トップへ戻る

メルセデス、Eクラスに初クロスオーバーSUV。オールテレインの価格とは

メルセデス、Eクラスに初クロスオーバーSUV。オールテレインの価格とは

高級車でおなじみのメルセデス・ベンツ。そのEクラスに初のSUVタイプが登場します。その名も、「オールテレイン」。 メルセデス・ベンツEクラスにとって、初のクロスオーバーSUVとなるオールテレイン。本記事ではメルセデス・ベンツEクラスのSUVに関する最新情報をお届けします。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


SUVが大人気な2017年。BMWもVWもアウディも…。

トヨタ C-HR

近年、SUVが猛威を奮っています。

国産車はもちろん、海外メーカーでも続々と新しいSUVが生産・販売されています。

アウディQ5新型

【2017年最新】SUVおすすめ・人気車種13選を一覧比較!選ぶならどれ?

http://matome.response.jp/articles/870

大人気の”SUV”。しかし単にSUVといっても、クロスオーバーSUVを始めとしたコンパクトSUVからサイズの大きい3列シート・7人乗りのSUVまで様々です。当記事では2017年最新の人気ランキングや、国産・外車の7人乗りSUV・コンパクトSUV、また燃費の観点でオススメのSUV等人気車種13台を紹介、比較しています。

BMWコンセプトX2

VW コンパクト・クロスオーバーSUV T-ROC

SUVの中でも特にコンパクトSUV、クロスオーバーSUVと称される比較的小型なSUVの勢いを感じます。

10月に開幕する、東京モーターショーでも、クロスオーバーSUV・コンパクトSUVは多く出展されると予想されます。

【9月26日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

http://matome.response.jp/articles/661

【9/26情報更新】2017年10月27日~11月5日の10日間で開催される東京モーターショー。本記事では2017年10月開催の東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両予想)をまとめて掲載しています。最新の情報を随時更新してお届けしますので、気になる方は是非チェックしてみてください。

メルセデスベンツ Eクラスに、初のクロスオーバーSUV

そんな中、気になる情報が入ってきました。

メルセデス・ベンツ日本によると、9月26日から、メルセデス初のクロスオーバーSUVモデル『E220d 4MATIC オールテレイン』が発売されたということです。

メルセデス・ベンツEクラス初のクロスオーバーSUVということで期待が高まるこの一台について解説します。

メルセデス・ベンツ日本の公式サイトでは

「SUVスタイルのラジエターグリル、ブラックホイールアーチカバー、前後アンダーライドガード、19インチアルミホイールが創造する、力強いエクステリア。
本革シート、専用アルミニウムトリム、ステンレスペダルがもたらす、スタイリッシュでスポーティなインテリア。
そして、雪道や悪路も余裕で駆ける優れた走行性能。
それは、かつてない洗練の野性をまとう、新ジャンルのメルセデス。」

とオールテレインの紹介がされています。

公式サイトはこちら

メルセデス・ベンツ Eクラス オールテレイン SUV エクステリア

メルセデス・ベンツ Eクラス、E220d 4MATIC オールテレインのエクステリアは、メルセデスSUVモデルに共通する2本のフィンをあしらったラジエーターグリルを基調としています。

前後バンパー下部のシルバークロームアンダーライドガードやブラックのホイールアーチカバーを取り入れることで、、よりスポーティーなSUVらしさを強調しました。

足元にはオールテレイン専用の19インチ10スポークアルミホイールを備えています。

メルセデス・ベンツ Eクラス オールテレイン SUV インテリア

インテリアは質感の高い本革と専用のブラッシュドアルミニウムを採用し、上質な室内空間を実現しています。

また、2つの高精細12.3インチワイドディスプレイを1枚のガラスカバーで融合したコックピットディスプレイが、ドライバーの視野に直接入るべきさまざまな情報を表示してくれます。

さらに、タッチコントロール機能をステアリングに備え、インフォテイメント各機能の操作やシフトレバーなど、ほとんどの操作をステアリングから手を離すことなく行うことができるため、とても便利に。

メルセデス・ベンツ Eクラス オールテレイン SUV ボディサイズ

ボディサイズは、全長4950mm×全幅1860mm×全高1495mm、最低地上高140mm。

Eクラスのステーションワゴンに比べ全長は10mm短く、全幅を10mm、全高を30mm拡大、最低地上高を25mm高くすることで、高いアイポイントと地上高、乗降のしやすさというSUVの特長を持たせながら、ボディサイズを一般的な駐車場に入るサイズにおさめているため、狭い道や駐車場などが多い日本でも活躍してくれそうです。

メルセデス・ベンツ Eクラス オールテレイン SUV パワートレイン・サスペンション

パワートレインは、最高出力195ps、最大トルク400Nmを発生する2リットル直4ターボディーゼルエンジンと9速AT「9G-TRONIC」の組み合わせ。

同エンジンは、将来導入されるRDE(実路走行試験)規制に対応する優れた環境性能も実現しています。

サスペンションには、車速や走行条件に応じて、ダンピング特性や車高を自動的に調整する「エアボディーコントロール」を採用しました。

荒れた路面などではスイッチ操作で車高を0mm~35mmまでの範囲で3段階まで選択可能になっています。

また、様々なセッティングが選べる「ダイナミックセレクト」には専用の「オールテレインモード」を追加。

トランスミッションがオフロードモードに切り替わり、エアボディーコントロールが35km/h以下の速度で車高を20mm高くすることで、雪道や悪路での走破性を高めます。

メルセデス・ベンツ Eクラス オールテレイン SUV 安全性能

メルセデスミーコネクト

そのほか、テレマティクスサービス「メルセデス ミー コネクト」(ちなみにMercedes me connectは、自動車が通信する先進的なテレマティクスサービスのことです。
多くのサービスによって構成されており、インターネットを使用して、車に関する情報を呼び出したり、選択された車両機能をリモートでコントロールすることができます。)

や、混雑時や高速道路渋滞時の自動運転を実現する「ドライブパイロット」をはじめとした安全運転支援システム「インテリジェントドライブ」などを標準装備しています。

Mercedes me connect|メルセデス・ベンツ日本

http://www.mercedes-me-connect.jp

メルセデスから始まる、デジタル・カーライフ。「Mercedes me connect」を相葉雅紀さんがナビゲーターとして紹介する、「機能紹介」ムービー公開中。

メルセデス・ベンツ Eクラス オールテレイン SUV 価格は861万円から

気になる、オールテレインの価格ですが、お値段861万円~となっています。

ここで、他のEクラスを値段別に並べて比較してみると。

■E 200 STATIONWAGON AVANTGARDE (コンフォートステーションワゴン)
719万円~742万円

■E 200 STATIONWAGON AVANTGARDE Sports(スポーツステーションワゴン)
771万円~812万円(本革仕様の場合、40万円ほどプラス)

■E 220 d 4MATIC All-Terrain(SUV)
861万円~

■E 400 4MATIC STATIONWAGON EXCLUSIVE(プレミアムステーションワゴン)
1076万円

■Mercedes-AMG E 43 4MATIC STATIONWAGON(ハイパフォーマンスステーションワゴン)1176万円

■Mercedes-AMG E 63 4MATIC+ STATIONWAGON(ハイパフォーマンスステーションワゴン)1686万円

■Mercedes-AMG E 63 S 4MATIC+ STATIONWAGON(ハイパフォーマンスステーションワゴン)1838万円

このラインナップを見ると、コンフォートステーションワゴンである AVANTGARDE や、スポーツステーションワゴンであるAVANTGARDE Sportsよりも値段がやや高く、 EXCLUSIVEよりも値段が安いことがわかります。

しかし、公式サイトを見るに、861万円~との記載であることから、今後オールテレインには今のグレード以上に高級グレードが追加されるのではないでしょうか。

最後に

いかがでしたでしょうか。

メルセデス・ベンツEクラス、初のクロスオーバーSUV。というだけあって、今後の展開が気になりますね。

これからもオールテレインを全力で追っていきたいと思います。

また、メルセデス・ベンツ Eクラスについて、もっと知りたい方は下記記事も合わせてご覧ください。

メルセデスベンツ人気の理由 各モデル・クラス別試乗体験

http://matome.response.jp/articles/29

外国車というと、真っ先にメルセデスベンツの名前を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?しかし、人気車種ばかりでどのクラスがいいか迷いますよね。今回はそんな憧れの車、ベンツについて、各クラス別にまとめてみました。

【ジュネーブモーターショー2017】メルセデスベンツEクラス新型!

http://matome.response.jp/articles/277

新型メルセデスベンツ『Eクラス カブリオレ』は、新型『Eクラスクーペ』をベースに開発しました。先代モデル同様、4シーターのソフトトップを備えたオープンカーとなります。

関連する投稿


トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

とどまるところを知らないSUVブームの中でも、特に人気が高く各メーカーがしのぎを削っているのはコンパクトSUVクラス。コンパクトSUVだけで3車種も用意するトヨタのラインナップの中でも、登場が最も新しく人気を牽引しているのが「ヤリスクロス」です。国産車だけでなく輸入車とも比較されるような完成度の高さが話題のヤリスクロス、登場から1年が経つ今も「買い」なのか調査しました。


マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

欲しい車種が決まったら次はグレード選びです。そこで、まず車種のグレードの内容と特長を把握して自分に必要なグレードを判断することが重要になります。今回はマツダの人気SUVであるCX-5のグレードについて解説し、CX-5を検討する人のお役に立ちたいと思います。


ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-Vは、とくに北米・欧州でその実力を評価され、2019年の世界販売台数では、第4位になりました。5代目となった現行モデルでは、7人乗りが新たに登場しています。今回は、CR-Vの歴史と、現行モデルの実力をまとめています。


7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ車種もご紹介!

7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ車種もご紹介!

大人数が乗車できるクルマは、なにかと重宝します。しかし、購入しようと思う場合に悩むのは「7人乗りにするか」、「8人乗りにするか」ということかもしれません。今回は、そんなときの参考になる記事です。


コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVは、クルマの性能と価格のバランスがよく、汎用性が高いことから、人気を得ています。今回は、コンパクトSUVの定義、メリット、おすすめ5車種についてまとめました。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。