラフトマンシップを融合し、独自のカット&ソー製法で丹念に仕立てられ、上質なレザー、ウッド、カーボン、スウェード、アルミニウムなど異素材を組み合わせたインテリアの表面は、贅沢でありながら暖かみのある雰囲気を作り上げています。

XT5の日本仕様向けエンジンは、「CT6」にも搭載されている3.6LのV6のみの設定で、AWDシステムには「モードセレクト機能付きツインクラッチ」を採用。


また、クラス最大級のキャビンは、リアシートに最長14cmのスライド機構を設け、足元に1m近いスペースを確保し、美しさ、質感、快適性、機能性を高次元で満たした、キャデラックならではの空間です

この豪華で幌馬車のようなアメリカンSUVが、実は619万円からと、1,000万円オーバーの「エスカレード」に比べるとけっこうリーズナブルなのです。

キャデラック XT5 CROSSOVER詳細

メーカー希望小売価格:¥6,190,000
ハンドル位置:左
全長/全幅/全高:4,825 /1,915/1,700 mm
ホイールベース:2,860 mm
車両重量:1,990 kg
乗車定員:5名
エンジン種類:V型6気筒DOHC
総排気量:3,649 cc
最高出力(ECE):231kW(314PS)/6,700rpm
最大トルク(ECE):368N・m(37.5kg・m)/5,000rpm
駆動方式:全輪駆動
トランスミッション:8速AT

キャデラックATSセダン

高効率の直噴ターボエンジンやBrembo社製フロントブレーキなどのハイパフォーマンステクノロジー。そしてモダンなデザインと、キャデラックならではのラグジュアリーな質感。北米カー・オブ・ザ・イヤーをはじめ多くの栄誉に輝く良質なセダンがATSセダンです。

そして何より驚くのがその価格。ピンキリですが、キャデラックが443万円から手に入るのです。これはもう国産同クラスと同じ程度か安いくらい。なんせキャデラックですから、国産車が逆立ちしても手に入らないステータスを持っています。フーガやクラウンを検討するなら絶対にお勧めの一台です。

キャデラック XT5 CROSSOVER詳細

メーカー希望小売価格:¥6,190,000
ハンドル位置:左
全長/全幅/全高:4,825 /1,915/1,700 mm
ホイールベース:2,860 mm
車両重量:1,990 kg
乗車定員:5名
エンジン種類:V型6気筒DOHC
総排気量:3,649 cc
最高出力(ECE):231kW(314PS)/6,700rpm
最大トルク(ECE):368N・m(37.5kg・m)/5,000rpm
駆動方式:全輪駆動
トランスミッション:8速AT

アメ車が日本で売れない理由

アメ車が日本で売れない理由は何かというと、「大きい」、「重い」、「燃費が悪い」といったアメ車のイメージが根底にあると言われています、根本的には「アメリカ市場向けに開発されたモデルが日本ではでウケない」というのが正しいでしょう。

国産車メーカーであっても、アメリカ市場でベストセラーとなっている「カムリ」や「アコード」、そして「ティアナ」などは日本国内ではまったくといっていいほど人気がない。これらはいずれもアメリカ市場向けに開発されたモデルなのです。

つまり、アメリカと日本ではユーザーの求めるクルマがまったく異なり、それらの市場にマッチしたクルマを開発しないかぎりは売れるわけがないということになります。

しかし、縮小しつつある日本市場向けのクルマを開発するのは無理というもの。その意味では、欧州から優れたコンパクトカーを作り出せるのに、アメ車とひとくくりにされた結果、その利点を見出せなかったフォードの撤退は非常に残念。マーケティング戦略の本家ともいえるアメリカ企業らしからぬ体たらくといって良いのではないでしょうか。

【アメ車応援団】的まとめ

ハード面では採算が合わずに手が撃てなくても、CMなどでイメージアップは可能なはず。VWやアウディ、メルセデスやボルボなどは積極的にTVCMを流しているが、アメ車のCMは、インポーターのヤナセぐらいしか目にしない。アメ車のイメージアップにつながるCMをどんどん流すだけでも効果あると思いませんか?ね、トランプさん。

関連する投稿


新型SUV!キャデラック XT5 クロスオーバー スペック・燃費・値段まとめ

新型SUV!キャデラック XT5 クロスオーバー スペック・燃費・値段まとめ

ゼネラルモーターズ・ジャパンはキャデラックブランドの新型SUV『XT5 クロスオーバー』を10月28日から販売開始しました。GMジャパンの若松格社長が「必ず日本でも成功すると確信している」と紹介するXT5。今回はこのXT5クロスオーバーに迫ります。


キャデラック最高級SUV!エスカレードのスペック・評価や中古車価格は?

キャデラック最高級SUV!エスカレードのスペック・評価や中古車価格は?

アメリカのゼネラルモーターズのキャデラック・ブランドで製造・販売しているフルサイズ最高級SUV、キャデラック エスカレード。キャデラック エスカレードを購入検討中の方、詳細が気になる方、そんな方々向けにキャデラック エスカレードのスペック、燃費、ユーザー評価等をまとめました。


【アメ車応援団】日本人にオススメのアメ車を紹介(シボレー編)

【アメ車応援団】日本人にオススメのアメ車を紹介(シボレー編)

アメ車が売れないのは、その大きさとそれに起因する燃費の悪さがネックとなっているですが、現在では日本車も大きく、決して燃費が良いとはいいがたい車種も存在しています。 そのアメ車には、現在でも魅力的な車種があります。そこで、アメ車を大いに盛り上げてみたいとおもいます。ほんとはアメリカ大好きでしょ?


7人乗りの外車SUV おすすめ10選!人気車種を一覧で比較!

7人乗りの外車SUV おすすめ10選!人気車種を一覧で比較!

今、とても人気の高いSUV。国内でも多くのSUV車が販売されていますが、元々はアメリカが発祥であり、その後ヨーロッパや日本でも人気が出た車種です。今回はそんなSUVの中でも3列シートで7人乗りタイプのおすすめ輸入車をまとめてみました。


アメリカ大統領 専用車「ビースト」がスゴイ!驚きの性能を紹介!

アメリカ大統領 専用車「ビースト」がスゴイ!驚きの性能を紹介!

アメリカ大統領の専用車である通称「キャデラック・ワン」。キャデラック・ワンはその性能、機能から「ビースト」とも呼ばれています。こちらの記事では、アメリカ大統領の専用車、キャデラック・ワン(ビースト)についての機能、性能等の情報を記載しています。


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。